こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

09« 2017 / 10 »11
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

東京インテリア家具神戸店が開業 

interior52.jpg

神戸ポートアイランドのイズミヤスーパーセンター跡地で建設されていた東京インテリア家具神戸店が6月23日金曜日午前10:00に開業しました。出店計画が公表されてから約3年が経過していました。当初の計画では2016年1月開業でしたので、実に1.5年遅れの開業となりました。オープンから最初の週末、駐車場前の道路には車列が出来ていました。南側には臨時駐車場も増設して開店セールに備えていました。

interior53.jpg

北側のメインエントランスです。出てくる人の数よりも入っていく人の方が遥かに多かった印象です。店内の滞在時間が長いという事でしょう。

interior56.jpg

入口前には開店祝いの花が多く出されていました。CMをかなり打ったせいか、マスコミ系各社からの花が目立ちました。

interior58.jpg

約1万3,000平方メートルの売場面積がある店内は1フロアのみで構成。中央に照明を落として、グランドピアノまで置いてあるシックなカフェ空間を整備。90席を用意するこの場所はかなりゆったりとした空間設計です。カフェは利用していないので、価格帯や味については定かではありません。IKEAの昼時は席を確保するのが大変なので、その代替案としての利用も考えられるかもしれませんね。

家具売場も提案型のモデル展示を多く揃え、大塚家具のような雰囲気を漂わせているエリアとニトリと同様に同種の家具毎に展示するエリアを組み合わせているようでした。この折衷戦略は価格帯にも表れており、リーズナブル~高価格帯の商品を揃えている印象です。ただ大塚のように値札を目をこすって二度見てしまう程ではありません。

キッズランドと呼ばれる子供用の遊戯施設もあり、こちらも人気を博していました。ただ定員数が需要に追い付いていないようでした。ネガティブな点としては、エントランスを入ってすぐの雑貨売場は少し狭く、窮屈な感じを覚えました。個人的には椅子の上に取り付けられるマッサージ器の誘惑に駆られました。

家具のデザイン性と価格の両立という点で考えると、「IKEAやニトリの商品に満足できないが、大塚やアクタス程の予算は・・・」という需要に応える巧みな戦略が垣間見えますが、実際にそうしたニーズはかなりあるのではないでしょうか。

interior55.jpg

正面にはIKEAが大きく立ちはだかりますが、この2店は競合ではなく、近接出店によって相乗効果を見出す事を主旨としているようです。

interior54.jpg

実際に先行開業した大阪本店もIKEAに隣接していますが、戦略通りの相乗効果が出ているようで、売上は目標設定額よりも4割増とのこと。神戸店でもIKEAとの相乗効果が発揮されそうです。IKEAから東京インテリアへ向かう人々も見受けられました。今回の出店によってポーアイに活気が出ている事も好感です。さて、これを皮切りにこれから神戸では大型開業が相次ぎます。

category: 東京インテリア家具

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/06/26 Mon. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 4

go page top

東京インテリア家具神戸店完成 開業は6月23日決定 

interior46.jpg

イズミヤ神戸ポートアイランド店跡地で建設されていた東京インテリア家具神戸店が完成しました。現在は開店に向けて内装工事と準備が進められています。

interior45.jpg

IKEAに面して設けられた平面駐車場と正面エントランス。IKEAが店舗の3-5階に広大な面積のパーキングを用意しているのとは異なり、少し駐車可能台数は控えめです。

interior47.jpg

正面エントランスとアプローチです。ここから入った店内はどんなフロア構成になっているのでしょうか。IKEAを訪れたお客がもし東京インテリアも立ち寄ろうと思った際、恐らく車は移動せずに徒歩で向かうものと思われます。

interior48.jpg

なかなか決定しなかった開業日ですが、6月23日(金)に決まりました。テレビコマーシャルの放映も始まりました。

interior51.jpg

来月はこの東京インテリア家具とイオンモール神戸南の先行部分が開業予定です。umieのイオンスタイルもまだ開業日は発表されていませんが、今夏オープンを予定しています。この夏は大型店の開業が相次ぎます。

interior49.jpg

芝が敷かれていた北側の一画は駐輪場でした。

interior50.jpg

イズミヤ閉店後、このエリアで唯一、IKEAのみが精力的に営業していましたが、今や周囲には県立こども病院、賃貸マンションが完成。そして分譲マンションも建設中で、この東京インテリア家具の開業によって活気が再び出てくる事が期待されます。

category: 東京インテリア家具

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/05/30 Tue. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top

東京インテリア家具神戸店 6月下旬に開業予定 

interior35.jpg

建物が完成し、外構工事も大詰めを迎えている東京インテリア家具神戸店。開業予定日は6月末と決定したようです。

interior37.jpg

敷地の外縁に沿って植栽や植樹、照明設備の設置が行われました。

interior36.jpg

この手の大型専門店でここまで緑を植える例は少ないのではないでしょうか。

interior38.jpg

正面中央エントランスの様子です。ガラスの中に大型ビジョンが設置されています。

interior39.jpg

敷地の北側にポケットパークが整備されていました。芝生広場でしょうか。

interior41.jpg

建物北側角にはキッズランドが造られるようです。従業員向けの無料託児所も整備されるとのこと。

interior42.jpg

建物の南側の様子です。北側はファサードに装飾が取り付けられていますが、こちらは何も無いので、平屋なのがよく分かります。

interior43.jpg

内部の様子はまだもぬけの殻といった感じです。内装はこれからといったところでしょうか。

interior40.jpg

店内にはカフェも開業予定です。個人的には正直なところ、北関東発祥ながら東京を冠に置いたネーミングセンスや建物の形状や外観を含めて、田舎の郊外家具店という印象を持っていました。IKEAの隣接地に開業するのも悪い言い方をすれば、コバンザメ商法です。しかし店舗の整備が進んで行くに従って、これまで持っていた先入観が段々と好印象に変わりつつあります。出店による地域活性への貢献やIKEAとの相乗効果を本気で考えているように思えてきました。

interior44.jpg

読者の方のコメントによると、東京インテリア家具とIKEAジャパンの経営者間には交流があり、今後も隣接地の出店を増やしていく戦略を採るとの事。集積効果を発揮できると良いですね。品揃えとしては、大塚家具やアクタスには手が届かないが、ニトリやIKEAには満足できない中間層の心をくすぐる価格帯を狙った構成のようです。IKEAのようにライフスタイル提案型の家具展示やホーム雑貨、カーテンの種類も豊富とのこと。オープンが楽しみになってきました。お気づきの方も多いと思いますが、最近、当ブログ内の人気記事ランキングを設置しました。設置以来、不動の人気1位は東京インテリア家具の記事というのも驚きです。未だ記録更新中で、その注目度の高さを表しているものと思われます。

category: 東京インテリア家具

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/04/26 Wed. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 2

go page top

東京インテリア家具 神戸ポートアイランド店 

interior33.jpg

イズミヤ神戸ポートアイランド店跡で建設中の大型家具店「東京インテリア家具神戸店」。外観が完成して東京インテリアの店舗らしい感じが出てきました。

interior32.jpg

工事は外構と内装に軸足が移っています。5月のオープン予定という事ですが、未だ公式開業日は発表されていません。

interior31.jpg

2月には東京インテリア家具大阪本店がイケア鶴浜店の隣接地にオープンしました。イケアとの相乗効果を狙っての隣接地出店となりましたが、神戸でも2匹目のドジョウになるか要注目です。大阪本店はまだ未訪問ですが、実際に訪れた方の感想は悪くないようです。商品的には中〜高価格帯をカバーし、安くてデザインは良いがシンプルなイケアとは差別化できているようです。

interior34.jpg

大型家具店業界ではニトリ、イケアに次いで東京インテリアが急激に成長しているようです。前述の大阪本店に次いで、神戸店の開店によって関西進出を果たしました。関西でも第三極に成り得るか。

interior30.jpg

元々は関西1号店は神戸店になる予定でしたが、着工が遅れていました。何故か神戸では多くのプロジェクトにて年単位の着工遅れがデフォルトになってしまっているのが残念です。このエリアで更なる大型家具店の進出はあるでしょうか。イズミヤ跡地の敷地南側半分にアクタス、フランフラン、ウニコ、ダブルデイ等を組み合わせた複合店なんかが出来たら、一大インテリア集積地として面白いのですが。まあこれらは基本的に都心商業施設に小型店を出すのがビジネスモデルなので、今後の三宮再開発によって誕生する新たな商業ビルへの進出が固いでしょうね。

category: 東京インテリア家具

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/04/07 Fri. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top