こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

07« 2017 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

国土交通省が阪神高速5号湾岸線の西伸部事業化決定 

wangansen07.jpg

関西の政済界が長年に渡って切望していた阪神高速5号湾岸線の西伸部(六甲アイランド-駒栄間の14.5km)の事業化を国土交通省が正式に事業化を決定したと発表しました。関西の物流における最大のミッシングリンクがようやく解決に向かって前進することになります。最終的には駒栄から更に延伸されて名谷JCTに繋がり、関西空港から垂水JCTまでが一本の道路で結ばれる構想ですが、渋滞の激しい阪神高速3号神戸線や国道43号線、更には中国道の迂回ルートとしても期待されるだけにこれらの混雑解消が大いに期待できます。またこの道路は神戸港を横断するコースが計画されています。摩耶埠頭沖となる六甲アイランド-ポートアイランド間、和田防波堤と平行するポートアイランド-和田岬間の二区間は完全に沖合海上を通ることになり、巨大な吊り橋や高架道路の建設・誕生によって神戸港の景観も大きく変貌する予定です。

wangansen06.jpg

現在、六甲アイランド北ランプで途切れてしまっている湾岸線。六甲アイランド北部を東西に真っすぐ横断した後、そのままほぼ直線上にポートアイランドの北部へ伸びていきます。この海上移動には2本の吊り橋が架橋される予定です。海上から吊り橋の橋桁までの高さは65.7mと設定されました。これは昨今、巨大クルーズ客船が多くの港に寄港するようになりましたが、これらの航行に支障を来さないように配慮された結果です。東京や横浜等の大都市の港にはレインボーブリッジやベイブリッジ等の吊り橋が掛かっていますが、設計規格がこれらの巨大化する客船に対応しておらず、世界最大級のクルーズ船はメインの客船ターミナルには寄港できないという状況に陥っています。皮肉にも西伸部の着工実現が遅れた事が奏功して、神戸港ではこの問題を回避することができます。ここに白亜の2本の吊り橋が掛かっている事を想像するだけでもワクワクしますね。夜にはライトアップされて神戸の夜景は更にグレードアップすることでしょう。

wangansen05.jpg

ポートアイランドに到達した湾岸線はそのまま西伸し(写真左の緑の見える大通り)、ポートライナーの北埠頭駅付近から鉄道高架と交差した後、カーブを描いて南下します。

kobegakuin02.jpg

湾岸線の建設予定地となっているこの場所は南北数キロに渡って長年、駐車場等、暫定利用されきました。

wangansen02.jpg

そしてこの辺りから再度、方向を西に変えて再び海上に出ます。東西1キロに渡って伸びる神戸第1防波堤、通称「和田防」の東端とクロスした後、平行して和田岬へ向かって直進。写真右奥に見える消波ブロックに沿って西へ向かいます。ここにも大きな吊り橋が建設される予定です。こちらの橋桁までの高さは59.4mと設定。こちらの橋は神戸のウォーターフロント各所からもよく遠望できる位置となる為、神戸港の新たなシンボルになることが期待されます。

wangansen01.jpg

橋を吊る主塔は200m近い高さにになるものと思われます。神戸ベイブリッジなんて名称が付けられるかもしれませんね。こちらも夜景の美しい橋になる予感がします。またこの高架道路自体も眺望の非常に良い場所を常に通ることになるので観光名所やドライブコースとしても非常にダイナミックで人気を博しそうです。

wadabo.jpg

和田防から見た神戸都心部。海上から60mの高さであれば更に見晴らしは良いことでしょう。昼も夜も美しい景色が広がります。

阪神高速神戸線は東行き、西行きは共に生田・摩耶付近を中心に朝晩長い渋滞が起きます。週末は湊川や月見山、曳いては須磨料金所まで繋がってしまう事も。平行して走る2号線・43号線もこれを避けようとする車で混雑し、大気汚染や騒音も問題となっています。片側3車線が基本の湾岸線の輸送量はこれらの解消に大きな力を発揮することでしょう。また湾岸線が名神高速と連結されると、近畿圏西側の高速道路ネットワークは飛躍的に向上します。中四国・淡路方面からの物流・アクセスもよりスムーズになり、ランプが二箇所設置される予定のポートアイランドの拠点性もより高まることでしょう。

完成が待ち遠しい国家級ビッグプロジェクトですが、総事業費5000億円の負担割合等の課題の解決も必要です。来年度以降の工事着手後、完成までには10年を要する気の長い計画です。でも最近は月日の経過が早く感じるのであっという間にできてしまうような気もします(歳のせいでしょうか・・・)。思えば阪急が神戸市営地下鉄への乗り入れ希望を示唆したのが2005年。当時は2015年を目安にという話でしたが、その2015年はもう昨年の話。同じ調子で湾岸線も開通するのではないかと思います。10年追いかけるプロジェクトとなれば過去最長ですね。

category: 阪神高速湾岸線西伸

2016/04/04 Mon. 07:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 12

go page top