こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

02« 2017 / 03 »03
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

アーバンライフ神戸三宮ザ・タワー 

urbanlife09

アーバンライフ神戸三宮ザ・タワー(地上34階 高さ114m 戸数271)が竣工を間近に控えています。防護ネットは塔屋以外取り払われ、外壁の配色が露になりました。白と黒のモノトーンを基調とし、バルコニーフェンスのガラスの配色も同様に統一されています。

urbanlife06

北側から見上げるタワーです。六角形のタワーは眺める角度によってその表情を変えます。黒のガラスフェンスがカーテンウォールのように空を映し出しています。いっそのこと全てこの配色に統一していればよりスタイリッシュだったのではないでしょうか。

urbanlife07

東側から見上げるタワーです。こちら側(特に南東角部屋住戸)は対面に神戸関電ビルが隣接しているので眺望は期待できなさそうです。

urbanlife08

西側から見上げるタワーです。一番このタワーが映えるのはこの角度かもしれません。南西海側も対面の海岸通り沿いに新たなタワーーマンションが建設中です。ライオンズタワー旧居留地やNTTビル群を含めて周囲の高層ビル密集度はかなり高いものになります。

urbanlife11

半円形状の低層階には店舗用スペース6区画が整備されます。ちょっとしたショッピングプラザです。場所柄、レストラン、カフェ、ブティックやクリニック等が入居するのでしょうか。神戸市の条例で旧居留地エリアの建築物は低層部に店舗スペースを併設することが義務付けられていますが、厳密に言えばこのタワーが位置するのは居留地の枠外だと思われます。

urbanlife10

以前の記事でも取り上げましたが、このマンションの塔屋の縁の外周に電飾が施されており、夜間には点灯されることになります。高層建築としてのロケーションは申し分ないですが、眺望を楽しむ都心マンションとしては難しい選択ですね。その分、仕様やグレードは高そうです。

東遊園地を取り囲むように高層ビルが林立する様はさしずめNYのミニセントラルパークといった感じです。同エリアの高層建築の集積は近年、飛躍的に高まり一角の超高層ビル群へと成長しました。今後もこの拡大傾向は継続していくのでしょうか。

タワーの竣工は来月中旬、入居は下旬から開始予定です。

category: アーバンライフ神戸三宮ザ・タワー

2009/11/16 Mon. 17:51 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 4

go page top

アーバンライフ神戸三宮タワー 

urbanlife02

三宮・東遊園地に隣接した旧米国総領事館跡地で建設の進んでいた地上34階、高さ114mの超高層マンション「アーバンライフ神戸三宮タワー」が、ほぼその外観を現しました。まだ防護ネットを被っていますが、内装工事や低層部の完成の後、ベールを脱ぐことでしょう。

urbanlife01

 東遊園地は周囲を高層ビルに囲まれつつあります。神戸のプチセントラルパークとも言うべきでしょうか。阪神高速を通過中に車から見上げると、林立ぶりが結構壮観的です。

urbanlife03

先日、塔屋部分が白い光に染まっていました。塔屋ライトアップの試験点灯かもしれません。周囲には関電ビルやドコモビル等ライトアップされている建物が多いですが、新たに神戸の夜に彩りを加えてくれるのであれば大歓迎ですね。

urbanlife04


category: アーバンライフ神戸三宮ザ・タワー

2009/06/15 Mon. 16:43 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top