こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

05« 2017 / 06 »07
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

(仮称)磯上オフィス新築工事 日本イーライリリー新本社屋 

lili32.jpg

来春完成予定を目指して建設中の大型オフィスビル「(仮称)磯上オフィス新築工事」。建隆マネジメントが計画し、日本イーライリリーが本社を移転する地上10階建て、延床面積 約23,560平方メートルの事務所ビルとなります。竹中工務店の設計・施工で基礎工事が進んでおりましたが、いよいよタワークレーンが登場しました!

lili35.jpg

前回の記事においてタワークレーンの登場や数に触れましたが、予想通り2基の投入となりました。竹中工務店のタワークレーンはマスト部がシルバーに塗装されており、洗練感があります。

lili37.jpg

タワークレーンの足元周り。すっきりし過ぎていて、建設現場とは思えないですね。クレーンはビルの中央部に設置されており、フロアクライミング方式で鉄骨建方を進める模様です。フロアクライミングは建物の成長に合わせて、台座が上に移動していきます。前回、竹中のシルバータワークレーンが神戸に姿を見せたのは三宮ビル北館の建設工事でした。この際は1基のみの投入でした。

lili36.jpg

敷地内の大部分の配筋とコンクリート打設が完了しています。

lili33.jpg

この建物の鉄骨建方は見応えがありそうです。この規模の鉄骨建方を拝める機会はここ最近では鈴蘭台駅前の再開発ビル建設工事くらいでしょうか。オフィスビルとしては、三宮ビル北館がSRC造だったので、神戸製鋼本社ビル以来です。ただ大林組が施工した神鋼ビルでは敷地面積に余裕があったせいか、鉄骨建方は全てクローラークレーンで完了しました。

lili34.jpg

2006年から2009年位までは、ミント神戸、明治安田生命神戸ビル、神戸旧居留地25番館等の鉄骨造の高層ビル建設が相次ぎ、都心でタワークレーンによる鉄骨建方を楽しむ機会に恵まれましたが、ここ最近は建設される高層建築の主流が鉄筋コンクリート造のタワーマンションとなってしまったので、鉄骨造ファンの私にとってはこの工事に狂喜乱舞です。

今後は神戸阪急ビルやJR駅ビルの建て替え、バスターミナルビル等、鉄骨造の高層ビル建設工事が目白押しの予定です。都心の再開発活発化とマンション価格の高騰化によるマンション建設の抑制から、鉄骨需要の高まりと、コンクリート需要の下落が非常に顕著になっているようです。また最近はホテル建設も急増して、更に鉄骨需要の高まりに拍車を掛けています。

lilly001.jpg

高さ50mの免振構造を採用した最新鋭オフィスビルとなります。来月後半、このビルの建設現場にて女子小中学生と保護者を対象にした「けんせつ小町活躍現場見学会」と呼ばれる見学会が行われるそうです。ウチのちびはまだ2歳ですし、平日なのでどちらにせよ参加はできませんが、羨ましい限りですね。もしこのブログを見ている竹中の方がいらっしゃったら、ぜひご連絡を!(笑)

category: イーライリリー新本社屋

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/06/20 Tue. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top

(仮称)磯上オフィス新築工事 日本イーライリリー新本社屋 

lili30.jpg

磯上通5丁目で建設されている大型オフィスビル「(仮称)磯上オフィス計画」。地場デベロッパーの建隆マネジメントが自社保有地に地上10階 延床面積 約23,560平方メートルの事務所ビルを建設し、核テナントとして磯上通7丁目の三宮プラザビルに現在入居している日本イーライリリーが本社を移転します。このプロジェクトも竹中工務店の設計施工です。三宮のオフィスビル開発は竹中というのが定番になっています。それ以外の大型プロジェクトは大林組がかなりのウェイトを占めています。

lili27.jpg

現場ではかなり基礎工事が進んでいます。この建物の基礎工法は杭を打ち込まずに鉄筋コンクリートの基礎を直接、岩盤の上に構築する直接基礎が採用されているようです。

lili28.jpg

敷地北側ではすでにコンクリート基礎の上に鉄骨の基礎梁が固定されて1階床構築の為にデッキプレートが敷かれ始めています。

lili29.jpg

土台の配筋が行われています。これは想像以上に早く地上部の鉄骨建方を拝めそうです。この規模の建物では通常、基礎や地下階の構築に相当の時間を要します。

lili31.jpg

シルバーのマストが格好良い竹中工務店のタワークレーンの登場が楽しみです。三宮ビル北館では1基のみでしたが、このプロジェクトではどうでしょうか。三宮ビル北館以前に神戸で竹中のシルバーマストのクレーンを拝めたのは当ブログを開設した年である2009年。神戸旧居留地25番館の建設工事でした。神戸阪急ビルは大林組が受注しましたが、JRのターミナルビルはどうでしょうか。規模が大きければJVとなる可能性が高いです。JR大阪駅ビルは竹中、大林を含む5社JVによる施工でした。

category: イーライリリー新本社屋

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/06/02 Fri. 16:01 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top

(仮称)磯上オフィス新築工事 日本イーライリリー新本社屋 

lili23.jpg

磯上通5丁目で着工したオフィスビルプロジェクト「(仮称)磯上オフィス計画」。地上10階 延床面積23,560.37平方メートルの規模となる大型オフィスビルを地場デベロッパーの建隆マネジメントが計画しています。竣工後は三宮プラザビルから米国製薬大手の日本法人である日本イーライリリーの本社が移転します。1階には店舗も開業予定で界隈の賑わい創出に寄与しそうです。

lili22.jpg

この竹中工務店が施工を行っているこの現場の仮囲いも一部がポリカーボネート製に付け替えられており、内部の様子を伺う事ができます。

lili25.jpg

山留壁が構築され、掘削が進んでいます。

lili26.jpg

重機が入れるよう乗り入れ構台もすでに構築されました。今回の建物はこうしたオフィスビルには珍しく地下階がありません。地下通路や地下街からは距離がある為、地下階を設けるメリットがあまりなかったからでしょうか。

lili21.jpg

南側のゲートの横に何か構造物を作っているような気配がありました。現物大のモックアップでしょうか。神戸の建設工事現場でモックアップが登場するプロジェクトを見たことがありません。モックアップとは建物の一部を再現した実物大の模型です。唯一、阿波銀行神戸支店の建え替えくらいでしょうか。明石駅前のパピオスでもモックアップの展示がありました。

三宮ビル北館、磯上オフィス計画と地場デベロッパーと在神戸の外資系企業本社のコラボで誕生する大型オフィスプロジェクトが続きますが、この調子で第三、第四弾の計画も後を追ってほしいですね。三ノ宮駅前エリアはまとまった空室が無いので、オフィス需要は非常に高いです。第三弾はアイング三宮パーキングに超高層オフィスxネスレ新本社+アシックス新本社でどうでしょうか。三宮ビル南館にもまとまった空室が出ますので、移転を考える企業は多いはずです。できれば市外からの企業進出が望ましいですね。

category: イーライリリー新本社屋

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/04/22 Sat. 08:02 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 1

go page top

(仮称)磯上オフィスビル新築工事 



磯上通5丁目に計画されている大型オフィスビル計画が始動しました。地場デベロッパーの建隆マネジメントが駐車場として利用していた同社の所有地に地上10階 延床面積平方メートルの事務所ビルを建設します。



竣工の暁には現在、磯上通7丁目の三宮プラザビルに入居する米国製薬大手のイーライリリージャパンの本社機能がこの新築ビルに移転してきます。竹中工務店が設計施工を受注。



先日まで敷地内の地中障害物解体撤去工事が行われていましたが、ビル本体工事に着手しました!



三点式パイルドライバーによる杭工事が進行中です。三宮でのオフィスビル新規供給は一昨年前に完成した三宮ビル北館以来となりますが、それ以前は6年間、新規供給が皆無でした。他に、まだ既存ビルの解体中ですが、神戸阪急ビルにも1万2000平方メートルのオフィス床が供給されますし、雲井通の再開発によって誕生する高層バスターミナルビルもオフィス機能が想定されています。JRターミナルビルやそごう神戸店の建て替え計画でもオフィスフロアの供給が期待できます。更に将来的にはさんセンタープラザ建て替えでも大量のオフィス床が見込めます。三宮駅前地区におけるオフィス需要は底堅く神戸都心で唯一、オフィス集積に対応が可能でしょう。イーライリリーが移転した後、三宮プラザビルが数少ないまとまった床として生まれる訳ですが、これがどういう速度でどう消費されるのか。今後の三宮のオフィス需要を占う試金石になると思われます。

category: イーライリリー新本社屋

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/02/25 Sat. 06:30 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top