こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

05« 2018 / 06 »07
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

三宮ゼロゲート(仮称)新築工事  

zerogate37.jpg

トアロードと中央幹線の東側角地に建設中の三宮ゼロゲート。パルコの運営する小規模商業施設で今秋の開業を予定しています。既存建物の解体と新築建物の基礎工事が完了し、鉄骨建方が開始されていましたが、その作業も終わって外壁と内部躯体に工事の軸足が移っています。

zerogate38.jpg

建物の骨格完全体が姿を現しました。以前の神戸メディテラスよりもボリューム感のある建物です。

zerogate-pic.jpg

視認できるエリアは全てアルミカーテンウォールが取り付けられてガラスの箱となります。ガラスの商業施設は周囲に対して昼夜を問わず、物理兼視覚的な賑わいを演出するエンジンになります。

zerogate41.jpg

近年、トアロードから明石町筋へと南北に続くこの直線道及びその周辺ほど、新規商業施設の開業や既存施設のリニューアルが行われた通りは無いのではないかと思います。

zerogate39.jpg

色々な方からのご指摘がありましたが、真新しい三宮ゼロゲートの隣には巨大な恐竜のように横たわる老朽化著しいさんセンタープラザが目立ちます。周囲の建物が建て替わって新しくなる程、そのギャップがより明確となる為、更に目立ちます。かと言って中途半端に外壁を塗り直しても根本的な老朽感の解決には至らず、やはり建て替えない限りは問題の克服はできません。

これまでかつてない程、新規ホテルの建設が進み、新たなオフィスビルの建設計画やついに動き出した神戸阪急ビル建て替え、そしてゼロゲートのような新規商業施設の開業等、都心の再開発が活発化しているのにも関わらず、なぜか落胆と失望に近い感覚が漂うのはなぜでしょう。JRの駅ビル概要の発表は立ち遅れ、阪急阪神もそごう神戸店を継承したものの未だ屋号の変更や建て替えに関する具体的な検討の声は聞こえてこない中で梅田の阪急村の再開発に投資を集中する事が明らかになりました。

大型再開発は市の進めようとしているバスターミナルビルや市庁舎建て替え等、行政主導に偏り、民間再開発がこれに続いてこない事が盛り上がりを欠く要因かと思います。まずはいち早くJRの駅ビル開発の発表によって現在のモヤモヤ感を払しょくする事が先決かと思います。

category: 三宮ゼロゲート

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/06/18 Mon. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top

三宮ゼロゲート(仮称)新築工事  

zerogate31.jpg

鉄骨建方が大詰めを迎えている神戸メディテラス跡に開業予定のパルコの商業施設「三宮ゼロゲート」。週報的に建設工事の状況をお伝えしています。

zerogate33.jpg

北側前面やコーナー部までも鉄骨が組まれ、いよいよ躯体の完成形が近づいてきました。

zerogate34.jpg

鉄骨作業を進める為のラフテークレーンが乗り入れていた部分のみがポッカリと口を開けるように鉄骨がありません。

zerogate35.jpg

撮影は先週末でしたが、現況はすでに西側前面にも鉄骨が組まれており、ほぼ完成形になっているようです。次回の本案件記事では鉄骨建方が完了している姿をご披露できるのではないかと思います。

zerogate36.jpg

竣工予定は8月末です。あと3ヶ月で完成するのかどうか。ちなみに同じトアロードで2年前に開業した神戸BAL ANNEXは鉄骨建方完了の2ヶ月後には建物が完成していました。

zerogate32.jpg

中央幹線とトアロードの交差点入口に新しいゲートウェイの風景が出来上がりつつあります。この建物が完成すると一応これでトアロードに計画されている一連のプロジェクトが出揃う事になります。トアロードは人通りも多く可能であれば中央幹線より南側は車両通行禁止にすべきではないかと思うですが、周囲に南に抜ける道がないので狭いながらも車も通行量も多い状況です。代わりに道幅の広い鯉川筋を南北の対面交通にしてはどうかと思います。神戸市は将来的には大丸前スクランブル交差点も歩行者空間にしたいようですが。

category: 三宮ゼロゲート

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/05/29 Tue. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 2

go page top

三宮ゼロゲート(仮称)新築工事 

zerogate26.jpg

鉄骨建方が本格しているパルコの商業施設である「三宮ゼロゲート(仮称)新築工事」。現場では敷地の半分弱程度に鉄骨が組み上がっています。

zerogate28.jpg

以前の神戸メディテラスが複雑な形をしていたので分かりませんでしたが、新ビルは1フロア辺りの面積がまあまあ大きく確保されているようです。各フロアの階高も異なった設定がされているようですね。

zerogate27.jpg

残った部分の鉄骨建方が終わると かなりボリューム感が出てくると思われます。

気になるテナントの公表はいつのタイミングになるのでしょう。

昨年11月、一足先に竣工した京都ゼロゲートは7階建ですが、5-7階を第一弾として開業させました。しかしそれから半年が経過しても残りのフロアの開業時期は明らかになっていないという不思議な事態が起きています。四条河原町の中でも大丸京都店横と超一等地にあり、テナント誘致に苦しむなどは到底考えられません。

唯一、可能性があるのはアップルストアの京都進出が噂される中、京都ゼロゲートへの出店が高い可能性を持っているとされており、この出店準備に時間を要しているのではないかとの憶測を呼んでいます。求人媒体ではApple Store京都と明瞭に書かれているので出店は間違いないものの、進出場所は未だに特定されていない模様です。

求人というのはなかなか新店情報の入手先としては有用な情報源で、これまでも度々、お世話になっています。残念ながらApple Store神戸の求人は現時点では見当たりません。

zerogate30.jpg

トアロードを挟んで向かいのカンデオホテルズ神戸トアロードの1階では婦人靴のDIANAがオープン。隣のG-STAR RAWも開業間近でした。また2階も内装工事の準備が開始されているようで、進出テナントが決定したのかもしれません。トアロードの賑わいはますます増していくでしょう。

category: 三宮ゼロゲート

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/05/24 Thu. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 11

go page top

(三宮ゼロゲート(仮称)新築工事 

zerogate20.jpg

トアロードと中央幹線の東側角地で建設中の商業ビル「三宮ゼロゲート(仮称)」。神戸メディテラス跡地でパルコが兵庫県内初の開発する商業施設です。2月末まで地中障害物の撤去工事が行われてきましたが、以降は新築建物の基礎工事が進められていました。そろそろ地上躯体の建設が始まる気配を感じていましたが、現場にラフテークレーンの存在を見つけ、もしや!?と駆けつけると、鉄骨建方が開始されていました!

zerogate21.jpg

まず敷地の東側から一気に4階部分まで鉄骨が立ち上がりました。変形角地なのでこの部分には恐らくエレベーターや非常階段が構築されるのではないかと予想しています。

zerogate22.jpg

鉄工所で製作された真新しい鉄骨がトラックで搬入されています。

zerogate23.jpg

鉄骨造の建物の場合、現場仮囲いには鉄骨製作者の掲示も義務付けられているようです。小学校のクラスメートの実家が鉄工所を経営していたのを思い出しました。再開発やホテル建設ラッシュの昨今、鉄工所も非常に忙しいのではないかと思います。神戸阪急ビルのような超高層ビルの場合は複数の鉄工所が関わっているようです。鉄工所経営も景気に大きく左右されます。

さて三宮ゼロゲートへの進出テナントですが、当ブログではアップルストアであると予想した記事を書きました。すでに大型テナントが出店するような報道がありましたので、非常に期待しています。今秋開業予定と工事の進捗が少し遅れ気味で心配ですが、近日中にはテナントが明らかになるのではないかと期待しています。

zerogate25.jpg

おまけですが、トアロード近隣の神戸BALが25日に地下階をリニューアルオープンするようです。昨年から進められてきた大規模改装の総仕上げになるものと思われます。カンデオホテルズも開業したばかりですし、今、最も都心部で熱いのはトアロードですね。

category: 三宮ゼロゲート

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/05/13 Sun. 07:39 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 3

go page top