こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

03« 2018 / 04 »05
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

三宮ゼロゲート(仮称)新築工事 

zerogate18.jpg

旧神戸メディテラス跡で計画されているパルコの商業施設「三宮ゼロゲート(仮称)」。既存建物の解体が進められてきましたご、ようやく新築建物の建設に着手した模様です。当初の計画では昨年末までに解体を終えるという事だったので、2ヶ月遅れの着工となりました。

zerogate16.jpg

設計・管理は久米設計、施工は解体も担った戸田建設が担当します。久米設計は現在、建設中の神戸阪急ビルも手掛けました。また市役所3号館の敷地に建設される新中央区総合庁舎も久米設計が担当する事が決まっています。公民問わず次々に神戸の最新主要プロジェクトを受注しています。戸田建設は元町のりそな神戸ビルの解体を担当。跡地に建設されるドーミーイン神戸元町の設計・施工も受注しているようです。

zerogate17.jpg

スケジュールは当初の計画からは遅れていますが、新施設の今秋開業予定には支障はないようです。労災保険等成立票によると工期は8月31日までとなっています。

zerogate000.jpg

すでに基礎工事は完了している?ようです。メディテラスの基礎を再利用している可能性もあります。新築建物には地下階もない事から鉄骨建方が始まる日も近いかもしれません。

zerogate19.jpg

完成間近いカンデオホテルズ神戸トアロードと合わせてゼロゲート三宮はこの交差点を華やかで賑わいのある空間にしてくれる事、間違いないのではないかと思います。

category: 三宮ゼロゲート

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/03/14 Wed. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top

(仮称)三宮ゼロゲート 三宮2丁目11番3号建物解体工事 


ワールドが保有・運営していた商業施設「神戸メディテラス」は同社の業績悪化によってリストラ対象とされ、パルコに土地と建物が売却されました。パルコはここに新たな商業施設「三宮ゼロゲート」の新規開業を予定し、7月から閉鎖されていた既存建物の解体を開始しました。


取材時には旧メディテラスの姿はもう完全に消え失せ、一部の外壁のみが残されている状態でしたが、現在はもう瓦礫の山のみになっています。


瓦礫の山が撤去された後は地下階の解体が待っています。新設される建物も解体中の建物と同規模程度の地上4階、延床面積約1500平方メートルとなります。


ゼロゲートの開業は今秋を予定しています。もし既存建物の地中障害物の解体撤去も行われるとなると、2月位まで掛かるかもしれません。パルコのプレスリリースでは12月に新築建物の着工となっていました。既存建物の基礎を再利用するのでしょうか。施工は解体を担っている戸田建設がそのまま建設工事に移行するのではないかと思います。さて、予定通りに今月中に着工するでしょうか。

category: 三宮ゼロゲート

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/12/07 Thu. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 1

go page top

三宮ゼロゲート 旧メディテラス解体の本格化! 

zerogate07.jpg

パルコに譲渡された三宮センター街の商業施設「神戸メディテラス」。三宮ゼロゲートに建て替えられる為、解体工事が開始されていましたが、既存建物を足場と防音パネルで覆う作業がいよいよ始まりました。

zerogate09.jpg

いよいよ本格的に建物の解体開始が始まります。神戸の都心で築10年程度の建物が解体されるのは異例です。これで一世を風靡した神戸の名所の見納めとなりました。

zerogate08.jpg

すでに外壁の一部が解体されているのが確認できました。

zerogate10.jpg

解体は年内いっぱいを予定しており、1年後の来秋には新しい商業施設が完成します。

zerogate11.jpg

先週発表された最新の公示地価ですが、三宮も再開発の期待を受けて、更に地価が上昇しています。ここ1-2年の間に起きているホテルの建設ラッシュや商業施設の更新、新設もこれに寄与しているものと思われます。JR西日本のターミナルビル建て替えが公式に発表されれば、三宮再開発は確実性を高めると共に劇的に加速化するのではないかと予想しています。次期市長選まであと約1ヵ月ですが、その前に計画概要が発表される事はあるでしょうか。

category: 三宮ゼロゲート

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/09/25 Mon. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top

三宮ゼロゲート・旧神戸メディテラス解体工事 

parco01.jpg

いよいよ解体工事がスタートした旧神戸メディテラス。年末までを掛けて、既存建物を解体撤去し、跡地にはパルコが新たな商業ビルとなる「三宮ゼロゲート」を開業します。

parco03.jpg

建物の解体工事を受注したのは戸田建設。恐らくそのまま新築ビルの施工も同社が引き続き行うものと思われます。元町の旧りそな神戸ビルの解体も同社が担っています。同じくゼロゲートとしては名古屋ゼロゲートも戸田建設の設計施工で完成しました。都心では既存建物解体と新たな建物の新設が相次いでおり、震災復興期より停滞していた街の新陳代謝が再び進み始めています。

parco04.jpg

一部を除いてはまだ外観上、解体が進んでいる気配はありませんが、内部の解体は相当進んでいるものと思われます。もうまもなく防音パネルに既存建物が覆われて、短い間ですが、1つの風景を創り出した建物が姿を消します。

parco02.jpg

変貌を遂げようとしているトアロード交差点です。ゼロゲートは既存建物と同じ地上4階建てとなる予定ですが、塔屋階や四角の箱ビルである為、現状以上のボリューム感が出てくるのではないかと思います。このゼロゲートを布石として、本命のパルコが出てくるでしょうか。大阪、大津と関西にあったパルコは全て撤退。関西は今やパルコの存在しない空白地帯です。丸井のケースをとっても、パルコの関西再進出の地として神戸は最適なのではないかと思います。

category: 三宮ゼロゲート

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/08/18 Fri. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 1

go page top