こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

06« 2017 / 07 »08
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

幻想的な日没時のうろこ雲 神戸上空~2016年中秋~ 

sunset007.jpg

秋も深まってきた今日この頃。澄んだ青空や涼やかな風、虫の音等で秋を感じる事が多くなってきましたが、私が好きな秋の自然の風物詩はうろこ雲です。特に夕焼け時のうろこ雲には自然の優美さと哀愁のような独特の雰囲気を感じる事が出来て、時間を忘れて見惚れてしまいます。先日、神戸の街に夜の帳が下りる少し前のマジックアワーに見事なうろこ雲が現れました。

sunset003.jpg

この日のうろこ雲は西から東へと帯状の形でダイナミックに広がりました。従って夕焼けに染まったうろこからグラデーションを経て、青空と暗くなる前の藍色の中間色のような色彩に染まったうろこまでと、非常にバラエティに富んだ姿を見せてくれました。

sunset001.jpg

山の上に広がったうろこ雲は真っ赤な夕陽に染められて幻想的な風景を創り出しています。

sunset006.jpg

雲海は通常、飛行機や山の峰から眼下に眺める雲の様子を指す言葉ですが、夕焼けに染まるうろこ雲も雲海という言葉が当てはまる気がします。

sunset002.jpg

時間が経つにつれ、夕陽の赤色はその濃度を増してゆきます。うろこ雲も同様により真っ赤に染まってゆきます。


sunset004.jpg

この辺りを凝視していると、ある意味この世のものを見ているとは思えないような不思議な感覚に襲われます。

sunset005.jpg

このような美しいうろこ雲に出会える日はそう多くはありません。ましてやカメラに収められるチャンスは更に確率が下ります。非常に幸運だったと思います。皆さんも秋の晴れた日の夕方には空を見上げてみてください。美しいうろこ雲を堪能できるかもしれません。

category: ビルからの眺望

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2016/10/28 Fri. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 3

go page top

神戸ポートタワーから眺める各プロジェクト 

porttower39.jpg

今回は神戸ポートタワーから眺めた周辺エリアの各プロジェクトのおさらいをしたいと思います。夏休み中のumieやアンパンマンミュージアムの集客は相変わらず好調でモール内も道路も混雑しています。唯一の懸念は中央卸市場跡にイオンモール神戸南が開業した後も現在の好調を維持できるかどうかです。イオンモール神戸南がコスト削減によって当初の計画からグレードダウンしたので、モールとしての魅力は多少なりとも薄れた感がありますが、出店テナントの重複によって客足が分散する可能性は拭えません。イズミヤ跡がどう活用されるかが大きな鍵を握ります。

porttower38.jpg

ハーバーランドの最前線に立ち聳える「ザ・パークハウス神戸ハーバーランドタワー」。完売したプレステージレジデンス。一時は中層階の1戸がAirbnbに掲載されていました。この部屋は外国人が投資目的で購入したものと思われます。民泊はこんなところにもまで波紋を広げているのですね。住民からすると迷惑な話ですが。三菱地所はこのタワーの成功を再び相生町で再現しようとしています。

porttower37.jpg

続いて北側に目を移します。こちらでは栄町通を中心として中小規模のプロジェクトが数多く進行しています。

porttower36.jpg

手前のタワークレーンがある工事現場はザ・レジデンス元町海岸通。商船三井興産ビル跡地に都市環境開発社が地上15階建て 総戸数131戸の分譲マンションを建設中です。そのすぐ後方には兵庫県信用組合が本部ビルの増築工事を行っています。付近には栄町通プロジェクトとして金融機関のオフィスビルも建設中です。

porttower35.jpg

みなと元町駅の西出口で建設中のみなと元町計画。旧第一銀行の外壁の裏側の用地に地上14階建ての複合ビルを計画。完成予想パースでは、がっかり感の強い建物でしたが、透明ガラス手摺を採用しており、完成型は思ったより良いかも?の可能性を秘めています。

porttower34.jpg

次に西方向です。近年の神戸では最も発展著しいエリアとなっています。次々にタワーマンションが姿を現しています。

porttower33.jpg

昨日、状況報告をしたパークホームズ神戸ザレジデンス。地上20階建ての3棟をコの字型に配置した三井不動産レジデンシャル初の神戸での大規模プロジェクトです。外観はもうまもなく完成予定です。

その背後には三菱地所レジデンシャルがファミリオ本社跡で計画している相生町計画がスタートしています。地上33階 高さ120mの超高層マンションが聳える予定です。この地区のタワーは増えましたが100mを越える真の超高層プロジェクトは皆無だったので、この建物によるインパクトは大きいと思われます。

porttower40.jpg

最後は三宮方向です。今春、ようやく再開発がスタートした神戸阪急ビル東館の建て替え計画はこの方向です。地上29階 高さ120mの複合商業ビルとなります。センタープラザ東館の後方にホテルフロアの上層部と展望ロビーとなる最上階が頭を突き出すことでしょう。JRの三宮ターミナルビルがよく見えますので、JRの新駅ビルは他の建物に遮られずに望むことが出来そうです。

以上、ポートタワーから眺める進行中プロジェクトのおさらいでした(メリケンパークの改修は先日ご紹介しているので割愛します)。

category: ビルからの眺望

2016/08/23 Tue. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 3

go page top

神戸市庁舎1号館展望ロビーから眺める各プロジェクト 

tenbo05.jpg

先週末の土曜日の午前中は曇天/雨の予報に反して、綺麗に晴れ渡りました。この日訪れた神戸市庁舎1号館24階展望ロビーから抜けの良い素晴らしい景色が広がっていました。今回はロビーから眺めた進行中の各プロジェクトをご紹介します。まず1枚目はつい先日レポートとした浜辺通6丁目で建設中の大規模分譲マンション「ワコーシティ神戸三宮」。完成時には高さ59.9mに達します。変形コの字型で3棟の建物によって構成されています。

tenbo04.jpg

市が改修を構想している東遊園地。中央左のグラウンドや特設広場を含めて芝生広場になる可能性があります。都心最大のオアシスが賑わいのある緑豊かな憩いの場に生まれ変わることを期待したいですね。ただそれでも利用者があまり見込まれないようであれば、土地のない神戸の都心の真ん中にこれだけの市有地を遊ばせておくのも勿体ありません。タブーかもしれませんが、民間再開発用地として売却を検討するのも一つの案です。

tenbo06.jpg

再開発中の新港第一突堤。ホテルとコンベンション施設が建設されています。

tenbo07.jpg

ハーバーランドの先端に聳えるザ・パークハウス神戸ハーバーランドタワー。すでに上棟しました。あとは塔屋が構築されれば最高部に達します。中央のタワークレーンはすでに解体されて北側にある1基のみになりました。展望ロビーからもかなり目立つ存在です。

tenbo08.jpg

ホテルシェレナ跡地で建設中のジ・アーバネックスタワー神戸元町通。周囲のタワーマンションと密接して一つの固まりのように見えます。

tenbo09.jpg

4月25日にリニューアルオープンを迎える予定のクレフィ三宮。パワーアップしてセンター街+中央通りの中核集客施設が復活します。

tenbo11.jpg

水面下での動きを続けるJR三ノ宮駅と阪急神戸三宮駅ビルの建替計画。全体概要は見えずとも着実に計画は動き出しているようです。まずは着工時期を震災20年の今年としている阪急から具体的な計画概要が出るものと思われます。

tenbo10.jpg

建替計画が進む三宮ビル北館や阿波銀行神戸支店ビル等の駅前進行中のプロジェクトは国際会館が大きく立ちはだかって進行状況を確認することはできませんが、唯一、アルプス三宮駅前ビルのタワークレーンが顔をのぞかせています。

category: ビルからの眺望

2015/04/13 Mon. 07:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 4

go page top

シップ神戸海岸ビル階からの眺め 

ume10.jpg

海岸通にあるシップ神戸海岸ビルの最上階である15階に店舗を構える「梅の花 神戸元町店」にて、先月、家族の祝い事を行いました。前々からそのロケーションの特異性もあって訪れてみたいお店ではありましたが、ちょうど良い機会を得られたので予約してみました。

ume01.jpg

店舗は15階の1フロアを全て占有しており、神戸港を望める南側と三宮・元町の街並みと六甲連山を望める北側に一般テーブル席や和室の個室が設けられています。どの席も眺望に優れ、ゆったりと豆腐料理を楽しむことができるようになっています。今回は北側のシティ・マウンテンビューの望める北側の和室でした。窓の外には旧居留地の整然としたビル群が並んでいます。

ume02.jpg

元町方向に目を向けると、駅前から山手方面の街並みが広がります。

ume06.jpg

旧居留地地区の中央でシンボル的存在になっている神戸朝日ビルと三井住友銀行神戸本部ビル。のっぽの巨人とでぶの巨人のようです。垂直方向のマリオンとガラスの重なりが隣り合う高層ビルを融合させています。こうしたビルが居留地内にもう2-3棟欲しいところです。

ume05.jpg

下山手地区の官庁街。県庁もゆくゆくは3棟を統合して高層化して1棟にし、空いたスペースは有効活用して欲しいですね。

ume04.jpg

足元には明石町筋が南北に伸びます。旧居留地内で最も美しい通りです。

ume07.jpg

遠くに布引ハーブ園を望みます。もう10年近く訪問していません。子供がもう少し大きくなったら訪れてみたいですね。

ume08.jpg

錨山と市章山。錨山の景色はビィーナスブリッジを遥かに凌ぐダイナミックさがあります。ここへの観光客のアクセスをもっと改善する方法はないものでしょうか。摩耶山同様により素晴らしい景色にも関わらずアクセス性の悪さで宝の持ち腐れ状態の観光資源が多い気がします。

ume03.jpg

豆腐懐石に舌鼓を打ちながら、くつろいだ気分で眺望も楽しめる。そんな素敵なお店でした。次回はオーシャンビューが望める南側の席も試したいと思いました。きっと夜景も素晴らしいことでしょう。


category: ビルからの眺望

2014/11/25 Tue. 07:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 3

go page top