こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

05« 2017 / 06 »07
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

ジ・アーバネックスタワー神戸元町通竣工 

urbanex101.jpg

ホテルシェレナ跡地で最後の再開発となるジ・アーバネックスタワー神戸元町通が竣工しました。地上27階、高さ90m(軒高)、総戸数200のタワーマンションです。

urbanex96.jpg

低層部周りの整備や植栽も完了。内装工事も完了していよいよ3月の入居開始に向けて最終の手直しを控えています。

urbanex97.jpg

敷地裏側の機械式駐車場へと誘うアプローチ。自動開閉式シャッターでセキュリティ性は万全です。

urbanex98.jpg

80cm程嵩上げされた1階エントランスは階段とスロープが用意されています。この日は内覧会が行われていました。

urbanex99.jpg

エントランス横にはシンボルツリーが植えられています。後半の売れ行きは好調だったようですが、まだ全戸完売には至っていません。

urbanex100.jpg

建物は通りからセットバックして建築されたことでエントランス周りに公開空地が生まれました。大きくはありませんが街並みのアクセントとして好感が持てます。シンプルではありますが、白をグレーを基調とした色使いも清潔感があって好印象です。

urbanex102.jpg

栄町通とは反対の西側見上げ。ほぼ正面ファサードと同じデザインです。

sherena08.jpg

在りし日のシェレナ(閉館中)。幽霊ビルのような状況で10年近く存在していました。基礎の手抜き工事有無で係争が行われ、再開発が遅れました。三越百貨店跡でもあり、西元町の要的な場所です。

urbanex95.jpg

そして更に10年経ってほぼ同じ位置から撮影したこの場所は大きく変貌しました。これでシェレナ跡地の再開発は完結を迎えました。

urbanex103.jpg

入居開始後、もし夜景が良い感じであればまた取材して掲載したいと思います。

建物名称:ジ・アーバネックスタワー神戸元町通
所在地:神戸市中央区元町通六丁目2番1、2番3(地番)
敷地面積:1,826.65m²
建築面積:918.59m²
延床面積:18,343.02m²
構造・規模:鉄筋コンクリート造地上27階建
戸数:200戸(別途、フロントオフィス(管理室)1戸、スカイラウンジ(集会室)1戸)
事業主:大阪ガス都市開発株式会社、大林新星和不動産株式会社、大和ハウス工業株式会社
設計:株式会社IAO竹田設計
施工:株式会社大林組
竣工:平成28年1月8日

category: ホテルシェレナ跡地

2016/02/01 Mon. 07:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 4

go page top

ジ・アーバネックスタワー神戸元町通 

urbanex93.jpg

ホテルシェレナ東館跡地に建設中のタワーマンション「ジ・アーバネックスタワー神戸元町通」。竣工を目前に控えています。

urbanex90.jpg

建物を長い間覆っていたネットは全て取り払われました。完成形のタワーを拝むことができます。

urbanex89.jpg

低層部周りの整備もほぼ完了のようです。建物を道路からセットバックしたことにより植栽のできる公開空地が生まれました。エントランス部に潤いを与えています。

urbanex91.jpg

タワーの見上げです。このタワーの計画時、現地に掲示された完成予想パースを見てとてもがっかりした覚えがあります。何の変哲もないそこらへんによくある中層マンションをただ上に階を重ねただけのようなデザインでランドマーク性もステータス性も何も感じられないタワーでした。タワーがこれだけ増えてくると、こういった外観にはコストを掛けない物件も出てくるようになるのだなと割り切った考えに勝手に辿り着きました。その後、設計に手が入り、中央にマリオンを取り付けたり、ガラス手摺に工夫が施されたりして、完成してみるとなかなか悪くないデザインになりました。

urbanex92.jpg

栄町通とは反対側の裏面は敷地内の機械式駐車場やゴミ集積所等が設けられています。

urbanex94.jpg

ハーバーロードと栄町通の交差点から眺めるホテルシェレナ跡地。共同住宅を中心として合計4棟の建物がひしめく形へと再開発されました。その完成が間近に迫っています。栄町通からもようやく震災の傷跡がようやく消えようとしています。次回の更新がこのタワー及び一連のシェレナ跡地開発のフィナーレとなる予定です(夜景が綺麗な場合は別立てで取り上げたいと思います)。

category: ホテルシェレナ跡地

2015/12/28 Mon. 07:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 3

go page top

ジ・アーバネックスタワー神戸元町通 

urbanex83.jpg

ホテルシェレナ東館跡地の再開発で建設中のタワーマンション「ジ・アーバネックスタワー神戸元町通(地上27階 高さ90.1m-軒高 総戸数200戸)」。 上棟してほぼ外観も完成している状況です。

urbanex84.jpg

来年1月の竣工を予定し、現在は内装工事が盛んに進められています。低層部は養生ネットが取り払われて素の同物件が確認できます。思っていた以上に白くて明るい色調のようです。パースではグレーだと思っていましたが、実物はかなり白に近いです。

urbanex85.jpg

2種類のガラスを組み合わせたガラス手摺。ネットが取り払われるとよりコントラストがくっきりして目立ちます。

urbanex86.jpg

早くすべてのネットが取り払われた姿を見てみたいものですね。売れ行きの方はどうなんでしょうか。隣bのザ・レジデンス神戸元町通とのお見合い部屋がかなり上層階まであるのでそのあたりがどう買い手に評価されているかにも販売を左右するのではないかと思います。

urbanex82.jpg

中突堤から見た同タワー。14階以上上の階からは海が見えますね。花火も上層階からは問題なく見えるのではないでしょうか。このタワーの塔屋は完全にコンクリートで外壁を作らず、金属製のルーバーで囲った形となっています。これから足元周りの整備も始まります。

category: ホテルシェレナ跡地

2015/09/03 Thu. 07:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 1

go page top

ジ・アーバネックスタワー神戸元町通 

urbanex79.jpg

上棟を迎え塔屋の構築も終盤に差し掛かったホテルシェレナ跡地に建設中のタワーレジデンス「ジ・アーバネックスタワー神戸元町通」。ガラス手摺の2種類を組み合わせたガラスの取り付けも20階まで完了しました。

urbanex80.jpg

25-27階の最上層3フロアは透明ガラスが採用されているので、2種ガラスの取り付けはあと4フロアとなります。まだ養生ネットの上からしか見えないので、実際はもっとはっきりとこれらのガラスが存在感を出してくるのではないかと思います。

urbanex78.jpg

中突堤からもその存在を認めることができます。中層階からオーシャンビューを望むことができそうですね。一番当初に現地に掲示された完成予想パースはあまりにもシンプル過ぎるデザインにかなりがっかりしました。ファサードに改良が加わり、見れるようになったと思っていましたが、実際に完成が近づいてみてもシンプルなのは変わりないですが、悪くないですね。このガラスが夜景になった際にどう変化するのかを確認するのも楽しみです。


category: ホテルシェレナ跡地

2015/07/02 Thu. 07:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top