こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

07« 2017 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

神戸空港運営権を関西エアポートに譲渡 

kobeairport006.jpg

神戸市は神戸空港の運営権に関する優先交渉権者にオリックス、バンシ、関西エアポート連合を決定したと発表しました。事実上、来年4月の同空港民営化が決定し、関西エアポートの完全子会社が運営を開始する事になります。

開港から11年。開港までの紆余曲折に加え、開港後の道程も平坦ではありませんでした。案の定、搭乗者数が需要予測には一度も届いた事がなく、破綻による日航の撤退や就航便数の大半を占めるスカイマークの破綻によって一時は空港存続の危機にも直面しかけました。

それでも三宮から18分という距離や周辺道路網の充実性、海上空港による24時間運用が可能な事等、そのポテンシャルは非常に高く、開港から課されている運用時間や就航便数の制限などの規制が緩和、撤廃されれば、飛躍的に成長する可能性を秘めています。神戸市は規制緩和に対する最も有効的な手段として、関西三空港の一体運用へその解を求めました。

神戸空港への規制は開港時にはまだ低迷していた関西国際空港への配慮によるものです。しかし今や関空は関西エアポートによって伊丹と一体運用され、昨今の外国人観光客増加によって、活況を呈しています。今後に至っては更に需要が高まると、関空や伊丹のみでは対応に限界が生じる可能性が高まり、自ずと神戸の活用が必須となる状況が見え始めています。

そんな環境の中での運営権売却はタイミングとしてはまさにベストと言えます。関西の自治体の首長も次々と神戸空港の規制緩和に肯定的な意見を述べるようになり、物事を大局的に見る余裕が出てきました。万博誘致やIR施設が検討される夢洲は5号湾岸線が延伸されると神戸空港が最もアクセスの良い空港になります。東京圏への一極集中がますます高まる中、関西の受け入れキャパを高め、域内の回遊性を改善し、オール関西での活性化を図る事が必要であるという風潮に変わりつつあります。

kobeairport005.jpg

規制緩和が実現するまでにはまだ議論や時間が必要になります。それまでの措置として、関西エアポートはチャーター便やビジネスジェットの拡大、ターミナルビル内の商業施設の拡充、スマートレーンの導入等、民間ならではの手法を採り入れて、2022年までに利用者数を300万人まで増加させる計画です。

規制が撤廃され、24時間運用が開始となり、離着陸回数も大幅増となった場合、どこまで需要が伸びるでしょうか。国際線も就航するようになれば、年間1000万人という数字も現実的になるかもしれません。ちなみに伊丹は1500万人です。そこまで増えると、現状、ポートライナーに偏る交通アクセスも限界が生じ、新たな交通機関の検討も必要になりますし、ターミナルビルの増築もあり得るでしょう。その玄関口となる三宮はアクセス性の良さが好感されてホテルやオフィス需要が伸び、再開発に弾みがつくでしょう。

神戸空港の搭乗者はこの3ヶ月間、連続で過去最高の月間数を更新し続けていますが、3000億円のインフラ投資がようやくそれに見合う経済的効果をもたらし始める可能性が高まってきました。

category: 神戸空港

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/07/27 Thu. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 9

go page top

神戸空港運営権民営化に向けてコンセッション始動 

kobeairport006.jpg

開港10年を迎えた神戸空港。都心から17分という立地と24時間運用可能な海上空港でありながら、30便/日の離着陸回数の上限設定や15時間/日の運用時間の設定といった足枷が響き、需要予測を下回る形で推移を続けてきました。日本航空の撤退、スカイマークの破綻等、外部要因によって空港が直面してきた困難を何とか乗りこなし、2009年には220万人台まで落ち込んだ搭乗者数も250万人台を回復。

kobeairport001.jpg

関西空港と伊丹空港の運営権が統合民営化されてオリックス及び仏バンシ・エアポートが出資する「関西エアポート」が運営を開始したの機に、神戸空港を含めた関西三空港の一体化運用の実現性が一気に高まりました。神戸市は2018年の運営権売却を想定し、コンセッションを始動。勿論、売却の想定相手先は一体運用が期待できる関西エアポートもしくはその関連会社であることは言うまでもありません。

kobeairport005.jpg

これまでは神戸空港についての言及をできる限り避けてきた関西エアポートの山谷社長も将来的な一体運営について強い意欲を示したとのことです。三空港が競合するのではなく、各立地においてそれぞれが地域の利用者の利便性を高めるよう運営されれば関西にとっても望ましいことですし、関西における航空需要を拡大します。

kobeairport003.jpg

神戸空港の利便性が高まり、更には国際空港になれば医療産業都市や都心への企業進出及び観光客の増加にも弾みがつくでしょう。但しこれを下支えする空港へのアクセスも今以上に改善される必要が出てきます。ポートライナーの増便のみでは追いつきません。阪神高速湾岸線の延伸も手伝って、バス会社は中四国等の各地域の拠点から神戸空港行きのリムジンバス路線を次々と開設するようになるかもしれませんね。

kobeairport004.jpg

神戸市は2018年の空港民営化を目指しています。関空/伊丹の民営化を機に全国の地方空港が民営化に向けて検討を始めました。仙台空港はいち早く民営化を遂げ、高松、福岡、新千歳空港も今後4年以内を目処に民営化を目指し、広島空港も検討を開始。これらは皆、国の整備した地方空港ですが、うまく事が運べば神戸空港は唯一、地方自治体空港での民営化例となります。便数と就航都市が増えれば神戸は立地の良さから非常に利便性の高い空港になることは間違いありません。それには規制撤廃が欠かせず、そして規制撤廃へ国を動かす唯一の方法は民営化による関西3空港の一体運用しかもう道はありません。

23日に開かれたコンセッション実施方針説明会には関西エアポートの他、伊藤忠や三菱地所、大手金融機関やゼネコン等、26社が参加。注目の高さを示しました。同空港の潜在能力が認められている証です。


category: 神戸空港

2016/09/24 Sat. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 28

go page top