こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

03« 2018 / 04 »05
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

(仮称)磯上オフィス新築工事 日本イーライリリー新本社屋 

lili125.jpg

建隆マネジメントが自社保有地である磯上通5丁目のIPSXパーキング跡地にて計画し、竹中工務店の施工によって建設工事が進められてきた大型オフィスビル「(仮称)磯上オフィス」。米国製薬会社大手のイーライリリーの日本法人が新しい本社屋としての活用を予定しています。いよいよ竣工を月末に控え、最終の仕上工事が進められています。

lili126.jpg

覆いが被されていた南面の頂部の「Lilly」のロゴがお披露目されていました。

lili127.jpg

外構工事もすでに完了しており、内装工事がメインで進んでいます。

lili128.jpg

東側のメインエントランス周りのファサードです。賃貸オフィスビルではありますが、日本イーライリリーへの1棟貸しなのでまるで自社ビルのようです。

lili129.jpg

緑化された壁面には建物名称のサインが取り付けられました。その名も「LILLY PLAZA ONE BUILDING (リリープラザワンビル)」。ONEの意味が気になります。もしリリープラザ第1ビルという意味で使われているのであれば、TWOの存在があり得ることになります。現本社となっている磯上通7丁目の三宮プラザビルに本社機能の一部を残すのでしょうか。それともこのONEは他の意味を持つのでしょうか。

lili133.jpg

外構部には植栽が施工されました。木々にはライトアップが行われる照明が備わります。

lili132.jpg

十分な敷地面積があったのでスペースに余裕を感じさせる開発になりました。

lili130.jpg

1階のエントランスホール内部の様子です。壁面に光る「LILLY」の照明ロゴが格好良いですね。レセプションカウンターが設けられています。大企業然とした内装や規模によって、晴れてこのビルに勤務するリリーの社員は誇らしいでしょうね。

lili135.jpg

気になるのは大きな床面積を持つ1階のレセプションホール以外の用途です。コーナー部や南側は仕切られた別部屋になっているようです。角部にはカフェが出店する可能性があります。南側はバンケットホールやカフェテリアのような空間になるのかもしれません。

lili134.jpg

イーライリリーからはまだ公式に新本社での稼働開始予定日等は発表されていません。直近で発表された日本イーライリリーの2017年度決算は2601億円と前年度比7%の成長を遂げました。名実と共に真新しい新本社での門出に相応しい実績を収めた同社。神戸に研究施設を置く独ベーリンガーインゲルハイム社とも様々な分野で提携しているようです。日本法人同士でも繋がりを深める事でベーリンガー社も神戸・三宮に日本本社の移転を検討するような話になったら面白いですね。

イーライリリーの本社については稼働開始後と夜間の様子をまたレポートしたいと思います。

category: イーライリリー新本社屋

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/03/26 Mon. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top

(仮称)磯上オフィス新築工事 日本イーライリリー新本社 

lili120.jpg

磯上通5丁目で建設中の大型オフィスビル「(仮称)磯上オフィス」。地上10階 延床面積23,560.37平方メートルの規模で現在、磯上通7丁目の三宮プラザビル内に本社を構える日本イーライリリーがこの新築ビルに拡大移転します。三宮の大型オフィスビルの多くを手掛ける竹中工務店の設計・施工で建設されてきましたが、いよいよ竣工間近となりました。

lili122.jpg

足場が全て撤去されて外構工事と内装の仕上げが行われています。日本イーライリリーは過去5年で売上高を倍増させており、人員強化が必要とされている上での本社機能の増床となります。

lili124.jpg

1階には店舗もテナントとして入る想定となっており、周辺地区への賑わい創出にも貢献する開発です。

lili123.jpg

この規模の建物なので1,000人単位の就業者がこのエリアに流入する事となり、周辺の飲食店等への影響も大きいのではないかと思われます。

ちなみに日本イーライリリーが抜ける三宮プラザビルですが、同社が居抜きで全フロアを借りていた訳ではなく、地下階から12階までの内、3階の一部と8階は別の企業が入っています。よってリリーが抜けても後継テナントがこのビルを丸々1棟おさえる事は出来ません。地下階以外の空室情報は出ていないのですでにテナントを決まっているのではないかと思います。建て替えによって移転の必要な市庁舎内の各部門の移転先として確保されている可能性もあります。

先日、神戸阪急ビルのオフィスフロアに加えて、三宮1丁目のオフィス開発用地を関電不動産開発が取得した事をお伝えしましたが、更なるオフィスビル開発が進む事を期待しています。

先月、ITメディアというネットニュースで書かれた神戸のオフィス環境についての記事を当ブログでピックアップしましたが、読者の方からの情報で不動産市場情報を提供するCBREが神戸のオフィス市場に関する特集記事を掲載した事を教えて頂きました。

http://koberun.blog56.fc2.com/blog-entry-1593.html
ちょいコアが開く神戸オフィス事情打開の扉

https://www.cbre-propertysearch.jp/article/kobe_area_businessguide-index?c=28766d8613f74e37-ee2d5a823a4ff73a
CBRE 神戸企業進出ガイド

ITメディアの記事は2016年11月の掲載なので、今回のCBREの特集記事とはタイミング的には直接の関連性はないのではないかと思いますが、もし当ブログの記事に呼応する形になったのであれば嬉しい限りです。

嬉しい繋がりの速報ですが、いよいよ神戸阪急ビルの地上躯体工事が開始された模様です!低層部の鉄骨建方を確認しまた。近日中に取材を敢行したいと思います。

category: イーライリリー新本社屋

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/03/07 Wed. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 2

go page top

(仮称)磯上オフィス 日本イーライリリー新本社 

lili112.jpg

3月に竣工予定の建隆マネジメントが竹中工務店の設計・施工で建設中の(仮称)磯上オフィス。日本イーライリリーの新しい本社ビルになる予定ですが、完成が近づき、建物の全貌が見えてきました。

lili114.jpg

南面のファサード見上げです。前回の取材は雨天時だったのでこういうアングルは撮れませんでした。晴天の青空に建物が映えて印象が大きく変わります。

lili116.jpg

低層部周りも足場が撤去されて仕上がりが分かるようになりました。

lili115.jpg

この建物は駐車場を地下に作らず、2階に設けているので、2階に目隠しのルーバーが取り付けられています。よってオフィスフロアは3階からとなっています。

lili117.jpg

コーナー周りの様子です。完成に向けて内装・外構工事が進められています。

lili118.jpg

平日の夜に低層階の数フロアに照明が入ったいる様子が確認できました。大型オフィスビルらしくなかなか壮観でした。

lili119.jpg

東側にエントランスが設けられています。ここだけなのか、コーナー部にもエントランスが設けられるのかは定かではありません。

lili113.jpg

現況だと来月完成、稼働開始はちょっと難しいかもしれませんが、三宮ビル北館に続く大型オフィスビルの竣工が迫っています。双方の大型ビル建設を促したのはいずれも米国企業の日本本社の移転によるものです。神戸で最も大きなオフィスビルはJR神戸駅前にある神戸クリスタルタワーで延床面積が約57,000平方メートルです。1993年の竣工以来、25年間に渡って首位を守っています。一連の三宮再開発でこれを上回るオフィスビルの誕生を切望しています。個人的な予想としてはアイング三宮パーキングの再開発です。

category: イーライリリー新本社屋

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/02/24 Sat. 22:56 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 1

go page top

(仮称)磯上オフィス新築工事 日本イーライリリー新本社屋 

lili104.jpg

建隆コーポレーションが保有・運営するコインパーキング跡地に建設中の大型オフィスビル計画「(仮称)磯上オフィス新築工事」。敷地面積 平方メートルに地上10階 塔屋1階 延床面積23,560.37 平方メートル 鉄骨鉄筋コンクリート造の建物が今春の竣工を目指して工事が進められています。

lili105.jpg

三宮エリアの大型オフィスビルの多くがそうであるようにこの建物も竹中工務店が設計・施工を受注しました。建物外装部がとうとう完成してほぼ全面的に姿を現しました。

lili106.jpg

残る足場は低層部のみですが、養生ネットも外されているので、足場の撤去完了も近日中でしょう。

lili108.jpg

2階部分のアップです。この階は駐車場なので、日の光を入れながら目隠しと日除けとなるルーバーが取り付けられています。駐車場の出入口となるスロープは建物の南側に配置されています。

lili107.jpg

いつもそうですが、新しい建物が立つと、以前の様子を思い出すのが難しくなります。この現場には「いそがみ小町」と命名をされた女性作業員チームが活躍しているそうです。建設業界では人手不足が深刻です。業界への女性の進出を促進する為のプロモーションに力が入れられているようです。

lili109.jpg

建物頂部のコーナーに白幕が被されている部分があります。この建物を1棟借り切って本社屋とする日本イーライリリーのコーポレートロゴである「Lilly」の文字が模られている様子が浮き上がっています。モノトーンの建物に鮮やかな赤のロゴが映えることでしょう。

lili110.jpg

磯上公園から眺める磯上オフィスビル。正式名称が発表される日も近いかもしれません。他の建隆グループ保有の建物同様に、IPSXのようなアルファベット4文字の名称を与えられるのでしょうか。夜間には大きな開口部からはオフィスの明かりが煌々と眩く輝く事でしょう。

lili111.jpg

2基あるタワークレーンの内、まず1基目の解体が始まっています。日本イーライリリーは神戸本社の他、神戸工場や国内20箇所以上の営業拠点を構えており、3,300人の従業員を抱えています。この新本社にも数百人規模が就業する事になりますので、周囲の賑わい創出にも貢献するでしょう。

地場デベロッパーの建隆グループは自社遊休地への大型ビル建設によって日本イーライリリーとの大型長期契約受注に成功しました。向かいのIPSX-EASTには自社ビルを手放したファミリアの本社機能も誘致。立て続けに自社物件に優良テナントを獲得しています。より大型ビルを多く保有する森本倉庫も三宮のツインビルにP&Gやネスレ等の本社を誘致。三宮の再開発が動き出す中、鉄道系やゼネコン等の大手資本デベロッパーの開発が複数計画されています。建隆や森本等の地元勢がこれらの動きにどう対応していくでしょうか。

category: イーライリリー新本社屋

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/02/12 Mon. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top