こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

01« 2018 / 02 »03
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.

ジオ神戸中山手通新築工事 

geo01.jpg

山手幹線よりも更に北側で再々筋付近となる中山手通7丁目。都心から近接していますが、元町から少し北に上がっただけなのに都会の喧騒とは全く無縁の閑静な住宅街が広がります。車で通過する事はあっても実際に歩いたことはない地域だったのでそのギャップが新鮮でした。

geo02.jpg

この山手の丘陵地の一画で建設が開始されたプロジェクトがあります。ジオ神戸中山手通新築工事です。阪急不動産が計画する大規模分譲マンションです。

geo05.jpg

敷地面積は約1.1ヘクタール。ここに地上11階 地下5階建ての住宅棟3棟(厳密には4棟)と駐車場棟、エントランス棟が建設され、延床面積は28,380.70平方メートル 総戸数256戸の大規模住宅が誕生します。しかし規模の割には戸数は控えめです。1戸辺りの面積が大きいのでしょう。

geo000.jpg

完成予想パースです。緑に囲まれており、敷地内でだいぶ高低差があります。ここは旧神戸海洋気象台跡地で長年廃墟と化していた場所ですが、高台なので、南側の眺望は開けており、都心を東西に見渡す事ができるロケーションです。

geo08.jpg

建物の配置図です。住宅棟は変形L字型に建設されます。

geo06.jpg

足元では宇治川のせせらぎが流れており、春には桜並木が満開となります。

geo07.jpg

阪急不動産の分譲マンション計画としても近年の神戸での物件としては最大級の規模かと思います。今後、阪急の神戸への投資額は増加していく傾向にあるものと思われます。また都心エリアでの住宅建設が抑制される中で、今後はこうした都心近接地区や準都心地区へとデベロッパーの開発の矛先がシフトしていくのではないでしょうか。

category: その他都心プロジェクト

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/01/17 Wed. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 1

go page top

リーガル神戸三ノ宮フラワーロード新築工事 

legal09.jpg

大阪の不動産会社・創生が建設中の「リーガル神戸三ノ宮フラワーロード」。地上15階 地下1階 延床面積3413.48平方メートル 総戸数63戸の分譲マンションです。


建築計画のお知らせ掲示が2015年秋でしたが、なかなか着工されませんでした。昨年、ようやく着工しましたが、建設スピードは比較的ゆっくりです。

legal07.jpg

フラワーロードの南側に新築建物が建設される例は珍しいです。実際の敷地はフラワーロードに面している部分の間口は非常に狭く、東側奥に広がっている形状です。

legal08.jpg

よってフラワーロードに面した部分は8階に高さを抑え、奥側を15階という建物を東西で高低差を付けた建物となります。

legalflower.jpg

リーガルシリーズのマンションは建物を総タイル張り+低層部は御影石という構成になっているため、落ち着いたデザインはオーソドックスですが、流行り廃りがなく、外観の老朽感も目立ちません。

legal06.jpg

マンションを建てるとしても、手前の狭小ビルも集約し、低層部を店舗や事務所とした建物であるのが理想でした。ただ街の景観連続性の観点においてはここに何も無かった頃と比べると、悪くはないかと思います。

category: その他都心プロジェクト

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/09/16 Sat. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 1

go page top

山幸学園神戸校完成・開校 

sanko16.jpg

学校法人三幸学園がJR元町駅の北側である北長挟通に計画していた新校舎が竣工しました。建物は地上6階建て、延床面積2,178平方メートルで、同学園が運営する神戸元町医療秘書専門学校と神戸元町こども専門学校の2校が建物内に開校しました。

sanko18.jpg

建物の外観デザインは神戸の港と洋館をモチーフとしており、淡いクリーム色のタイルを全面に外装材として採用している他、アーチ形、丸形、四角形等の三種類の形状の窓や黒のフレームサッシを使っています。塔屋は灯台を模した円筒形で、遊び心たっぷりの建物となりました。

sanko17.jpg

落ち着いたエリアにある落ち着いた感じのある建物ですが、あまり人目につかない場所にあるのは勿体無い限りです。三宮中央通りやトアロードにこのまま移設したい位です。

sanko20.jpg

1階のエントランスアプローチです。円筒形の支柱を左右にアプローチが貫きます。小さいながらもピロティ空間やウッドデッキのパティオが設けられています。

sanko15.jpg

「神戸らしさ」をある意味、体現した建物ではないかと思います。こんな建物がもっと街中の目立つ場所に増えたらと思います。

sanko19.jpg

そんな山幸学園神戸校のすぐ北側の駐車場に新たな建設プロジェクトが計画されています。今はコインパーキングとなっていますが、その前は廃墟と化した幽霊ビルが長年に渡って放置されていました。

sanko21.jpg

この敷地に計画されているのは店舗と事務所から構成される地上7階建てのビルです。マンションになってもおかしくない場所ですが、珍しく事務所ビルが建設されます。計画しているのは建物の向かいにある元町リンズスクエアに入居する福建貿易社です。来月着工予定です。

category: その他都心プロジェクト

2016/05/08 Sun. 07:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 5

go page top

代々木ゼミナール神戸校はオフィスビルへコンバージョン 

yozemi14.jpg

一昨年に他全国19校と同時に一斉閉鎖された代々木ゼミナール神戸校。その後、昨秋より大成建設が施工を手掛けた改修工事が進められてきました。工事自体は2月末には完了していたようですが、その後、建物の再利用に向けての目立った動きはありませんでした。しかしここに来て建物の活用法が決定したようです。

yozemi13.jpg

建物の正面に新規で設置された建物名称の石板パネル。「Bellevue Office Sannomiya」とあります。同じ建物名称でインターネット検索すると東京・代々木にある賃貸オフィスビルがヒットします。古い建物をガラスファサードの斬新なオフィスビルにリノベーションした物件のようです。「Bellevue Office」というブランドは代ゼミの運営者である高宮学園の関連会社となるのでしょうか。

代ゼミ神戸校は1990年築の地上8階、地下1階建ての建物です。元々、校舎だったのでオフィスビルへのコンバージョンは比較的容易だったと思われます。勿論、最新のOAフロア等の整備や内装のリノベーションは必須だったことでしょう。

yozemi12.jpg

JR三ノ宮駅からも至近距離にある物件です。賃貸オフィスビルとしては申し分のない条件が揃っています。神戸の都心部の空室率もだいぶ下降してきました。好立地にまとまった空き床を確保するのは難しくなってきています。特に新規供給が絞られてしまった事で最新鋭ビルのストックが少ない神戸において、大規模リノベーションによって大幅な設備更新が行われたビルは貴重なストックに成り得ます。

隣接する閉鎖されたままの大隆ビルも気になるところです。阪急の駅ビル計画が発表され、JRも後に続くようであれば周辺の開発機運も高まってくることでしょう。

category: その他都心プロジェクト

2016/05/05 Thu. 10:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 4

go page top