こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

09« 2017 / 10 »11
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

(仮称)西宮北口阪急ビル B街区計画 

nishikita03.jpg

阪急西宮北口駅は梅田、神戸三宮に次ぐ阪急沿線では第三のターミナル駅です。西宮球場跡地の再開発によって開業した日本一の売上高を誇るショッピングモール「西宮ガーデンズ」の誕生以来、関西でも屈指の人気居住エリアに変貌を遂げ、一時的には乗降客数が三宮を上回った程です。

nishikita0c.jpg

その西宮北口に阪急電鉄が計画している新しい駅ビルが「(仮称)西宮北口阪急ビル B街区計画」です。地上10階 地下1階 延床面積11,600平方メートルの規模となります。

nishikita0b.jpg

1-4階の低層部を飲食・物販等の商業施設、5-10階は教育サービスを用途とした施設として運用。すでに7-10階には関西学院大学が専門職大学院である司法研究科(ロースクール)などを移転する予定です。またビルの一部はコンコース及び連絡通路としても機能します。

nishikita10.jpg

設計は松田平田設計事務所、施工は奥村組が担っています。

nishikita07.jpg

ビルは阪急今津線のホームに接した南北に細長い敷地に建設されています。

nishikita08.jpg

すでに躯体工事は低層部4階までの鉄骨建方が進められています。

nishikita11.jpg

今津線のホーム後ろに新ビルが聳え立ち始めています。

nishikita06.jpg

ビルの竣工後は駅改札とガーデンズを結ぶ連絡通路がビル内部を貫通する事になります。

nishikita05.jpg

仮囲いと防護天井板に覆われた現在の仮通路です。この通路が。。。

nishikita00a.jpg

こんな吹き抜けコンコースに生まれ変わります!店舗やビルへのメインエントランスも兼ねたこのコンコースは明るくモダンで品が良く、西宮北口の新しいランドマークに相応しいデザインです。

このビルに関して言えば、公開されている外観パースは2点。これに加えて内部コンコースも詳細に描かれています。何故、より規模と投資額の大きな神戸阪急ビルの公開パースは外観の1点のみ。新駅ビルのコンコースは西宮北口ビル同様に2層吹き抜けになる予定です。意匠はともかく開放感やサイズ感は西宮に類似するのではないかと思われます。

nishikita04.jpg

西宮北口をトップオブ関西に押し上げた阪急西宮ガーデンズ。年商780億円はショッピングモールとして全国一。西宮阪急を筆頭に248店が集結し、開業から10年を迎えるも全く色褪せる事がありません。600億円台からスタートして、8期連続で増収を続けているという驚異的な人気度を誇ります。そごう神戸店が売上を落としていった1つの要因にこの西宮ガーデンズの存在があるのではないかと思っています。

nishikita12.jpg

阪急は西宮北口を梅田に次ぐ沿線の商業拠点として重点投資を行っています。今回、建設されている西宮北口阪急ビルに先行して北口南阪急ビルを完成させている他、タワーを含む分譲マンションも多く供給し、西宮北口のブランド化を図る戦略を進行させているのです。

nishikita01.jpg

西宮北口駅は阪急神戸線と今津線の交差する交通の要衝でしたが、ガーデンズの開業前まではどちらかと言えば乗換駅のイメージが強く、駅周辺は雑然としていて、広域圏から訪問するような街ではありませんでした。

西宮市に西宮の名を司る阪急、阪神、JRの駅がありますが、どの駅前も開発度合いが中途半端で、はっきりとした都心部の存在しない都市でした。しかし今や西宮北口が抜きん出ています。西宮市も北口のシフト化に加担しており、兵庫県立芸術文化センターや大学等の文化・教育機関の誘致を行なって文教拠点としての役割もこのエリアに担わせようとしています。

nishikita02.jpg

駅の構造や規模から言えば、三宮と比べても遥かに大きく、ターミナル駅然とした様は威風堂々としています。広々としたコンコース内は優雅さをも醸し出しています。

nishikita09.jpg

西宮北口阪急ビルの完成は1年後の来秋を予定しています。西宮北口の発展ぶりを目の当たりにすると、そごう神戸店の譲渡先がH2Oである事に再度、期待を強くしました。神戸阪急ビルは限られた不動産資源を最大限に活用した再開発として評価できますが、やはり開発可能面積が小さ過ぎます。そうした意味で阪急にとっての三宮は市営地下鉄への乗り入れが実現しないのであれば、これ以上の発展拡大余地の無い不毛地帯化しかねない状況にあったのが、そごうの取得によって駅周辺に複数の優良不動産を手にする事となり、大きな開発ポテンシャルを秘める事になりました。西宮北口で示している阪急の開発手腕を三宮で今後、どう振るっていくのか。非常に楽しみです。

category: 西宮

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/09/13 Wed. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top

(仮称)西宮北口阪急ビル計画 

nishikita001.jpg

阪急阪神ホールディングスは27日、阪急西宮北口駅に隣接した敷地約3,000平方メートルに鉄骨造地上10階・地下1階建て、延床面約11,600平方メートルの商業ビル「(仮称)西宮北口阪急ビル」を2018年秋の開業を目指して建設すると発表しました。敷地は阪急西宮ガーデンズと西宮北口を結ぶ連絡デッキの途上にあり、駅に隣接している為実質的には駅ビルですが、駅の改札とは直結していないので、商業ビルという扱いのようです。

nishikita002.jpg

阪急西宮ガーデンズへの連絡通路途上をビル3階内部の屋内コンコースとして取り込み、2層の吹き抜け空間に店舗を配置して賑わいを高める設計となります。1-4階は商業フロアとして飲食・物販、金融機関などの店舗を誘致。5-10階は教育系を中心としたサービス施設等に充てます。住宅地区として子育て世代にも人気の非常に高い西北の駅前として、学習塾や各種習い事、英会話学校等の進出が見込めます。

nishikita003.jpg

新ビルは松田平田設計が設計を担い、奥村組が施行を担当します。8月1日に着工予定です。

先日、JR西日本の新社長である来島氏が非鉄道事業の強化策を打ち出していましたが、阪急は先行して駅敷地内での商業施設増設に取り組んでいます。2ヶ月前に阪急神戸三宮駅の神戸阪急ビル東館の建て替えを発表、既存ビルの解体に着手していますが、更に新たなプロジェクトを始動させました。しかも西北の新施設は三宮よりも早く完成・開業します。

阪急にとっての西宮北口の重要度はガーデンズの成功によって急速に高まっており、乗降客数においても神戸三宮駅に肉薄しています。関西の住みたい街ランキングの王座に君臨し、利便性と住み易さを兼ね揃えたブランド力を高めています。

投資額や規模では神戸阪急ビルの方が遥かに大きな計画にも関わらず、西宮阪急ビルのプレスリリースには高解像度の完成予想パースが3枚も掲載されています。神戸阪急ビルのパースは実質1枚のみ。西宮同様に新しいコンコース内の様子や別角度からのビル外観等もぜひとも追って公開して欲しいものですね。

category: 西宮

2016/07/29 Fri. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 2

go page top