こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

01« 2018 / 02 »03
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.

(仮称)ドーミーイン神戸元町新築工事 

dormyinn10.jpg

解体されたりそな神戸ビル跡地で計画されている共立メンテナンスのビジネスホテル「ドーミーイン神戸元町」の概要が明らかになりました。

dormyinn11.jpg

遂に現地に神戸市のホテル等建築指導要綱による標識が掲示されました!

敷地面積: 1,447.26平方メートル
建築面積: 945.21平方メートル
規模: 地上14階 地下0階
延床面積: 9,741.14平方メートル
高さ: 49.95m
構造: 鉄筋コンクリート造及び鉄骨造
設計: 戸田建設
施工: 戸田建設
客室数: ?

dormyinn12.jpg

高さは50mと界隈の建物の中では最も大きくなります。以前の建物と比較すると倍近くの高さになるのではないでしょうか。

また延床面積の規模は現在までに具体化されている新規ホテルプロジェクトの中では神戸阪急ビル内に開業予定のREMMをも上回る最大級の計画となります。

計画中ホテルの延床面積ランキングは以下となります。

1. ドーミーイン神戸元町
2. 神戸阪急ビル ホテル部(REMM) 約7,800平方メートル
3. 神戸ルミナスホテル三宮 7,648.28.平方メートル
4. コンフォートホテル神戸三宮 7,163.79平方メートル
5. 相鉄フレッサイン神戸三宮 5,608.36平方メートル

dormyinn15.jpg

神戸市の景観条例による建築計画のお知らせも掲示されました。

dormyinn14.jpg

既存建物の基礎躯体を残した状態です。山留壁として再利用後、解体されます。

dormyinn16.jpg

着工は2018年5月末を予定しているようです。気になるのは天然温泉の掘削を行うのかどうか。着工まで半年あるので、工期としては十分な時間があります。最上階の展望大浴場はポートタワーが見える露天風呂が売りになるかもしれません。南京町入口の好立地にて大型ホテルプロジェクトがいよいよ動き出します。

category: りそな銀行ビル跡地

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/12/12 Tue. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 4

go page top

りそな神戸ビル跡地 ドーミーイン進出予定地 

dormyinn08.jpg

解体工事が完了したりそな神戸ビル。南京町の海栄門横がすっかり開放的になりました。

dormyinn06.jpg

ドーミーインの建設を計画している共立メンテナンス社内ではどんなプランが練られているのでしょうか。本当であれば南京町の入り口には全てホテルが立地するはずでした。東側の長安門横には神戸元町東急REIホテルが営業していますし、南側の海栄門横にはドーミーインが建ちます。写真奥中央に赤い建物が確認できるかと思いますが、ここにもホテルが計画されていました。広島の不動産会社アーバンコーポレーションが西安門前に地上13階建てのホテルを2009年に完成させる予定でした。当時も神戸はホテル建設ラッシュに湧いていましたが、リーマンショックによって半数の計画が頓挫しました。アーバン社も煽りを受けて倒産。計画地は和田興産がマンションを建設しました。

現在のホテル建設ラッシュは2008年のラッシュを規模では大きく上回りますが、普通のビジネスホテルが多く、2008年の頓挫したホテル計画には第一突堤や中突堤のプロジェクト等、なかなか夢がありました。

dormyinn07.jpg

敷地内の様子です。ビルが立っていた際は気づきませんでしたが、こんなに大きな敷地だったのですね。旧ビルの基礎外周部のみは残された状態です。これは新しいビルを建てる際、基礎工事にて掘削した部分の側壁の崩れや水の侵入を防ぐ為に、通常、構築が必要な山留壁の役割を担います。基礎構築後は解体されます。

dormyinn09.jpg

資材置場として使われていた西隣のコインパーキングも営業を再開しました。ここも敷地にふくまれないかなと淡い期待を抱いていましたが、やはりそうはならなかったようです。もしくはドーミーインの着工まで暫定的に駐車場が復活したと勝手な想像もしてみたり。パーキングとの境には仮囲いがすでにあるので無理かな。

category: りそな銀行ビル跡地

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/11/12 Sun. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top

りそな神戸ビルの解体工事が始まる (仮称)神戸元町解体計画 

dormyinn01.jpg

りそな銀行神戸支店がJR三ノ宮駅前の三宮ビル北館に移転し、それまで支店が営業していた栄町通にあったりそな神戸ビルは共立メンテナンスに土地と共に譲渡されました。南京町の南側入口角地に面したこのビルは観光拠点としても最高の立地にあります。老朽化したオフィスビルをこの場所に所有していてもあまりメリットはありません。譲渡からすでに1年以上が経過していましたが、ようやく建物の解体撤去工事が始まりました。

dormyinn04.jpg

解体工事を請け負ったのは戸田建設。(仮称)神戸元町解体計画と工事名が名付けられました。既存ビル解体工事に工事名称を付与することは珍しいです。労災保険関係成立票から確認できる工事期間は今年9月末までのようです。

dormyinn02.jpg

隣接するコインパーキングも閉鎖されました。

dormyinn03.jpg

近隣工事の期間中は閉鎖するとあります。閉鎖期間は7月末までとしています。解体工事の期間中のみ閉鎖されるようです。8月からは営業を再開するということでしょうか。しかしこのパーキングでは地質ボーリング調査実施の目撃情報もあります。私の予想としては、りそな神戸ビルの解体完了後、パーキングは営業を再開、りそなビル跡地では温泉の掘削工事が始まるのではないかと思います。温泉が湧いた暁には、敷地が一体化されてホテルが着工されるのではないかと踏んでいます。

dormyinn05.jpg

共立メンテナンスが取得したという事は必然的にこの地に同社が運営するホテル「ドーミーイン」を開業することはほぼ間違いないでしょう。先日ご紹介した金沢を訪問した際、初めてドーミーインを利用しましたが、なかなか快適でした。英語表記すると「Dormy Inn」です。Dormitory(寮・下宿)が由来となっていますが、同社の社業が寮・下宿の運営に端を発していることから、この名称が与えられています。しかしその名前のイメージが邪魔して、これまで数多いホテルチェーンの中から敢えてドーミーインを選択する気になれませんでした。

調べてみると、ドーミーインは天然温泉の大浴場を「売り」としており、全国の多くのドーミーインが天然温泉を冠としたホテルになっています。昨今、大浴場を備えたビジネスホテルは多いですが、天然温泉を掘る程のこだわりを持っているホテルは多くはありません。これをきっかけとしていざ宿泊してみると、トイレはユニットではない上、朝食のバイキングも種類が多く、出来立てオムレツも提供しています。温浴施設も広く快適でした。最近はホテルのカテゴリーも単にビジネスとシティホテルという二種類で括るのが難しくなってきました。ドーミーインやまだ神戸未進出のリッチモンドホテル、トアロードで建設中のカンデオホテルズ等、これまでのビジネスホテルの常識を覆し、上質な部屋やサービスをシティホテル以下の価格で提供するプチプラ的なホテルチェーンが増えています。

ドーミーインは兵庫県内ではすでに姫路に進出済です。さて、神戸の開業時期はいつになるでしょうか。元町でも温泉が湧くでしょうか。


category: りそな銀行ビル跡地

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/03/25 Sat. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 2

go page top

りそな神戸ビル跡地の再開発の行方 

risona01.jpg

三宮ビル北館に移転したりそな銀行神戸支店。移転後、支店が入っていたりそな神戸ビルは同行が所有していましたが、築古のオフィスビルの為、売却されました。土地を取得したのは共立メンテナンス。全国でビジネスホテル「ドーミーイン」を展開する企業です。従って老朽化したこのビルはいずれは解体されて建て替えが進められると思われます。その際は恐らくドーミーインとしてホテルが開業することが濃厚です(同社は学生会館やシニア向け住宅も手掛けていますが、まさかこの場所にそうした建物は立てないでしょう)。

ドーミーインは現在、兵庫県内では姫路に進出しています。近畿では他に大阪に3店、京都に1店、和歌山に1店。同社ホテルチェーン内においての神戸は空白地域となります。天然温泉や大浴場が売りのビジネスホテルです。

これまで建設中もしくは建設が予定されている都心エリアの新規ホテル計画は下記の4件。

◇神戸市中央区江戸町計画
◇ホテルモンテエルマーナ神戸新築工事
◇カンデオホテルズ神戸トアロード新築工事
◇ユニゾイン神戸三宮プロジェクト

これにりそな神戸ビル跡が加わると5件。

更に阪急三宮駅ビル内に阪急のホテルチェーン「REMM」の進出が検討されています。JR西日本のターミナルビル建て替えでも温泉掘削に成功し、高層階にホテルを入れる事はほぼ間違いないでしょう。今回のホテル建設ラッシュはリーマンショック前に起きていたラッシュを上回る規模になりそうです。

category: りそな銀行ビル跡地

2016/01/19 Tue. 07:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top