こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

03« 2018 / 04 »05
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

(仮称)相鉄フレッサイン神戸三宮新築工事 

sotetsu14.jpg

旭通5丁目の立体駐車場跡地に計画されているビジネスホテル「相鉄フレッサイン神戸三宮」。神奈川県の相模鉄道のグループ会社である相鉄ホテル開発が所有者から土地を賃貸し、建物を建設してホテルを運営します。同社はサンルートホテルも傘下に収めているので、神戸では三軒目のホテルとなります。既存の立体駐車場の解体工事が完了して敷地は更地化していました。

sotetsu15.jpg

2週間程前の取材では地質調査が行われていた模様が確認できましたが、ホテルの開業は2019年秋を予定しているので、着工は暫く先で更地のままの空白期間ができるのかと思っていましたが、即、着工しました!設計施工は大和ハウス工業です。

sotetsu13.jpg

現場にはラフテーレンクレーンに取り付けられたアースオーガー掘削機が投入されています。H鋼が並んでいます。H鋼杭の打設を行い、山留工事に取り掛かっているものと思われます。

sotetsu12.jpg

随分、早い着工だなと思いましたが、労災保険関係成立票に記載の事業期間は2019年3月末までになっています。この規模の鉄骨造の建物として、1年強の工期は妥当です。4月に完成して半年近くも開業前にブランクがあるのも変です。開業時期を早めた可能性もあります。

sotetsu02.jpg

大阪、京都のホテル供給ラッシュは全国的に見ても異常ですが、神戸のホテル建設ラッシュも想定以上の動きになっているのではないかと思われます。

今年から開業するホテルをおさらいしてみると

1. 神戸ルミナスホテル三宮 272室
2. ユニゾイン神戸三宮 199室
3. カンデオホテル神戸トアロード 160室
4. BLENZA HOTEL 150室
5. コンフォートホテル神戸三宮 219室
6. ホテルリブマックス神戸三宮 客室数不明
7. ドーミーイン神戸元町 250-300室?
8. レイアホテル神戸元町 111室
9. 相鉄フレッサイン神戸三宮 271室
10. 東横イン市役所前 170-180室?
11. 中山手通ホテルプロジェクト 96室
12. ホテル聚楽 250室程度
13. REMM神戸三宮 250-300室
14. ホテルモントレ神戸建て替え 160室?
15. ピーナッツホテル 20室

これだけあります。2,500室以上の新規供給となりますが、これらに加えてJR駅ビル、バスターミナルビルへ大型ホテルの併設が予定されていますし、三菱地所やアパホテルが新たに神戸へのホテル進出を計画しているという話もあります。これらも加えると3,000室以上は堅い数字であり、更にウォーターフロント再開発の進捗や神戸空港の民営化後に規制緩和が実現すれば、更に数字の上乗せが予測されます。神戸のホテルラッシュはどこまで拡大していくでしょうか。

category: 相鉄フレッサイン神戸三宮

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/02/04 Sun. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top

仮称)相鉄フレッサイン神戸三宮 


旭通5丁目で計画されている「(仮称)相鉄フレッサイン神戸三宮」。神奈川県の相模鉄道グループが運営するホテルブランドです。計画地で営業していた立体駐車場の解体が行われていましたが、工事は完了したようです。


更地となった敷地内です。敷地面積は895.75平方メートルです。

soutetsu03.jpg


敷地内では地質ボーリング調査を実施中でした。年内の着工予定で、2019年秋の開業を目指します。着工時期は春位でしょうか。



地上14階 延床面積5,878.49平方メートル 271室の規模は現在計画されているホテルの中でも大きく、駅前エリアのホテル供給に貢献します。

鉄道事業者はほぼどの会社も人口減社会に対応するために、非鉄道事業での収益確保拡大に注力しています。特にホテル開発はインバウンド需要の取り込みによって伸びしろが大きいと見られており、昨今のホテル開発ラッシュが全国各地で起こっている訳ですが、最近では五輪後の需要も睨んで、国内ホテルチェーンのみならず、外資系ホテルも積極的に日本を投資拡大対象として進出を図っています。大阪や京都では高級ホテルの新設が相次いでおり、つい先日も米マリオットの心斎橋出店が発表されたばかりです。神戸も今後、バスターミナルI期ビル上層階、JRターミナルビル、市役所2号館建て替え、そごう神戸店の建て替え、県庁周辺の再整備等、大型ホテルの進出可能性が考えられる開発プロジェクトが始動していきます。一流ホテルの出店を期待したいですね。

category: 相鉄フレッサイン神戸三宮

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/01/14 Sun. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 1

go page top

(仮称)相鉄フレッサイン神戸三宮 

sotetsu08.jpg

旭通5丁目で計画中のビジネスホテル「(仮称)相鉄フレッサイン神戸三宮」。神奈川県の相模鉄道グループが運営するホテルブランドで大阪、京都への進出を先行させていますが、神戸にもほぼ時間差無しで出店する事になりました。建設予定地の立体駐車場は計画が公表されて直ぐに閉鎖。間髪入れずに解体工事が開始されました。

sotetsu09.jpg

解体撤去は1月中旬までとなっています。こうテンポよく進むと気持ちが良いものですね。ただこのホテル開発も周辺の店舗や雑居ビルを集約化するわけではありません。バスターミナルビル街区の再開発やあじさい通りの再整備、JR三ノ宮駅の東新改札の開設に伴い、どうこの地区のグランドデザインを描くのかを早い段階で市が明示し、地元地権者との勉強会や協議を開始するべきです。

sotetsu11.jpg

さもないと細分化された状態のままで乱開発が始まり、これまでの三宮東地区と変わらない統一感のないちぐはぐとした街並みになってしまいかねません。

sotetsu02.jpg

特に今後、JR新改札に面する事になる旭通5丁目西地区は駅前広場の整備が必要となります。既存建物が建て替えに走ると土地の買収が困難になりかねません。

category: 相鉄フレッサイン神戸三宮

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/11/26 Sun. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 1

go page top

(仮称)相鉄フレッサイン神戸三宮 新築工事 

sotetsu01.jpg

またまた新たなビジネスホテル計画が浮上しました。しかも再度、三宮東地区でのプロジェクトです。今回は旭通5丁目。同エリアでは今後、新バスターミナルやJR三ノ宮駅の新改札設置が予定されており、三宮の新たな玄関口としての発展が予想される地域です。

進出するのは相鉄フレッサイン。相鉄の、正式名称は相模鉄道で横浜を拠点ターミナルとし、鉄道事業の運行は神奈川県内のみです。全ての鉄道会社が非鉄道事業の拡大方針を打ち出していますが、同社はこの分野を他社に先行して急速に推し進めている私鉄の一社です。同社はホテル事業に注力しており、2014年には全国展開するホテルサンルートを買収。今年に入り、グループのホテル事業を一体運用する新会社「相鉄ホテル開発」を設立しています。

フレッサインは相鉄が自力で全国展開を目論むホテルチェーンで東京都内では既にかなりのホテル数を保有・営業しており、関西でも大阪、京都を中心に相次いで新規ホテル開設計画を進めています。関西の私鉄ホテルが首都圏への進出を積極的に進める傾向にありますが、関東の私鉄ホテルも今後は関西への進出拡大を図っていく傾向が強まるかもしれません。相鉄以外にも京王が設立した新ホテルブランドで京都に進出予定です。

sotetsu05.jpg

建設予定地は旭通5丁目のタイムズ三宮駅前第3駐車場。敷地面積は約900平方メートル。 周囲は雑居ビルやコインパーキングがひしめく雑然としたエリアです。サンシティ計画によって周辺街区は再開発されましたが、駅に最も近いこの街区のみ再開発は進まずに取り残されていた感がありました。

sotetsu02.jpg

予定される建物の規模は地上14階 地下1階 延床面積5,878.49平方メートル。ホテル室数は271室。構造は鉄骨造です。低層部にはレストランも併設します。

sotetsu04.jpg

建設地で営業中の駐車場は立体パーキングです。偶然かすでに近接地区で着工済の朝日興業が建設中のコンフォートホテルも立体駐車場をホテルに転換するプロジェクトです。

sotetsu03.jpg

バスターミナルビルの再開発に伴って、周辺エリアでも開発が促進されることは予想されていた事です。特にこの立体駐車場を絡めた再開発がいずれは浮上するのではないかと期待していました。推測よりも早く開発案件が出てきたのは喜ばしい事ですが、気になるのは前述の完成予想パースの描かれ方です。パースは建物を南側から見た事を想定して描かれていますが、周囲の建物や敷地内、道路の様子が現状と一致しません。

sotetsu06.jpg

ホテルが完成するとバスターミナルビルとはあじさい通りを挟んで対峙する事になり、非常に利便性が高い宿泊施設となる事でしょう。バスターミナルビルの建設に伴い、神戸市がこのあじさい通りをどう再整備するつもりなのかも気になります。

sotetsu07.jpg

旭通5丁目地区は今後、急激な変貌を遂げていく事は間違いないですが、その過程では難しい局面も多々出てくるかもしれません。相鉄はこのエリアのポテンシャルの高さに目をつけた先行投資を決定したと捉えられます。すでに周辺地区ではホテル新設計画が相次いでいます。今後も老朽化したビルの建て替えによるホテル新設の傾向は続いていくものと推測されますが、神戸市はこの地区の整備方針を速やかに示し、単独建て替えによって街造りの足並みがバラバラにならないようまとめていくべきかと思います。

現在、建設中・計画中のホテルリストです。

1. 神戸ルミナスホテル三宮 272室
2. ユニゾイン神戸三宮 199室
3. カンデオホテルズ神戸トアロード 160室
4. 神戸三宮駅前ビジネスホテル(雲井通6丁目) 150室
5. 雲井通4丁目ビル(旧朝日パーキング跡地) 219室
6. ホテルリブマックス神戸三宮 客室数不明
7. ドーミーイン(旧りそな神戸ビル跡地) 客室数不明
8. レム(神戸阪急ビル) 250~300室
9. 神戸市栄町通ホテル 111室
10. 中山手通ホテルProject 96室
11. 三宮神戸市役所前ビル(東横イン) 170室?
12. 神戸プラザホテルアネックス 119室
13. 相鉄フレッサイン神戸三宮 271室

category: 相鉄フレッサイン神戸三宮

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/10/21 Sat. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 2

go page top