こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

07« 2017 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

栄町通エリアで行われている既存建物解体工事3連発 

risona05.jpg

栄町通は変化の絶えない街です。これまでは老朽化したオフィスビルや駐車場が分譲マンションや店舗付き共同住宅へと建て替えられる例が続いてきましたが、ここ最近は金融機関の業務ビルの新築が相次いでいます。これに加え、都心全域でホテルの建設が盛んになってきましたが、栄町通エリアでもこの動きが活発です。

南京町の南側入り口角にあった旧りそな神戸ビル。りそな銀行神戸支店が三宮ビル北館に移転し、同ビルと土地は共立メンテナンスに売却されました。

risona06.jpg

旧りそな神戸ビルの解体工事が3月から開始されていますが、以前の高さから半分程度になりました。解体工事は9月末までの予定です。まだ共立メンテナンスからは解体後の具体的な計画は公表されていません。同社が運営するホテル「ドーミーイン」になる予定です。同社も他社の例に漏れず、全国各地でのホテル新設に邁進しています。

神戸のホテルは南京町に位置する絶好の観光スポットにありますので、高稼働率が期待できる物件になるものと思われます。敷地面積から考えると、200室以上のホテルになるものと思われます。

risona07.jpg

次の解体工事現場は兵庫県信用本部ビルの旧本店営業部ビルです。増築工事によって新たに建設された新営業本部棟が稼働した為、老朽化した既存建物は解体されることになりました。解体後は来店者用の駐車場になる予定です。今後、正面となる新営業本部棟は東側もアルミカーテンウォールのファサードになっているものと思われます。既存ビルの解体撤去後、完全体の姿がお披露目となります。西側の既存本部ビルも化粧直しが行われており、これらの工事が終わって初めて一連のリニューアル工事が完了となります。

risona08.jpg

最後は乙仲通りで解体の進んでいた第二西本ビル。すっかり更地と化しました。

risona09.jpg

こちらにも新たにホテルが計画されています。大阪の共進ビルド社が地上10階、111室のホテルを建設します。

栄町通にはまだコインパーキングや老朽化した雑居ビルも多く点在しています。メリケンパークやハーバーランドがリニューアルによって息を吹き返し、今後の再開発で変貌する三宮元町とウォーターフロントとの中間に位置する栄町通も人の往来が増える事によって、将来的にはまだまだ変貌を遂げていく可能性を秘めています。


category: 栄町通

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/07/30 Sun. 10:07 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top

栄町通のりそな神戸ビルの行方は? 

risona01.jpg

昨日の記事で取り上げたJR三ノ宮駅前でまもなく竣工する三宮ビル北館。ここに移転するりそな銀行神戸支店は栄町通にある自社ビル「りそな神戸ビル」を売却予定です。南京町の南側の入口角地ということで立地性は良好です。

risona03.jpg

かつて金融街として繁栄した栄町通にあって唯一の都市銀行支店でしたが、遂に同エリアからは都銀が消滅します。これも時代の流れなのでしょうね。ただ栄町通に出店する地方銀行支店の数は寧ろ増えています。

risona02.jpg

りそな神戸ビルは地上5階、地下2階のSRC造で1973年2月竣工のオフィスビルです。階層は5階ですが、奥行もかなりある大型ビルでその敷地面積は1,000平方メートル以上ありそうです。旧耐震設計かと思われますので、売却された場合、解体されて再開発が期待できます。

risona04.jpg

もし西側に隣接する駐車場と共に再開発が行われればかなり大規模な建物の建設が可能となります。優良物件が少なくなってきた現状、デベロッパーの注目度も高い物件なのではないかと思います。銀行ビルの売却は取引先等へ融通されるケースも多いようですが、この場所に15階建の分譲マンションというのはぜひとも回避したい結果です(通りを挟んで向かいにはすでに立っていますが)。住宅以外の用途で一番現実的なのは店舗+ホテルという組み合わせでしょうか。南京町やメリケンパークにも近く、旧居留地へも徒歩5分の距離とあって、ホテル需要は高そうです。現に南京町の東側入口には東急元町REIホテル、西側入口前にもホテルが計画されていましたが、事業主のアーバンコーポレイションが倒産したことから白紙となり、マンションになりました。周辺地区への活性化に繋がる再開発が実現して欲しいですね。

category: 栄町通

2015/12/03 Thu. 07:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 1

go page top

神戸博愛病院跡地の再開発 

cherena12.jpg

栄町通3丁目にあった神戸博愛病院は老朽化に伴い2012年に西元町駅に程近い元町通7丁目へ移転しました。新病院はワコーレシリーズのマンションを多く手掛ける瀬戸本淳設計事務所が設計を担当したなかなか病院としては洒落た建物になりました。

sakaemachidori21.jpg

そしてこちらが旧病院の建物です。新病院の竣工後、解体撤去されました。

hyoshin01.jpg

解体後はコンクリートで舗装されてフェンスが張られ、塩漬け状態で3年間そのままでした。周囲の老朽化した建物や駐車場が次々へとマンションへ建て替わっていく中、恐らくこの土地の再開発もマンションだろうと思っていました。

hyoshin04.jpg

しかしその期待は良い意味で裏切られました。現地に開発行為に関する工事の許可標識が掲示されました。この標識は住宅開発でない場合で一定の規模に満たないと掲示されます。住宅開発もしくは一定規模以上の業務、商業、宿泊施設には建築計画のお知らせが出ることになります。

この土地を購入したのはマンション開発業者ではなく兵庫県信用組合でした。同組合は昭和26年設立の地方金融機関で兵庫県内一円に24店舗を展開しています。

工事名称は(仮称)く兵庫県信用組合本部増築計画。設計は三菱地所設計、施工は大林組が担当します。やはり金融機関だけあって、工事の発注先も手堅いですね。工事の期間は来年末までとなっています。

hyoshin03.jpg

工事名称が増築工事とある事が気になるかと思いますが、開発用地に隣接して同組合の本部ビルがあります。

hyoshin02.jpg

実は旧神戸博愛病院は兵庫県信用組合の有する2つの建物にサンドイッチされていたのです。奥の大きな建物が同組合の本部ビル、手前の建物は同組合の本店営業部ビルです。マンションだと思っていた土地に金融機関のオフィスビルが建設される事になったことはかつての金融街であった栄町通には喜ばしいことです。栄町通沿いに現在残る唯一の都銀・りそな銀行神戸支店も年内に三宮へ移転します。それでも地銀の支店は栄町通には複数まだ存在しています。今年はトマト銀行が建て替えられましたし、三宮の阿波銀行も建て替え中。地方金融機関にも再編の波が押し寄せているようですし、生き残りを掛けて新たな投資に踏み切っているのでしょうね。建設工事が始まったら定期的に様子をレポートしたいと思います。

category: 栄町通

2015/09/06 Sun. 07:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 3

go page top

海岸通界隈のプロジェクト 

kosan03.jpg

海岸通で解体中のオフィスビル「商船三井興産ビル」。この土地は大阪の不動産会社・都市環境開発に売却されました。

kosan02.jpg

解体工事は順調に進んでいますが、すでに現地の仮囲いにはマンション建設予定地の看板が掲示されていますので、新たな分譲マンションが計画されているものと思われます。同社は自社物件としてはこれまで総戸数50戸以下のミニ物件を多く手掛けてきましたが、他社物件の代理販売も多く行っています。

kosan01.jpg

今回の敷地は割と敷地面積も大きいので、もし単独で手掛けるとしたら同社のフラッグシッププロジェクトになる可能性があります。他社との共同事業になる事もあり得ます。この敷地は海岸通と乙仲通に挟まれています。乙仲通としては最も人通りの多いエリアになるので街の活性化への貢献としてこちら側の1階にはぜひとも店舗を入れて欲しいところです。

droom01.jpg

この場所から程近い同じく海岸通沿いのコインパーキング跡地でダイワハウスの設計・施工による賃貸マンションが建設されています。事業主は萬利実業。海岸通周辺でオフィスビルを所有・運営している企業です。左隣の白いビルも萬利社所有の萬利第2ビルです。

droom02.jpg

建物の規模は地上11階建てで総戸数65戸。完成後はダイワハウスが運営する賃貸マンションシリーズ「D-room」として同社が運用を図るものと思われます。

海岸通D-room新築工事
敷地面積: 476.19平方メートル
延床面積: 3,711.79平方メートル
高さ: 35.65m
規模: 地上11階
竣工予定: 平成28年3月末

category: 栄町通

2015/07/12 Sun. 10:56 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 3

go page top