こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

06« 2017 / 07 »08
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

2017年完成・開始予定のプロジェクト 

新年あけましておめでとうございます。昨年も当ブログをご愛顧いただきありがとうございます。今年も皆様の応援の程、よろしくお願い致します。新年頭から体調を崩し、初更新が遅れてしまいました。しばらくぼちぼちの更新が続くかもしれません。

初回は今年2017年に神戸市内で予定されている開発の動きをまとめてみたいと思います。

2月

mitsui16.jpg

パークホームズ神戸 ザ レジデンス竣工
旧金融事務センタービルの跡地で三井不動産レジデンシャルが進めていた地上20階の3棟から構成される総戸数357戸の大型分譲マンションプロジェクトが遂に2月末に竣工します。

lilly001.jpg

磯上オフィス計画着工(日本イーライリリー新本社)
建隆マネジメントが計画する磯上通5丁目の大型オフィスビルプロジェクトが2月に着工。ビルは米国製薬大手のイーライリリーの日本法人である日本イーライリリーが本社を移転する予定です。

3月

bal37.jpg

神戸BAL全面リニューアルオープン
昨夏から進めている神戸BALの開業後初の大改装。すでに南側のBAL ANNEX Iの建て替え等が完了していますが、本館や他ANNEX棟を含めた全面改装が3月に完了します。

4月

merikenpark007.jpg

メリケンパークリニューアル完成 スターバックスメリケンパーク開業
神戸港開港150周年プロジェクトとして進められているメリケンパーク初の大改修が完了します。西日本最大級の店舗面積を誇るスターバックスコーヒーも園内に開業予定です。

kinkiosaka05.jpg

近畿大阪銀行神戸支店 栄町通に移転開業
JR神戸駅付近にある現在の神戸支店を栄町通沿いのみなと元町駅前に新築する支店ビルに移転予定。今春、新規開業予定です。

familia23.jpg

相生町1丁目計画着工(ファミリア本社屋跡地)
解体中のファミリア本社屋及びファミリアホール跡に三菱地所レジデンシャル他が計画中の超高層マンションが着工。2020年の竣工を目指して建設工事が開始されます。

pilot53.jpg

神戸医療イノベーションセンター開業
ポートライナー京・コンピューター前駅前で建設中のKMIC神戸医療イノベーションセンターが開業。不足する賃貸ラボスペースの新規供給と京を代替する新スパコンの開発施設が開設されます。

5月

hankyu174.jpg

神戸阪急ビル増築工事着工
既存の神戸阪急ビル東館解体撤去が完了し、いよいよ新しい神戸阪急ビルの建設工事がスタートします。

miumiu000.jpg

MIUMIU神戸開業
旧居留地・泰和ビル跡にプラダジャパンが旗艦店のMIUMIU神戸を開業します。

6月

ionmall80.jpg

イオンモール神戸南開業
旧神戸中央卸売市場本場跡地で建設中のイオンモール神戸南が全面開業します。沿線・地域最大のショッピングモールの誕生です。

umie252.jpg

ハーバーランドumie(ウミエ) North Mall にイオンスタイルumie開業
イズミヤが退店したumie(ウミエ) North Mallの地下1-地上1階 にイオンスタイルumieが開業。ハーバーランドの食が更に充実します。

interior.jpg

東京インテリア家具神戸ポートアイランド店開業
IKEAに隣接したイズミヤ跡地に東京インテリア家具が進出。大型家具店の集積が高まります。

suncity78.jpg

サンシティタワー神戸竣工
HAT神戸の新しいランドマークタワーがいよいよ竣工します。

portcenter000.jpg

神戸ポートオアシス竣工
こちらも神戸港開港150周年事業の一環として進められている神戸港福利厚生施設の建て替え計画が完成します。

10月

eyecenter.jpg

神戸アイセンター竣工
昨秋着工したiPS細胞を利用した網膜の再生医療臨床研究施設として期待されている神戸アイセンターが竣工します。

11月

unizo20.jpg

ホテルユニゾイン神戸三宮開業
加納町交差点付近にあった新神戸サンホテル跡地に新しいビジネスホテルが誕生します。

businesshotel04.jpg

神戸三宮駅ビジネスホテル開業
JR三ノ宮駅から至近距離にある雲井通6丁目に新たなビジネスホテルが開業します。

12月

hyoshin27.jpg

兵庫県信用組合増築工事竣工
栄町通の兵庫県信用組合本部ビルが大きく増床します。

今年は大型商業施設の開業やビジネスホテルの開業が相次ぐ他、大型プロジェクトの始動も控えており、昨年に引き続きかなり盛沢山の1年になる予定です。特に年度変わりの4月から6月までと秋にこれらの開発案件の完成や開始が集中しています。まだ具体化されていない三宮再開発の概要も明らかになっていくことも期待されます。今年1年が神戸にとって、皆さんにとって素晴らしい1年になりますように。


category: 企画物

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/01/04 Wed. 10:07 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 2

go page top

こべるん版 神戸10大ニュース 2016 

今年も残るところあと僅かになりました。2016年に完成するプロジェクトはあまりありませんでしたが、三宮再開発関連をはじめとして、複数の大きな動きがありました。今回は神戸10大ニュースとして今年の神戸を振り返ってみたいと思います。尚、選定と順番は独断と偏見で決定しています。

1. 神戸阪急ビル建替計画始動

hankyu190.jpg

昨年末に突如閉館のお知らせが出て、1月11日に全店舗が閉鎖された神戸阪急ビル東館。2013年に朝日新聞が第一報としてこの暫定駅ビルの建替計画について報じてから実に3年が経過していましたが、ようやくこのプロジェクトが三宮再開発の口火を切る形として始動しました。今年4月に阪急電鉄より公式に計画概要が発表され、地上29階 地下3階 高さ120m 延床面積28,500平方メートル 商業施設、オフィス、ホテルから構成される超高層複合駅ビルを2021年の完成を予定して建設することが判明しました。同時に阪急三宮駅構内の改修、高架下や西口改札周辺のリニューアルも図り、駅全体を刷新します。

hankyu174.jpg

低層部には旧神戸阪急ビルのデザインを再現、周辺施設との回遊性を高めます。5月には隣接するさんきたアモーレ広場を閉鎖して、仮囲いを設置。建設事務所を構築して既存ビルの解体に着手しました。長年待ち望まれていた阪急神戸ビルの再建が実現し、20年の歳月を費やした三宮の復興開発がここにようやく完了することになります。

2. そごう神戸店のH2Oリテイリングへの譲渡

sogo-hankyu07.jpg

10月上旬、そごう神戸店をはじめ関西にあるセブン&アイ傘下の百貨店3店を、H2Oリテイリングに譲渡という電撃ニュースが駆け巡りました。その衝撃度とインパクトは今年最大のニュースでした。来年度に継承手続を完了させ、従業員を含めて建屋を引き取ります。今後については3店舗の阪急百貨店への屋号の変更が検討されており、特に神戸店については建物の老朽化から建て替えも視野にあるとのこと。2012年、ハーバーランドにあった神戸店撤退以降、阪急百貨店の空白地区になった神戸エリア。同百貨店が三宮の一等地に返り咲く可能性が高まると共に三宮再開発の新たな中核施設となり、駅周辺地区の大幅な集積度アップと活性化の起爆剤となる事への期待も高まります。建て替え着手は現在、大阪梅田で進められている大阪神ビルと新阪急ビルの共同建て替え完了後とされていますが、検討開始は数年以内という可能性もあるようです。

3. 雲井通5-6丁目のバスターミナル整備を平成32年に着手

sannomiyaeast14.jpg

神戸市が計画する三宮再整備の目玉としている雲井通5及び6丁目地区に整備予定の中長距離バスターミナル。駅周辺に分散し、使い勝手の悪い現ターミナルの解消と共に、ターミナルの集約によって中距離バス路線網の集積も狙います。今後、阪神高速湾岸線の西伸部開通が実現し、神戸空港の民営化によって利便性が高まれば、三宮が関西の交通網の拠点に様変わりする可能性もあり、新ターミナルがその中心的役割を担う可能性もあります。

またターミナルの整備は複合開発とし、低層部にターミナル、中層部に商業施設、高層部にオフィスやホテルを入れた超高層再開発ビルになる予定。計画は段階整備で進められ、まずは市の施設となる中央区役所、勤労会館のある雲井通6丁目から着手。市は2020年に同街区の再開発に着手、2025年に開業する方針である事を発表しました。同地区開発の完了を待たずに、ダイエー三宮店の入るサンシティやコスモビルのある雲井通5丁目の開発にも着手する予定です。このターミナル整備計画の手法や概要は民間の知恵を導入する事を基本とし、アドバイザーの公募を開始しています。

4. 阪神高速5号湾岸線西部延伸事業化決定

wangansen07.jpg

長年、関西のミッシングリンクとして懸案だった阪神高速5号湾岸線の六甲アイランドより西から駒栄までのおよそ14.5kmの未開通区間の延伸工事を国土交通省が事業化を決定しました。最終的には駒栄から更に延伸されて名谷JCTに繋がり、関西空港から垂水JCTまでが一本の道路で結ばれる構想ですが、渋滞の激しい阪神高速3号神戸線や国道43号線、更には中国道の迂回ルートとしても期待されるだけにこれらの混雑解消が大いに期待できます。またこの道路は神戸港を横断するコースが計画されています。摩耶埠頭沖となる六甲アイランド-ポートアイランド間、和田防波堤と平行するポートアイランド-和田岬間の二区間は完全に沖合海上を通ることになり、巨大な吊り橋や高架道路の建設・誕生によって神戸港の景観も大きく変貌する予定です。総事業費約5000億円の内、国が半分を負担。地元の兵庫県と神戸市はそれぞれ約333億円を負担する予定です。完成までに約10年を要する事になりますが、これからの19年で神戸は大きくその様相を変える事になりそうです。

5. ファミリアホール売却 解体へ 跡地に三菱地所が超高層マンションを建設

familia01.jpg

神戸市が景観形成重要建築物に指定していた歴史的建造物であるファミリアホール(旧三菱銀行神戸支店)と本社屋のある相生町1の土地と建物を所有者のファミリアが三菱地所レジデンスに売却していた事が判明。三菱地所は建物を解体し、ファミリアホールは外壁の一部を保存して新築する建物の低層部とする予定です。

familia23.jpg

新築される建物は地上33階 地下1階 高さ120m 延床面積41,000平方メートル 総戸数352戸の超高層マンションとなります。ハーバーランドに続く三菱地所レジデンスの分譲マンションブランドである「パークハウス」シリーズのタワーになるものと思われます。来春着工し、2020年春に竣工予定です。

6. 神戸空港運営権民営化コンセッション開始

kobeairport006.jpg

開港から10年を経た神戸空港は年間利用者数は直近で250万人。この数字は国内空港内16位ですが、1日30便、運用時間15時間の制限内でこの数字は立派ですが、機材の縮小化で需要予測からは年々、差が開く一方でした。事態の打開には運用制限の撤廃と就航先増による利便性向上が必須。この実現には関西3空港の一体運用が唯一の解決策となり、運営権の売却と民営化がその手段です。神戸市は今年からコンセッションに向けた手続を開始。すでに関西空港と伊丹空港の運営を担っている関西エアポート、その親会社であるオリックスと仏国のバンシエアポート、双日の4社が入札に向けての参加資格審査を通過しており、来年8月には事業運営者が確定します。その後、2018年から新事業者による運営が開始されます。もし関西エアポートが運営者となった場合、3空港の役割分担をどう再構築するのか。全体で航空需要を増やし、国内線はリニア新幹線との競合に備え、国際線はアジアとの更なる結びつきを強化できるか如何に今後の行方が左右されるでしょう。神戸空港のポテンシャルを最大限活かせるようになって欲しいですね。

7. イオンモール神戸南着工

ionmall139.jpg

神戸市中央卸売市場本場跡地で計画されていたイオンモール神戸南。建築資材や人件費の高騰や埋没文化財の発掘によって複数回の着工延期によって当初の着工予定から大幅に遅延し、その都度、施設規模も縮小されましたが、3年遅れの今年6月にようやく着工しました。建設工事は順調に進んでおり、来年6月末の開業を予定しています。同じくイオンモールが運営しているハーバーランドのウミエから2km圏内にあるという立地条件下で、どのような展開が待っているのでしょうか。

8. 建隆マネジメントが磯上通に新築するオフィスビルにイーライリリーが本社移転

lilly001.jpg

旧居留地の建隆ビルに本社を置く建隆マネジメントが運営している磯上通5丁目にあるIPSXパーキング。敷地面積が約3,490平方メートルもある都心内では希少な大型開発用地に同社が大型のオフィスビルを建設。磯上通7丁目の三宮プラザビルを一棟丸借りして入居している米国製薬大手イーライリリーの日本法人である日本イーライリリーが新本社として移転するという計画が発表されました。地上10階建て 高さ49.82m 延床面積約23,560平方メートルの大型オフィスビルです。来年2月に着工し、2018年3月に竣工予定です。

9. メリケンパーク再整備 西日本最大級のスターバックス開業へ

starbucks001.jpg

開園から30年を迎える神戸ウォーターフロントのシンボルであるメリケンパーク。神戸港開港150周年記念事業の一環として、5億円を投じたリニューアルを実施中です。その改修の中で公園の集客力アップにスターバックスの園内誘致に成功。スタバは西日本最大クラスの店舗面積と座席数を構える新店を計画。公園のリニューアルオープンと同時の来春開業予定です。

10. イズミヤ神戸ハーバーランド店撤退

izumiya10.jpg

ダイエーが撤退した跡、ダイヤニッセイビルの北棟を一新して専門店ビル「ハーレ」に転換した際にその中核テナントとして出店し、その後、ビル全体がウミエに改装された後もそのまま営業を続けてきたイズミヤが7月に閉店、撤退しました。同時期にポートアイランドとハーバーランドに大型店を相次いで出店し、強気の攻勢を掛けたイズミヤでしたが、双方とも大きな成果は出せずに閉店となりました。跡地にはイオンリテールが来夏に「イオンスタイル」を開業予定です。

トップ10入りしなかったその他のニュース 出来事

🔸鈴蘭台駅前再開発ビル着工
🔸フューチャープラザ建て替え着工
🔸DUO神戸浜の手改修工事その2完成
🔸阿波銀行神戸支店建て替え完了
🔸ジ・アーバネックスタワー神戸元町通竣工
🔸JR摩耶駅開業
🔸兵庫県信用組合本部増築着工
🔸神戸医療イノベーションセンター着工
🔸カンデオホテルズトアロード神戸着工
🔸ホテルユニゾ神戸三宮着工
🔸さんちかリニューアル完成
🔸東遊園地芝生化社会実験開始
🔸代ゼミ神戸校跡にヤマハミュージック開業
🔸神戸BAL ANNEX建て替え完了
🔸MIUMIU神戸着工
🔸神戸国際フロンティアメディカルセンターが経営破綻、閉院
🔸三宮ビル北館にP&Gジャパンが移転+イカリスーパーが開業
🔸神戸アイセンター着工
🔸兵庫県立こども病院開院
🔸東京インテリア家具神戸ポートアイランド店着工
🔸ホテルモンテエルマーナ神戸アマリー開業
🔸地下鉄新神戸駅通路リニューアル完成
🔸葺合南54号線改良工事完成
🔸フォーエバー21三宮店が開業

こう振り返ると、かなり盛り沢山だった1年ですね。特に大きなプロジェクトも比較的小さな計画も今年が始まりの年になったものが多く、今年の神戸を漢字一文字で表すとすれば、「始」や「動」が相応しいかと思います。来年はこれらの計画の完成が目白押しの他、大きなプロジェクトの具体化等も期待できそうです。

来年も頑張ってブログを続けていこうと思いますので、よろしくお願い致します。

category: 企画物

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2016/12/30 Fri. 06:25 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 7

go page top

そごうが神戸から姿を消す日 

sogo17.jpg

かつては神戸の地域一番店であり、グループ内の主要基幹店であったそごう神戸店。直近の年間売上高は460億円と最盛期の半分以下。現在の一番店である大丸神戸店と比べても半分強の規模しかありません。5年程前にヨドバシカメラが神戸への進出機会を伺っているという情報が出た際、その出店候補地を巡って当ブログ内で色々な案が出ましたが、水面下ではそごう神戸店の敷地への進出に向けて交渉が進んでいるという話もありました。当時はそごう西神店が閉店するという報道は確かにありましたが、まさかそごうが三宮から撤退する事は非現実的と思っていました。しかし今はその可能性が無きにしもあらずと思えるようになってしまっています。

sogo18.jpg

去る3月、そごうと西武を傘下に置くセブンアンドアイホールディングスはそごう柏店と西武旭川店を閉鎖すると発表しました。日本最大の流通グループ企業となったセブンアンドアイも好調なのはコンビニ部門のみで業界全体が不振であるスーパー事業のイトーヨーカ堂、地方店が主でインバウンド効果を享受できていない百貨店のそごう・西武が足を引っ張っている状況です。前述の二百貨店の閉鎖には同ホールディングスの株式を米投資ファンドのサード・ポイントが取得した事が背景にあります。同ファンドはイトーヨーカ堂の縮小と再編、 そごう・西武とバーニーズジャパン、ニッセンホールディングスの売却を求めています。これに対し、セブンアンドアイはイトーヨーカ堂20店の閉鎖も決定しました。しかし同ファンドはまだ不十分と一連の閉鎖計画を評価していません。

更にこの状況に追い打ちを掛けるようにセブンアンドアイを今の規模まで押し上げてきた鈴木敏文会長兼最高経営責任者が後継人事の問題引責によって退任することになりました。現社長の退任も発表されたばかりです。コンビニ各社は鈴木氏の影響力がなくなることを好機とみて一斉攻勢に転じる可能性があります。セブンイレブンの牙城が簡単に崩れることはないかと思いますが、選択と集中によって百貨店事業の売却や大量閉店が実施されるかもしれません。

そもそもセブンアンドアイの傘下となってしまった事がそごうの不幸だったと言えます。心斎橋本店は真っ先に売却され、地方店の更なるリストラ。既存店へはさしたる追加投資も行われず、各店は自力での営業努力のみで激化する競争の荒波に揉まれますが、軒並み売り上げを落としています。旗艦店でありながら老朽化が顕著な西武池袋本店でさえ建て替えは選択されずに大規模改修工事に留まりました。セブンアンドアイの傘下にある限り、同じく老朽化する神戸店が建て替えられる事はないでしょう。隣接して竣工したばかりの三宮ビル北館は本来であれば、そごうが低層部を借り上げて商業施設にするのが健全な状態だと思います。少なくとも大丸であればそうしていたことでしょう。

sogo19.jpg

そもそももはやそごう神戸店には元来、百貨店の持っていたワクワク感や優越感を感じさせるオーラがありません(そう感じさせるデパートも少なくなりましたが)。同じ対価を払って同じ物を買うならそごうより大丸で勝ったほうが満足感を得られます。百貨店自身のブランド差もありますが、売場の根本的な雰囲気が異なっています。無駄を廃す目的でそごう名物の人形時計もなくなってしまいました。遠方の人が大丸訪問を目的に来神することはあってもそごうでの買い物をメインに来られるケースは考えにくいです。

JR三ノ宮駅ビルが建て替えられてもしルクアや三越伊勢丹が出店した場合、そごう神戸店は競争力を維持できず更に売上を落として400億円を切ってしまうかもしれません。神戸店の採算ラインがどれ位の額かは分かりませんが、赤字転落が見えてきてしまうかもしれません。そうなった場合、もしまだそごうがセブンアンドアイ傘下にあれば、いよいよ撤退の文字が現実的になるでしょう。その後は譲渡先によって再開発される可能性が高まります。もしそごう自体が売却される場合でも、譲渡先によるテコ入れが行われれば建て替えという選択肢も勿論出てくることでしょう。考えられる譲渡先は三越伊勢丹か高島屋か。いずれにせよそごうを取り巻く環境は加速度的に変化しています。これから起きる大きななうねりの中でそごう神戸店が生き残ることができるのか。翻弄された結果として神戸から姿を消してしまう日が訪れるかもしれません。

category: 企画物

2016/04/14 Thu. 08:22 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 22

go page top

高層ビルは今より少なかったけれど夜景はより輝いていた 

re-yakei01.jpg

先日、ハーバーランドのスケートリンクについての記事を載せた際、おまけで三宮の高層ビル群と震災以来、休止されている一部のビルのライトアップ復活について触れたところ予想以上に反響のコメントを頂きました。復活への願いを込めて、今回は現在よりも都心に立っている高層ビルは少なかったけれど、夜景はより輝いていた3・11震災前の神戸の夜景を楽しんで頂きたいと思います。

re-yakei02.jpg

神戸関電ビル、NTTドコモ神戸ビル、NTT西日本神戸中央ビルの3棟は海岸通りにあるというロケーションや建物の形状、高さも含めて神戸の景色に大きなインパクトを与えています。特に夜間はその照明演出が神戸の夜景を非常に華やかに彩っていました。

re-ya.jpg

これらの塔のライトアップの灯が消されてしまった三宮は、特にオフィスの照明が灯らない週末には真っ黒な塊に航空障害灯のみが目立って明滅し、暗くて寂しい景色が広がっています。東京から来たカップルの神戸観光の様子を伝えるとあるブログを偶然読む機会があったのですが、神戸の夜景がいかに美しいかを讃える観光雑誌に対し、モザイクから見た神戸の夜景の寂しさに苦言を呈していました。勿論、東京の夜景と比較すれば圧倒的な物量差が物を言ってしまいますが、関電ビルやドコモビルがライトアップされていばその印象は大きく違ったのではないかと思います。

re-yakei04.jpg

夜景を推進する神戸市でさえ市庁舎1号館の頂部ライトアップを休止してもう長いです。当初はライトアップだけを止めていましたが、今は頂部中央にある市章でさえ点灯を控えています。個人的に市役所のライトアップはデザイン的にも非常に格好良かったと思います。時々、思い出したように点灯されている事もありますが、まずは市が模範を示し、せめて週末だけでもライトアップを再開して欲しいですね。

re-yakei03.jpg

兵庫県警本部ビルも頂部の緑の電飾が点灯していましたが、いつの頃からか消灯しています。これは兵庫県庁の庁舎3棟についても同じ事が言えます。公共施設はどこも照明演出を控えたままです。

re-yakei06.jpg

兵庫県警本部ビルの緑の電飾はプロメナ神戸同様にヘリポートの外周をぐるりと点灯させていました。

re-yakei05.jpg

新神戸駅前のランドマークであるクラウンプラザホテル新神戸。この超高層ホテルでさえもライトアップを自粛していました。最近になって建物側面のシースルーエレベーターを縁取る白の電飾は点灯を再開しました。ただホテル頂部のライトアップは休止したままです。

lions000.jpg

タワーマンションの中でも震災以降、ライトアップを止めてしまった建物があります。ライオンズタワー神戸元町は塔屋を暖色系の照明で明るくライトアップしていましたが、この5年は暗いままです。マンションの場合、住民の管理費から照明の電気代は賄われているので、一度止めてしまった場合、民間商業施設や公共施設以上にライトアップの再開は難しいかもしれません。せめてイベント時には点灯する等、タワーとしての街の賑わいに寄与して欲しいものです。JR兵庫駅前のタワーマンション・キャナルタウン中央はルミナリエや柳戎の開催期間中は塔屋のライトアップを恒例化しています。

re-yakei08.jpg
竣工当時に全館点灯を行った関西電力本店ビル(大阪・中之島)

ライトアップは省エネの観点から言えば無駄になってしまうのかもしれませんが、LEDが普及してからは消費電力も大幅に削減できるようになりました。関電は今まさに原発再稼働に揺れているので、ライトアップどころではないかもしれませんが、他の施設はライトアップ再開をぜひ検討して欲しいと思いますし、行政も再開を促す措置を取るべきだと思います。照明演出に使用する設備のLED化に助成・補助金を設けたり、ライトアップを実施する建物を所有する企業に税制優遇措置を用意したりと、方法は色々とあるはずです。それにはまず市庁舎のライトアップ再開や照明設備の更新を行って模範を示す必要があります。

category: 企画物

2016/01/29 Fri. 12:29 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 12

go page top