こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

05« 2017 / 06 »07
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

エルグレース神戸三宮 タワーステージ竣工 

lifestage05

磯上エリアの神戸市バス操車場跡地で建設の進められていた分譲タワーマンション「エルグレース神戸三宮 タワーステージ (地上29階 地下1階 高さ95.9m 住居数174戸)」が無事、竣工を迎えようとしています。

lifestage06

上部南西角側に特徴のある装飾が取り付けられ塔屋は円形状をしています。途中階(19階)に住居階とは異なりガラス張りの階がありますが、これは住居者専用の展望浴場とレストランが入る共用施設となっています。どことなく神戸国際会館に似てませんか?

lifestage02

現地に以前、掲示されていた完成パースから塔屋はライトアップが施される予定であることが推測できます。現に当ブログの読者の方から試験点灯を目撃されたというメッセージも頂きました。12月より入居開始ということなので、近日中に美しい夜の姿も見ることができるようになるでしょう。

しかし最近竣工のタワマンのライトアップ率は高いですね。

lifestage07

エントランス付近です。クリニックを併設するようです。住居者専用の入り口は西側のようですね。

白亜の美しいタワーですが、他の都心タワーのように街のどこからでも見ることが出来るような存在感がありません。高さや立地が原因ですが、街の景観に花を添える効果があまりないことがちょっと残念ですね。

category: エルグレース神戸三宮タワーステージ

2009/10/30 Fri. 19:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 3

go page top

エルグレース神戸三宮 タワーステージと東部エリア 

lifestage04

磯上エリア・神戸市バスの操車場跡地で建設の進められている29階建てのタワーマンション「エルグレース神戸三宮 タワーステージ」も、塔屋部分を完成させ、防護シートも下層階から撤去され始めました。夜間には航空障害灯も点灯されており、ライトアップの試験点灯が待ち望まれる状態です。

後方にはHAT神戸の高層マンション群が縦列しています。さらに後方には住吉や御影エリアの高層建築群が確認できます。にょっきりと聳えるのは地上47階、高さ170mと現状では市内最高層の「御影タワーレジデンス」です。こちらも下層階から防護ネットの撤去が始まっていますが、まだ小サイズのクレーンは下ろされていません。このタワーマンションも夜間のライトアップが予定されており、点灯が楽しみです。

また、こちらでは期待の明滅式中高度航空障害灯二基が赤い光を放ち始めました。航空法の緩和により、日本の高層建築のシンボル(?)であった明滅式灯は150m未満の建物には設置義務がなくなり、次々と完成する高層ビルもほとんどが150m未満の神戸では、D'グラフォート神戸三宮タワー以来、中高度航空障害灯の設置は4年ぶりです(新神戸のジークレフ新神戸タワーは152mの高さですので、中高度灯が設置されるのを期待してましたが、近隣の既存高層建築に囲まれているため、設置義務の緩和を受けたのでしょう。低光度航空障害灯のみとなってしまいました)。

話題が航空障害灯中心になってしまったついでに余談をもうひとつ。この航空障害灯の設置基準の緩和は、明滅式灯の設置高度を上げただけでなく、設置数も緩和されたために、新規の建物では150mを越えても対角線上に二基というスタイルが一般的になりました。

またこの規制緩和は既存の高層建築にも適用されるので、点灯させる障害灯を減らしたり、時には明滅灯を常時点灯させて低高度障害灯とする建物も見受けられるようになってきました(どうやら既存の建物では任意のようですが)。これは私にとっては残念なことです・・・。

神戸市内で例を挙げると・・・

canal

JR兵庫駅前のキャナルタウン中央が明滅を止めてしまいました(トリプルタワーの両端2棟は明滅を続けています)。明滅式はコストパフォーマンスが悪いので、分譲マンションではこういったことが増えるかもしれませんね。国際会館も低高度灯の点灯数をだいぶ減らしたようです。

神戸市内ではないのですが、不思議な建物が西宮にあります。セントラルガーデンタワーという30階建てのタワーマンションですが、6基の明滅灯が設置されているのですが、時間帯(?)によって明滅から常時点灯に切り替えをしている(いた?)のです。

とまあ、長くなってしまいましたが、航空障害灯についてもっとお知りになりたい方はこちら

category: エルグレース神戸三宮タワーステージ

2009/09/11 Fri. 21:48 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top

エルグレース神戸三宮 タワーステージ 

lifestage01 />

「エルグレース神戸三宮 タワーステージ」は市の交通局三宮操車場跡地に建設されているタワーマンションです。地上29階 高さ95.9mの規模で今秋竣工予定です。現在は28階付近を建設しています。上棟まであともう一息です。

lifestage02 />

現地に掲示されている完成予想パースです。南西角側に塔屋が設置されることがわかります。この塔屋には夜間にはライトアップが施されるようです。また中層部よりやや上の19階は間口が大きく取られていますが、この階は住民専用の大浴場が設けられる予定です。札幌で宿泊したホテル日航にも高層階に大浴場があり、とても良かったです。住民には日常になるのでしょうね。三宮の眺望を満喫しながらの入浴。贅沢ですね。

lifestage03

市役所展望ロビーから。同マンションを先頭にHAT神戸へとスカイラインが続いています。余談ですが、近隣のレストラン「びっくりドンキー」東隣に建設中の建物があります。どうやら讃岐うどんチェーンの「丸亀製麺」が出店するようです。

category: エルグレース神戸三宮タワーステージ

2009/06/18 Thu. 09:31 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top