こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

09« 2017 / 10 »11
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

新長田合同庁舎新築工事 建築計画のお知らせ掲示! 

godochosha04.jpg

新長田の双葉町5丁目で計画されている神戸市と兵庫県の合同庁舎。地上9階建て、延床面積19,498.37平方メートルの庁舎ビルとなります。

フロア構成は以下となっています。

8階: 神戸すまいまちづくり公社
6-7階: 兵庫県神戸県民センター(県民交流室、県税事務所)、住宅供給公社 神戸事務所
2-5階: 神戸市行財政局主税部(本庁税部門の一部)、各区市税事務所
1階 : 兵庫県神戸生活創造センター

godochosha06.jpg

建設予定地はまだ更地のままです。敷地内にしばらくあった民家は解体撤去済みです。

godochosha07.jpg

そしていよいよ建築計画のお知らせが掲示されました。日本設計が設計を担当、施工者はまだ未定のようです。着工は10月初旬の予定となりますが、大概、遅れます。竣工予定は2019年6月です。着工が遅れれば、これもずれ込みます。

godochosha05.jpg

敷地北側に掲示された北エントランスの完成予想パースです。

godochosha02.jpg

敷地東側にも東エントランス周りの完成予想パースが掲示されています。

godochosha03.jpg

こちらがメインのエントランスとなるようです。

godochosha01.jpg

この建物が完成すると、現在、さんぱるに入居する神戸すまいまちづくり公社がこちらへ移転します。その後、バスターミナルビルI期部分の建設へ向けて、既存ビルの解体が始まる予定です。



こちらが新長田合同庁舎の建設予定地です。この新庁舎は県と市の共同事業化の一例です。今後も二つの自治体による協力体制の下、県都神戸の活性化を進めて欲しいと思います。まずは新長田がこの庁舎建設によって活気を取り戻せるかに注目していきたいですね。

category: 新長田合同庁舎

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/08/09 Wed. 07:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 1

go page top