こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

05« 2017 / 06 »07
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

住吉ツインタワー完成 住吉川リバーサイドフォーラム・ザ・レジデンス  

s_proud89.jpg

住吉ツインタワー計画浮上を当ブログでお伝えしてから早3年半。一足遅れとなりましたがようやくツインタワープロジェクト完了の記事を書けることになりました。田崎真珠の所有していたスワンパレス(社員寮)跡及び旧東灘区区役所跡地という住吉川を間に挟んだ二つの敷地に二棟の超高層タワーマンションが建設されることになり、まず最初に野村不動産の手掛けたプラウドタワー住吉(地上29階 高さ99.95m 107戸)が竣工。続いて長谷工、近鉄不動産、及び野村不動産が参画した住吉川リバーサイドフォーラム・ザ・レジデンス(地上28階 高さ99.75m 211戸)も昨年11月末に完成。2号線沿いに白亜のタワーが立ち並ぶ光景が誕生しました。

s_proud90.jpg

住吉川リバーサイドフォーラム・ザ・レジデンスはプラウドタワー住吉の2倍の戸数を抱えた為、プラウドより遥かに横幅のあるタワーマンションとなりました。

s_proud91.jpg

その為、東西の二ヶ所にエントランスが設けられています。同タワーの人気は抜群で建物躯体工事半ばで全戸完売しました。1階東南側にはカフェも開店しました。

s_proud95.jpg

こちらは西側のエントランスです。

s_proud93.jpg

このプロジェクトは複合開発として計画され、敷地北側に超高層の住宅棟、南側に低層の文化施設棟である市立東灘図書館と住吉だんじり資料館が配置されました。

s_proud94.jpg

文化施設棟は住宅棟に先駆けて9月に開業しました。

s_proud96.jpg

文化施設棟の屋上は展望テラスとして一般開放されています。住宅棟の2階からも直接アクセスすることができるようになっています。

s_proud97.jpg

テラスから眺めた施設前の芝生広場です。住吉川やプラウドタワー住吉を向かいに見ることができます。

s_proud88.jpg

デザイン的には完全なツインタワーではありませんが、色調やディテールには統一感があり、ガリと太っちょのツインタワーの体を成しています。これと併せて既存の住吉駅前のタワーマンションと2号線沿いに縦列した様相はちょっとした高層ビル群を形成しています。

残念ながらこれ以上このエリアに超高層建築が建設することはありません。市の条例によって都心部と一部の地域を除いて市全域の商業・近隣商業地区に対して高さ規制が導入されてしまいました。

category: 住吉ツインタワー計画

2014/02/10 Mon. 12:33 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top

住吉ツインタワー計画近況 -プラウドタワー住吉+住吉河リバーサイドフォーラム・ザ・レジデンス  

s_proud82.jpg

仕事で一週間、中国に行ってきました。中国からは規制が掛かってFC2のサイトには一切アクセス出来なかったので、自分のブログを見ることもできませんでした。

さて、ほぼ半年ぶりに住吉に取材へ行ってきました。二号線沿いに面して住吉川を挟んで誕生する住吉ツインタワー計画。すでに先行竣工したプラウドタワー住吉に続いて、旧東灘区役所跡地で建設が進むタワーレジデンス「住吉川リバーフォーラム・ザ・レジデンス(地上28階 地下1階 高さ98.95m)」はすでに外観はほぼ完成していました。

s_proud83.jpg

西側から見た住吉川リバーフォーラムはプラウドタワー住吉とデザイン、色調、高さ等を含めて統一感があり、まさにツインタワーの様相を呈しています。

s_proud79.jpg

しかし実際の同タワーは東西方向に幅広い建物となったので、最終的にツインタワーといった感じにはなりませんでした。

s_proud87.jpg

プラウドタワー住吉同様に物件の人気は非常に高く、211戸は竣工半年前までにはすでに完売。プラウドが買えなった方もこちらに殺到したことでしょうね。

s_proud80.jpg

低層部の仕上げと内装工事がメインで進んでいます。

s_proud81.jpg

道路に面した公開空地の植栽です。幅広いタワーなので東西に2箇所のエントンラスが設けられています。1階にはカフェも開店するようです。

s_proud84.jpg

住吉川を挟んだツインタワー。清流では子供達が気持ちよさそうに水遊びをしていました。しかしもうこのエリアにこうしたタワーが建つことはありません。住吉駅周辺には市の高さ規制が導入されてしまいました。これらのタワーの中古物件も希少価値からきっと値崩れはしないでしょうね。

s_proud85.jpg

南側の低層棟はだんじり資料館と市立図書館になります。すでにこちらも外観は完成しました。敷地内(公園)と内装の工事が進められています。


category: 住吉ツインタワー計画

2013/06/16 Sun. 17:06 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 2

go page top

住吉ツインタワー計画近況 -プラウドタワー住吉+住吉河リバーサイドフォーラム 

s_proud71.jpg

二号線沿いに面して住吉川を挟んで誕生する住吉ツインタワー計画もいよいよ佳境に入って参りました。すでに先行竣工したプラウドタワー住吉の美しいライトアップは先日、ご披露しましたが、旧東灘区役所跡地で建設が進むタワーレジデンス「住吉川リバーフォーラム(地上28階 地下1階 高さ98.95m)」を前回取材したのが8月。当時は10階の躯体工事が進められていましたが、5ヶ月経った現在ではすでに27階にまで達しています。

s_proud70.jpg

すでにツインタワーの様相を呈しています。

s_proud72.jpg

211戸の住宅はすでに完売しており、公式ホームページも閉鎖されました。駅への近さ、周囲の環境の良さや利便性、パッケージング等の複合要因もあったのでしょうが、改めて阪神エリアの人気の高さに驚かされます。開発用地さえ確保できればまだまだポテンシャルは未知数ですね。

s_proud73.jpg

上棟までもうあと一息です。購入された方にはたまらない瞬間となるでしょうね。

s_proud75.jpg

東灘区立図書館とだんじり資料館が整備される敷地南側の低層棟も建設が進んでいます。

s_proud76.jpg

公開空地と含めてコミュニティに開かれた文化拠点へと生まれ変わります。街区全体の完成は今年11月末です。

s_proud74.jpg

プラウドタワーと共に夜間の照明演出にも期待大です。


category: 住吉ツインタワー計画

2013/01/07 Mon. 00:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top

住吉ツインタワー計画近況 -プラウドタワー住吉+住吉河リバーサイドフォーラム 

s_proud57.jpg

だいぶご無沙汰の更新となってしまいました。仕事が忙しいのに加えて、引越をしたのでかなりバタバタしてしまい、ブログに割く時間の余裕がありませんでした。これからはもう少し落ち着いてくるかと思うので、徐々に更新頻度を戻していきたいと思います。

さて、更新の久々も然ることながら、更に久しく取り上げていなかった住吉のツインタワー計画です。実に半年間、放置してしまいました。仕事で六甲アイランドへちょくちょく足を運んではいたので、プロジェクトの進捗は気になっていたのですが、一度、住吉に行くつもりだった日に腰を痛めて行けずじまい。それから半年が経ってしまいました。

旧田崎真珠社員寮跡に建設されていた野村不動産のタワーマンション「プラウドタワー住吉(地上29階 地下1階 高さ99.95m 総戸数107)」が竣工しました。

s_proud54.jpg

白亜のスレンダーな美しいタワーレジデンスです。住吉駅前の国道2号線沿い南北にタワーマンションが林立します。

s_proud52.jpg

完成したエントランス付近もガラスとタイルを組み合わせて、建物本体同様に白を基調とし、植栽や親水空間を整備して高級感と清潔感を演出しています。

s_proud51.jpg

北側の公開空地には様々な木が植栽されたグリーンのアプローチです。

s_proud53.jpg

タワーマンションとしては小振りな敷地ながら、空間を有効に活用して上質に仕上げています。先に竣工した「プラウドタワー県庁前」同様にガラスの使い方が巧みです。

s_proud61.jpg

南側から遠望する同タワー。非常に美しく爽やかな風貌です。コントラストを生み出すガラスの色調も見事です。

s_proud48.jpg

西側の見上げ。シンプルながら垂直と水平のラインを巧に組合わせています。

s_proud49.jpg

清流・住吉川のほとりに佇むプラウドタワー。川から運ばれる爽やかな風が住戸内に吹き抜けることになるのでしょうか。駅前地区でありながら建物を出て1分でこの清流に接することができるという贅沢な環境です。子供にとっても最高ですね。

s_proud55.jpg

さて、ツインタワーのもう片方である旧東灘区役所跡地で建設が進むタワーレジデンス「住吉川リバーフォーラム(地上地上28階 地下1階 高さ98.95m)」。躯体はすでに10階にまで達しています。

s_proud56.jpg

総戸数は211とプラウドタワーの倍強。スリムなプラウドに対してこちらは幅広のタワーマンションとなります。

s_proud60.jpg

これからまだまだ伸びいていきます。再開発地区内で隣接した土地に整備される区立図書館も着工したようです。

プラウドタワーは入居を月末に控えています。県庁前同様に塔屋にライトアップが施される模様ですので、開始されたらまたご披露したいと思います。


category: 住吉ツインタワー計画

2012/08/05 Sun. 13:31 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 2

go page top