こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

09« 2017 / 10 »11
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

神戸製鋼所新本社ビル 

kobelco39.jpg

HAT神戸にて建設中だった神戸製鋼所の新本社屋が完成しました。

建築概要データ

住所: 神戸市中央区脇浜海岸通2丁目2番4号、
敷地面積: 約6,700㎡
規模: 地上9階 高さ約50m 延床面積 約23,000㎡
総工費: 約60億円
工期: 2011年12月~2013年2月、約1年3ヶ月
就業人数: 約1,400名

kobelco44.jpg

KOBELCO/株式会社神戸製鋼所
KOBE STEEL,LTD

ブランド、社名、英名の入った真新しい社標です。鉄鋼メーカーらしく無骨ながらスタイリッシュでエッジの利いた鋼鉄感溢れるデザインです。

kobelco41.jpg

建物北側の公開空地はポケットパークのように緑豊かに植樹、植栽が施されています。

kobelco43.jpg

北東コーナーです。1階部分は津波対策として地上から1.4m嵩上げされています。

kobelco42.jpg

また1階外周はぐるりと取り囲むようにピロティ空間が設けられており、国内第三位の鉄鋼メーカー本社ビルとしての風格が漂います。

kobelco45.jpg

建物はグループ会社の神鋼不動産が所有し、神戸製鋼グループ各社が賃借する形で入居します。

kobelco47.jpg

敷地南側半分は駐車場となっています。

kobelco46.jpg

4月1日より入居グループ全てが新本社で稼働を開始します。神戸製鋼の新たな飛躍の象徴として完成した新本社ビル。今後もおおいに発展し、神戸経済の要であり続けて欲しいですね。


category: 神戸製鋼本社ビル

2013/03/17 Sun. 10:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 2

go page top

神戸製鋼所新本社ビル 

kobelco33.jpg

HAT神戸で建設中の神戸製鋼所新本社ビルの近況です。すでに建物本体は完成しています。

kobelco34.jpg

遂に神戸製鋼の文字が建物上部北側に取り付けられました。

kobelco36.jpg

建物東側にはKOBELCOの文字が。

kobelco35.jpg

最近、「KOBELCOってイタリアの会社だろ?」のTVCMが頻繁に放映されていますね。これらのサインは夜間にはバックが白く点灯して文字が浮かび上がるような照明演出が施されるものと思われます。

kobelco38.jpg

敷地内の整備造成も順調に進められています。

kobelco37.jpg

敷地北側では植栽が行われていました。新本社の稼動は3月です。

鉄鋼メーカーの枠に捉われない多角経営を好調維持してきた神戸製鋼もこの逆風の中に逆らうことはできず、2013年3月期は600億円の赤字を見込むと発表されました(直近では政権交代後に進んだ急速な円安による業績回復により修正されるようです)。新本社ビルの稼動を間近に迎えていますが、神鋼は今後も企業再編に飲み込まれる事なく、神戸の代表企業として単独維持をぜひとも続けて欲しいですね。


category: 神戸製鋼本社ビル

2013/01/09 Wed. 00:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top

神戸製鋼所新本社ビル 

kobelco28.jpg

HAT神戸で建設中の大型オフィスビルである神戸製鋼所の新本社屋。恐らく現在、神戸市内で建設されているオフィスビルでは最大級の建物です。今年年初に着工し、順調に工事が進められてきましたが、いよいよ大詰めを迎えつつあります。

kobelco29.jpg

カーテンウォールやガラスの取り付けも完了し、すでに外観はほぼ完成しています。現在は、1階部分の仕上げ工事や内装、敷地内の整備が重点的に行われています。

kobelco31.jpg

1階部分にはこの重厚な建物に対して敢えて細めの支柱を数多く配したデザインとなっています。

kobelco30.jpg

巨大なビルですが、この倍の高さがあったらもっと見栄えしたことでしょうね。完成後は神戸製鋼グループ12社が入居し、1,400人が勤務することになります。

kobelco27.jpg

こちらが現本社の入居する神鋼ビル。新本社屋から北へ数百メートルの位置にあります。

kobelco32.jpg

おまけですが、神戸製鋼新本社に隣接したレクサスHAT神戸に展示されているLEXUS LS460のニューモデルです。GSシリーズに倣って、同ブランドの新しいアイデンティティとして設定されているスピンドルグリルがフラッグシップのLSにも採用されました。最もスポーティなF SPORTは押し出し感も抜群で、セルシオ時代を含むLS史上、最もアグレッシブな姿を備えました。六重苦と言われる日本企業を取り巻く環境ですが、トヨタ自動車は攻めの姿勢を崩してはいませんね。

category: 神戸製鋼本社ビル

2012/11/05 Mon. 21:49 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 2

go page top

神戸製鋼所新本社ビル 

kobelco22.jpg

HAT神戸で建設の進む神戸製鋼所の新本社ビルです。すでに地上9階までの鉄骨建方は完了し上棟。現在はカーテンウォールの取り付け工事がメインです。

kobelco21.jpg

ほぼキュービックな重厚感のある建物になります。最高部の高さは50mです。

kobelco25.jpg

北側の2号線からもすでにその姿を確認できます。北側には小さな塔屋が設置されました。

kobelco23.jpg

低層階に取り付けられたカーテンウォールです。タイル調で意外にもブルーの色調です。パースでも確認できた通り、垂直な壁面ではなく幾分角度を持たせています。

kobelco26.jpg

パネルの一つの大きさはこれ位あります。建物の建設も今では現場で建てるではなく、現場で組み立てるが基本になりました。中国では世界一の超高層ビルをたった半年で建てるという計画が進んでいるそうです。日本では考えられませんね。

kobelco24.jpg

カーテンウォールの取り付けが全て完了すると、外観的にはガラスの設置を経て工事は完了します。あとは内装工事に主眼が置かれます。大規模オフィスビルですが、超高層ではないのでこちらも進捗は速いですね。この規模のビルを都心に欲しい所です。


category: 神戸製鋼本社ビル

2012/08/09 Thu. 20:53 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 2

go page top