こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

09« 2017 / 10 »11
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

(仮称)磯上オフィス新築工事 日本イーライリリー本社屋 


順調に建設の進む(仮称)磯上オフィス新築工事です。すでに躯体工事は6階に着手している模様で、南側交差点から建物全体を捉えるのが難しくなってきました。


養生ネットの高さが隣接する磯上アパートとほぼ同じ高さになっています。10階建の建物と6階が同じ高さです。建物用途の違いもありますが、時代によってこれだけ階高が異なるのも面白いところです。


磯上エリアは森本倉庫保有のビルをはじめ、割と大型のオフィスビルが多く揃っています。元は倉庫街だったからでしょうか。


北側の交差点から眺めると面白い光景が広がっていました。角地に立つ山光ビルの両側に磯上オフィスが見えます。

lili75.jpg

国際会館前からも磯上オフィスを建設するタワークレーンが見えてきました。ただビル本体が見える事はないでしょう。ここまで2週間に1フロアのペースで躯体工事が進捗しているので、12月には上棟しているものと思われます。


category: イーライリリー新本社屋

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/09/30 Sat. 09:04 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 1

go page top

(仮称)磯上オフィス新築工事 日本イーライリリー新本社屋 

lili72.jpg

成長を続けている磯上オフィス新築工事です。地上10階建て 延床面積23,560.37平方メートルの規模でイーライリリーが日本本社を移転予定です。だいぶボリュームが出てきて、迫力が凄いです。延床面積が23,000平方メートルという事は単純計算で1フロア2,300平方メートル。勿論全てがオフィスに充当されるわけではないですし、1階部分は店舗と共用施設、2階は駐車場のようなので、オフィス部分の床面積は実際のところ、15,000平方メートル位となるでしょうか。

lili70.jpg

少なくとも足場と養生ネットが周囲の建物と揃ってきたので、街の連続性が出てきました。

lili71.jpg

しかしまだ完成時の半分の高さ程度かと思われます。ボリュームの大きなビルなので、今よりも更にかなり迫力が出てきそうです。現在は恐らく5階の躯体工事に着手している段階と推測します。

lili73.jpg

よって、更にまだ倍の高さになる事でしょう。高さ的には三角屋根の三宮スカイビルが60mですので、ここまでは大きくはなりませんが、ファミリア本社のある白亜のIPSX EASTとスカイビルの間位の高さと想像しています。

lili74.jpg

磯上オフィス新築工事の西隣にあるUR都市機構磯上公園アパートも相当、年季が入っています。1963年竣工なので築55年です。加納町交差点角にあるUR都市機構布引アパートと共に遠くない将来、建て替えられるものと思われます。磯上オフィスの建設が周辺エリアにおける更なる投資への呼び水になる事を期待したいですね。磯上エリアは2000年代初頭はカフェブームで注目を集め、再開発による活性化も期待されましたが、リーマンショック頃までにはその熱も冷え切り、その後は賃貸マンションの建設が続きました。イーライリリー、ファミリアとネームバリューのある企業の本社が次々とこのエリアに進出する事で、オフィス街としての磯上エリアが再度、注目を集めて行くかもしれません。

category: イーライリリー新本社屋

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/09/11 Mon. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top

(仮称)磯上オフィス新築工事 日本イーライリリー新本社屋 

lili66.jpg

建設工事が開始されてから8ヶ月が経過した磯上オフィス新築工事。地場デベロッパーの建隆マネジメントが手掛ける旗艦プロジェクトで、地上10階建て 延床面積23,560.37平方メートルの規模は都心立地のオフィスビルとしては過去15年間に供給された1棟辺りのオフィス床の中で最大ではないかと思われます。イーライリリーが日本本社を移転予定ですが、全フロアを占有するのか定かではありません。

lili69.jpg

工事は順調なようで東側の交差点から全体像を捉えるのが難しくなってきました。現在は4階の躯体構築に着手しているようです。最新の大型オフィスビルとして、階高は非常に大きく、すでに周囲のビルの6階の高さに達しています。

lili67.jpg

磯上公園から撮影した方が全体を上手く捉える事が出来ます。さて、このビルの規模を上回るオフィスビルが次に誕生するとすれば、どこになるでしょうか。神戸阪急ビルのオフィス階の合計は11,400平方メートルと磯上オフィス程ではありません。

lili68.jpg

候補として挙げられるのは以下です。

JRターミナルビル
バスターミナルビル
そごう本館建て替え計画
アイング三宮パーキング跡地

更に将来的には三宮交差点南西街区やさんセンタープラザ等もありますが、まずは堅実路線として上記が可能性としては高いでしょう。特にアイング跡地には大きな期待を寄せています。ここに150m級のアルミカーテウォールに覆われたガラスのタワーが聳える事を夢見ています。私の妄想は結構当たるんですよ。

category: イーライリリー新本社屋

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/08/25 Fri. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 8

go page top

(仮称)磯上オフィス新築工事 日本イーライリリー新本社屋 

lili57.jpg

建設が着々と進む大型オフィスビルである「磯上オフィス新築工事」。イーライリリー日本法人の新本社ビルになる予定です。先週、このビルを取り上げた記事をいよいよ鉄骨建方ショーが始まるとして結びましたが、全くそういった工事にはならなかったようです。

lili58.jpg

外縁部のPCa柱が更に上に伸ばされています。PCa柱の建方が進められていました。しかし前週の工事予定には確かに鉄骨建方の記載がありました。

lili59.jpg

外縁部のPCa柱が一段と高くなりました。3階部分の柱かと思われます。この建物の構造は鉄骨造とRC(鉄筋コンクリート)造とされていました。高層ビルでも低層部をSRC造、中高層部を鉄骨造といった例はたくさんあります。今回も低層部と中高層部を異なる構造で建設する建物だと思っていましたが、どうやら違うようです。

1階躯体の構築時にPCaの柱や鉄筋コンクリートの壁と鉄骨の梁が組み合わされた構造が見えていました。この線でネット検索してみると、RCSハイブリット工法という構造がある事が分かりました。鉄骨造と鉄筋コンクリート造のいいとこ取りといった工法のようです。SRCと何が違うんだと思いましたが、鉄骨は梁のみの建材で、残りの躯体は鉄筋コンクリートとなるのがRCS。一方、SRCは鉄骨の柱や梁を更に鉄筋コンクリートで覆う工法で、頑強ですが、重くてコストが高い構造でもあります。

lili61.jpg

なので、作業予定において躯体工事の合間に鉄骨建方が現れたのは梁部の鉄骨接合の作業が入った為でした。ガンガンと鉄骨が組み上げられる様相を期待していただけに残念!鉄骨建方ショーの開演と舞い上がってしまってお恥ずかしい限りです。まだまだ勉強が足りませんね。。。

lili60.jpg

今回は良い勉強になりました。となると、都心大型案件の鉄骨建方はやはり神戸阪急ビルの地上階工事が始まるまではお預けでしょうか。もしくは牛歩の阪急ビルを他所に意外に早く市庁舎2号館建て替えの方が先になるという可能性もあります。新長田の県市合同庁舎ではそれなりの規模の鉄骨建方が見られそうです。

category: イーライリリー新本社屋

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/07/22 Sat. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 1

go page top