こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

01« 2018 / 02 »03
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.

(仮称)神戸市栄町通ホテル計画新築工事 レイアホテル神戸元町  

sakaemachihotel01.jpg

乙仲通で建設の開始されている仮称)神戸市栄町通ホテル計画新築工事。大阪の不動産開発共進ビルドが計画するビジネスホテルでレイアホテルが進出します。基礎工事が行われていますが、早くも現場にはタワークレーンが登場しました。

kyoshinbuild00.jpg

計画されているホテルは地上10階。クラシカルモダンなデザインで少し殺風景な乙仲通においては新風を吹き込むオアシス的存在になりそうです。乙仲通はそもそも街路樹がほぼ皆無。外構に植栽や植樹が行なわれるだけでも雰囲気は変わります。

sakaemachihotel04.jpg

現場内では三点式パイルドライバを使って既成コンクリート杭の建て込みが行われていました。

sakaemachihotel03.jpg

三宮に集中しているホテル新設ですが、このホテルやプラザホテルアネックス、そして先日、明らかになった神戸駅前のNTT都市開発によるホテルを含む複合ビル計画等、都心西部地区にも新規ホテルの開発の波が広がってきました。2-3年前であればこれら新規ホテルが計画される立地はほぼ全て賃貸もしくは分譲マンションになっていました。土地活用の選択肢がより街の賑わいに貢献するホテルに移り変わっている事は歓迎すべき事です。もう数軒、ホテルが建つとベストです。

乙仲通は近年、自発的に独自進化を遂げてきた街です。老朽化したビルの低層階を上手く使って若い創業者達が思い思いの店を開く事で街が発展し、更なる集積を呼び込む好循環が生まれています。しかしながら街の価値が上がり、老朽化したビルの建て替えや再開発が進み始めると、テナント賃料上昇が起きるので、これに耐えられない個人事業の退店が増えます。バランスの難しいところではありますが、発展し過ぎずに発展して欲しい街ですね。ただ東の玄関口となるGSパーク神戸のある用地は大規模再開発される事を望みます。

category: 栄町通ホテル

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/12/21 Thu. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top

(仮称)神戸市栄町通ホテル計画新築工事 レイアホテル神戸元町 

kyoshin02.jpg

大阪の不動産会社・共進ビルド社が栄町通3丁目は乙仲通沿いに計画している新規ビジネスホテル「レイアホテル神戸元町(仮称)」が「神戸市栄町通ホテル計画新築工事」の名称の下、着工しました。

kyoshinbuild00.jpg

地上10階 延床面積3,317.50平方メートル 111室の規模となります。旧居留地の建物をモチーフとしたようなデザインとなります。

kyoshin01.jpg

現場には掘削機が入っています。山留壁の構築が始まるようです。すでに杭工事は終わっているのでしょうか。

kyoshin03.jpg

なるべく頻繁にいつ着工するのかと現場の確認に行っていたのですが、もう着工から1-2週間は経過している事になります。建物の設計は久武正明建築設計事務所、施工は栗本建設工業が担当です。

kyoshin04.jpg

敷地現場内の様子です。積まれている鉄骨はH型鋼です。山留壁の親杭となります。これを地中に打ち込み、通常は間に木の矢板を入れて掘削した土壁が崩れるのを防いで基礎を構築します。ただこの現場ではセメントミルクプラントが確認できます。杭工事時に設置されたのがまだ撤去されていないのか、それとも山留壁をセメントソイル工法で構築するためなのか。今後の工事の進捗で確かめたいと思います。

kyoshin05.jpg

工期は2018年10月末までと約1年です。ホテルの開業時期は来秋と報道されていましたが、年内ギリギリの12月中旬位と予想します。とかく、これまでホテルの存在しないエリアでの開業となります。オープン後の相乗効果に期待を寄せたいと思います。

category: 栄町通ホテル

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/11/06 Mon. 07:46 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 2

go page top

レイアホテル神戸元町(仮称)が18年秋開業予定 

kyoshinbuild00.jpg

大阪の不動産会社・共進ビルド社が栄町通3丁目は乙仲通沿いに計画している新規ホテルですが、「レイアホテル神戸元町(仮称)」となる事が判明しました。レイアホテルズは滋賀県大津市に本拠地を置き、同県や三重県にビジネスホテルを展開する運営会社で、2010年設立の比較的新しい企業です。

神戸の新ホテルは地上10階 延床面積3,317.50平方メートル 111室の規模となります。旧居留地の建物をモチーフとしてようなファサード設計には好感が持てます。これまでのレイアホテルはいかにもビジネスホテル然としていますが、元町のホテルは今後の同ホテルチェーンの新たなイメージ戦略を創り出していく旗艦ホテルになりそうです。

sakaemachilate11.jpg

来秋の開業を目指しているので、もう間もなく着工するものと思われます。ホテルの建設ラッシュは三宮エリアに集中していましたが、元町でも案件が増えつつあります。このレイアホテル以外にも近隣ではりそな神戸ビル跡地に共立メンテナンスが当社のドーミーインを開業予定ですし、先月末に閉店した元町商店街のパティスリー・グレゴリーコレの本店跡地にも新たなホテルの建設が計画されています。元町は栄町通沿いを含めてコインパーキングも多く点在し、これからまだ新たなホテル計画が出てきそうな気配を感じます。

hyoshin20.jpg

栄町通とメリケンロードの交差点南側角地は幾度となく再開発の計画が立ては消えており、なかなか着工しません。基本は店舗付き共同住宅のプロジェクトが立案されてきましたが、場所柄、ホテル立地であるべきかと思います。地下鉄駅も間近ですし、メリケンパークも南京町も近距離に控えています。目立つ立地ですので、夜間の照明演出も映えます。是非ともホテルに計画を変更して欲しいですね。

category: 栄町通ホテル

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/09/26 Tue. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 3

go page top

(仮称)神戸市栄町通ホテル新築工事 

otsunakahotel03.jpg

ホテルの建設ラッシュに沸く神戸の都心ですが、更にまた新たなホテルプロジェクトが始動する事が判明しました。栄町通3丁目にある第二西本ビル。乙仲通りに面した地上4階建ての事務所ビルでしたが、この建物の解体工事が進められています。

otsunakahotel02.jpg

仮囲いには「神戸市ホテル等建築指導要綱による標識」が掲示されています。ここに新たなホテルを計画しているのは大阪の不動産会社である共進ビルド社。地上10階 客室数111のホテルが開業する予定です。

構造:鉄筋コンクリート造
規模:地上10階建
延床面積:3,317.50平方メートル
建築面積:392.60平方メートル
敷地面積:696.65平方メートル
客室数:111室

otsunakahotel01.jpg

乙仲通りに面したファサードはなかなかスタイリッシュです。落ち着いた外観ながらもデザイン性は高く、クラシックモダンを意識した造りになります。外構には植栽や植樹を行い、緑の少ない乙仲通りにおいてオアシス的な存在になりそうです。

otsunakahotel05.jpg

トアウェストから始まり、磯上通や加納町と飛び火してきた路地裏路面店街の拡大は乙仲通りが一つの集大成といった感じで完結したように思えますが、先駆者の他地区が停滞や衰退段階に入っているのに反して、乙仲通りは発展と拡大を続けています。今や週末を中心に表通りである栄町通よりも人通りは多く、裏通りから表通りの脱皮が始まっているようにも思えます。

otsunakahotel04.jpg

この場所に店舗付き賃貸マンションではなくホテルが計画されることになったのも昨今の外国人観光客急増によるホテル建設ラッシュだけが要因ではなく、乙仲通りのポテンシャルと複合的な街への成熟が進み始めた事の裏返しではないかと思われます。

この街の更なる進化を図るため、神戸市も何らかの支援策を施すべきではないでしょうか。蜘蛛の巣のように空中を横切る電線の地中化、街灯整備や植樹によるプロムナード化を図り、今以上に街歩きが楽しい場所へと変貌させるべきかと思います。葺合南54号線の整備よりも、乙仲通りの整備の方が費用対効果が高いのではないかと思われます。

otsunakahotel06.jpg

近隣では旧りそな神戸ビルの解体も進んでいます。共立メンテナンスがこの場所にドーミーインブランドのホテルを開業する計画です。これで現在、建設中のホテルは9棟となりました。

1. 神戸ルミナスホテル三宮 272室
2. ユニゾイン神戸三宮 199室
3. カンデオホテルズ神戸トアロード 160室
4. 神戸三宮駅前ビジネスホテル(雲井通6丁目) 150室
5. 雲井通4丁目ビル(旧朝日パーキング跡地) 219室
6. ホテルリブマックス神戸三宮 客室数不明
7. ドーミーイン(旧りそな神戸ビル跡地) 客室数不明
8. レム(神戸阪急ビル) 250~300室
9. 神戸市栄町通ホテル 111室

これらの新ホテルの開業によって1500-1700室以上が新たに供給されることになります。更にJRの新駅ビルやバスターミナルビルでも大型ホテルが構想されているので、将来的には2000-2500室の新規供給が視野に入ります。


category: 栄町通ホテル

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/05/29 Mon. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 1

go page top