こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

04« 2017 / 05 »06
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

神戸ポートオアシス 神戸港福利厚生施設 

portcenter035.jpg
神戸港福利厚生施設の集約建て替え計画として進められてきた神戸ポートオアシスの完成が近づいています。建物を覆っていた養生ネットと足場が撤去されて、外観が姿を現しました。


色調は想像していたよりも暗いので、シックで落ち着いて見えます。


この建物のデザインの面白い所はどの面も同じではない事でしょうか。


最も特徴的なのは北側のアールです。アルミカーテンウォールを採用したガラスの外装で、内部は吹き抜けのエントランスホールとなっています。


吹き抜け空間内部の様子です。奥に大階段が確認できます。エントランスホールの外周に沿って階段が設置されています。この空間は3層吹き抜けのイベント広場・セイルコートとなります。


この建物の周辺には歴史的建造物の神戸税関、KIITO神戸、新港貿易会館があり、これらとの調和を考えられた今回の外観デザインは好感が持てます。いつもながら安井建築設計事務所のデザイン力には敬服です。


税関線沿いには歴史的な建物が多いのですが、東西を貫く道路沿いは殺風景な倉庫街が広がっています。今後、この建物の完成や第一突堤基部の再開発が動き出せば、この倉庫街にも新風が吹き始めるかもしれません。地区の用途変更によって、再開発の促進が期待されます。


ポートオアシスの1階には一般に開放される食堂が開業します。完成の暁には取材を兼ねてランチを楽しみたいと思います。観光客にも人気の名物レストランになると、多くの人がこのエリアに足を運ぶのではないかと思われます。またこの建物は周囲の建造物に並んで美しい照明演出が行われる予定です。夜景の名所としての税関線も今後アピールしていくべきではないかと思われます。

category: ポートセンター

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/05/11 Thu. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 2

go page top

神戸ポートオアシス 神戸港福利厚生施設新築工事  

portcenter030.jpg

神戸港福利厚生施設の建て替え・集約化によって建設されている「神戸ポートオアシス」の最新状況です。すでに鉄骨建方は完了しており、足場と養生ネットに覆われた躯体では外装材の取付や内部の工事が進行中です。

portcenter031.jpg

鉄骨建方が完了したことで建物のスケールやボリュームが把握できるようになりました。

portcenter032.jpg

北面のコーナー部はアールを帯びた扇状のデザインです。

portcenter033.jpg

西面は3階までが税関線に向かって飛び出しており、4階からセットバックした形になっています。

oasis.jpg

6月初旬にはこの姿を現実に見る事ができるでしょう。パースの出来が良いので、現実との差があまりない事を期待したいです。

建物概要をもう一度おさらいします。

建物規模 地上5階
延床面積 約4,600平方メートル
建築面積 約1,365平方メートル
敷地面積 約2,418平方メートル
構造 鉄骨造
1階 食堂、コンビニエンスストア
2-3階 多目的スペース
4階 事務所・会議室
5階 事務室・会議室

portcenter034.jpg

完成は6月末で工期は残り5ヶ月を切りました。完成したらまずは食堂を利用したいと思います。進行突堤基部の再開発としては第1号となります。この施設だけでエリアの活性化が期待できる訳ではありませんが、今後、第一突堤基部の再開発方針が決定すれば、徐々に相乗効果が生まれてくるかもしれません。これらの開発及びJR駅ビルの建て替えと合わせて、JR三ノ宮駅前とこのエリアを結ぶLRTを試験的に導入してみるのはどうでしょうか。とりあえず1編成でピストン輸送するだけです。ルートはフラワーロードをほぼ一直線に南下し、ポートオアシス前で西に向かって第一突堤基部が終点の実験路線です。停車駅は東遊園地、神戸税関、ポートオアシス、第一突堤です。

category: ポートセンター

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/02/02 Thu. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 1

go page top

神戸ポートオアシス 神戸港福利厚生施設新築工事 



第三突堤基部で建設が進行中の「神戸ポートオアシス」の名称が公募で決定した神戸港福利厚生施設の様子です。いつの間にか前回の取材から3ヶ月も経過していました。



ご覧の通りすでに基礎工事は終わって鉄骨建方が進行中です。



建物は来年6月末の竣工予定となっています。



鉄骨建方は現在、建物全体の半分弱程度まで進んでいる模様です。



この建物の完成後、周囲にどのような影響や効果をもたらすのでしょうか。周辺で働く人々の食を満たすレストランの開業や音楽ホールの整備が予定されています。立派な建物の割には何かその用途に物足りなさを感じてしまいます。魅力的な人気博物館等にできないものでしょうかね。神戸牛博物館なんてどうでしょう。併設レストランは訳あり神戸牛をリーズナブルに提供します。

category: ポートセンター

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2016/12/28 Wed. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 2

go page top

神戸ポートオアシス 神戸港福利厚生施設 着工 



神戸市が新港第3突堤の基部にあった神戸港福利厚生施設とその駐車場の敷地を集約して新しい福利施設を建設する計画ですが、名称は公募によって「神戸ポートオアシス」と決定しました。



これまでは既存建物の解体と敷地の更地化が進められてきましたが、いよいよ仮囲いが設置されて着工に至りました。

portcenter020.jpg

新施設は地上5階建て 延床面積約4,600平方メートルの建物となり、コンビニや食堂、音楽ホールやオフィス、会議室が整備されます。

portcenter019.jpg

工事期間は来年6月までを予定しています。正直、この建物ができる事で新港エリアが活性化するとは思えません。建物の用途のみ考えても、常時、集客する施設ではありませんし、恐らく周囲の人気の無さはこの建物完成後も変わりはないでしょう。ただこの地区にそもそも新築建物が建設されること自体、どれ位ぶりでしょうか。

portcenter000.jpg


しかも周囲の近代建築と調和した優れたデザインの建物が立ち、夜間も美しくライトアップされる予定です。近くにはKIITOも隣接しています。臨港地区ではありますが、都市計画用途変更を実施し、古ぼけた倉庫街から人が集い、住める潤いのあるウォーターフロントに生まれ変わって欲しいですね。そうなった際にはこの美しい建物もより一層、映えることでしょう。ただ今はあちらこちらと手当たり次第に手を付けるのではなく、三宮に資源を集中するべきです。中途半端な開発では結局は何も変わりません。


category: ポートセンター

2016/09/27 Tue. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 2

go page top