こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

09« 2017 / 10 »11
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

MIU MIU KOBEが移転開業 

miumiu44.jpg

旧居留地・明石町筋の泰和ビル跡地に建設されたMIUMIU神戸の新店舗ビル。地上3階 延床面積は962.95平方メートルの建物で昨冬から建設工事がスタートしました。

miumiu45.jpg

これまでMIUMIU神戸店は京町筋のホテルヴィアマーレの1階で営業していましたが、8月5日にようやくこの新店舗ビルに移転オープン。売場面積は約200平方メートル。

miumiu46.jpg

小さな商業ビルですが、竹中工務店が施行。サトウファシリティーズコンサルタンツが設計した外観デザインはファサードにMIUMIUのアイコンであるダマスク織を表現。これは2011年に開業した国内最大の旗艦店である銀座店で採り入れられたデザインです。

miumiu47_.jpg

頂部の庇のようにせり出した部分にはLEDライトが埋め込まれており、夜間には建物を上から下に照らし出す照明演出が行われます。

miumiu48.jpg

周囲の建物と高さを揃えて街の連続性を生み出しています。デザイン発表当初は景観デザイン協議にて委員から厳しい意見にさらされたようですが、いざ完成してみると、奇抜ながらも風景に馴染んで写真映えします。

再度、夜景の様子もお伝えしたいと思います。MIUMIUが移転したヴィアマーレ跡には次のテナントが決まっているでしょうか。

miumiu50.jpg

さて移転オープンしたMIUMIU神戸店から南へ100m程下ると、神戸商船三井ビルがあります。この1-2階に営業しているセレクトショップ「フレッドシーガル」。大丸神戸店が旧居留地を夜も楽しめる街への転換をテーマとして誘致し、2階にはカリフォルニアワインや肉料理を楽しめる「THE CELLER AT FRED SEGAL」の開業して話題を集めました。

しかし開業から僅か4ヶ月で閉店。この裏にはブランドを運営する事業会社の売却問題が勃発していたのです。

miumiu49.jpg

運営権は別会社が買い取る形で決着。これまた昨年に開業したばかりの最大旗艦店の横浜店は今月末で閉店します。1号店の代官山店と大丸の後ろ盾のある神戸店は継承を模索しているとの事。何ともお粗末な海外ブランド日本進出劇であり、大丸もその巻き添えを食った形です。何とも歯切れの悪い感が否めませんが、大丸にはこれにめげずに、旧居留地を夜も楽しめる落ち着いた大人のグルメタウンへの進化の試みに挑戦し続けて欲しいと思います。


category: 旧居留地

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/08/29 Tue. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 7

go page top

MIU MIU KOBE 新築工事 

miumiu39.jpg

完成が近づくMIUMIU神戸です。周囲と高さを揃えたので、奇抜な外観も違和感なく馴染んでいるようです。景観デザイン協議にて色々とケチが付いていましたが、いざ出来てみるとなかなか面白い取り合わせです。

miumiu40.jpg

MIUMIUのロゴも表面を覆っていた保護テープが取り払われました。

miumiu41.jpg

唯一の開口部である1階のエントランス。4m近い階高があります。

miumiu43.jpg

やはりロゴが入る事でデザインがギュッと締まりますね。

miumiu42.jpg

プラダジャパンからはまだ未だにこの新店舗に関して発表がありません。工事の進捗から推測すると、今夏か今秋のオープンかとは思います。ホテルヴィアマーレの現店舗から大幅な拡張移転となる旗艦店の1つとなることでしょう。この夏は新規オープンが重なっています。旧居留地は仲町通がメインストリートのような体をなしていますが、明石町筋は主張せずに静かにその実力を高めている感じです。この通りにはGucci、Helmes、Dior、Rolex、miumiu、Fendi、Armaniといった蒼々たるブランドが軒を連ねていますし、先日も商船三井ビルにフラッドシーガルが開業したばかり。仲町通以南が盛り上がり始めました。鯉川筋のGSパークが再開発されると、前町通から明石町筋への回遊も起きてくると思われます。三宮の再開発に対して、大丸を含めた旧居留地が今後、どう対抗した行くのか。更なる進化が求められそうです。

category: 旧居留地

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/06/04 Sun. 08:01 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 1

go page top

MIUMIU神戸新築工事 外観がほぼ完成 


明石町筋の泰和ビル跡に建設されている店舗ビルは投資法人みらいが敷地と建物を保有し、プラダジャパンが賃借してMIUMIUの旗艦店を開業する予定です。


外観デザインが奇抜で、物議を醸し出した建物の完成がいよいよ近づいています。


仮囲いもすでに撤去されて、1階の間口も確認できるようになりました。


1階入口の部分にもブランドロゴが取り付けられました。まだ保護用のフィルムが巻かれています。ロゴは光沢感のある金属加工の材質で造られているようです。


明石町筋は仲町通との交差点を境に人通りが減りますが、周囲にはディオールやロレックス等の店舗があり、MIUMIUが加わることで、更に格式が増します。


気になっていた頂部庇の軒下にはLEDの電飾が埋め込まれたようです。夜間はここから建物ファサードをライトダウン?するようです。これまで公開されてきた完成予想パースに建物がゴールドに輝くバージョンもあったようですが、恐らく夜間の照明演出によって色の変化を表現したものではないかと思われめす。完成後には夜景も取材したいと思います。


MIUMIUは日本での投資を加速しています。東京青山、大阪心斎橋、そして神戸と旗艦店の移転や新規の旗艦店開業を次々と進めています。神戸店は9月の開業予定とのことです。


category: 旧居留地

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/05/02 Tue. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 1

go page top

MIU MIU KOBE新築工事  

miumiu24.jpg

年初以来の記事となるMIU MIU KOBEの新築工事。鉄骨建方が完了して足場と養生ネットに覆われてからは全く内部の様子は伺い知る事ができませんでした。常々、いつネットが取り払われるのかとチェックを入れていましたが、ようやくそのベールを脱ぎ捨ててくれました。

miumiu25.jpg

地上3階建 高さ20mの店舗ビルは1階以外は全く開口部の無いファサードであり、景観審議会でも物議を醸しだしました。完成予想パースでも外壁処理の様子は想像がつかず、実際に完成してみないと分からないといった具合でした。

miumiu26.jpg

とても複雑な形状の外装パネルです。材質的には剛板です。これを細かいヒダのような形状に加工して継ぎ合わせています。

miumiu27.jpg

壁面の拡大です。何とも挑戦的なデザインです。ただもっと光沢感のある外装材を想像していました。

miumiu28.jpg

泰和ビル跡は一時は大阪のマンションデベロッパーである都市環境開発社に譲渡された節がありましたが、最終的には投資法人みらいが取得。建物も含めて同法人の保有物件になります。

完全に完成してみないと分かりませんが、賛否両論を生み出しそうです。人によっては凝った造りで前衛的であると表現するかもしれませんし、まるでトタンのようだと言う人も出てくるかもしれません。夜間にはまた別の印象を纏うに違いありません。5月の竣工時に再度、レポートしたいと思います。

miumiu29.jpg

MIU MIU神戸の建設されている明石町筋ではこの日も「旧居留地フリーウォーク」と名付けられた歩行者天国が実施されていました。昨年10月にも行われたイベントです。

miumiu30.jpg

こうした屋外イベントにぴったりの新緑が芽吹き始めた気持ちの良い季節になってきました。開港150年の今年は神戸で様々なイベントが開催される予定です。

category: 旧居留地

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/04/17 Mon. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 2

go page top