こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

05« 2018 / 06 »07
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

JR芦屋駅南地区第二種市街地再開発事業 

ashiya01.jpg

ウォーターフロント地区では豪華リゾートホテル「芦屋ベイコート倶楽部」が完成している芦屋ですが、その中心市街はJR芦屋駅周辺に位置しています。駅北側を中心に早くから再開発が進みましたが、南側はご覧の通り低層建物が密集し、高級住宅地として名高い「芦屋」のイメージとは程遠い駅前です。

ashiya02.jpg

数十年前から再開発の必要性が叫ばれていましたが、実現せずに放置されていました。駅前には小さなロータリーも併設し、一応、タクシー乗り場があります。

この北側とのギャップを打開する為、地元地権者と芦屋市はJR芦屋駅南地区まちづくり研究会を発足。更にはJR芦屋駅南地区まちづくり協議会に組織改編して、本格的な再開発を進める準備を整えてきました。そして昨年9月に再開発の事業協力者を公募したところ、大手ゼネコン・デベロッパー各社から成る7グループからプロポーザルがあり、最終的に竹中工務店と東急不動産のJVが協力者に決定しました。

ashiya00.jpg

同JVが提案した計画が上記のイメージパースです。低層部に商業・公共施設を共有した地上11階建てのツインタワーの共同住宅をメインとする延床面積15,000平方メートルの複合再開発ビルで、駅舎とは円形型のペデストリアンデッキで接続し、歩車分離を行います。駅前広場や周辺道路も再編して開放感のある駅前空間を創出。この提案をそのまま採用するわけではないとしていますが、基本形は大きく変わらないと思われます。

ashiya13.jpg

南側の再開発と合わせて芦屋市はJR西日本に芦屋駅の改良を要望してきました。JRもこれを受け入れ、大規模な改良工事を実施する計画です。

ashiya000.jpg

ホーム上に新たに橋上駅舎を増床し、現在、北側から南側を一直線に抜ける駅舎内の自由通路を反L地型に変更。駅長室や店舗、駅後方施設の配置を再構成し、駅ナカを充実させます。また南北の階段やホームと駅舎を結ぶ階段にエスカレーターを新設。駅舎内外の美装化を図り、利便性の向上と賑わいを高めます。

ashiya06.jpg

芦屋駅の北側は80年代から再開発が始まり、駅前には次々と再開発ビルが建設されました。

ashiya08.jpg

ラポルテと名付けられた複数のビル群は商業施設と共同住宅から構成されています。

ashiya05.jpg

大きな駅前広場が整備され、駅舎と再開発ビルは全て縦横無尽に広がるペデストリアンデッキで接続されています。

ashiya12.jpg

またJRも再開発に合わせて本格的な駅ビル「モンテメール」を建設。大丸芦屋店が中核テナントとして営業しています。

ashiya07.jpg

いささか建物の老朽感は否めませんが、市域が狭く、人口も10万人に満たない都市の玄関口とは思えない程、風格ある駅前空間が広がっています。

ashiya10.jpg

再開発ビルも山手に向かって複層に渡って建設されています。町田や立川等、首都圏のベッドタウンの駅前を彷彿とさせる景観です。

ashiya11.jpg

駅前の商業地区を離れると落ち着いた街並みが広がります。

ashiya09.jpg

JR芦屋駅の一日の乗降客数は約56,000人。新快速、快速停車駅として多くはありません。しかし尼崎-三ノ宮間の普通電車のみ停車する駅の利用者の乗り換えは多く、戦略的な新快速停車駅です。

兵庫県内の各都市での中心駅前再開発が活発です。姫路や明石等、播磨地区が先行していましたが、阪神間でも芦屋、西宮で新たな再開発プロジェクトが始動します。

category: 芦屋

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/01/26 Fri. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 3

go page top

芦屋ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート 

resorttrust01.jpg

芦屋浜の芦屋マリーナに隣接した突堤で建設されていた高級会員制ホテル「芦屋ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート」。会員制リゾートホテルや宿泊特化型ホテル、シニアレジデンス、ゴルフ場等を運営するリゾートトラストが計画した地上10階 延床面積46,430.00平方メートル 客室数201室の大型ホテルです。

resorttrust02.jpg

豪華客船を彷彿とさせる外観デザインはまさに圧巻です。

resorttrust03.jpg

全室バルコニー付ですが、開口部をほぼ全面ガラスとし、構造壁も黒なので、ガラス手摺の存在感もほぼ皆無です。神戸都心部の超高層ホテルもこのデザインを採り入れれば、市の消防条例によるデザインの制約に対して、スタイリッシュさを与える事ができるのではないかと思います。最上階にはプールがあるようです。眺めは格別でしょうね。

resorttrust06.jpg

都市の中のヨットハーバーという立地が、今回、このホテルの進出の決め手になったのではないかと思われます。まさにシティリゾート。

resorttrust05.jpg

ホテルはクルーザーも保有しているようです。 BAYCOURT CLUB Iと船名が入ったクルーザーがマリーナに停泊していました。ゲストは大阪湾クルーズに出かけるのでしょう。

resorttrust04.jpg

このホテルが神戸港内にあればメリケンパークオリエンタルホテルと双璧をなす名景になるでしょうね。新港第二突堤周辺は将来的にヨットハーバーにする構想があるようですが、実現すれば芦屋マリーナと同様のシティリゾート感が強まり、大型シティリゾートホテルの立地として相応しい環境となります。新港突堤エリアの今後の開発にこうしたランドマーク性の高いホテルの出現をぜひとも期待したいですね。

余談となりますが、昨日の読者の方からのコメントでホテルモントレ神戸が年初に閉館したという情報を頂きました。味のある隠れ家的ホテルでしたが、残念です。ホテル新設ラッシュがまさに始まろうとしている最中の撤退にはどういった経営判断があるのでしょうか。モントレアマリーのように建て替えの可能性はあるでしょうか。

category: 芦屋

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/01/23 Tue. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 3

go page top

芦屋ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート 

ashiyahama01.jpg

会員制リゾートホテルや宿泊特化型ホテル、シニアレジデンス、ゴルフ場等を運営するリゾートトラストが芦屋浜で建設中の超高級会員制リゾートホテル「芦屋ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート」。地上10階 延床面積46,430.00平方メートル 201室の大型ホテルで埠頭に豪華客船を思い起こさせる外観デザインを採用。2018年春の開業を目指しています。

ashiyahama02.jpg

日建設計が設計を担当、施工は鹿島建設です。ヨットハーバーの芦屋マリーナに面した日本離れした景観を誇る立地はこの豪華ホテルの建設地としては最適なのかもしれません。宿泊費は目玉が飛び出る価格です。年間24箔のロイヤルスイートがなんと約3,600万円。一番安いベイスイート年間12箔でも約860万円です。

ashiyahama03.jpg

本当のセレブしか立ち入ることはできない別世界ですね。リゾートトラストは有馬でもエクシブブランドの会員制ホテルを有している他、六甲山にも同時進行で新ホテルを建設中です。

ashiyahama05.jpg

メリケンパークオリエンタルホテルを含めて豪華客船を模したホテルは存在しますが、ここまで客船をスタイリッシュ且つまるで本物の船のように仕上げられたホテルは国内には無いのではないかと思います。この建物が新港第一突堤にあったらとつくづく思います。神戸港の新風景として、羨望の眼差しを受けるランドマークになった事でしょう。リゾートトラストは10年近く前に神戸港で40階クラスのホテル計画を模索していたと記憶しています。

ashiyahama06.jpg

当時の計画の最終形がこの芦屋ベイコート倶楽部なのではないかと思われます。ただ会員制のホテルをパブリック性の高い第一突堤に開業させるのはエリアの活性化という視点では好ましくないですね。このデザインで外資系ホテルならさぞ話題性に富んだ事でしょう。第二突堤に期待したいと思います。

ashiyahama04.jpg

この建物建設への投資額は300億円以上です。ベイコート倶楽部はデザインがどの建物も奇抜です。まるでドバイやサウジアラビア等、石油産油国の大都市にあるようなゴージャス感があります。

ashiyahama07.jpg

ベイコート倶楽部の背後にはカラフルなタワーレジデンスがあります。ザ・レジデンス芦屋スイートです。地上24階建てのシニア向けタワーマンションです。

category: 芦屋

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/05/10 Wed. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 2

go page top