こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

05« 2018 / 06 »07
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

(仮称)旧石井スポーツビル建替え計画  

yasuda_ishi01.jpg

三宮中央通りの旧石井スポーツビルは昨年末までに解体が完了しています。土地を所有する安田不動産は将来的な再開発を見据えた上で中期的に活用する為、新たに低層ビルを建設してテナントを募る予定です。

yasuda_ishi02.jpg

間口は約10m程。奥行もある土地ではありません。将来的には周囲に隣接する建物と共に一体的な再開発が必要になってくる事でしょう。向かって右側の細い建物を1棟挟んだ未利用地にプレハブの現場事務所が設けられました。この小さな土地も安田不の所有地なのでしょうか。

yasuda_ishi03.jpg

工事予定です。掘削がしばらく続きます。まだ旧石井スポーツビルの地下躯体が残っている状態かと思われます。

yasuda_ishi04.jpg

旧石井スポーツビルの基礎を山留として使用し、新たに杭打ちを行うのか、それとも既存基礎をそのまま活用して上に新築建物を建設するのか。工期は12月までのようなので低層建物としては長いですね。やはり地中障害物解体撤去後に新たに基礎を築くのではないかと思われます。

yasuda_ishi05.jpg

どんなテナントがこの場所に適しているでしょうか。三宮中央通りも北側のセンター街や三宮本通に人が集中している為、フラワーロードと京町商店街の区間は然程、人通りが多い訳ではありません。何か賑わいを生むテナントが良いですね。建替えられる前のケーニヒスクローネ三宮NEXTのようなスイーツ店のカフェビルだったら良いかと思います。

この場所だけ見ていると京都の河原町のようですね。この区間だけに設けられたアーケード屋根があるからなのですが、正直、三宮中央通りには相応しくありません。将来的な再開発の折には撤去を考えて欲しいと思います。

category: 三宮センター街

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/06/15 Fri. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 2

go page top

三宮センター街近辺のNEWオープン 

newopen2018-05.jpg

5月25日(金)にエクセルシオールカフェ三宮センター街店が開業しました。センター街内では最も通行量の多い京町商店街とセンター街のコーナーにある内田ビルの1-3階にオープン。1階はレジカウンターとカウンター席。2-3階がテーブル席というフロア構成です。立地の良さから店内は午前11時からすでに賑わっていました。

newopen2018-11.jpg

すでに開業から1ヵ月が経過していますが、4月27日(金)に三宮ビブレの地下1階にOPAが開業しました。三宮ターミナルビル内の三宮OPAが2月末に閉店し、テナントの一部は他の商業施設に移転を余儀なくされましたが、10店がこの新しいOPAに再集結。

newopen2018-07.jpg

ビブレというファッショビルの中にOPAというファッションビルが入るという何とも不思議な現象ですが、ビブレは1フロア=1テナント構成の商業ビル化しており、地下1階のOPAのみが複数のテナントが出店するフロアになります。

newopen2018-08.jpg

改装された明るい新生三宮OPAのフロア内です。

newopen2018-03.jpg

ビブレの地下階エントランスもOPAのオープンに合わせて改修されました。もうこのまま三宮ビブレを三宮OPAにしてしまった方が良いのではないかと思います。

newopen2018-01.jpg

昨年、開業以来初の大規模リニューアルを終えたと思っていた神戸BALですが、最後の仕上げが残っていました。地下1-2階にあったボールネンドショップとあそびのせかいが昨年末をもって閉店。後継として5月25日(金)にスターバックスコーヒーとABCクッキングスタジオがBALにオープンしました。

newopen2018-02.jpg

地下1階にスターバックスコーヒー神戸BAL店が開業。神戸地区最大級のフロア面積とのことで、西日本最大級とうたってオープンしたメリケンパーク店を上回る事になりました。

newopen2018-12.jpg

神戸都心部ではこれで12店目となります。

newopen2018-04.jpg

ABCクッキングスタジオはジュンク堂からBAL地下2階に拡大移転開業しました。

newopen2018-09.jpg

BALアネックスの一棟であるこの建物にはMADUが出店していましたが、本館に移転しました。代わりにポロ・ラルフローレンが開業。

この春から初夏にかけて新店の開店ラッシュを沸いています。

newopen2018-10.jpg

JR元町駅の新設されたベンチは思った以上に利用率が高いようです。夕方に近づく時間には元町駅の高架の影となって陽射しも遮られ、快適な空間となるようです。



category: 三宮センター街

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/05/27 Sun. 06:08 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top

(仮称)旧石井スポーツビル建替え計画 

ishi18.jpg

ダイエー三宮駅前店に移転した事で閉鎖・譲渡された三宮中央通りの旧石井スポーツビル。取得主は三宮センター街周辺に多くの物件を保有している東京のデベロッパー・安田不動産です。関西支店を近隣の旧居留地にある新クレセントビルに構えています。

譲渡後も閉鎖された同ビルには時折、期間限定で1階にテナントが入ったりしていましたが、遂に昨夏より解体工事に着手。年末までに地上部は姿を消して更地化されていました。

ishi20.jpg

その石井スポーツビル跡地でいよいよ工事が開始されました。工事名称は「(仮称)旧石井スポーツビル建替え計画」。勿論、事業主は安田不動産です。鍛治田工務店が設計と施工を担当します。同社は大阪市中央区に本社を置きますが、震災後には三宮にも神戸営業所を開設しています。

ishi19.jpg

現在の敷地内では旧石井スポーツビルの基礎躯体の解体工事が進められています。

ishi21.jpg

建物を1棟挟んだ東隣の狭小遊休地に現場事務所が設けられました。

ishi22.jpg

さて安田不はどのような建物を計画しているでしょうか。敷地面積があまり大きくなく周辺に複数の保有物件がある同社は将来的には一体的な再開発を望んでいるものと思われます。よって暫定利用を目的とした低層テナントビルが建設される事でしょう。ユザワヤビル、解体済の石井スポーツビル、朝日生命ビルを挟んで京町角の安田不動産三宮ビル、その北側に隣接するアーバンテラス三宮(ZARA)、三宮本通沿いに東隣の建物等も安田不の保有物件です。将来的な再開発を見据えて着実に、周到に周辺建物の取得を進めています。同社は東京・神田淡路町にて同社最大の再開発事業を実現させていますが、三宮センター街がさんセンタープラザの建て替えを機に大再編を実行する暁には、淡路町以上の再開発実現に向けて是非ともその先導役を果たして貰いたいですね。

category: 三宮センター街

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/05/22 Tue. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 16

go page top

エクセルシオールカフェ 三宮センター街店の外観現る 

excelsior02.jpg

三宮センター街のLUSH神戸三宮店が近隣のデビュ三宮へ移転した事で旧店舗のあった内田ビルは新たなテナントが入る事になりました。新店はエクセルシオールカフェ三宮センター街店で、開業に伴ってビルの外観を一新。改修工事が完了して、新しい姿をお披露目しています。

excelsior03.jpg

建物全体が淡い色調で旧居留地風に生まれ変わりました。1階がレジカウンターとカウンター席。2-3階がテーブル席となります。オープンは5月25日。現在は開店準備中で店内では新規採用の店員さんが社員の方からトレーニングを受けていました。

excelsior04.jpg

前月に開店したばかりのLUSH神戸三宮店と合わせて新しい集客スポットとしてセンター街を盛り上げてくれる事でしょう。センター街にはこれまでにもサンマルクやカフェ・ド・クリエ等のカフェが開店していますが、あまり目立つ存在ではありません。特に三宮1~2丁目では物販店が強くあまり飲食店はありません。立地が良く賃料が高いので、単価の低い飲食店向きではないという事でしょう。路線価は神戸一ですから、当然と言えば当然です。

jins04.jpg

それでは最後はこべるん恒例のビフォーアフターで締めくくります。以前の建物の外装も煉瓦タイル調で悪くはなかったですね。LUSHの開店前は女性の下着屋さんでしたが、その当時に外装を改修した記憶があります。LUSHが8年間、このビルで営業していたので10年程前でしょうか。

excelsior01.jpg

リニューアル工事後はだいぶ明るい雰囲気に変わりましたね。この建物を含めて周囲の店舗ビルは高さや階数もバラバラですが、外壁上に隙間は見当たりません。構造躯体は一緒なのでしょうか。将来的にさんセンタープラザの建て替えが進む場合、三宮センター街も街区や道路の在り方を含めて大幅な再編が行われる可能性があります。三宮駅前に集中する大型商業施設及び梅田への吸引に対抗するには現在の個の集合体からの脱却と広域からの集客も視野に入れ、センター街を一体的に運用するような大局的な再開発が望ましいですね。

category: 三宮センター街

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/05/20 Sun. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 7

go page top