こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

10« 2017 / 11 »12
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

プラウドタワー神戸県庁前 

proud46.jpg

全但タクシー本社跡の再開発プロジェクトとして建設が進められてきた野村不動産のタワーマンション「プラウドタワー神戸県庁前」。地上28階 高さ97.16mの細身で美しいタワーがいよいよ竣工を間近に控えています。外装工事は低層部や公開空地等の整備を残すのみとなり、内装工事も最終段階を迎えているものと推測します。

proud47.jpg

ガラス手摺とタイル調パネルの組み合わせ方が絶妙です。エレベーターホール部はオフィスビルのようにガラスカーテンウォールが採用されています。また手摺ガラスも反射性の高い物が使われているので、空を印象的に映し出します。時間帯によって刻々と表情を変えていくタワーになることでしょう。

proud49.jpg

周囲は教会や近代建築が立ち並ぶ歴史感を持った官庁街なので、重厚感とスタイリッシュさがデザインに求められました。見事にその両立を成し遂げた美しいタワーマンションの誕生です。新神戸のタワーにも引けをとらないでしょう。

proud53.jpg

ようやく兵庫県公館とのツーショットが完成しました。神戸の新たな新名物風景が誕生したと思っています。

proud52.jpg

公館正門から立ち上がる姿も様になっています。あまりにモダン過ぎるデザインではこうはならなかったでしょう。違和感を感じません。

proud51.jpg

この規模でこの高さだからこそこのスリム感が出せたのは言うまでもありません。ただ周囲のタワーと比較すると小粒感は否めなく、存在感があまりないのが唯一残念ですね。

proud50.jpg

北面の見上げです。ガラスのタワー感が良い感じです。三宮東地区で建設中のシティタワーにもこれ位のガラス感や透明感を期待しています。こうした建物は実際、完成予想パースで描かれている程の透明感は無かったりすることが多いのですが、この建物は一切期待を裏切らない出来となりました。

proud48.jpg

低層部の最終仕上げが行われています。植栽も進められており、工事中に設置されていた仮囲いもすでに簡易の物に取って代わられています。次回のプラウドタワー神戸県庁前の取材では、この低層部周りの完成した様子とお待ちかねの夜間のライトアップの様子を確認してきたいと思います。

proud60.jpg

遠望してもデザインの良さが光ります。こうしたデザインのタワーがもっと増えて欲しいものですね。設計・施行は奥村組が担当しました。全く良い仕事をしてくれました。基本コンセプトは野村不動産側が出したのでしょうか。

proud59.jpg

最後は市役所展望ロビーからの遠望で締めくくります。近日中に兵庫県公館との夜間ライトアップのコラボショットがお見せすることができればと竣工を楽しみに待っています。


category: プラウドタワー神戸県庁前

2012/01/28 Sat. 09:39 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 4

go page top

プラウドタワー神戸県庁前 

proud34.jpg

約3ヶ月ぶりのプラウドタワー神戸県庁前の建設状況です。全但タクシー本社跡地に野村不動産が建設中の地上28階 高さ97.16mのタワーマンションプロジェクトで、来年1月の竣工を前に建設工事もいよいよ佳境に入ってきました。

proud37.jpg

建物北面に備わるエレベーターホールと思われる場所はガラスカーテンウォール調になっており、ガラスの透明感と石の重厚感を組み合わせたセンスのあるファサードです。上棟しているので、最上階28階のスカイラウンジまで一直線に気持ちよくガラスがはめ込まれています。

proud41.jpg

今回の記事で特筆すべき点は…そうです!塔屋が完成しています!28階スカイラウンジと塔屋は清潔感且つモダンな雰囲気を持ったホワイトで統一されています。想像していた感じとは異なり、良い意味で期待を裏切られました。手摺のガラスはめ込み作業も24階まで完了しています。

proud38.jpg

まだネットを被っていますが、スレンダーで美しいプロポーションを持ったタワーです。塔屋部分にはライトアップが施されるようです。住戸はすでに完売したようです。このご時勢でましてやタワーマンションのように戸数の多い物件を完成前に売り切ることは珍しいのではないでしょうか。やはり立地性、スリムタワーにすることによる角住戸占有率アップや戸数増加の抑制、美しい外観等を揃えたトータルパッケージングが成功したということでしょうか。

proud35.jpg

タワーパーキングの建設も開始されました。すでに鉄骨建方は完了しています。通り沿いとしてはファミリーマートを介しているように見えますが、同タワーの敷地内です。

proud39.jpg

再び兵庫県公館と絡めたショット。早くネットを外した状態で撮影したいものですね。

proud36.jpg

そして神戸栄光教会とのツーショットも。

proud44.jpg

今回は兵庫県公館の南側にも回ってみました。重厚な門構えと覆い茂る緑、そしてプラウドタワー神戸県庁前。高層建築が街の景観を崩すという意見もありますが、個人的には良いバランスだと思います。

proud43.jpg

一部、ガラス手摺がネットから顔を出していました。反射性の高いガラスですので、プライバシーも守りながら、青空や夕焼け等をよく映して色々な色に染まるタワーになることでしょう。

proud42.jpg

今回は回ったことがなかった南側からも見上げてみました。南面は中央部もガラス手摺が採用されています。

proud45.jpg

ラストはいよいよ最小サイズにまで近づいたタワークレーン。まだ作業用エレベーターも撤去されていないので、こちらが片付いた後に姿を消すものと思われます。次回の記事では竣工の姿をお届けしたいと思います。

proud40.jpg

おまけ:県庁前広場から眺めた居留地方面のスカイライン。遠目で低い建物や遮蔽物の後ろにニョキニョキと姿を見せる高層ビルが連なる様は何とも言いようがない程、好きな風景です。



category: プラウドタワー神戸県庁前

2011/10/13 Thu. 07:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 4

go page top

プラウドタワー神戸県庁前 

proud25.jpg

全但タクシー本社跡地に建設中のプラウドタワー神戸県庁前(地上28階 高さ97.16m)がいよいよ上棟を迎え、塔屋の建設に到達しました!私にとっては超高層マンションの場合、塔屋の存在が非常に気になります。超高層マンションはオフィスビルやホテルと比較して、デザイン上の制約が多いので塔屋で差別化やバランスを取っていることが多いかと思われます。このプラウドタワー神戸県庁前はファサードの意匠等にも色々と工夫が凝らされていますが、さらにその上で、大きく見映えのする塔屋も備えており、神戸都心部のタワーマンションの中でもベスト3に入る外観を持ち合わせていると思います。

proud27.jpg

ほぼ完全形の姿が分かるようになりました。これでもう少し高さがあれば言う事なしだったかと思います。立地条件や戸数の少ないこともあり、販売は好調のようです。

proud26.jpg

防護ネット越しにガラスフェンスの様子が伺えます。エレベーターホールの窓と併せてすでに空を映し出して、青色に染まっています。反射ガラスを多用した建物の特徴的な透明感が格好良いです。早くネットが取り払われた完全形が見てみたいものですね。

proud28.jpg

先日の取材でもお見せしましたが、隣り合う兵庫県公館と絡めて。近代建築の新旧コントラストはこれまた絵になるかと思います。

proud29.jpg

こちらはまた別パターンのコントラスト。隣接する神戸栄光教会とプラウドタワー神戸県庁前。赤レンガの美しい教会は震災によって倒壊しましたが、2004年に元の形に再建されました。どことなくタワーの塔屋周辺が同教会の鐘楼に似ている気もします。

proud31.jpg

神戸市役所展望ロビーからの遠望です。スマートな外観のせいか約100mの高さがあるにも関わらずあまり目立つ感じではありません。近接する兵庫県庁や兵庫県民会館等、50-60mの高さのある建物に囲まれていることも一因でしょう。

proud30.jpg

以前、同建物のデザイン公表前に私が作成した予想パースです。建物の細さや位置はほぼ一致していますが、やはり多少高さが異なりましたね。

proud32.jpg

ラストは同じアングルを更にアップで。

余談ですが、重厚な兵庫県庁も1-3号館までありますが、超高層化して一棟にまとめて、跡地を有効的に活用できないものでしょうかね。2-3号館のある土地を売却して新庁舎の建設費用に充て、売却相手には土地の半分を緑豊かな公園として整備させる。都心のオアシス誕生と再開発による土地の有効活用、そして建物の老朽化が進む県庁舎の耐震化も図れます。

proud33.jpg

P.S. 本日、タワークレーンが二基に増えているのを確認しました。二基目のクレーンはこれまで建設を担ってきたメインの解体用に設置されたものです。これから序々により小さなクレーンが設置されて、完全にタワークレーンが姿を消していくことになります。


category: プラウドタワー神戸県庁前

2011/07/17 Sun. 00:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top

プラウドタワー神戸県庁前 

proud19.jpg

野村不動産が進める全但タクシー本社跡地の再開発プロジェクト「プラウドタワー神戸県庁前」です。完成すると地上28階、高さmのタワーマンションになりますが、すでに27階の躯体工事に突入中。もう上棟は目の前です。上棟するといよいよ特徴的な塔屋の建設が始まります。超高層レジデンスの場合、どんなに本体のデザインが平凡でも塔屋次第で大きく印象が変わると思います。このタワーのデザインは双方バランスが取れていると思いますが。

proud24.jpg

スリムなタワーなのは分かっていましたが、実際この高さになると「細!」と思ってしまいますね。特に東西方向はそう見えるのでしょう。

proud20.jpg

低層階のフェンスには透明感を演出する反射性の高いガラスがはめ込まれ始めています。ガラスカーテンウォールを使用せずとも、スタイリッシュなガラス感を醸し出しつつ、クラシカルな雰囲気を合わせ持つデザインです。早く防護ネットを取り払った素の姿を拝みたいものですね。

proud21.jpg

兵庫公館と絡めて。この近代建築に隣接していなければ、このタワーもこのようなスタイリッシュさはなかったのではないでしょうか。配色も公館に合わせたかのようです。

proud22.jpg

今後は西側からブリリアタワー神戸元町と絡めて。囲まれ感が何とも格好良い景観を生み出しています。兵庫県警本部が通りの逆側にあったら、もっと締まった景色になっていたでしょう。先日、ご紹介した住吉もこんな感じになるかと思います。

proud23.jpg

最後はアップで。スッと立ち上がったような佇まいはすでに風景に溶け込み始めています。このタワーはライトアップが施されるようですので、久しぶりにライトアップタワーズのシリーズに1ページ追加することができそうです。美しく照らし出された兵庫公館とのコラボを撮るのが今から楽しみです。





category: プラウドタワー神戸県庁前

2011/06/21 Tue. 00:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 2

go page top