こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

01« 2018 / 02 »03
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.

(仮称)ポルシェセンター神戸 新築工事 海岸通・旧居留地計画 

porchcenter03.jpg

海岸通と京町筋交差点西角地で計画されていた「海岸通・旧居留地計画」が本格的に着工しました。ポルシェの正規ディーラーである株式会社ベルクが事業主で、大和ハウス工業が設計と施工を手掛ける自動車販売店ビルを建設します。

porchcenter04.jpg

プロジェクト名は「(仮称)ポルシェセンター神戸 新築工事」。地上5階建て 延床面積3,175.27平方メートル 高さ27.20m 鉄骨造のビルが建設されます。ベルク社は現在、東灘区・JR住吉駅近くに神戸ポルシェセンターを営業していますが、この新築建物の完成を機に、同センターを都心地区に移転します。

porchcenter01.jpg

景観審議会にて計画されている建物のデザインや色調等に物言いがつきました。その後、11月17日には協議が成立し、クリスマスの着工となりました。当初の計画から建築面積、延床面積、建物の高さが若干、変更になっています。デザインの修正によってこれらのスペックが変わったのかどうかは定かではありません。

porchcenter02.jpg

ベールを脱ぐまで最終形は分らないまま着工に至ったと言えます。現場には掘削機が入り、場所打ちコンクリート杭の建て込みが始まりました。7月末の竣工・8月の開業予定です。是非ともこの立地に馴染む建物が完成して欲しいですね。ちなみに隣接するチャータードビルのホテルへのコンバージョンプロジェクトが計画されていましたが、結局、頓挫してしまったのでしょうか。近代建築を活用して神戸らしい新ホテルの誕生かと期待していましたので、残念です。

category: 海岸通 旧居留地計画

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/01/09 Tue. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 2

go page top

海岸通 旧居留地計画  

kyomahi01.jpg

京町筋と海岸通の交差点西角は大和ハウスがテナントビルを建設する予定です。ポルシェの正規代理販売店である(株)ベルクがショールームを開業します。

porche01.jpg

こちらが新築建物の完成予想パースです。地上5階という事で大通りの交差点に相応しい建物になるのかどうか多少心配していましたが、思っていたよりもボリューム感のある建物になりそうです。

神戸市のデザイン審議では並行して立ち並ぶ近代建築ビルとの統一感が無いという指摘があり、今後、まだデザインの設計変更がありそうです。南北面の外壁は曲面壁となり、4-5階の壁面の色調はダークグレーのコントラストが強過ぎるという事から白への変更が模索されているようです。最終形がどのように落ち着くのか気になるところです。

この建物が完成すると、旧居留地界隈にはポルシェ、ランボルギーニ、ベントレー、ジャガーがショールームを構える事になります。中でもこのポルシェのショールームは最大級です。アパレルの新規テナント進出が伸び悩む中、今後も輸入車のショールームは増えていくかもしれません。

category: 海岸通 旧居留地計画

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/11/20 Mon. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 10

go page top

海岸通 旧居留地計画 

kyomahi01.jpg

旧居留地・京町筋と海岸通の交差点西角地はこの1年半に渡って、もうまもなく竣工する和田興産の分譲マンション「ワコーレトラッドタワー神戸三宮」のマンションギャラリーとして活用されていましたが、棟内モデルルームに移行する為、仮設建物は解体撤去が開始されました。またなんとその後の跡地の開発もすでに決定済でした。

kyomahi02.jpg

この場所に進出するのは株式会社ベルク。独高級スポーツカー・ポルシェの正規代理店を営んでいます。同社がここに地上5階建てのビルを建設。ポルシェの正規ディーラーを開業する予定です。

ここ数年、旧居留地及びその周辺では高級外車の出店が相次いでいます。2012年にジャガー・ランドローバーが建隆ビル内に開業したのを皮切りに、最近では同じく京町筋にランボルギーニ神戸がオープンした他、間近にある波止場町にはベントレーも進出。これに加えてのポルシェとなれば、今後も旧居留地の高級車ディーラー集積力がさらに強まる事になります。

kyomahi03.jpg

今までの進出は既存ビルへの出店が主でしたが、今回はビルを新築する投資となる点がこれまでと異なります。

所在地: 神戸市中央区海岸通9番4
敷地面積: 958.43平方メートル
建築面積: 724.20平方メートル
延床面積: 3,158.67平方メートル
高さ: 26.10メートル
構造: 鉄骨造
規模: 地上5階
用途: 自動車販売所
設計: 大和ハウス工業
竣工: 2018年7月予定

基本的にマンションのモデルルームとして活用される土地はその後、開発が進むケースが多いですが、今回もその例に漏れずプロジェクトが動き出しました。この角地を巡っては過去にタワーマンション計画のプロポーザルもあったようです。ちなみに隣接するチャータードビルをホテルへコンバージョンする構想がありましたが、未だ実行されておらず。計画は頓挫したのでしょうか。

category: 海岸通 旧居留地計画

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/10/11 Wed. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top