こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

05« 2017 / 06 »07
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

外観現る!Brillia Tower神戸元町 

brillia08brillia09brillia011

低層階とエントランス付近、公開空地はまだ整備中です。エントランス周りのファサードは特徴的です。テラコッタルーバーとガラスを組み合わせた基礎部は斬新な印象ですね。

brillia010

花隈公園から見上げた南側です。南西の角がセットバックしていることで変形L字タワーになっています。

brillia013

県庁前から「プラウドタワー」の建設現場、兵庫県警本部、Brillia Tower神戸元町と高層ビルが縦列することになります。高層建築はエリアに一棟あると群れる傾向がありますね。

brillia012brillia015

新緑に包まれた県公館と高層ビル群です。神戸の「霞ヶ関」とも言えるでしょうか。いわゆる官庁街ですね。

brillia014

Brillia Tower神戸元町を西から遠望します。JR線以北の超高層ビル6棟が一つの群れになっているように見えます。

話は変わりますが大企業の業績はようやく回復基調に入ったような報道が多くなってきました。しかし不動産市況は依然厳しい環境を脱してはいません。大規模プロジェクトが目白押しだった大阪でも不透明感が大幅に増しており、中央郵便局の再開発も延期、オープンしたばかりの阪急梅田ビルのオフィスタワーも入居率が3割に留まっています。

osaka01
複数のビックプロジェクトが進行中の大阪市内、一方で今後の計画に懸念も


オフィスビルの空室率は12%を越えた現状に加えて、フコク生命ビルやJRタワーの竣工が控え、更に北ヤード先行地区開発、中之島エリア、本町エリア、そして近鉄ターミナルビルと複数の超大型プロジェクトが目白押しです。結果、中央郵便局の計画延期のように今後の開発計画の凍結、規模縮小が懸念されて始めているようです。

神戸では大型ホテル、超高層マンションの計画が次々と頓挫、凍結となりました。オフィスビルの新規供給は抑制されてきたので空室率の上昇率は他都市程ではありませんが、小幅な上昇により13%台にまで達しています。

sannomiya01
三宮エリアの空室率上昇は比較的緩やか


1999-2000年に国際会館、関電ビル、NTT神戸中央ビルが竣工して以来10年間、神戸で100m以上の高層オフィスビルの供給はありません。今後、可能性があるとすれば阪急の再建計画もしくは希望も込めてさん・センタープラザの建替え等が考えられますが、これらは10-20年の中長期スパンでのみ考慮できるかと思います。

医療産業都市構想による関連企業の集積に伴い、三宮地区でも医療関連会社の引き合いが増えてきているようなので(日本イーライリリー等の大規模企業もポーアイではなく三宮に本社を構えている)、スパコン稼動も控えていますし、今後の行方次第ではこういった方面にビックサプライズを期待することができるようになればと願って止みません。

category: ブリリアタワー神戸元町

2010/05/21 Fri. 23:28 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 4

go page top

ブリリアタワー神戸元町 

brillia03

中央区下山手通5丁目、県警本部に隣接した角地で建設の進むブリリアタワー神戸元町です。来夏の竣工を目指して工事が進められていますが、完成すると地上37階、高さ約120mの超高層建築となります。

現状ではすでに35階までの住居フロアが棟上げとなり、残す2フロアは塔屋です。

brillia06

スレンダーな躯体を持った超高層マンションです。実際の高さ以上に高さを感じます。このエリアの海抜は24m程なので、ウォーターフロントからは140m級の高層ビルに相当します。

brillia04 />

完全な四角形ではなく、南西側は一段のセットバックを設けています。兵庫県警本部別館を挟み、ブリリアタワーと県警本部が聳えます。

proud01 />

隣接する下山手通4丁目の全但タクシー本社跡地に野村不動産が地上28階、高さ97.16mのタワーマンションを計画しています。かなり早い段階から計画概要の公表となり、11月着工までに時間があったので、実際に計画が進められるのかどうか(昨今は計画の頓挫、凍結が相次いでいますので)、多少心配ではありましたが、どうやら無事着工したようです。

brillia05 />

西側から眺望する都心です。左側にクレーンを載せたブリリアタワー神戸元町が確認できると思います。野村不動産のタワーは恐らくトア山手と芸術センターの間辺りに顔を出すのではないかと思います。

クリスタルタワーのすぐ左横にライオンズタワー神戸元町が確認できますがほぼ同じ高さのブリリアタワーの方が遥かに高い建物のように見えますね。

今年は神戸に多くのタワーが出現しました。御影タワーレジデンスのような神戸最高峰の超高層から15年以上振りとなる高層ホテルの出現もあり、神戸の超高層建築史に大きな意味を持つ1年でした。来年はいよいよ目玉プロジェクトである旭通4丁目計画が始動します。厳しい世の中ですが、来年もワクワクするような新たな計画が浮上することを願って止みません。

category: ブリリアタワー神戸元町

2009/12/23 Wed. 00:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top

ブリリアタワー神戸元町 

brillia01 />

久々の更新になってしまいました。今回は元町駅北側の兵庫県警本部の隣接地で東京建物によって建設が進められている超高層マンション「ブリリアタワー神戸元町」です。完成すると地上37階(35階+塔屋2階) 高さ119.19mに達します。海抜が高いので、ウォーターフロントエリアからは150m級に見えることでしょう。現在は19-20階付近を建設中です。

brillia02

現地に掲示されている完成予想パースです。モノトーン基調でスタイリッシュにまとまられるようですね。塔屋には残念ながらライトアップは施されないようです。竣工までにはあと約1年を要します。

category: ブリリアタワー神戸元町

2009/07/13 Mon. 22:10 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top