こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

10« 2017 / 11 »12
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

ノートルダム神戸 -かもめりあ東用地-  

kamomeria129.jpg

中突堤かもめりあ東用地で建設が進められていたブライダル施設「ノートルダム神戸」が完成しました。その威風堂々とした姿は神戸のウォーターフロントの新しいランドマークとして鎮座しています。すでに話題性は十分なのか、施設の内外で挙式を検討するカップルの見学者が多数見受けられました。周囲のホテルやブライダル施設にはk強力なライバルが出現したことになります。

kamomeria125.jpg

計画当初に報道されたスイーツ店の集積は取り止めとなった模様で基本的にブライダル専用施設となってしまった為、公共性は薄れてしまいましたが、唯一、施設外からも楽しめる噴水も完成しました。

kamomeria126.jpg

建物正面の中央にある噴水が恐らく音楽や光と共にショーを繰り広げるものと思われますが、まだ運用はされていないのか通常の噴水でした。ショーは夜間のみなのかもしれません。すでに建物のライトアップは開始されているようなので、また近いうちに撮影に臨みたいと思います。

kamomeria123.jpg

ショー開催時ではない通常モードの噴水はごく普通です。ショーが始まった際はどれ位の高さまで水柱が上がるのかが気になります。モチーフとなるパリ・ベルサイユ宮殿の噴水ショーは見たことはありませんが、ラスベガスの高級ホテルヴェラージオの噴水ショーはまさに圧巻です。あれ位のレベルの物ができれば、一気に神戸観光名物になること間違いありません。敷地的な制約でヴェラージオ程の物は期待できませんが、見る価値有レベルの完成度を期待したいですね。

<市の発表抜粋>
世界遺産ヴェルサイユ宮殿の庭園で催される噴水ショーを日本最大級のスケールで再現しています。フランスの噴水デザイナーがデザインを手がけ、現地技術者が作成した各パーツを日本に運び組み立てて完成させたものです。日本では類を見ないシステムによって生みだされる水の動きは、ダイナミックかつ繊細。まるで、様々な表情を見せながら華やかに舞うバレリーナのようです。夜になると、水中ライトによる演出が加わり、水と光と音が織りなすロマンチックな空間が広がります。

<朝日新聞記事抜粋>
神戸市中央区の中突堤に結婚式場を中心とした商業施設「ノートルダム神戸」が完成した。敷地内にはフランス・ベルサイユ宮殿の噴水を設計したデザイナーが手掛けた噴水があり、神戸市では新たな観光名所として期待を寄せている。

噴水は最大で幅27メートル、高さ20メートルまで水を噴き上げる。夜には音とライトアップのショーが楽しめる。また神戸市は施設運営社に、隣接の市有地に石のベンチを設置してもらい、噴水ショーを敷地外からでも楽しめるようにした。

ショーは休館日の火曜を除き午後6時45分、7時45分の2回。土日祝日は8時45分に3回目がある。

kamomeria121.jpg

噴水エリアは意外に広い敷地を占めています。

kamomeria128.jpg

中層階のバンケットは全てテラスが付随しています。歓談中には潮風に吹かれながら、神戸の夜景に酔いしれることもできます。挙式するカップルだけでなく招待客の間でも良い雰囲気が生まれて、次の挙式カップルが誕生するかもしれません。一部のエリアを一般開放して欲しいものです。

kamomeria131.jpg

北側には車寄せのあるメインエントランスが整備されています。パルテノン神殿のような柱が何本も聳えています。こちらのサイドにも噴水が設置されています。

kamomeria120.jpg

建物西側のエントランスゲートです。敷地は全てフェンスで周囲を囲まれています。

kamomeria130.jpg

こちらが南側のエントランスゲート。

kamomeria127.jpg

敷地の北側の大部分は来場者のパーキングとして使用されています。

kamomeria124.jpg

景観的にはこの建物が出来たおかげで神戸のウォーターフロントが更に華やかになりました。周囲の個性的な建造物群に全く引けを取らない押し出し感の強いデザインはすでにエリアに溶け込んでいます。建物6階にはチャペルとラウンジが整備されていますが、このラウンジは一般開放されるのでしょうか。

何はともあれ、私が10年程前に運営していた神戸の開発に関するホームページでも、神戸のウォータフロント活性化に噴水ショーを併設した施設の誘致を提唱しましたが、現実化されたことは非常に感慨深いです。近日中に同施設の夜景及び噴水ショーを取材して来ようと思います。


category: ノートルダム神戸

2012/10/05 Fri. 22:20 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 2

go page top

ノートルダム神戸 -かもめりあ東用地-  

kamomeria110.jpg

今秋の開業まですでに秒読みの段階に入ってきたノートルダム神戸。外観はほぼ完成に近づきました。

kamomeria111.jpg

現在は仕上げ工事や内装、そして敷地内周囲の整備が進められています。植栽も着々と進行しており、南面にはリゾート感を演出するやしの木が植えられました。コンクリートの打設も進められ、噴水設置工事も順調に進行しています。

kamomeria112.jpg

敷地周囲を囲む様に植栽が施されます。

kamomeria114.jpg

西面や北面にはエントランスゲートが設けられています。

kamomeria113.jpg

車寄せのある北側のファサードはモノクロの色調で縦のラインを強調しています。

kamomeria117.jpg

車寄せの屋根の設置工事です。メインロビーはこちら側になるということでしょうか。敷地北側には平面駐車場も多く設けられます。

kamomeria115.jpg

かもめりあと中突堤中央ビルを結ぶデッキとの調和もハマったように取れています。まるで新たに設置されたように見えます。こうなってくると隣接する中央ビルの老朽感が余計に目立ちます。内部もタイムスリップしたかのように昭和のままです。通行する観光客も不思議そうに眺めている事が多いです。建替まで行わなくとも、ポートタワー同様にリニューアル化を図るべきですね。

kamomeria116.jpg

ノートルダム神戸の完成後、ウォーターフロント地区では今度は必然的に第一突堤の方に自然と目が行くことになります。その前にノートルダムの噴水の出来と夜間の照明演出の確認が先ですが。


category: ノートルダム神戸

2012/08/19 Sun. 18:31 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 3

go page top

ノートルダム神戸 -かもめりあ東用地-  

kamomeria101.jpg

かもめりあの東用地で建設の進められている複合施設「ノートルダム神戸」の最新状況です。見た瞬間、心の中で「お~!!」っと感嘆してしまいました。足場やネットの大部分が解体撤去され、外観が顕になっていました。

kamomeria100.jpg

まさにパースに描かれていた建物のそのものです。色調に関してはもっとグレーかと思っていたのですが、白亜で非常に爽やな印象です。

kamomeria106.jpg

もっと押し出し感があるのかと思っていましたが、どちらかと言えば上品で落ち着きがあります。格子状のファサード及びガラスとテラスの組み合わせの為でしょうか。隣接するラ・スイートとも調和している感じです。

kamomeria107.jpg

西面と東面の頂部には施設名のロゴが入っています。

kamomeria103.jpg

ホワイトが光を反射して、周囲が明るくなったような印象を与えます。立地的にもデザイン的にも結婚式場だけにしておくのは勿体無いですね。大きな屋外テラスで潮風に当たりながら過ごす一時は最高でしょう。一般開放の可能なカフェや飲食店の開設をお願いしたいです。

kamomeria104.jpg

グランドカテドラルの大屋根の設置工事もあと一息です。

kamomeria105.jpg

建物の建設工事の進捗は順調のようですが、集客施設の目玉である噴水広場の設置工事がいつ始まるのか気になっていました。本日確認した所、南側で該当地の掘削と給廃水管と思われる塩ビパイプが確認できました。いよいよ噴水設置工事が開始されるものと思われます。

kamomeria109.jpg

数々の紆余曲折を経て、プロジェクトもいよいよ最終工事段階へ突入しました。

kamomeria108.jpg

もうすでにこの場所にずっと鎮座していたかのような溶け込み感があります。デザイン性に富んだ建物群の集結地であるウォーターフロントエリアのなせる技なのでしょう。夜間の照明演出がどう施されるのかも楽しみです。きっと見事に神戸の夜景に新たなアクセントを加えてくれる事と思います。


category: ノートルダム神戸

2012/07/16 Mon. 19:38 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 4

go page top

ノートルダム神戸 -かもめりあ東用地-  

kamomeria87.jpg

一週間前のノートルダム神戸の様子です。外壁取付工事も大詰めを迎えつつあり、現在ではすでに足場やシートが取り払われて、一部外壁を確認することができる状態にまで進捗しています。

kamomeria92.jpg

巨大な塊感が迫力を生み出しています。

kamomeria91.jpg

南側ファサードの特徴的な中央部の窓ガラスも取付が完了しているようです。

kamomeria98.jpg

前にも述べましたが、建物を建設していると言うよりも、巨大な戦車型ロボ兵器を建造していると言った方がしっくり来ます。

kamomeria99.jpg

最上階のグランドカテドラルのM字屋根にはガルバリウム鋼板を採用しているようです。

kamomeria95.jpg

ウォーターフロントの建物群には必然的にそのデザインに特徴ある意匠が求められています。ノートルダムもそのハードルを更に上げることになりそうです。

kamomeria89.jpg

上棟した神戸ハーバータワーと絡めて。双方、防護シートやネットが取り払われるのも、そう先の話ではなさそうです。

kamomeria88.jpg

同じく上棟したシティタワー神戸三宮と絡めて。

そろそろ噴水の設置工事にも着目していきたい所ですね。モザイク側から連続してライトアップされた建築群の連なる様が目に浮かびます。ますます夜景スポットとしての魅力を増すウォーターフロントになります。

kamomeria93.jpg

おまけですが、こちらは営業を休止してしまった神戸港遊覧船「ヴィラジオ・イタリア号」です。かもめりあ船着場に係留されて運行再開を待っている状態です。燃料高騰等を受けて、経営は難航しているようで市への係船料を滞納している他、船舶検査の中間検査も受けていない為、3月までの運行休止を届け出したそうです。

神戸港の遊覧船を巡っては2005年に老舗の神戸観光汽船が破綻して、遊覧船「すずかけ」や「パルメデール」が姿を消しました。しかし2001年から神戸ベイクルーズ社が「ロイヤルプリンス」、「ロイヤルプリンセス」の二隻の運行を開始、「ヴィラジオ・イタリア号」は2005年に神戸リゾートライン社が就航させました。この他、早駒運輸が同様の周遊船「ファンタジー号」を営業し、ダックツアーが仕掛けた水陸両用バス「スプラッシュ号」も稼働中。ディナー・ランチクルーズでは神戸クルーザー社の「コンチェルト」やルミナスクルーズ社「ルミナス神戸2」等が根強い人気を誇っており、正直、これだけの遊覧船が競う程の需要があるのかと心配していました。

「ヴィラジオ・イタリア号」は中でも異色の海賊船タイプの遊覧船であり、ユニークな外観とサービスで他社との差別化を図っていたようですが、やはり競争は厳しいようです。このまま姿を消してしまうのか、それとも他社が引き取って営業を続けるのか。

かもめりあ自体も遊覧船のみの就航ターミナルにしておくのは物体ない気がします。桟橋の規模は小さく水深も浅いので大型船は就航できませんが、商用フェリーのターミナルにも活用できないものでしょうか。需要があるかどうかは分かりませんが、神戸空港と関空を結ぶ神戸ベイシャトルの一部をこちらへ就航させて、関空から関西へ来訪する海外からの観光客を船で来神させ、ウォーターフロントエリアのホテルに宿泊するツアープランを組む等、歴とした海上の交通拠点としての活用法を考えてみるのも一計かと思います。

kamomeria96.jpg

更に中突堤で面白い物を発見!トアロードに馬車が走る計画がありましたが、一足先に中突堤かもめりあと神戸メリケンパーク間での定期運行を開始したようです。神戸ドリームキャラバンと名付けられた馬車ツアーです。

kamomeria97.jpg

車道をほとんど通る必要のない親水エリアは格好の試験運行場として適しています。ここからもう少し足の伸ばしてハーバーを一周する位にまで運行範囲を広げて欲しいものですね。

kamomeria94.jpg

そしていずれは北野坂(登れる?)やトアロード等の繁華街も馬車が運行できる日が来ることを楽しみにしていたいと思います。シティループも良いですが、新神戸からメリケンパークまで馬車で巡る神戸というのも越なものですよね。道交法的に可能なのかは定かではありませんが。


category: ノートルダム神戸

2012/07/01 Sun. 14:41 [edit]   トラックバック: 1 | コメント: 7

go page top