こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

02« 2017 / 03 »03
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

神戸市営地下鉄西神山手線の車両刷新デザインを投票で決定 

1993年の前回更新から2年後には25年となる神戸市営地下鉄西神山手線の車両も老朽化が進み、次の更新時期を迎えています。市は2018年度から新規車両を導入するにあたり、デザインの刷新を計画。3案を公表した上で、最終デザインをインターネット投票で決めると発表しました。当ブログではあまり鉄道について取り上げるつもりはないのですが、今回は市営地下鉄を市民の手で決めるという事で、記事にすることにしました。以下が公表された3案です。



A案: 先端を斜めにカットしたモダンなデザイン

個人的にはこれにして欲しいと思った案です。これまでの車両デザインは地下鉄にしては何となく野暮ったい感じが否めませんでした。スパっとしたキレのあるデザインはこれから第2ステージの成長を遂げる神戸に相応しいのではと考えています。



B案: 街に馴染む丸みを帯びたフレンドリーなデザイン

悪くはないと思いますが、つまらないデザインというのが私個人の感想です。優しいイメージという感はあるかと思いますが、これから再び数十年使い続けていくと考えると、デザインが古臭くなる可能性があります。



C案: これまでの車両の流れを受け継ぐ軽快なデザイン

最もシンプルな案。地下鉄らしいと言えば最も地下鉄らしく飽きのこないデザインではありますが、変革を求めたい神戸にはチャレンジをイメージしたデザインを採用して欲しいものです。

本日までネット投票を受け付け、26日には結果が発表される事になります。

投票はこちらから。

http://ktbsp.jp/

これらのデザインや最終決定案を実際に車両化、製造するのは地元企業の川崎重工です。神戸にて官民を挙げた一大プロジェクトとして進められます。車両は兵庫工場で量産される事でしょう。

category: 駅関連

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2016/10/23 Sun. 09:54 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 9

go page top

JR摩耶駅が3月26日(土)に開業 

mayastation47.jpg

JR神戸線の灘駅、六甲道駅間で建設中だった新駅・JR摩耶駅が3月26日土曜日に開業しました。早速、開業日に取材に行ってきました。この日、私を含めて乗降客のほとんどが物珍しさに見学に来た人々でした。

mayastation52.jpg

この新駅設置の報道が初めてあったのは6年前の2010年。思えばあっという間に月日が経過した気がします。それでは新駅の様子を見ていきましょう。

mayastation48.jpg

真新しい駅らしく設置された階段は傾斜が緩やかで、ステップ一段の高さも低く抑えられています。階段の手摺も上下の2本を設置。

mayastation50.jpg

反対側には上り用エスカレーターも用意。

mayastation49.jpg

両階段の間の中央にはエレベーターがあり、バリアフリー化が図られています。また橋上コンコース下のホーム中央付近一面にはタイルが貼られており、とても明るい雰囲気です。

mayastation51.jpg

灘駅側のホーム東端はこの駅に停車する7両編成の普通電車よりも半分の幅で延長されています。これは12両編成の快速や新快速の停車に対応するためです。緊急時にはこの駅まで運行された列車が新設された「わたり線」を使って、折り返し運転ができるようになりました。私も個人的に毎日、神戸線を使っているので、数ヶ月に一回は人身事故や故障等で運転中止に泣かされているので、これからは少なくとも摩耶までは上下線のどちらでも来れることになります。

mayastation63.jpg

摩耶駅の設置場所は元々、操車場がありました。従って線路の南北に手つかずの敷地が眠っていました。

mayastation73.jpg

摩耶駅は環境にも配慮された駅として注目を集めています。同駅に停車する電車のブレーキ摩擦を利用して発電。線路脇のボックスが発電装置です。また橋上駅の屋根の上にもソーラーパネルを設置。駅で使用する半分の電力をこれらの自家発電によって賄っています。

mayastation53.jpg

それでは次はコンコース内の様子を見ていきたいと思います。イメージはここ最近、橋上化された灘駅や摂津本山駅を思い浮かべていたのですが、実際はこれらの駅よりもかなり小さな駅舎でした。

mayastation54.jpg

それもそのはず。この駅の想定乗降客数は1万6千人。前述の両駅は4万人を越えるので、規模としては3分の1近く小さな駅となります。コンコース内には真新しいトイレが整備されています。

mayastation55.jpg

構内は二面から採光があり、非常に明るいです。階段やエスカレーターの屋根も一部には半透明のポリカーボネートが使われおり、自然光が降り注ぎます。最近のJR西日本の新駅らしく、表示も黒と白のコントラストによって視認性とデザイン性を高めています。

mayastation56.jpg

こじんまりとしていますが、非常に明るくて清潔で且つシンプルな造りは好印象です。

mayastation58.jpg

自動改札機は4台。新駅ではありますが、天井から吊り下げられたLED表示パネルは2色型でした。

mayastation60.jpg

たくさんの見物客が開業したばかりの新駅を訪れており、構内は賑わっていました。開業効果が薄れて来る頃にはもう少し落ち着いた雰囲気になることでしょう。

mayastation57.jpg

改札外の整備された駅ナカ施設はコンビニのセブンイレブンのみとなります。

mayastation59.jpg

改札外も自然光が天井から入ってくる造りとなっているので構内が非常に明るいです。

mayastation61.jpg

下り線の線路を跨いでいる空中通路部分です。両面に窓が設置されています。東側の窓から見える眺望に期待していたのですが、下半分はフロスト仕様になっていて景色が見えなくなっていました。高さがあるので付近の住宅等への配慮でしょうか。海が見えるかもしれないと期待していたのですが、残念です。

mayastation62.jpg

長い通路の先にはエスカレーター、更にその先にエレベーターと階段があります。

mayastation65.jpg

敷地の高低差があるため、長い長いエスカレーターを下っていくと・・・

mayastation64.jpg

南口へ出ます。

mayastation66.jpg

メイン?となる北口の階段とエスカレーターは幅も大きくとられています。

mayastation67.jpg

北口は駅舎らしい外観を纏っています。1階部分の壁面には淡い色のレンガ調ブロックを採用。新しい駅と周囲の雰囲気にマッチした若々しいデザインです。

mayastation68.jpg

北口にはロータリーが整備されました。

mayastation71.jpg

思ったよりも可愛らしい小さなロータリーです。客待ちのタクシーもいませんでした。

mayastation72.jpg

駅前広場の東側には小さな駐輪場も整備されました。

mayastation74.jpg

駅の2階からは駅名となった雄大な摩耶山が綺麗に見えます。

mayastation69.jpg

この新駅の開業効果によって周辺の土地公示価格は急上昇しました。人口増に歯止めが掛かり、今後は減少が懸念されている神戸市ですが、灘区や東灘区は京阪神地区でも有数の人気を誇る住宅地です。新駅周辺の敷地では今後更に開発が予定されています。分譲マンションの建設が計画されてるようですし、それに伴った生活利便施設も整備されることでしょう。この新駅の開業が沿線人口を増やし、再び市の人口が転入超過になるきっかけとなることを期待したいですね。

category: 駅関連

2016/03/28 Mon. 07:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 3

go page top

JR摩耶駅新築工事 

mayastation43.jpg

3月26日に開業が予定されているJRの新駅である摩耶駅。六甲道-灘駅間のほぼ中央に位置し、駅開設の事業費全額をJRが負担する形で建設が進められてきました。駅間の距離は短いですが、需要を掘り起こせるというJRの判断によって計画されました。開業後は普通電車のみが停車する駅となります。

mayastation35.jpg

開業3週間前を迎え、駅舎と周辺の整備も大詰めを迎えています。

mayastation36.jpg

新駅の駅舎です。1階部分の外壁は明るい色調の煉瓦タイルで覆われています。2階はグレーの軽量外壁パネルです。

mayastation37.jpg

階段・エスカレーター周りです。風除けにガラスも多用しており、新しい駅らしく若々しい印象です。

mayastation41.jpg

駅前広場の造成・整備も急ピッチで進行中です。シンプルなロータリーが作られています。

mayastation40.jpg

広場横では駐輪場も整備中です。

mayastation39.jpg

駅開業に伴って神戸市が周辺道路の歩道の整備を進めています。

mayastation42.jpg

駅の南側です。南側には広場を作る敷地がありません。また北との高低差があるので長いエスカレーター・階段及びエレベーターが整備されました。駅舎の屋根にはソーラーパネルが複数設置されています。「六甲の自然に調和する新しい駅・エコステーション」 が新駅のコンセプトです。

mayastation44.jpg

大階段部分を東側から見るとこんな感じです。かなりの高さがあります。通路部分に窓が付いています。恐らく眺めは良いでしょう。

mayastation46.jpg

新駅の整備と同時進行で建設されていたJR敷地内の分譲マンション2棟は竣工済です。

mayastation45.jpg

駅の開業後、まだ残っている多くの空地にも三井不動産による分譲マンションが計画されているようです。今後は利便性を高める意味でも商業施設の開業も期待されます。人口の伸び悩む神戸において灘区、東灘区は近畿圏内屈指の人気を誇る居住エリアです。新駅の開業は沿線人口を増やす絶好の機会です。

category: 駅関連

2016/03/10 Thu. 07:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 2

go page top

JR摩耶駅新設工事 

mayastation28.jpg

JR六甲道-灘間で開業が予定されている(仮称)JRまや駅。正式駅名がJR摩耶駅とJR西日本から発表されました。

mayastation22.jpg

2016年春の開業を目指して新駅の建設工事は順調に進んでいるようです。

mayastation23.jpg

橋上駅舎部分は鉄骨建方が完了して全体が養生ネットで覆われています。外壁材の取付と内装工事が同時進行で進められているものと思われます。

mayastation26.jpg

ホーム部分も構築が進んでおり、すでにコンクリート打設が終わってプラットフォームが姿を現しています。一部ではホーム屋根の構築が始まってだんだん駅らしくなってきました。

mayastation27.jpg

駅南側の出口は土地の高低差が大きいため、非常に長いエスカレーターとエレベーターが整備されます。

mayastation30.jpg

建設現場に掲示されている駅周辺の整備計画図です。駅前広場は北側のみ整備されます。

mayastation31.jpg

駅舎内2階平面図です。あまり広い構内ではないようです。付近にはあまり商業施設が見受けられない中、エキナカの店舗は生活利便施設のテナント出店が見込まれます。

mayastation33.jpg

駅舎の整備と合わせて線路沿いの細長い敷地を最大限活用した開発も進められています。北側ではJR西日本と三井不動産レジデンシャルが分譲マンション2棟を建設中です。「摩耶シティCOMFORT」、「摩耶シティDELIGHT」の2棟で162戸が供給されます。

mayastation32.jpg

2棟はもうほぼ外観が完成しているようです。まだ北側にはマンション建設用地が残っていますので、大規模なマンション開発が計画されていますが、現在、世間を騒がせている例の杭打ち問題がこれから進められるプロジェクトにどういった影響を与えるのか計り知れません。

mayastation34.jpg

敷地西端には保育園が開園します。めばえの園・分室だそうです。

mayastation29.jpg

ではめばえの園・本園はどこにあるかというと、線路の反対側・建設中の橋上駅舎に隣接した東側の土地に開園しています。駅が開業すれば駅前保育園に早変わり。新駅の開業で沿線人口はますます増えそうです。市はHAT神戸内に小学校を開校すると発表しました。人口が伸び悩んでいる神戸にあって灘、東灘区は人口増のための砦です。

category: 駅関連

2015/11/08 Sun. 07:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 4

go page top