こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

05« 2017 / 06 »07
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

Belista神戸旧居留地 

belista032

海岸通で建設が進むタワーマンション「Belista神戸旧居留地」。遂にそのベールを取り去り白亜の全貌が明らかになりました。

belista031

高さはそれ程ないものの存在感は大きい建物です。

belista30

1階には店舗も二戸入る予定ですが、どの位置にあたるのでしょうか。低層部は支柱をあしらったコリドーが設けられます。ただ隣接するアーバンライフのタワー低層階店舗向分譲スペースの売却は進んでいないようで、賃貸方式を取ったほうが懸命かもしれません。

belista029

全く印象の異なる北側です。タワーパーキング、エレベーター棟と共用廊下になっています。

belista028

それではこの建物を遠望してみましょう。ポーアイから眺めるとこんな感じです。すっかり風景に溶け込んでいます。これだけ距離を離してみると、やはり周囲の建物との間に高さの落差がありますね。

belista027

次はモザイク前の高浜岸壁から。こちらでも同様な形ですが、幅のある建物だけに存在感はあります。

belista026

周囲に埋もれている感はありますが、スカイラインに厚みを加えつつ、背後のタワーを隠さないので、景観的にはこの高さで良かったのかもしれません。塔屋に何らかの工夫が欲しかったです。しかしこの構図はいつ見ても絵になりますね。竣工後の夜景はレンズにどう写るかもちょっぴり楽しみです。

category: ベリスタ神戸旧居留地

2011/01/10 Mon. 09:25 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 3

go page top

Belista神戸旧居留地 

belista024

約2ヶ月ぶりの海岸通で建設中のタワーマンション「Belista神戸旧居留地」です。すでに上棟し、塔屋も完成。外観はほぼ竣工済みといったところでしょうか。今後は低層部の装飾と内装工事が進められます。二基あったタワークレーンの内、北側の一基はすでに解体され、南側も規模が縮小していくことでしょう。

belista023

全体を覆っていた防護シートもかなりが取り払われ、外装が顕になっています。居留地とあって店舗も二戸分用意されていますが、隣接したアーバンライフ神戸三宮ザ・タワーには区画も店舗スペースがあるもののテナントの募集には苦戦しているようです。こちらにも入る店舗があるのかどうか。お決まりのコンビニあたり位でしょうか。住人の方としてはクリニックやブティック等の落ち着いた業種を希望されるのでしょうね。

belista025

NHK大河ドラマの龍馬伝が最終回を迎えましたが、神戸村の海軍操練所跡の間近に聳える高層ビル群。龍馬が見たらどういう感想を持つのでしょうか。Belistaの建物は少なくともすでにこの風景に馴染んでしまっています。

belista022

共用廊下が北側に備えられているので、夜の外観は整然と照明が並ぶこちら側の方が美しいかもしれません。戸数の割にパーキングタワーは小振りのような気がします。竣工、入居開始まであと4ヶ月です。このエリアの高層化はこれで一段落着くのか、それとも更に新たな計画が浮上することはあるのか。神戸地方合同庁舎が売却される場合は何らかの再開発という可能性はあります。

akitochi

他に可能性があるとすれば、海岸通を隔てたBelistaの正面、ドコモビルに隣接したこの土地でしょう。以前は某海運会社の本社となる高層ビルが建設される予定でした。

belista021

最後はルミナリエの準備が進む東遊園地、関電ビル、アーバンライフ神戸三宮ザ・タワーと絡めて。


category: ベリスタ神戸旧居留地

2010/11/28 Sun. 19:42 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 8

go page top

Belista神戸旧居留地 

belista019

海岸通で建設中のタワーマンション「Belista神戸旧居留地」です。完成すると地上26階建てとなりますが、すでに最上階の躯体工事に着手しており、上棟は目前に迫っています。西側から眺めると、すでに関電ビルの本体部分はこのタワーマンションが覆いかぶさって見えなくなりました。

belista018

竣工は来年2月。まだ半年程あります。当初はぬり壁のような建物になるような印象で、あまり期待していなかったのですが、この高さまで建設が進むと、悪くはないかなと思えるようになってきました。

belista020

地上から見上げると巨大ですが、上空から眺めた場合はやはり周囲の建物が更に高いせいもあって、意外に小さく見えますね。しかしこの建物の建設スピードはかなり早かったです。タワークレーンが立ったのが昨年の夏辺りだったと思うので、僅か1年で上棟に漕ぎ着けたことになります。もちろん全体の工期は2年近く掛かっていますが、それにしても早かったですね。年末までには現在のフルサイズのタワークレーンは姿を消すのでしょうか。

この数年間、神戸の都心部で高層建築(80m以上)を建設するタワークレーンの存在が空白だった期間はありませんでしたが、リーマンショック以降、次々と超高層プロジェクトが頓挫し、あやうく空白期間ができそうな事態に陥りました(厳密に言えば100m以上の超高層物件に関しては、現在、空白期間中です)。県庁前のプラウドタワーの本体躯体工事が本格化し、タワークレーンが立ったので、Belistaの竣工後も記録は更新されていきます。

category: ベリスタ神戸旧居留地

2010/09/23 Thu. 12:36 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 6

go page top

BELISTA神戸旧居留地 

belista013

海岸通に建設中のタワーマンション「Belista神戸旧居留地」の進捗状況です。すでに22-3階にまで達し、26階の上棟まであともうひと息です。不思議とすでに風景に馴染んでいる感じがします。

belista016

近年発売された市内の大規模タワーマンションもまだ完売には至っていないようですが、やはり方角や階数等によって不人気住戸は売れ残ってしまうのは致し方ないと思います。その点、このマンションはどの住戸を選択しても階数以外の要素は同条件で外れがなく、このマンション不況の中、堅い戦略であると思われます。

belista017

市役所展望ロビーからもその存在感は確かなものになりました。周りの建物が高いので、地上から見上げた時の巨大さとは異なり、意外に小さく見えます。すでに超高層ビル街に変貌した同地区です。

belista014

ウォーターフロントからもその存在が確認できるようになりました。やはり周囲の建物が高いので少し埋もれ気味ではありますが、三宮ビル群の一画をしっかりと占めています。少しスカイラインにフラット感が出始めているので、中央辺りに200m級のビルが一本あると、良い感じになるのですが。

都心からウォーターフロントを望める景観を実現するために、海岸通の神戸第二地方合同庁舎を移転させる案がありますが、国交省の近畿地方整備局の神戸庁舎を高層ビルに建替えてそこに移転させるというのはどうでしょうか。まあそれでも高さ150mが関の山(結局、景観条例の高さ規制が施工されたのか定かではありませんが)でしょうかね。

先日の新聞に今後、不動産投資が上向くといった記事がありました。神戸でも数々のプロジェクトが凍結・頓挫しましたが、完全に途切れた状態には陥っていないので、今後の新規プロジェクトの浮上に期待大です。


category: ベリスタ神戸旧居留地

2010/07/31 Sat. 10:29 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top