こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

03« 2018 / 04 »05
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

大丸松坂屋が大丸神戸店と旧居留地の開発に意欲 

daimaru07.jpg

神戸地区の地域一番店である大丸神戸店。直近の年商は824.5億円と前期比微増となり、インバウンド需要で好調な大丸心斎橋店に大丸の店舗におけるトップの座を譲り渡しました。心斎橋店は本館の建て替えによって北館のみを営業中ですが、旧そごう心斎橋本店を買い取って改装した北館は延床面積58,000平方メートルとそれだけで神戸店本館の規模を上回ります。

震災後の震災による店舗再建以降、神戸店は大丸のトップとして君臨してきた旗艦店でしたが、心斎橋店に北館が加わってからは物量で神戸店を圧倒しました。

インバウンド需要をさほど取り込めていない神戸において、百貨店の売上は大阪や京都程ふるいません。大阪では高島屋も大阪店が東京・日本橋を上回ってトップに立つなど西日本においてインバウンド効果がてきめんです。

daimaru05.jpg

大丸神戸店は店舗再建以降、フロアの改装や同店の飛躍の原動力となった旧居留地内にある保有物件やオフィスビル低層部の活用を積極的に進めてきました。その実績はしっかりと積み上げられており、大丸や他百貨店の成功ビジネスモデルとして模範とされていますが、神戸店のこれ以上の成長にはもっと大規模な投資が必要です。

大丸松坂屋社長の好本氏は以前より神戸店は集中的に投資をする対象としていました。最近のコメントでは「震災以降、大型投資をしてこなかったが、旧居留地の開発を含め、積極的に打って出たい」という方針を示しました。

daimaru06.jpg

旧居留地内での開発とは具体的にどういった案件が考えられるでしょうか。大丸は百貨店の建物以外に居留地内に複数の建物と土地を所有しているものと思われます。中でも最も大きいのが大丸カーポートビル。1階をテナント店舗、上階が駐車場になっています。大丸の公式パーキングとして週末はいつも車列ができる人気駐車場です。

daimaru09.jpg

車での来店にはかなりの需要がある大丸ですが、この建物を建て替えて百貨店の売上に貢献させる大型投資が1つのパターンです。継続してパーキング機能は必須ですが、店舗面積を拡大すると共に、建物の高層化と複合ビル化による不動産収益を上げられる建物へと再開発します。上層階はオフィスやホテルとしての用途が考えられるでしょう。松坂屋上野店の再開発でも店舗の一部高層化でパルコへの転換とオフィスの開設を行なっています。

ginsen05.jpg

私の期待と希望を書くとすると、以前から述べているようにGSパークとなっている大丸の南側斜向かいの用地をJフロントが土地の保有者である銀泉と共同で再開発に乗り出す事です。こちらの方が敷地面積が大きくビルの規模も拡大します。大丸の別館としてだけでなく、Jフロント傘下であるパルコの進出先受け皿としても検討が可能です。

sogo-hankyu17.jpg

大丸が神戸店への大型投資を進めたい理由としてその背景にあるのはそごう神戸店の存在と三宮再開発です。大丸は震災後にそごうから地域1番店の座を奪いましたが、昨年、そごうを取得したエイチ・ツー・オーが阪急に建て替える様相が強まっています。またJRによるターミナルビルの建て替え、バスターミナルビルの整備、市役所建て替え、神戸阪急ビル建て替え等、三宮に大型開発が一極集中。大丸が立地する元町の相対的地位の低下と高級感を強みとする阪急への顧客シフトをかなり警戒しているものと思われます。

daimaru08.jpg

大阪の百貨店戦争はJR駅ビルに三越伊勢丹が進出する事で一気に勃発しました。過大投資の消耗戦になると思われていましたが、結果的にはインバウンドの需要を享受する適正で魅力的な受け皿を各店が整備した事になりました。三越伊勢丹という黒船来襲・外圧によって大阪の再開発が大きく動きましたが、神戸でも阪急の三宮進出という言わば外圧に近い形での出店が元町・居留地への再開発を進める事に繋がる可能性が高まりつつあります。

daimaru10.jpg

もう1つおまけとして個人的に大丸に期待したい事があります。それは大丸の北側にある三角地の再開発です。90年代に再開発の機運が高まり、構想が練られたものの地権者合意に至らず、断念された過去があります。Jフロントの力を借りて再度の再開発に挑戦して欲しいですね。船をモチーフとした複合商業ビルとし、1-2階を店舗、3-8階をオフィス、セットバックして9階をレストランとスカイガーデン、ホテルのレセプションホール、10-14階をホテルの構成です。元町交差点の新しいランドマークとする優良再開発として進んでくれたらと思います。

さて、大丸の三宮対抗策がどういう形で表れていくのか今後の動きに要注目です。

category: 旧居留地

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/04/17 Tue. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 2

go page top

ファミリアが神戸本店を元町から旧居留地へ移転 

ume04.jpg

報道各社が12日付けで報じたところによると、子供服のファミリアが元町商店街にある神戸本店を旧居留地へ移転する事を公表したようです。移転先については日経新聞が大丸神戸店の南側、神戸新聞が同百貨店の南側にあるオフィスビルとされています。

45th02.jpg

旧居留地への移転と聞いてまず最初に頭に浮かんだのはThe 45thです。商業施設としての立地やスペックも申し分なく、1階から複数階の空きフロアがあるため最適な移転先かと思いました。またようやくこの建物の有効利用に繋がるものと期待しました。

familianew02.jpg

しかし最終的にファミリアからの公式リリースで出店先は大丸のすぐ南にあるジーニアスギャラリー跡のデビスビルである事が判明しました。1-2階を使って店舗面積を2,000平方メートルに拡大。都心の路面店型専門店としてはかなり大型店舗になり、真の本店の名に相応しい旗艦店に生まれ変わります。

オーガニックな食材を使ったレストランとカフェ、アトリエ、幼児教室のキッズラボの他、小児科クリニックも併設した複合店となり、商品の販売だけではない新しいファミリービジネスモデルの構築を図ります。新本店は今年9月の開業予定です。

familianew01.jpg

ファミリアと言えば本社ビルと近代建築のファミリアホールの売却及び磯上通への本社移転やNHK朝の連ドラで創業者がモデルになったりと、この数年は話題に事欠かない企業ですが、今回の移転劇は旧居留地の賑わい創出貢献に大きな役割を果たしそうです。

既存の元町本店跡がどうなるのかも注目されるところですが、元町商店街がまたもや集客の中核を失う事にもなります。近年はヤマハストア、パティスリー・グレゴリー・コレ等、三宮シフトによる大型移転が続いています。元町商店街の地盤沈下は今後ますます避けられない様相を呈してしまうかもしれません。

category: 旧居留地

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/04/13 Fri. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 1

go page top

PEANUTS HOTELが今夏オープン! 

chartered04.jpg

読者の方からの情報にて、今夏に新たなホテルの開業計画がある事が判明しました。その名も「PEANUTS HOTEL(ピーナッツホテル)」。TOOTH TOOTHやココノハ、こなな等の数々の有名カフェやレストランを展開するポトマック。同社が米国のコミック「ピーナッツ」の版権を持つPeanuts Worldwide LLCとホテルライセンス契約を締結し、神戸にスヌーピーをテーマとしたホテルをこの夏に開業すると発表しました。

ポトマック社はすでにピーナッツカフェやピーナッツダイナーも首都圏で展開していますが、ホテルの運営はピーナッツとしても同社としても初の試みとなります。

ホテルの規模は18室と小規模ですが、1階には40席のピーナッツカフェも開業します。

http://www.potomak.co.jp/newsfair/1801191200/
ポトマックプレスリリース

chartered01.jpg

さて、肝心の開業地ですが、プレスリリースには場所を特定する情報が示されていません。今夏開業というと新築建物であればすでに建設が開始されていなければなりません。ヒントはリリース内にある「レトロな神戸らしい風合いのビル」というフレーズです。旧居留地内の近代建築を活用するのであれば、開業までの期間が半年程でも実現可能です。

レトロビルを活用したホテルと言えば、2-3年ほど前にチャータードビルをホテルへコンバージョンする構想がありました。計画は頓挫してしまったようですが、もしかしたらポトマックがこの計画を再び実現させようとしているのかもしれません。この建物であれば客室数が少ないのも納得です。また、この建物の1階にはオムライスでも有名だったE.Hバンクというカフェがありましたが、昨年、閉店したままになっています。ますますチャータードビルにピーナッツホテルが開業する可能性は高いかと思われます。レトロでスヌーピーがテーマとくれば、女子から人気を集める名物ホテルとなりそうです。また1つ今年の楽しみが増えました。続報を待ちたいと思います。

category: 旧居留地

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/01/20 Sat. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 3

go page top

明石町筋のクリスマスイルミネーション 

akashimachisuji01.jpg

今年のルミナリエも本日が最終日となりました。ルミナリエの会場である仲町通りが注目されますが、居留地界隈では明石町筋もイルミネーションが美しいです。ライトアップされている建物も多く、昼夜問わず、神戸で最も美しい通りだと個人的に思っています。

akashimachisuji03.jpg

今夏、オープンしたMIUMIU神戸の照明演出は期待以上に素晴らしいです。

akashimachisuji04.jpg

隣接するあいおいニッセイ同和損保神戸ビルは2年前に耐震工事と外壁のリニューアルを行い、ライトアップも美しくなりました。

akashimachisuji02.jpg

商船三井神戸ビルは居留地レトロビルのランドマークです。

akashimachisuji10.jpg

Block30も煌びやかに飾られています。

akashimachisuji05.jpg

旧居留地38番館はいつ見ても息を飲む美しさです。昔は大丸の倉庫として使われていたなんて今では想像できません。

akashimachisuji06.jpg

そしてオーソドックスですが、見とれてしまうケヤキ並木のイルミネーション。突き当たりのセントモルガン教会がライトアップしていれば完璧でした。

akashimachisuji08.jpg

大丸も普段とは異なる装いでグリーンにライトアップ。個人的にはいつもの暖色が好きですが。

akashimachisuji07.jpg

ルミナリエを旧居留地で行うと、否が応でもこの美しい通りは抜けて行くことになるので、神戸の街のハイライトを堪能できるというのは一つの利点です。

akashimachisuji09.jpg

今回はルミナリエ開幕前の週末に撮影しました。長時間露光なので、人は消えているように見えます。出張で来ていたビジネスマンの団体が明石町筋の美しさに感嘆の声を洩らしていました。三宮の再開発と共に、JR元町駅前から大丸へと誘う鯉川筋も明石町筋程とは言わないまでも洗練性を高める必要があるかと思います。神戸は何故こうも駅前一等地に限って高度利用が進んでいません。


category: 旧居留地

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/12/17 Sun. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top