こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

01« 2017 / 02 »03
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.

ストリートスナップ 

str_flowerroad03.jpg

今回は過去1年位で撮り溜めてきた神戸のストリートスナップをコメント抜きでお送りしたいと思います。場所は特に明示しなくても皆さんお分かりになるかと思います。季節感はありませんので、ご了承を。

str_flowerroad04.jpg

str_flowerroad01.jpg

str_flowerroad02.jpg

str_chuodori01.jpg

str_koikawasuji01.jpg

str_harborroad.jpg

str_sakaemachi01.jpg

str_unga.jpg

str_gasutodori.jpg

str_kaigan.jpg

str_kencho.jpg

str_yamatekansen.jpg

str_shinkaichi.jpg

str_portisland.jpg

str_hat.jpg

str_kitano.jpg

str_minoai.jpg

str_minoai02.jpg

str_nakamachi.jpg

str_akashimachi02.jpg

str_kyomachi.jpg

str_naniwamachi.jpg

str_akashimachi.jpg

category: ストリートスナップ

2015/06/11 Thu. 12:22 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 5

go page top

更新が滞っております・・・ 

toritsugi

ここ最近、出張等により多忙を極め、取材や更新ができずにいます。毎日、更新をチェックして頂いている方々には申し訳なく思っております。

toritsugi03

今暫くの間、ご辛抱の程、よろしくお願い申し上げます。

toritsugi02

できる限り早く通常更新のペースに戻せるようにしたいと思います。

category: ストリートスナップ

2010/09/06 Mon. 21:24 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 6

go page top

神戸ストリートスナップ 



まずは前回の記事投稿後、多くの皆さんから暖かいコメントやたくさんの拍手を頂戴しました。当ブログに対する皆さんの応援と期待を改めて感じることができ、活力をたくさん頂きました。感謝の気持ちでいっぱいです。

street06

さて、今回はストリートスナップと題してこれまで撮影したけれど、あまり記事とは関係ないのでお蔵入りしていた写真を掲載したいと思います。

まずは以前お伝えした旧居留地は明石町筋の歩道拡張工事完了後の様子です。今後は仲町通以北の歩道拡張が進められます。歩道のカラーもかなり明るい色調になったので、雰囲気がだいぶ明るく変わりました。ちょっと夏場は照り返しが強いかもしれませんね。街路樹が育てばまた感じが変わることでしょう。

street07

明石町筋同様に歩道の拡張とカラーの変更が行われた前町通です。明石町筋やこれから歩道拡張が計画されている仲町通程、人や車の交通量はありません。まだ街路樹もひょろっとしていますね。10-20年後には立派な大木になっているのでしょうか。

street04

海岸通を挟んだ京町筋です。旧居留地内では最大の大通りです。市立博物館、日銀神戸支店、神戸旧居留地25番館といったランドマークや大型オフィスビルが林立する文字通り、神戸都心を代表する目抜き通りのひとつです。

creat

京町筋のランドマークと言えば今春オープンしたばかりの神戸旧居留地25番館になるかと思いますが、それまで最も大きな建物はこのクリエイト神戸でした。クラシカルモダンな姿を擁した地上14階、地下6階、最高高さ70.065mのオフィスビルですが、地下1-6階に変電所を備えたため、着工から1999年の竣工までに7年という長期間を要しました。また2-3階にはらんぷ博物館、4-5階には通信機械施設を備えた複合ビルでもあります。これらの施設が備えられたオフィスビルである理由は事業主が関西電力だからと言われれば納得です(正確には関電不動産)。第二関電ビルのような存在ですね(竣工はこちらの方が早いですが)。

street03

京町筋と前町通の交差点です。高層ビルによる取り囲まれ感がありますが道幅が広いせいか不思議と圧迫感はありません。この並び感がたまりませんね。手前のオフィスビルはクリエイト神戸と双璧をなすKDC神戸ビルで夜間にはライトアップによって美しい姿を見せてくれます。

flowerroad

神戸都心の大通りを語るにはフラワーロードを抜きにはできません。神戸は他の大都市と比較すると、都心部に大通りがあまりありません。フラワーロードと中央大通りの交差する国際会館前交差点付近には、国際会館は言うに及ばずアイマークとなる個性的なビルが各コーナーに立っています。

f_build02

少し古い写真ですが、神戸都心部では唯一、完全円形の建物である神戸Fビルは丸みを帯びたガラスカーテンウォールに身を包んだオフィスビルです。地上12階、地下1階、平成2年竣工で神戸市の景観ポイント賞も受賞しています。築20年には見えない未だ斬新なビルです。

toyo_build

Fビルの対面に立つのがこれまた斬新なデザインを擁した三宮三和東洋ビルです。地上12階、地下階、こちらも平成2年築で景観ポイント賞を受賞しています。円筒形のエレベーターホールとアルミパネルの外観が特徴的で、東京・銀座の三愛ビルを彷彿とさせます。これらのハイグレードなオフィスビルは80年代後半から90年代初頭のバブル期にいっせいに建設されたものです。

三和東洋ビルの塔屋のカード会社のネオンは今は撤去されていて、少し寂しい感じです。この不景気を反映してか三宮・元町地区のビル屋上看板やネオンサインはここ数年、めっきり減った気がします。これらを抑制する市の景観条例の効力もあるのかと思いますが、広告主を募集する空看板がやたら目立ちます。

flowerroad02

神戸を訪れた私の友人は必ずと言っていい程、フラワーロードの歩道のゆったり感に驚きます。駅前の大通りの歩道がまるで公園のように木々や花に溢れていることもそうした印象を与える要因になっているようです。

street02

フラワーロードから二本東側、中央幹線から国道2号線までの約800mを貫くこの名も無き通りの両サイドには、国際会館、D’グラフォートタワー、ミュージアムタワー、商工貿易センター等の超高層ビルや三宮ビル南館、コンコルディア神戸、三宮インテス等の大型ビルが林立しています。正直、裏通り的な印象が拭えないこの通りにこれだけのビルが建設されている現状は多少、違和感を覚えます。

street05

打って変わってこちらは鯉川筋と生田新道の交差点から見上げたトア山手ザ・神戸タワーです。屋上のオーバルガーデンを包む円形フレームはこの建物の印象を強くしています。高層ビル空白地帯であった中山手エリアに何度もの挫折や頓挫を繰り返して誕生した再開発ビルです。

street01

最後は花隈公園から山手幹線を繋いでいる曲がりくねった坂道のひとつから鉄道高架越しに聳え立つライオンズタワーとホテルオークラです。坂道、高層建築、そして青空のバックグラウンドという要素が絵になる構図を作り上げています。

ストリートスナップと題して、「通り」をテーマにするつもりでしたが、結局あまり統一感のない記事になってしまいましたね。しかしながら改めて感じたのは高層建築以外にも個性的な建物がたくさん存在するということです。神戸のビル図鑑でも作ってみようかな・・・と思う今日この頃です。

category: ストリートスナップ

2010/06/23 Wed. 21:28 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 5

go page top