こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

03« 2018 / 04 »05
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

兵庫区総合庁舎・消防署建設工事 

hyogokuyakusho16.jpg

長らく基礎工事が進められてきた湊川公園敷地内の新・兵庫区総合庁舎の現場に遂にタワークレーンが立ち上がりました!

hyogokuyakusho12.jpg

湊川公園内にタワークレーンが聳えている様子は少し不思議な感じがします。

hyogokuyakusho14.jpg

この現場では角のアクリル化された仮囲いから内部の様子が伺えます。地下階床のコンクリートが打設されており、切梁と乗り入れ構台の間から複数の鉄筋が見え隠れしていました。

hyogokuyakusho15.jpg

作業予定を見ると、タワークレーンはまだ設置されたばかりのようです。金曜日からいよいよ鉄骨建方が開始されている模様です。

hyogokuyakusho13.jpg

地上躯体の建設が始まると建物のスケール感が分かるようになります。神戸市は現在、北区、兵庫区、西区、中央区役所の合計4つの区庁舎の建て替えに取り組んでいます。新長田の県・市合同庁舎、市役所2号館の建て替えも含めると、実に6庁舎の建て替えを進めている格好です。どの建物も基本的に老朽化が激しく、更新時期を迎えている事は確かです。今後は足を伸ばして西区の新庁舎及び複合文化施設の計画も取り上げていかなければなりません。西神中央への往復の移動時間で中央区内の複数のプロジェクトを取材できてしまうので、なかなか足が向かないのですが、当ブログで西区はまだほとんど取り上げていないので、もう少しスポットを当てていきたいと思います。

category: 兵庫区役所建て替え

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/04/07 Sat. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 2

go page top

兵庫区総合庁舎・消防署建設工事 

hyogokuyakusho06.jpg

湊川公園に隣接した兵庫区総合庁舎と消防署は築45年の古株庁舎で9区の中で最も古い建物です。この庁舎の建て替え計画がスタートしました。

hyogokuyakusho02.jpg

新庁舎の完成予想パースです。現庁舎同様に区役所と消防署を一体化させた建物となります。建物は地上9階地下1階建てで延床面積は1万5600平方メートル。

hyogokuyakusho00.jpg

工事は二段階方式で施工されます。新区役所完成後、現在の既存庁舎を解体してその跡地と南側の通路を含めた敷地に消防署を建設して二棟の建物を連結し、一体的な建物として整備します。

hyogokuyakusho04.jpg

建設予定地は現庁舎の南側向かいで湊川公園内の敷地の一部です。まずはI期工事としてここに区役所と区民ホールから成る庁舎ビルを建設します。

hyogokuyakusho05.jpg

現状はまだ準備工事の段階です。柄谷工務店・寄神建設JVで施工します。18年度末に庁舎棟が竣工、消防庁舎棟は20年度末の竣工予定となっています。

hyogokuyakusho01.jpg

新庁舎建設予定地仮囲い内です。兵庫区役所以外にも北区役所が建設中の鈴蘭台駅前再開発ビルに移転する予定の他、西区役所も新たな建物を計画しています。加えて中央区役所もバスターミナルビルの建設で新たな移転先を模索中であり、の4つの区役所が新しくなります。

hyogokuyakusho03.jpg

湊川公園は都会の喧騒を忘れさせてくれるのどかな都市公園です。この湊川周辺もそうですが、兵庫区は高齢者の割合も多く人口も伸び悩んでいます。明るい話題としては中央卸売市場跡地にイオンモールが開業した事です。他にもミズノのグラウンド整備やこべっこランドの移転等も予定されています。和田岬周辺の工場跡地でマンション開発が進めば、利便性の高い都心近接住宅地として再認識され、新たな発展が望めるかもしれません。総合庁舎の建て替えはそんな新しい兵庫区に相応しい建物になるはずです。

category: 兵庫区役所建て替え

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/08/12 Sat. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 2

go page top