こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

02« 2017 / 03 »03
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

神戸市危機管理センター建設状況 

kinkikanri12.jpg

東町の旧神戸市庁舎3号館別館跡で建設が進められてきた神戸市危機管理センター。すでに建物本体は竣工しているようです。来年春の稼動を目指してこれからは内装工事やシステム構築に重点が移ることになります。完全に姿を顕にした同センターのファサード細部を見ていくことにしましょう。

kinkikanri11.jpg

建物は大まかに水平基調をデザインの重きに置いた低層部と垂直基調のルーバーを無数に設置してセットバックさせた高層部から構成されています。この建物は神戸市がユネスコのデザイン都市に指定されて以来、恐らく初となる市が手掛けた公共建築です。その為、華美でない中にもデザインのディテールに趣向を凝らした感が見て取れます。

kinkikanri15.jpg

縦と横のコントラスト。地上9階建ての建物ですが、一部の階はかなり階高が大きいです。外観からは正直、何層あるのか判別ができません。

建物のフロア構成は

1階~5階 危機管理部門
6階~8階 事務室
9階 電気室、発電機室、倉庫
地下1階 駐車場・機械室等

これに塔屋が1階加わります。また、屋上にはヘリポートも備えています。

kinkikanri14.jpg

まずは重厚なその外観が目を引きますが、次に気が付くのは1階ピロティのガラス面に設置されているカラフルなパネルです。

kinkikanri17.jpg

よく見てみると、パネルにはローマ字で旧居留地内にある全ての通り名が書かれています。

kinkikanri16.jpg

ピロティを支える柱は極細。1階は平時には市民・事業者への開放スペース、災害発生時にはプレスセンターとなる予定です。また何らかの形で賑わいを創出する仕掛けも検討されています。居留地内では建物1階には必ず店舗を設置することが義務付けられています。市の公共建築は店舗入居は対象から外れるにしても、エリア活性化への貢献は怠るべきではありません。

kinkikanri13.jpg

本来の働きはもちろんですが、稼動後はぜひとも地域活性の拠点のひとつとして活用していって欲しいと思います。しかし江戸町筋というのは幅員が狭く一方通行というのもあって、居留地内ではどちらかと言えばあまり注目されない通りですが、京町筋の真裏というのもあって実はスペックと集積率の高い非常に重厚なストリートです。閑静な都心環境が整っているので、ビルの上層階が住宅である建物も存在します。今では周囲にタワーマンションが建設されて居住人口が増加中のエリアですが、そもそも居留地に住むという発想はこの界隈ではすでに根付いたものだったのかもしれません。

category: 神戸市危機管理センター

2011/08/01 Mon. 21:59 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top

神戸市危機管理センター建設状況 


kinkikanri09


市役所3号館別館跡地で建設の進められている神戸市危機管理センター。未曾有の大災害から2ヶ月を迎えようとしていますが、この建物が整備される意味合いがより現実的になった気がします。

kinkikanri08

地上9階建ての建物上部に設置されていたタワークレーンは解体撤去された上、すでに防護ネットが取り払われ、低層部の外壁整備や内装施工に工事の中心が移っています。隣接するストロングビルと高さを揃えた低層部には大型の庇を水平に設け、二棟の建物が連なっているような景観を生み出しています。

kinkikanri07

水平基調の低層部に対して、上層部ファサードには垂直状の格子アルミパネルが採用されています。水平と垂直のコントラストが外観に特徴を与えています。

kinkikanri05

パネルには角度が付けられており、直射日光の事務室内への侵入を防ぐのに一役買っています。太陽の角度を緻密に計算した上で設置されているものと思われます。

kikikanri06

通りに面して敷地ギリギリに建てられている為、上層部は一段セットバックさせることで周囲への圧迫感を軽減しているようです。

kinkikanri10

建物は来月にも竣工する予定ですが、その後、システムの設置工事にはまだ期間を要し、危機管理センター及びシステム供用開始は来年度になるようです。温暖化が原因で起こる自然災害も近年は非常に顕著になっており、市内でも高潮による冠水、河川の氾濫等による被害が続出しています。今回の想定を上回った東日本大震災による被害を受けて、関西の防災計画も大幅な見直しを迫られています。東海、東南海、南海の連動型地震の発生が懸念されている状況に変化はありませんので、神戸市も計画の見直しを同センターにも反映させる共に、一日も早い稼動開始を目指して欲しいものです。

神戸市危機管理センターデータ

構造・規模 鉄骨鉄筋コンクリート造及び鉄骨造
地上9階 地下1階 塔屋1階 免震構造
敷地面積 約1,350平米
建築面積 約1,090平米
延床面積 約9,230平米
総事業費 120億円 




category: 神戸市危機管理センター

2011/05/09 Mon. 21:37 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 4

go page top

神戸市危機管理センター建設状況+ホテルニューオータニ跡後継テナント決定!+おまけ 

kikikanri03

神戸市役所市庁舎3号館別館跡に建設中の神戸市危機管理センターの建設状況です。現在はすでに上棟しており、今後は内外装の工事が本格的に進められていくものと思われます。

kikikanri04

密集ビル街では全景をうまく収めるのは難しいですね。ニュージーランドの地震で改めて防災危機管理の重要性や確実な情報の必要性を再認識させられました。この建物がいざという際には的確な機能を果たしてくれることを願います。

newotani

ところでようやくハーバーランドセンタービルホテル棟の後継テナントが決定したようです。米国の世界ホテルチェーン「ベストウェスタンホテルズ」を国内で運営する名古屋市のランドーナージャパン社が進出する方針を固めたということです。改装の上、年内の営業開始を目指すということで、一昨年末、ニューオータニの撤退以来ゴーストビルと化していた同ホテル棟に再び復活の灯が灯ります。

地上17階 地下3階 (高さ75m) 総客室数235室 中大の二つの宴会場を抱えたホテル棟。近年、急速に日本国内でもその数を増やしているベストウェスタンはランドーナー社以外にも複数の運営会社がフランチャイズ運営をしているようです。

何はともあれ、ハーバーランドにホテルが戻ってくることは歓迎すべきかと思われます。

centerbuild

一方、ファミリオとして運営されていた店舗棟は事実上の閉鎖中です。一棟貸しの可能な入居先が見つかるまでは閉鎖を継続するようです。前身のビーズキスはスイーツハーバーを中核にそれなりのオリジナリティに拘っていたので、一定の成功を収めていたはずでしたが、スイーツハーバーの突然の撤退を気に急速にテナント流出が続き、後継のファミリオは開業時から見るに耐えない構成で案の定、僅か約2年で現在の状態に陥りました。今回のリセットは建物内部構成に大幅なメスを入れる絶好の機会かと思います。ここは十分な時間を掛け、これなら必ず成功する!といった誰もが納得するような構成ができるまでは無理に開業するべきではないと考えます。そうでなければ同じ過ちを繰り返し続けるでしょう。

全く関係ない話ですが、映画「GANZ」を見てきました。期待以上の出来映えだったと思います。実はこの映画でも神戸ロケが行われていたことを知らなかったのですが、私がそれに気づいたシーンは二宮和也の背後に明滅する三棟の超高層ビルの航空障害灯でした。エンディングロールで神戸ロケの事実を確認して、帰宅後にロケ現場をネット検索。神戸ロケのメインは旧中央卸市場跡だったようです。

toshin33

なので確証はありません。一瞬だったというのもありますが・・・。しかし私は映画やドラマの夜景シーンでは必ず明滅している航空灯に目が行ってしまう習性があります。そしてそのビルの正体を明かすことでロケ地を推測してしまいます。あの三棟はキャナルタウン兵庫だったと思います(間違ってたらゴメンなさい)。ですのでロケ地は恐らく長田区もしくは兵庫区。もし映画をご覧になる機会があればそのシーンを探してみて下さい。
 

category: 神戸市危機管理センター

2011/02/27 Sun. 00:34 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 5

go page top

神戸市危機管理センターの建設状況 

kinkikanri03

神戸市役所三号館別館跡に建設されている神戸市危機管理センターの現況です。地上9階、地下1階、塔屋1階、述床面積9,230平米の免震構造の建物です。

kinkikanri02

現状、3-4階部分まで鉄骨が組み上げられています。地味に建設工事が進められていますが、総事業費120億円のビックプロジェクトです。災害時にはここが司令塔になるわけですね。

kinkikanri04

タワークレーンが旧居留地に天高く聳えている様子はなかなか気持ちが良いものです。ベリスタ旧居留地のクレーンが完全に解体撤去されたので、現在、都心業務地区に存在する唯一のタワークレーンです。

kikikanri02

建設現場に掲示されている建物の完成予想パースです。低層部とセットバックされた高層部に分割されています。1-5階が危機管理部門、6-8階が事務室、9階が電気室、発電室、倉庫といった構造です。パースから予想すると7階までが低層部のように見えます。となると高層部が相当大きな階高を持っており、意外にも結構な高さを持った重厚な建物になるようです。平成24年春の運用開始を目指して工事が進められています。

category: 神戸市危機管理センター

2010/12/07 Tue. 20:58 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 19

go page top