こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

06« 2017 / 07 »08
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

umie(ウミエ)リニューアルオープン 

umierenew01.jpg

神戸ハーバーランドumie(ウミエ)が7月14日(金)にリニューアルオープンしました。North Mall(ノースモール)の地下1階及び地上1階から撤退したイズミヤ跡を約1年掛け、竹中工務店の設計・施工にて改修。North Mall内では先行して先月から今月初に東棟2階のOLD NAVYやインテリアハーツの撤退した4階にGLOBAL WORKやアネビートリムパークが開業した他、修理に里帰りしていたDIN DONも復帰しており、その総仕上げとしてイオンスタイルを中心とした2フロアが開業しました。

umierenew02.jpg

ダイエー、イズミヤと総合スーパーが進出しては撤退したダイヤニッセイビルの北棟。イオンモールによる再開発ですでにショッピングモールとして成功を収めていますが、三度のスーパー進出はモール同様に受け入れられるでしょうか。

umierenew09.jpg

イオンスタイルは単なる食品スーパーからの脱却を試みるイオンの新戦略です。豊富な品揃えと上質感のある内装、拘りの食材、輸入食品も多く取り扱う等、日常の非日常化を図っています。デパ地下ではありませんが、成功している高級スーパーから学びつつも、規模で圧倒します。

umierenew14.jpg

イオンスタイルウミエでは、広域圏を集客対象とするこのモールの性質に合わせる目的や先行して2週間前に開業したイオンスタイル神戸南との差別化を図る為、新たな試みや集客の仕掛けを複数用意していました。

umierenew10.jpg

まず1階部分には訪日客や観光客を意識して、神戸・兵庫県のみやげ物を集めたコーナーや日本酒を充実させた一画、化粧品の専門店を配置。

umierenew11.jpg

フロアの他の部分はイオンスタイルカフェと称し、100席のイートインスペースを用意。複数種のスイーツ店を誘致して、その場でドリップコーヒーやジューススタンド等のドリンクと共にカフェタイムが楽しめるようになっています。個人的にはアンドリューのエッグタルトが出店しているのが◎。ただかつてのスイーツハーバーを期待していたので、誘致店舗数はもっと増やすべきなのではないかと思いました。

umierenew16.jpg

地下1階の食品売場やマルシェダイニングは神戸南のイオンスタイルを小さくした感じでしたが、やはり特筆すべきはライブキッチン。300以上の席を備え、出来立てのステーキ、生麺パスタ、サラダ、お茶漬け、海鮮丼等が楽しめる新しいスタイルのフードコードです。カウンターでワインや軽食を提供するウミバルも面白い試みです。

4階のフードコードの混雑ぶりには辟易しているファミリー層だけでなく、周辺のオフィスで働く人々やマンション開発によって居住人口が急増している近隣地区の大人も楽しめる空間となっており、イオンの新店舗形態のショーケース的な役割も担っているものと思われます。

umierenew12.jpg

South Mall(サウスモール)との回遊性向上を図るため、東西の両モールのエントンラス部を結合しただけでなく、中央部にも2本の連絡通路を新たなに設け、まるで一つの建物内であるかのような移動が可能となりました。地上階ではすでに空中回廊によって両モール間の回遊性を生み出すことに成功している実績があるので、今回も同様にこれらの通路は動線改善に有効でしょう。

umierenew03.jpg

地上1階部分フロアの他の部分も見てみましょう。中央部のエントランスがイオンスタイルと専門店を隔てる空間に宛がわれています。

umierenew15.jpg

入ると左手(西側)がイオンスタイルがあり、中央広場兼通路に沿って3店が進出。

umierenew06.jpg

Franc francはカルメニから移転開業しました。以前よりも売場面積は若干減らしたような気がします。三宮店がフューチャープラザ建て替えによって閉店したので、こちらは拡大するのかと思っていました。賃料は上がっているはずなので、売上に見合う面積に絞ったのかもしれません。

umierenew08.jpg

グルマンディーズは本場スペインより輸入したチュロスを目の前でフライヤーで揚げて提供するスタンド。チュロスとはスペインやポルトガルで広く食べられる揚げ菓子でスペインとポルトガルにそれぞれ起源があるそうです。

umierenew07.jpg

そしてその奥には無印良品が出店。

umierenew04.jpg

無印にはアトリウムのセンターストリートに面したエントランスから直接、入店することもできます。

umierenew13.jpg

開業5年目に突入したumie(ウミエ)は広域集客型の大型ショッピングモールとしてすっかり定着しました。アンパンマンミュージアムと共に人気商業施設として、三宮や元町とは異なる独自の集客力を身に付けています。そして今回のリニューアルによってモールとしてハード面では一通りの完成形になったと言えるでしょう。商業施設の陳腐化は開業1秒後に始まると言われています。開業4年経過の段階で、こうした新たな進化を遂げる事ができたのはumie(ウミエ)にとって大きな意味を持ちます。9月中旬にイオンモール神戸南がいよいよ全面開業しますが、今回、両イオンスタイルを比較する事で、至近距離にある二つのモールの棲み分けについてしっかりと戦略を持っている事が明確となりました。双方の真価が問われるのは、9月以降になるかと思われますが、安心して見ていても大丈夫な気がしてきました。

umierenew17.jpg

おまけですが、umie(ウミエ)へ向かう道すがら、DUO神戸浜の手地下街の二つの通路の入り口付近に新たな案内表示が取り付けられているのを発見しました。

umierenew18.jpg

デザインや視認性はなかなか良いのではと思います。umie(ウミエ)へ向かう際、未だに、どうやってumie(ウミエ)へ行くのか分からないとこぼす人がいた事に驚きました。

category: ハーバーランド

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/07/16 Sun. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 4

go page top

7月14日(金)にリニューアルオープンする神戸ハーバーランドumie(ウミエ) North Mall 

umie256.jpg

umie(ウミエ)ノースモールの地下1階及び地上1階に営業していたイズミヤ神戸ハーバーランド店が閉店してから早1年。今週7月14日金曜日にいよいよリニューアルオープンを予定しています。

リニューアルによる構成は以下となります。

地上1階:イオンスタイルumie る「スイーツゾーン」「イオンドリップカフェ」「こだわり食材・ギフト・リカーゾーン」、フランフラン、無印良品、グルマンディーズ
地下1階:イオンスタイルumie 「ライブキッチンゾーン」「マルシェダイニングゾーン」

イオンスタイルは地下階及び地上階を合わせて計380席のイートインスペースを設ける他、先行して開業したイオンモール神戸南とも差別化し、通常の食品スーパーの機能に加えて、「スイーツゾーン」や目の前で調理の様子を見る事ができるライブキッチン等、「コト消費」が楽しめるサービスを提供する全く新しい業態となる模様です。更には無印良品やフランフラン等の鉄板テナントを誘致する事でショッピングモールとしての完成度・集積度は一段と高まることでしょう。

umie257.jpg

米国へ修理に里帰りしていたハーバーランドのシンボルであったDINDON(ディンドン)もこのタイミングで帰ってきました。早速、周辺には黒山の人だかりができていました。相変わらずいつでもキッズに大人気です。

umie258.jpg

リノベーションによって転がる玉の大きさが二回り以上大きくなり、視認性が良くなりました。シュルルリコ~ンという独特な鐘の音も健在です。

umie261.jpg

本格的なノースモールのリニューアルに先駆けて、同棟2階の国内撤退によって閉店したオールドネイビー跡にはサウスモール4階で営業していたGLOBAL WORKが6月10日に国内最大級の店舗を移転開業しました。

umi261.jpg

GLOBAL WORKが抜けたサウスモール4階に今度はノースモール5階で営業しているRight-onが9月に移転する予定です。

umie262.jpg

ノースモール3・4階で営業していた家具店インテリアハーツが3階のみに店舗フロアを縮小しました。後継として4階には関西発進出となるアネビートリムパーク神戸が7月1日に開業。6ヵ月~12歳の子供を対象とした屋内アミューズメント施設です。トイザらス・ベビザラスの複合店、フードコード、アネビートリムパークとファミリー向けのゴールデンルートが誕生です。

umie263.jpg

ノースモールの本格リニューアル工事は大詰めを迎えているようです。

umie270.jpg

リニューアル工事を施工しているのは竹中工務店。2012年のumie(ウミエ)開業の際にダイヤニッセイビル全体とモザイクを一体的に再開発したのも竹中です。

umie259.jpg

仮囲いで覆われていたモスバーガー跡や隣接したエントランス周りはすでに工事が完了しています。

umie260.jpg

シースルーエレベーターへ直結する新たな動線が整備されたようです。

umie264.jpg

今回のリニューアルに合わせて、ノースとサウスモール間の回遊性の向上を図ります。地下階西側のノースとサウスの両モールが結合しているエントランス部です。すでにイオンスタイルの看板が上がっています。

umie265.jpg

西側もエントランス部が結合しています。、更に両モール間の連絡通路を複数新設することで、イオンスタイルumieと専門店との回遊性向上が図られます。

umie266.jpg

開業から4年が経過した神戸ハーバーランドumie(ウミエ)。サマーセール中というのもありますが、駐車場はどの区画も満車。モール内は多くの人々で賑わっていました。今週末のリニューアルオープンで更にumie(ウミエ)の魅力が大幅にパワーアップしそうです。6月末のイオンモール神戸南の第一期開業の賑わいを考えると、今週末の混雑ぶりは4年前の開業当初を彷彿とさせるまでになるかもしれません。

umie268.jpg

ノースモールへ移転予定のフランフランはすでに神戸情報文化ビル・カルメニ1階の店舗を閉店しました。契約期間はまだ残っているためなのか、空の陳列棚が並んでいました。

umie269.jpg

絶好調のumie(ウミエ)によってハーバーランド全体の集客性が高められており、どこも人で賑わっているのですが、umie(ウミエ)以外の商業施設はその恩恵を十分に享受できているとは言えないようです。カルメニは低層部の外観改修工事を進めていますが、中核テナントのフランフランを失って、今後、テコ入れを行う予定は無いのでしょうか。ハーバーセンターやプロメナ神戸も相変わらずパっとしない状況です。それぞれがホテルやオフィス、温浴施設等の本業で稼いでいる点もあって、あまり低層部の商業施設運営に身が入らないのでしょうか。

umie267.jpg

ガス燈通りに面した公共施設こべっこランドは移転が決定しました。和田岬の市有地に新たにもっと大きな施設が建設される予定です。跡地の活用法は今後の検討となります。

大規模再開発が進む予定の三宮とは一線を画す独自路線で生き残りを図るハーバーランド。9月にイオンモール神戸南の全面開業が控えますが、この二つのモールが今後、どう協調していくのかを見極めるのが楽しみです。

category: ハーバーランド

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/07/10 Mon. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top

7月14日 umie(ウミエ) North Mallイズミヤ跡に無印良品、Franc Franc等が進出 

umie001.jpg

昨日、umie(ウミエ) North Mall(ノースモール)のOLD NAVY跡に今週の土曜日、GLOBAL WORKが移転拡張によって国内最大級の店舗を開業する模様をお伝えしましたが、読者の方から更なるビッグニュースを教えて頂きました。

まず7月1日(土)、インテリアハーツ跡のノースモール4階東側に「アネビートリムパーク」がオープン。東京・お台場の商業施設ヴィーナスフォートにも出店している大型屋内遊具施設です。フードコートが隣接しているので、子供連れのファミリーで賑わいそうです。6月16日(金)にプレオープンします。

次に真打となるイズミヤ跡の1階、地下1階ですが、7月14日(金)にイオンスタイル、無印良品、Franc Francが開業します。イオンスタイルの開業は周知でしたが、無印とフランフランの進出は驚きでした。

globalwork06.jpg

フランフランは近接するカルメニから移転拡張となるものと思われます。同店が抜けたカルメニの1階は後継テナントが埋まるか少し心配ですが、フランフランにとっては1等地への移転が可能になり、集客アップが狙えそうです。三宮センター街のフューチャープラザ建て替えによって生じた三宮からの撤退も今回の移転開業の後押しをしたのかもしれません。

無印については正直、umie開業当初から進出してなかった事が不思議でした。有力大型モールには必ず出店する優良店をイオンモールが誘致できなかったのか、それとも無印側がハーバーランドへの進出には懐疑的だったのか。以降、当ブログでもイズミヤが撤退した場合の無印の出店の可能性について何度か述べてきました。

これらの新規大型優良テナントの出店により、umieの広域型ショッピングモールとしての完成度は一段と高まる事になり、その集客性は一段と揺るぎないものになるのは間違いないです。イオンスタイルも通常のイオンスーパーとは一線を画し、約300席のイートインスペース、カフェや神戸の和洋菓子を楽しめるスイーツ区画もできるようです(かつてあったスイーツハーバーの復活でしょうか)。5年目に突入したumieはこの夏に盤石なるセカンドステージを迎える事になりました。これも過去4年間の実績が評価された結果と言えるでしょう。

category: ハーバーランド

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/06/07 Wed. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 2

go page top

OLD NAVY(オールドネイビー)跡にグローバルワークが出店 神戸ハーバーランドumie 

globalwork03.jpg

米国GAP傘下のファストファッションブランドであった「OLD NAVY(オールドネイビー)」が日本から撤退し、神戸ハーバーランドumieのノースモールに出店していた店舗も今年初めに閉店しました。またノースモールでは地下1-地上1階に営業していたイズミヤも昨夏に閉店した他、家具店のインテリアハーツも2フロアから1フロアに営業規模縮小し、この建物は中核テナント3区画分を欠いた状態が続いています。

globalwork01.jpg

しかしながら「OLD NAVY(オールドネイビー)」跡には新規進出テナントが決定しました。すでにサウスモール3階に出店していたGLOBAL WORK(グローバルワーク)が移転開業します。

globalwork05.jpg

開業予定日は今週土曜日の6月10日。国内最大級店舗としてオープンします。

globalwork02.jpg

GLOBAL WORK(グローバルワーク)はアダストリアが運営しているブランドの一つです。同社は国内外で17ブランド、約1300店舗を展開するファッションカジュアル専門店チェーンです。umie内には他にLOWRYS FIRMやstudio CLIP等のアダストリアブランドが出店しています。ワールドやオンワードHD等の既存大手のアパレル企業が苦戦している中、これらのブランドは全国のモールや商業施設にて店舗を拡大展開しており、大きな成功を収めています。業界シェアは7位です。

globalwork04.jpg

サウスモール3階の同店は5月末で閉店しました。かなり大きな区画なので、次の進出テナントが気になります。

OLD NAVY(オールドネイビー)跡には新規テナントの出店を期待していましたが、目立つ一等地だったので、無難に後継テナントが決まった事はまず良しとしましょう。

globalwork06.jpg

ノースモールのイズミヤ跡にはイオンスタイルが今夏のオープンを予定していますが、まだ具体的な開業日は発表されていません。イオンモール神戸南のイオンスタイルは一足先の6月30日(金)の開業が発表されました。umieを訪れるファミリーには4階のフードコードが混み過ぎて、席を確保できない事は悩みの種ですが、イオンスタイルの開業によって混雑緩和が期待されます。

開業から4年を迎えたumieにとって今年は第2ステージのスタートといったところでしょうか。9月中旬に全面オープンするイオンモール神戸南がどう影響するのか思っていましたが、イオンモールはより地域密着型の様相が強い店舗になりそうなので、そこまで大きなしわ寄せは無いような気がしてきました。

category: ハーバーランド

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/06/06 Tue. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 4

go page top