こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

09« 2017 / 10 »11
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

須磨浦山上遊園地から眺める神戸 


sumaura08.jpg

先日、王子動物園の観覧車から眺めた神戸の都心のスカイラインの模様をご紹介しましたが、今度は反対の西側から見渡す神戸都心の様子をお伝えしたいと思います。今回の展望スポットは須磨浦山上遊園地です。

sumaura01.jpg

ここの特徴は山頂までの道程にて様々な高度からスカイラインを見れる事、須磨から遠くは六甲アイランド、芦屋、西宮までを見渡せる事が挙げられます。

sumaura02.jpg

眼下にはJR須磨駅と美しい砂浜の広がる須磨海岸が横たわります。

sumaura06.jpg

そして垂水駅前地区の後方には雄大な明石海峡大橋と淡路島。

sumaura07.jpg

また西方向には須磨区、垂水区の広大な丘陵地帯に広がる市街地とその後方に明石、加古川の市街地も連なります。

sumaura05.jpg

ここから見渡す神戸の主要市街地は神戸の拡大と進化の歴史を目撃するのと同時にこの町がいかに風光明媚な都市である事を再認識できます。秋の空気の澄んだ日に訪れる事をお勧めします。昭和からの贈り物である「カーレーター」もあなたのお越しをお待ちしています。


category: 山からの眺望

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/09/14 Thu. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 8

go page top

神戸都心 -2017年春 会下山公園から春の便り-  

kaigeyama2017-010.jpg

7年前の同時期にほぼ同タイトルの記事を投稿しました。違いは2010年と2017年のみです。

http://koberun.blog56.fc2.com/category55-3.html
神戸都心 -2010年春 会下山公園から春の便り-

花見を兼ねて兵庫区の会下山公園を久々に再訪しました。市街地の中に存在する小高い丘は標高80mあり、神戸の都心部やスカイラインを一望できる隠れた名ビュースポットです。

kaigeyama2017-001.jpg

花見の名所の穴場でもあり、桜の海に浮かぶ神戸のスカイラインを望むことができます。

kaigeyama2017-003.jpg

桜は我々、日本人にとっては当たり前の存在ですが、急増する外国人観光客にとっては格別に貴重な存在です。

kaigeyama2017-002.jpg

考えてみれば葉が全くない状態で花が枝中に満開に咲く木自体が世界的にも珍しく、それが群生する場所が日本中に存在して、国中が桜に包まれるのですから、これは非常に特別な事なのだということを再認識しました。

kaigeyama2017-004.jpg

満開の状態も勿論美しいのですが、散り始める桜吹雪も格別です。雄大さでは負けても、日本の自然は美しいですね。

kaigeyama2017-009.jpg

今回の記事のテーマは桜と高層ビルです。会下山公園からは都心方面だけでなく、新長田も遠望できます。

kaigeyama2017-005.jpg

80mという標高はある意味、神戸のスカイラインを身近且つ等身大に眺望することができる丁度良い高さです。

kaigeyama2017-011.jpg

2010年と比べると、やはり時間の流れを感じずにはいられないですね。

kaigeyama2017-006.jpg

ハーバーランドはこの7年で激変しましたね。阪急百貨店やイズミヤが撤退し、ウミエになりましたし、ニューオータニが撤退してクラウンパレスとなりました。プロメナ神戸には万葉倶楽部が開業し、ハーバーランドセンタービルはハーバーセンターに。また3棟の分譲マンションが新たに加わりました。

kaigeyama2017-007.jpg

ホテルシェレナ跡地の再開発が完了し、周辺部にもタワーマンションが急増。スカイラインに厚みが増しました。これからの7年でも大きく変化を遂げていくことでしょう。

kaigeyama2017-008.jpg

JR兵庫駅周辺はあまり変化はありませんでしたね。老朽化していた兵庫駅前ビルがようやくその古びた外観に改修が入った事は救いでした。

次回は2024年にお会いしましょう・・・。

category: 山からの眺望

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/04/16 Sun. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 2

go page top

ヴィーナスブリッジから眺めた神戸都心 2017年早春 


約9ヶ月ぶりにヴィーナスブリッジを訪れました。ここからは都心全体を立体的に見渡すことができるので、いつ来ても新鮮さを失いません。この9ヶ月間でそう大きく光景が変わったわけではありませんが、今後大きく変わる予定は立ち始めました。


複数のタワーマンションがスカイラインに加わったJR神戸駅周辺。今春から三菱地所レジデンスのタワー建設が開始されます。これが加わると、このビル群に厚みが増します。クリスタルタワーは上部や側面を除いて隠れてしまいますね。今後、駅西側の再開発が進む事を期待したいエリアです。


今後最もその様相を大きく変化させる予定なのが三宮。駅前地区には複数の大型再開発プロジェクトが計画されています。JR、阪急、バスターミナルビル、市役所2号館等、最低でも4棟の超高層ビルが建設される予定です。加えてバスターミナル二期地区、さんセンタープラザも高層化が期待できますし、更に周辺地区で新たな再開発が促進される可能性もあります。大阪や名古屋駅前程ではないにせよ神戸の都市格に相応しい玄関口への再生がようやく始まりました。


元町のビル街に隠されていますが、これから三宮に次いで大きく変貌を遂げそうなのが、ウォーターフロント地区です。高さ制限がある中、どのような開発が今後、繰り広げられていくのか要注目です。


孤高のシティタワー神戸三宮の背後にサンシティタワー神戸が加わりました。高さはシティタワーには遠く及びませんが、HAT神戸の新たなランドマークとしてスカイラインに厚みを与えています。


海上に浮かぶ巨大なフローティングクレーンがある位置に阪神高速湾岸線の吊橋が架橋される予定です。港町神戸の風景の完成度が大幅に向上することでしょう。勿論、物流改善や既存道路の渋滞解消等の機能面の恩恵は言うまでもありません。


こちらの沖合の防波堤付近にも湾岸線の吊橋が架橋されます。渋滞の要因になってしまっては元も子もないのですが、海上SAが出来れば、人気を博す事は間違いないですね。

category: 山からの眺望

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/03/15 Wed. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 2

go page top

ヴィーナスブリッジ眺めた神戸都心 2016年初夏 

venus22.jpg

先日、再山公園に行った帰りに約1年振りにヴィーナスブリッジを訪れました。ここから眺める神戸が一番その変化を感じ取ることができる気がします。

venus23.jpg

この沖合中央に阪神高速5号湾岸線の吊橋が架橋されることに想いを馳せていました。湾岸線が開通すると神戸の港町としての景色がより完成度の高いものになることは間違いないですね。

venus24.jpg

JR神戸駅周辺は近年の神戸では最も変化の激しい場所と言えます。海岸通り沿いやホテルシェレナ跡地、ハーバーランド等に次々とタワーマンションが出現しました。更にファミリア本社跡にも地上34階建ての超高層マンションが計画されています。このタワーが建設されるとクリスタルタワーが半分隠れてしまうかもしれません。

venus25.jpg

次に三宮方面に目を移します。このエリアはここ数年どちらかと言えば少し穏やかな変化のみに留まっています。

venus26.jpg

一番の変化はJR三ノ宮駅前に出現した大型オフィスビルの三宮ビル北館です。しかし今後は最も変化の激しいエリアになることは間違いないです。複数の超高層ビルが出現することになります。まずは第一弾として神戸阪急ビル東館がにょきっと立ち上がります。かなり存在感が出そうです。そして恐らくそれ以上の規模となるJRの駅ビルは圧倒的なランドマークになるはずです。他にも市役所2号館、3号館、三宮東のバスターミナル整備予定地と複数の大型開発が進行予定です。

venus27.jpg

しかし今のところ、やはりシティタワー神戸三宮が圧倒的な巨人として聳えます。駅周辺の開発が進めばバランスが取れてくるのではないかと思います。シティタワーの背後にはHAT神戸のサンシティタワー神戸の日に日にその存在感を増してきました。

venus28.jpg

そしてやはりこの方向にも市街地のバックの海上に湾岸線のダブル吊橋が架橋されます。現代都市の景観としては非常に完成された遠景になることは間違いないでしょう。

category: 山からの眺望

2016/06/01 Wed. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 4

go page top