こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

03« 2018 / 04 »05
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

開業5周年を迎えた神戸ハーバーランドumie 

umie5aniv09.jpg

この4月に開業から5周年の節目を迎えた神戸ハーバーランドumie。神戸阪急が撤退した2012年3月以降、イオンモールがダイヤニッセイビルの商業棟とモザイクを一体的に再整備し、更に建物を所有する三菱倉庫が敷地内にアンパンマンミュージアムを誘致。ハーバーランドの元々持っていた強みを活かして、ファミリー層を強く意識した現代的ショッピングモールへと再開発。イオンモールのリーシング力を駆使してファストファッションをはじめとする複数の人気大型テナントや話題の飲食店を集積させた他、シネマコンプレックスを建物内に新設。回遊性の向上と動線の改善を実施し、数千台ある駐車場は無料時間を拡大して車での来街を促進。また複数段階に分けた施設のオープンや昨年のノースモールリニューアル、今春のモザイク内へのアンパンミュージアム拡張、季節毎のイベント開催等、この5年の間でも常に新たな話題を提供し、陳腐化を防いできました。

umie5aniv06.jpg

こうした数々の施策が奏功し、初年度から来街者数は目標を大きくクリア。また初年度の集客数が1793万人だったのに対し、直近の2017年度は1889万人と100万人増の上乗せに成功しています。オープン当初は開業祝儀のみでその後はこれまでのテコ入れと同じくジリ貧と衰退を遂げるという悲観的な意見も見られましたが、完全な杞憂に終わりました。

umie5aniv01.jpg

umieの好調な集客を下支えするのが神戸アンパンマンこどもミュージアム&モール。こちらについてもアンパンマンで人が来るのか?という懐疑感があったのも事実です。私もこの施設の開業時にはまだ子供がいなかったので分からなかったのですが、いざ子供ができた後にアンパンマンの偉大さや絶大な人気に気づかされました。

umie5aniv02.jpg

もはやアンパンマンは子供達には教祖のような存在です。近畿、中四国には唯一無二の神戸アンパマンミュージアムの貴重性は非常に高く、誘致できた事は非常に幸運だったと思います。

umie5aniv07.jpg

またインバウンド需要の低迷する神戸にあってハーバーランドは数少ない外国人観光客の訪問地です。昨年のリニューアルでノースモール1階に中国等でも人気の高い無印良品が進出したのもインバウンド需要の影響があったのではないかと思われます。

umie5aniv04.jpg

これを見越してかハーバーランドではフットサルコートを閉鎖して観光バス専用駐車場を設けました。インバウンドは韓国と台湾で9割を占めているようです。モザイクでも明らかに外国人観光客の姿を多く見かけるようになりました。

umie5aniv13.jpg

5周年を機に各施設の店舗では記念セールやイベントが開催されています。昨日ご紹介した運河プロムナードのせせらぎ通りへの改修や面するカフェやレストランのリニューアルも行われており、新しい門出を祝う体制が整えられています。

umie5aniv08.jpg

集客好調なumieですが、進出テナントにとってはどうでしょうか。人気テナントとそうでないテナントでは明暗が分かれていそうです。集客を売上に直結できていないテナントはこの5年間においても複数の撤退が見られます。またOLD NAVYのように大元の事業者の国内撤退のような不遇なケースもありました。ごく最近ではノースモール1階のknockoutが事業清算により閉店。しかし集客好調を反映してか後継テナントに不足はないように見受けられます。

umie5aniv03.jpg

やはり何と言ってもこの開放感は他の商業施設では得られません。今後の再開発で三宮やウォーターフロントの超高層ビル群が拡大して厚みを持てば更にここからの眺望はダイナミックになる事でしょう。大阪や京都では得られない開放感ある都会的な雰囲気に磨きをかけて欲しいと思います。

umie5aniv10.jpg

2000万人もの来街者がある中、これを享受出来ていない周辺施設のテコ入れは今後是非とも検討されるべきです。umieの成功は前述の通り、単に新たなテナントを集めて見た目の美装化を図っただけで成り立った訳ではありません。動線や回遊性の改善を行い、スムーズに人が各フロアや施設へ流れるように工夫を図りました。

umie5aniv11.jpg

商業フロアが不振な施設は導入部や垂直動線に欠点があります。これらハード面の改善を抜本的に行わなければテナント誘致も叶わずこれまでの失敗の二の足を踏みます。ただ各施設の保有者にそこまでの気概があるのかどうか。なぜなら保有者は建物内にて本業を営んでいますが、これらのビジネスは比較的好調に推移していると思われ、本腰を入れて商業施設の対策をする必要性に迫られているとは言えないのかもしれません。

umie5aniv05.jpg

umieについても今後も好調を維持していくには次の5年をどう運用していくべきでしょうか。三宮やウォーターフロントの再開発が進むと、神戸の都心エリアに多様性が生まれます。三宮クロススクエアが実現すれば、三宮センター街を含めた駅周辺一体が最新鋭の商業施設に囲まれた一大歩行者空間になります。この空間を取り囲むように大型立体パーキングも増加するかもしれません。そうなるとumieの商業空間としての優位性(特にファミリー層への)が薄れる可能性があります。またダイヤニッセイビルもすでに筑後25年が経過し、三宮クロススクエアが本格的に稼働していく今後10〜15年後には施設の老朽化がかなり進むので、建て替えを含むハーバーランドの再開発が必要になってきます。10周年を過ぎた頃からこうした話題は出てくる事を見据えた今後の5年になるのではないかと思います。

category: ハーバーランド

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/04/26 Thu. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top

umieモザイク運河環境整備工事 「せせらぎ通り」完成! 

canalprom46.jpg

昨年末から工事が進めらてきた神戸ハーバーランドumieモザイクの運河プロムナード環境整備工事。umie開業時にリニューアルされた同プロムナードに再び大規模な改修が施されました。

canalprom47.jpg

今回のリニューアルで水深がぐっと浅くなり、もはや運河ではなく、せせらぎに変貌を遂げました!

canalprom48.jpg

運河だった頃の面影はすっかり消え、全く新しい景気が広がっています。umieの改修工事は5年前の開業の時以来、竹中工務店が専属で設計と施工を手掛けていますが、非常に良い仕事をします。

canalprom49.jpg

新しくなった北側の導入部です。歩道が大幅に拡大された他、シンボルツリーが植樹され、その周りを囲むようにベンチが新設されています。

canalprom51.jpg

運河だった頃よりも回遊性の向上に磨きが掛けられました。これまで以上に歩行者空間としての利用促進が期待できます。

canalprom52.jpg

せせらぎに掛けられた橋の数は大幅に増やされました。umieの改修命題にこれまでも挙げられてきた回遊性の向上がこれでもかという程に感じられます。開業時にはノースモール、サウスモール間も地上、空中と幾つもの連絡通路が新設されましたし、昨年行われたノースモール地下階〜地上1階のリニューアルでも地下階にてサウスモールとの一体化が図られました。

ハーバーランドでは動線設計の失敗によって集客に苦戦する商業施設が存在するだけに動線の重要性が高く意識された造りになっています。

canalprom53.jpg

何だか不思議な構造物が出来ていました。スケボー用のハーフパイプのような形ですが、こんな場所に?と首を傾げたくなりました。プロムナードに面した幾つかの店舗がリニューアル工事中なので、これらの店で使用される物が一時的に置かれているのでしょうか。

canalprom57.jpg

何とも優雅な雰囲気が漂います。

canalprom56.jpg

階段が作られており、せせらぎへと誘う形になっているのですが、植木が置かれて立入禁止になっています。正式オープンまでお預けでしょうか。まさかこのまま入水禁止にはしないとは思うのですが。

canalprom58.jpg

南側には新たに大きなウッドデッキが増設されました。

canalprom55.jpg

一部には高低差を付けて水が勢いよく流れるよう工夫が講じられています。水音が響き渡り、清涼感を演出します。

canalprom61.jpg

これまで以上にモザイクのコンセプトである南欧風が高まりました。

umieopening56.jpg

ここで運河プロムナードの変遷をビフォーアフター調に辿ってみましょう。

深く水を讃えて緑が鬱蒼と覆い茂っていたかつてのプロムナードは・・・

mosaic79.jpg

なんと言う事でしょう!鬱蒼とした森は新たな歩行者空間へと変貌を遂げ、デザイン性豊かで開放的で美しい水辺へと大変身しました!

canalprom59.jpg

そして更になんと言う事でしょう!美しく生まれ変わった運河プロムナードは更に美しいせせらぎ空間へと大変身しました!老若男女を問わずこの場所を訪れる人々を魅了する事でしょう。

canalprom60.jpg

umieは開業から5周年という節目の年を迎えました(これについてはまた別途、取り上げたいと思います)。4周年の昨年に大規模リニューアルを実施したばかりなので、5周年をどう迎えるのだろうと思っていました。プロムナードの改修工事がスタートした際はこれが5周年記念事業の目玉なのか?と少し残念な気もしたのですが、完成してみるとなかなかどうして素晴らしい出来です。照明設備の増設も行われましたので、夜間景観も向上しているのではないかと思います。また取材して取り上げたいと思います。

category: ハーバーランド

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/04/25 Wed. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top

umieモザイク運河環境整備工事  

canalprom39.jpg

いよいよ完成予定日まであと10日を切ったumieモザイク運河環境整備工事。月末にumie開業5周年を迎えるにあたって記念事業的な位置付けでプロジェクトが進められていますが、完成を間近に控えて人工運河から人工清流へと大きく姿を変えています。

canalprom40.jpg

南側の導入部では大きなウッドデッキが構築中です。

canalprom41.jpg

回遊性の向上を命題とした「アクセスパス(連絡通路)」の増設はこれまでもノースモール-サウスモール間の複数フロアで実施され、機能的にもその効果の証明と実績を積んできましたが、今回の運河改修でも複数の橋の設置により、回遊性を重要視している事が伺えます。

canalprom42.jpg

小河の両側には固定された川石が敷き詰められ、造園業者による植栽、電気業者による照明の増設も進められています。

canalprom44.jpg

北側の導入部は歩道が大幅に拡大されてエントランスとしての位置付けが強調されているようです。シティループバスの停留所前でもあるので、ここからモザイクへと入っていく人も増える事でしょう。新たにシンボルツリーも植樹されました。

canalprom45.jpg

こちらは所変わって、JR姫路駅前広場にあるサンクンガーデン。駅ビルの完成と共に整備された憩いの空間で、人口の沢が流れています。今回のモザイクの運河改修はこの姫路のサンクンガーデンを大いに参考にしたのではないかと推測しています。春以降には子供達が大はしゃぎで集う水辺空間です。

canalprom43.jpg

モザイクの新しい水辺空間は親子だけでなく老若男女問わず楽しめる空間になりそうです。姫路同様に水が流れる沢である事を期待しています。これまでの運河プロムナードには欠けていた沢を流れる水の音が加わると、親水空間としての魅力が更に増す事になるのではないかと思われます。やはり水は北から南(写真の手前から奥)に向かって、流れる事になるのでしょうか。

水を使った空間演出は維持管理にコストが掛かる為、様々な施設において最終的に水を抜いてしまうという結末を数多く見てきました。当のハーバーランドでも現在のumieノース・サウスモール間のアトリウム空間はかつてキャナルガーデンと呼ばれ、ガス燈通りに沿って運河が流れていましたし、神戸情報文化ビルにも滝が流れていましたが、いずれも姿を変えて今に至ります。ウォーターフロントであるハーバーランドではありますが、これまで実際に水に触れる事ができる空間はありませんでした。このGWより、ハーバーの新たな名所として人気を集めそうですが、息の長い施設である事を願っています。

category: ハーバーランド

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/04/10 Tue. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 1

go page top

umieモザイク運河環境整備工事  

canalprom38.jpg

umie開業5周年を迎える来月に合わせて改修工事が進むモザイクの運河プロムナード。5年前のumie開業時には鬱蒼とした運河周りを一掃して、回遊性を高める為に運河の両側をプロムナード化しました。今回の改修工事はこれを更に別の形へと進化させるものとして期待されています。

canalprom30.jpg

運河の大幅な底上げが行われ、運河から小河への親水空間を変更するのが今回の改修の大きなポイントです。河の両脇に石が敷き詰められています。

canalprom31.jpg

今まで以上に親水性を高めてプロムナード自体を賑わい施設に造り替える計画です。

canalprom32.jpg

プロムナード内における回遊性を更に向上させる為、umieの改修ではお決まりの複数連絡路の確保がここでも登場しています。

canalprom33.jpg

至近距離に小河を渡る橋が2つも架けられています。

canalprom35.jpg

観音屋前は床束が設置されています。床面を周りと合わせるようです。

canalprom34.jpg

南側は更に水深が浅くなります。足首程度でしようか。

canalprom36.jpg

水辺には複数の階段が設けられました。夏には子連れファミリーの格好の遊び場になる事間違いなしです。

himeji51.jpg

機能的に類似した人工小河が整備されているのが姫路駅前のサンクンガーデンです。季節のよい時季にはやはり子供達が夢中で遊んでいます。

canalprom37.jpg

姫路のような親水空間があと1ヶ月程で完成予定です。これからより自然に近い形へと仕上げされていく事でしょう。造園屋さんが植栽を始めるのも時間の問題です。入水日が待ち遠しいですね。今年のGWは沢山のキッズが大はしゃぎする姿が見られるかもしれません。

category: ハーバーランド

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/03/23 Fri. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 1

go page top