こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

04« 2017 / 05 »06
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

東京インテリア家具神戸店 6月下旬に開業予定 

interior35.jpg

建物が完成し、外構工事も大詰めを迎えている東京インテリア家具神戸店。開業予定日は6月末と決定したようです。

interior37.jpg

敷地の外縁に沿って植栽や植樹、照明設備の設置が行われました。

interior36.jpg

この手の大型専門店でここまで緑を植える例は少ないのではないでしょうか。

interior38.jpg

正面中央エントランスの様子です。ガラスの中に大型ビジョンが設置されています。

interior39.jpg

敷地の北側にポケットパークが整備されていました。芝生広場でしょうか。

interior41.jpg

建物北側角にはキッズランドが造られるようです。従業員向けの無料託児所も整備されるとのこと。

interior42.jpg

建物の南側の様子です。北側はファサードに装飾が取り付けられていますが、こちらは何も無いので、平屋なのがよく分かります。

interior43.jpg

内部の様子はまだもぬけの殻といった感じです。内装はこれからといったところでしょうか。

interior40.jpg

店内にはカフェも開業予定です。個人的には正直なところ、北関東発祥ながら東京を冠に置いたネーミングセンスや建物の形状や外観を含めて、田舎の郊外家具店という印象を持っていました。IKEAの隣接地に開業するのも悪い言い方をすれば、コバンザメ商法です。しかし店舗の整備が進んで行くに従って、これまで持っていた先入観が段々と好印象に変わりつつあります。出店による地域活性への貢献やIKEAとの相乗効果を本気で考えているように思えてきました。

interior44.jpg

読者の方のコメントによると、東京インテリア家具とIKEAジャパンの経営者間には交流があり、今後も隣接地の出店を増やしていく戦略を採るとの事。集積効果を発揮できると良いですね。品揃えとしては、大塚家具やアクタスには手が届かないが、ニトリやIKEAには満足できない中間層の心をくすぐる価格帯を狙った構成のようです。IKEAのようにライフスタイル提案型の家具展示やホーム雑貨、カーテンの種類も豊富とのこと。オープンが楽しみになってきました。お気づきの方も多いと思いますが、最近、当ブログ内の人気記事ランキングを設置しました。設置以来、不動の人気1位は東京インテリア家具の記事というのも驚きです。未だ記録更新中で、その注目度の高さを表しているものと思われます。

category: 東京インテリア家具

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/04/26 Wed. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 2

go page top

東京インテリア家具 神戸ポートアイランド店 

interior33.jpg

イズミヤ神戸ポートアイランド店跡で建設中の大型家具店「東京インテリア家具神戸店」。外観が完成して東京インテリアの店舗らしい感じが出てきました。

interior32.jpg

工事は外構と内装に軸足が移っています。5月のオープン予定という事ですが、未だ公式開業日は発表されていません。

interior31.jpg

2月には東京インテリア家具大阪本店がイケア鶴浜店の隣接地にオープンしました。イケアとの相乗効果を狙っての隣接地出店となりましたが、神戸でも2匹目のドジョウになるか要注目です。大阪本店はまだ未訪問ですが、実際に訪れた方の感想は悪くないようです。商品的には中〜高価格帯をカバーし、安くてデザインは良いがシンプルなイケアとは差別化できているようです。

interior34.jpg

大型家具店業界ではニトリ、イケアに次いで東京インテリアが急激に成長しているようです。前述の大阪本店に次いで、神戸店の開店によって関西進出を果たしました。関西でも第三極に成り得るか。

interior30.jpg

元々は関西1号店は神戸店になる予定でしたが、着工が遅れていました。何故か神戸では多くのプロジェクトにて年単位の着工遅れがデフォルトになってしまっているのが残念です。このエリアで更なる大型家具店の進出はあるでしょうか。イズミヤ跡地の敷地南側半分にアクタス、フランフラン、ウニコ、ダブルデイ等を組み合わせた複合店なんかが出来たら、一大インテリア集積地として面白いのですが。まあこれらは基本的に都心商業施設に小型店を出すのがビジネスモデルなので、今後の三宮再開発によって誕生する新たな商業ビルへの進出が固いでしょうね。

category: 東京インテリア家具

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/04/07 Fri. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top

東京インテリア家具 神戸ポートアイランド店 

interior19.jpg

イズミヤ神戸ポートアイランド店跡地で建設中の東京インテリア家具神戸ポートアイランド店。店舗面積12,000平方メートル以上となる大型商業施設です。

interior20.jpg

イケアの真向かいに出店予定の大型家具店の建設は順調に進んでおり、同店の店舗のトレードマークとなっている独特の外観を形造る左右と中央の鉄骨が組み上がっています。

interior21.jpg

建物の東側外観です。建築面積はイケア並にありそうです。1フロアで展示スペースや雑貨周りの買い物、カフェまでも収まる予定です。

interior22.jpg

正面エントランスはイケアに対峙する形で設けられます。駐車場も北側です。イケアから出てきたお客がそのままハシゴできる設計です。ニ店間の回遊性が生まれるでしょうか?大阪鶴浜がモデルケースとなることでしょう。

interior23.jpg

市内には好調なニトリも複数展開し、来月には三宮駅前のOPA2内にもイオンの新業態である家具雑貨店が開業する予定です。北関東や北陸等、どちらかと言えばこれまで地方都市や郊外を基盤としてきた同店。競争の激しい大都市圏内のマーケットにおいて、どの様に差別化を図るのでしょうか。イズミヤ跡地である事に加えて、周辺ではホームセンタームサシも過去に撤退した立地です。イケアはその類まれなブランド力と希少性で集客力を維持していますが、東京インテリア家具に同じ力があるのかどうか。イケアのようにライフスタイルの提案や店内を見て周る楽しさがあれば、二店間の回遊性が生まれるかもしれません。単にイケアの隣の大型家具店ではない事を期待したいと思います。

category: 東京インテリア家具

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/02/01 Wed. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 5

go page top

東京インテリア家具神戸ポートアイランド店新築工事 



イズミヤスーパーセンター神戸ポートアイランド店跡地に建設中の東京インテリア家具神戸ポートアイランド店です。着工から3ヶ月程が経過していましたが、もう建屋が立ち上がり始めていて驚きました。



軽量鉄骨の躯体1階部分がすでに立ち上がっています。想像以上に大きく見えます。



売場面積は約12,000平方メートル。中央卸売市場跡で建設中のイオンモールや隣接するIKEAと比べると小さいですが、それでもかなりの大きさです。



IKEAに面した北側は駐車場が整備される予定です。先行して大阪鶴浜のこれまたIKEA隣接地に東京インテリア家具が来月開業予定です。2店の競合の様子はそのまま神戸でも繰り広げられる事が予想される為、前哨戦として大阪冬の陣がどうなるのか注視したいと思います。機会があれば神戸店開業前に大阪店の視察ができたらと思います。



同じくIKEAの隣接地で西隣となる用地でも新たなる建設工事が開始されています。



伊藤忠都市開発が同社の分譲マンションブランドであるクレヴィア神戸ポートアイランドを長谷工コーポレーションの施工で進めています。地上14階、総戸数166戸のマンションとなります。



元々は南に隣接する弘貴第3ビルの第2工区として確保されていた用地です。最終的にこの立地で分譲マンションとなる事は予想していませんでした。どなたかに指摘頂いたのですが、この場所はまだポーアイI期地区内なので、住宅の建設も可能です。駅近で大型商業施設に近接、病院も多く公園も目の前と、聞けば利便性の高い場所とも取れますが、難点は日常の買い物でしょうか。ポーアイI期の中央地区の高層住宅群も老朽化や住民の高齢化が進んでいます。いずれはせんりのように大規模な建て替えが必要になってくるでしょう。複数のタワーマンションと中心に生活利便施設が整う再開発が望ましいですね。

category: 東京インテリア家具

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2016/12/22 Thu. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 2

go page top