こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

05« 2018 / 06 »07
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

神戸関電ビルのライトアップ再開特集 

kandenkobe01.jpg

1月17日より神戸関電ビルの塔屋および鉄塔部のライトアップが再開されました。大阪・中之島の本店ビル頂部のライトアップが昨年末に復活しており、神戸ビルの照明演出再開を期待していましたが、ようやく神戸都心の夜景のシンボルタワーに明かりが灯りました!

kandenkobe02.jpg

実に6年半ぶりの復活となります。三宮の高層ビル群の夜の暗さを嘆き続けてきました。関電ビルが消灯している間に神戸の夜景も大きく姿を変えました。BE KOBEと関電ビルのコラボです。

kandenkobe11.jpg

スターバックス神戸メリケンパーク店と関電ビルのコラボ。

kandenkobe03.jpg

失われた光が再び輝きました。ライトアップを休止した周囲を含めた他の建物にも良い刺激となる事を期待したいですね。

kandenkobe04.jpg

関電ビルに明かりが灯ると、尚更、NTTの建物群の暗さが際立ちます。これらに加えて市庁舎1号館も煌々と光っていたのが、今では信じられません。ちなみに市庁舎は環境負荷低減目標達成の為にライトアップを休止したままです。民間ビルへはライトアップ再開を奨励しつつ、自身は環境保護を唱えるのは矛盾しています。照明のLED化と頂部へソーラーパネル設置等の工夫を施し、環境に負荷を掛けずに夜間景観の充実を図る姿勢を自ら示して欲しいです。

kandenkobe05.jpg

ライトアップされたメリケンパークの木立の間からもキラリとさりげなく光る関電ビル。

kandenkobe06.jpg

メリケンパーク越しの遠景です。夜の帳が降りて、光の塔がより煌びやかに浮かび上がっています。

kandenkobe08.jpg

勿論、足元からも撮影しました。カメラを6Dに変えてから初めてこのビルの夜景を撮影しました。オフィスの明かりが灯る平日であればもっと華やかでしょうね。

kandenkobe09.jpg

東遊園地も木々がライトアップされて足元で関電ビルのライトアップ再開を祝福しています。少しずつですが、イベント時だけではなく、通年に渡って夜の景色も美しい街・神戸が街全体に広がりつつあります。派手ではなく落ち着きつつもこうした立体的な夜間照明演出が不可欠です。

kandenkobe10.jpg

神戸の夜景の中に関電ビルの光の塔が再び浮かび上がる姿を見られるようになった事をまずは素直に喜びたいですね。今後、三宮の再開発によって駅前周辺に出現する高層ビル群も夜間の照明演出を図る事が予想されます。神戸阪急ビルについてはすでに低層部や頂部のライトアッププランが公表されています。今後、神戸の夜景のグレードアップに拍車が掛かりますので、ライトアップを休止している建物もぜひとも点灯再開を検討し、観光資源として神戸の夜景の充実度を高める事に協力して欲しいですね。

category: ライトアップタワーズ

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/01/24 Wed. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 1

go page top

都心高層ビルのライトアップ復活の兆し 

re-yakei02.jpg

数ヶ月前に私もコラムへの執筆によって参加した写真集「夜ビル -Buillumination-vol.2 KOBE」。このコラムではライトアップを休止してしまった超高層ビルを取り上げて、その復活を切に願うと締めくくりました。

この度、大阪・中之島の関西電力本店ビルが6年ぶりにライトアップを開始しました。3.11以降、休止していましたが、ようやくの再開となりました。本店ビルが再開したという事は当然、我々の視線の矛先は神戸関電ビルに向かいます。

当ブログ記事でも何度も夜間の三宮のビル群の暗さを問題視するコメントを述べてきましたが、その中でも最も大きな存在が関電ビルである事に疑いの余地はありません。

re-ya.jpg

そこで直接、関西電力に神戸ビルのライトアップ再開について問い合わせしたところ、再開の準備検討中との回答でした!神戸都心のライトアップのシンボル的存在である関電ビルが再び輝けば、かなりの改善が期待できます。

関電ビルに近接して電波塔を照らし上げていたNTTドコモ神戸ビルの照明演出再開も期待したいところです。ドコモを含めたNTT各社も3.11以降、全国の保有ビルでライトアップを自粛してきました。しかし今年、東京・ドコモ代々木タワーはライトアップを復活させています。なので、ドコモにも神戸ビルの再開について問い合わせしてみましたが、貴重なご意見ありがとうございましたという丁寧ですが、杓子定規な回答でした。

crystaltower04.jpg

神戸の都心ですでにライトアップを復活させているのが、JR神戸駅前に聳える神戸クリスタルタワーです。このビルの照明演出はユニークです。ライトアップは通常、ビルの一部を照らしますが、クリスタルタワーはビル全体を下から照らし上げます。

crystaltower01.jpg

夜のクリスタルタワーは昼間のガラスタワーの印象とは異なり、サイバー感のある近未来的な建物へと変貌します。個人的には神戸で最もお気に入りの高層ビルです。川崎重工らしさがありますね。

crystaltower02.jpg

21時には消灯するようです。両側からビルの壁面を照らし上げていますが、半分が消えた状態だとこうなります。

大阪ではライトアップを自粛していたタワーマンションも再開するところが出てきました。休止した神戸のタワーマンションも再開を願いたいところです。そして同時に神戸市庁舎のライトアップも再開を期待しています。これについては市長への手紙にも要望として出しました。

category: ライトアップタワーズ

2018/01/05 Fri. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 8

go page top

サンシティタワー神戸のライトアップ 

suncity139.jpg

竣工したHAT神戸の真ランドマークタワーである「サンシティタワー神戸」。地上35階、高さ131.8mの超高層タワーシニアレジデンスです。デザイン性の高さで定評のある浅井謙建築設計事務所が手掛けた外観デザインにおいて、一際目を引くのは最上層階の34-35階の2層。この部分は3面をアルミカーテンウォールに覆われたガラス張りになっており、その頂部にかなり輝度と光量の高い電飾が取り付けられています。

suncity140.jpg

LEDの鮮やかでくっきりとした照明がHAT神戸の夜の新たなシンボルとなりました。

suncity142.jpg

カーテンウォールから漏れ出るラウンジの明かりも照明演出の一部のようになっています。

suncity141.jpg

このタワーが都心地区やハーバーランド周辺に建設されていればもっと映えただろうなと思いました。ハーバーウェィから眺めたHAT神戸はとても近未来的です。将来的には延伸された湾岸線から眺める神戸の夜景は関西の名物になるのでないかと思います。その中でこのタワーも煌めいて目立つ事でしょう。

suncity143.jpg

周辺の建物は中低層の為、このタワーの存在感はかなりあるものと思っていましたが、まだ入居率が低いためか、居室の明かりもまばらでそこまで目立つ存在ではないようです。

suncity144.jpg

やはりカーテンウォールの頂部が格好良いタワーです。三宮にも早くアルミカーテンウォールに建物全体を覆われた超高層オフィスビルが建設されて欲しいですね。アイング三宮パーキングにそんなビルが建つ事を夢見ています。

suncity146.jpg

人と防災未来センター西館も一昨年前からライトアップが開始されています。原則、毎週金曜日と土曜日に点灯しています。

suncity145.jpg

LEDによって変幻自在に色が変わります。こんなガラスの箱がウォーターフロントにあると映えるでしょうね。HAT神戸もれっきとしてウォーターフロントではあるのですが。神戸はこれまで都心部を分散させ過ぎました。今後は都心集中に専念すべきです。

category: ライトアップタワーズ

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/07/25 Tue. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 3

go page top

神戸ポートオアシスのライトアップ 

portcenter058.jpg

7月1日に開業した神戸ポートオアシス。安井建築設計事務所が手掛けた建物デザインは周辺のレトロビルに意匠を合わせて、融合感を出しつつ、アールとガラスを特徴的に活用した優れた外観を持ちます。完成した建物は期待以上の出来でした。よって夜間のライトアップにも非常に期待を寄せていました。

第一印象は期待が外れたです。この直前にイオンモール神戸南のキャナルプロムナードに感動した後というのもありますが、この建物の頂部ライトアップの照明温度が高過ぎる、中間階や建物北側のエレベーター塔に取り付けられた照明輝度も強過ぎる等、メリハリがない事がまず挙げられます。

portcenter061.jpg

また1階のコンビニの明かりも興醒めとなる要因でした。外壁のライトアップも写真だと雰囲気がある感じですが、実際には建物全体が明る過ぎるので、コントラストが出ておらず、目立ちません。完成予想パースの夜景バージョンが良かっただけに実物との違いが残念でした。

portcenter063.jpg

またフラワーロード及び税関線の歩道に設置された照明塔は今や国際会館交差点前から神戸三宮フェリーターミナルまで繋がった形ですが、これも感動を与えるような効果や街の雰囲気を変える程の力は無いように思います。

portcenter065.jpg

味気ない蛍光街路灯よりは良いのでしょうが、メリケンパークやキャナルプロムナードのような美しさがありません。これらは照明塔単独ではなく、他の照明演出との相乗効果で成功しましたが、やはり単独ではパッとしません。

portcenter062.jpg

オーソドックスですが、この周辺では神戸デザインセンターKIITOのライトアップが1番綺麗です。

portcenter064.jpg

街路樹らしい街路樹がないのもこのエリアの殺風景さを強調しています。

portcenter066.jpg

遠望する神戸大橋が寧ろとても鮮やかに見えました。

portcenter060.jpg

建物のデザインが非常に優れているだけに今回の照明演出には個人的には満足出来ませんでしたが、周囲を明るく照らしている事で華やかさが出たのは確かです。今後、三宮と共に再開発によって大きく変貌を遂げる事が予想される地域です。まだ少し浮いた建物感はありますが、周囲の建物や街路が再整備されれば、もっと馴染んでいく事でしょう。

category: ライトアップタワーズ

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/07/14 Fri. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top