こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

04« 2017 / 05 »06
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

ザ・パークハウス神戸ハーバーランドタワー周辺の夜景 

parkhouse001.jpg

先週末は開港150年にあたる年の神戸まつりとあって都心やウォーターフロントが大いに熱く盛り上がっていたのではないかと思います。天気もこの上ない程の快晴でした。そんな素晴らしい週末に私は何をしていたかというと、床に臥せていました・・・。週内にこじらせた夏風邪が長引き、快晴の窓の外に目をやっては溜息をついていました。皆様も寒暖差が大きいこの時季はお体にお気を付け下さい。

よって今週は撮影ストックがあまりないので、更新は控えめになるかと思います。今回は以前から取材し損ねていたハーバーランドのザ・パークハウス神戸ハーバーランドタワー周辺の夜景の様子をレポートします。

parkhouse005.jpg

同タワーの敷地は面積の半分以上が公開空地に充当されています。建物の北側にはガーデンテラスと名付けられた広場があります。

parkhouse003.jpg

同タワーへのエントランスアプローチです。

parkhouse004.jpg

植えられた木々は全てライトアップされています。

parkhouse008.jpg

将来はこれらの木々が成長して緑が覆い茂る木陰スポットになることでしょう。

parkhouse007.jpg

ハーバーウォークに面した南側の様子です。

parkhouse006.jpg

明度を抑えた落ち着きのある夜間風景が広がります。

parkhouse002.jpg

闇に浮かび上がるタワーの見上げです。

parkhouse009.jpg

ポール照明が整備されたガス燈通りの様子です。

parkhouse010.jpg

このポール照明は市内に点在していますが、ポール部の耐久性が無いのか劣化が速く、昼間見ると少し興醒めします。

関連記事

category: ライトアップタワーズ

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/05/23 Tue. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 2

go page top

新港突堤西地区(第一突堤基部)再開発事業者公募 

daiichitottei03.jpg

いよいよ神戸市が新港突堤西地区(第一突堤基部)再開発事業者の公募を発表しました。神戸みなと温泉蓮の北側に位置する2つの街区を合わせて総事業面積34,000平方メートル、譲渡面積は約24,500平方メートルとなります。最低譲渡額は6億8000万。より大きな北側のA街区は商業地域と準工業地域、海側のB街区は準工業地域です。A街区の内、商業地域である約1ヘクタールは建ぺい率80% 容積率500%。準工業地域の残りの敷地は建ぺい率60% 容積率200%です。但し準工業地域は都市再生特別措置法の容積率緩和によって400%まで引き上げられます。

事業者には開発項目や建設する施設に対して以下の事細かな条件が課されます。

①文化・集客・業務・商業そして高質な住機能等を導入した複合的な土地 利用を図ること。導入する機能の割合として、高質な住機能以外の施設の建築面積が全建築面積の合計の過半以上とすること。文化機能と住機能を含まない提案は認めない。住宅は700戸を最大とし、A街区のみに整備し、住戸は3階以上に設置。文化機能は1,000平方メートル以上とする。

②夜間照明演出を行い、建物の電飾やライトアップも義務付ける。

③緑地広場、歩道、水際テラスデッキ、電柱地中化、両街区を連結し、居留地方面へのアクセス向上を促進する2階レベルの歩行者デッキ(エレベーター付)等の整備を行う。

今後のスケジュールですが、8月に事業公募者の申し込みとプレゼンテーションが行われ、9月上旬には優先交渉権者を決定、下旬に事業計画実施を決定、来年3月に土地の引き渡しが行われる予定となっています。

daiichitottei04.jpg

さてどのようはコンペになるのでしょうか。まずは複数の応募者がある事、魅力的なコンペ案が出される事を期待したいですね。市は今秋以降にA街区内に存在する建物の撤去を実施する予定です。事業者は土地の引き渡し後、6ヵ月以内の現地着手が求められ、4年以内の施設操業が必要とされます。タワーマンションと文化商業施設を組み合わせた開発計画になる事が予想されます。バスターミナルビルの事業提案のように大手不動産会社とゼネコン等の企業連合によるコンペになると面白いと思います。近隣に倉庫施設を持つ財閥企業にも期待したいですね。殺風景な港湾地区が徐々に潤いのあるウォーターフロント地区へと変貌を開始します。

category: 新港突堤西地区再開発

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/05/19 Fri. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 10

go page top

神戸ポートタワー南のレストラン&カフェ「SO.TABLE KOBE 0330」 

merikenrestraunt01.jpg

神戸ポートタワーの足元で建設中のレストラン&カフェ「SO.TABLE KOBE 0330」の工事状況をレポートします。港という立地性から輸送用コンテナを活用した個性的な外観を持つ地上2階建て 延床面積332平方メートルの建物になります。

merikenrestraunt03.jpg

すでに鉄筋コンクリートの基礎の上に複数のコンテナを組み合わせた建物の躯体が構築済です。

merikenrestraunt02.jpg

開口部に窓枠とガラスもすでに取り付けられています。想像以上に開口部が多いようです。店内から港の景色を堪能できるように設計されているのでしょう。

merikenrestraunt05.jpg

内部をよく見てみると、コンテナの開閉扉の取っ手が見えます。本当にコンテナなんですね。これまでも神戸港ではアートの祭典ビエンナーレでコンテナが展示スペースとして活用されたりして、意外に使い勝手が良さそうです。建築コストが安くできるのであれば、今後、活用の場は増えていくかもしれません。東遊園地にもコンテナを活用した飲食店の開業を考えても面白いかもしれません。

merikenrestraunt04.jpg

1階に45席、2階には多目的スペースや個室が設けられます。営業終了時間は23時を予定しているようで、夜遅くまで楽しめます。テイクアウトメニューも充実の予定という事で、ウォーターフロントの散策を楽しむ方法が増えそうです。6月末開業予定です。

merikenrestraunt06.jpg

GW明けの最初の週末でしたが、日曜はよく晴れて行楽日和でした。メリケンパークは大いに賑わいを見せていました。毎年、この時期恒例の神戸港カッターレースがあったり、今週末に開かれる神戸まつりに備えて神戸サンバチームが公開練習を行っていたりと、イベントが多かった事もありますが、それを差し引いても賑わっていました。ただ課題も見えてきた気がします。

merikenrestraunt07.jpg

天候に恵まれたこの日。すでに直射日光の下では暑さを感じました。現在、芝生広場がまだ芝の養生で閉鎖されている事もありますが、開放感を追求した反動で、日除けがあまり存在せず、涼しい時季は良いが、真夏は寄り付けなくなる可能性が高いです。植えられた木々の成長にも時間を要します。私も家族と今回の改修対象から外れた公園西側の木陰に退避しました。そこには後から大勢の人々が詰めかけてきました。

merikenrestraunt09.jpg

運行を始めたルーフトップを外した2階建てバスも人気を博しているようです。このバスも真夏や真冬の需要はどうでしょうか。一時は人気が沸騰した水陸両用バスも最近は姿を見ません。その巨体さから交通事故を多発させ、国交省から運行自粛要請を受けたようです。営業再開の目処は立っていません。このバスはシティーループ並みに定着して欲しいですね。そう言えばシティーループがメリケンパーク内を運行する話はどうなったのでしょうか。警備員の方の戯言だったのか、安全性から撤回されたのか。


関連記事

category: メリケンパークリニューアル

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/05/18 Thu. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 1

go page top

(仮称)イオンモール神戸南 新築工事 

ionmall223.jpg

いよいよ先行開業まで1ヶ月半に迫ったイオンモール神戸南。建設工事はまだ継続していますが、完成に向けて着々と工事の歩みが見えています。テナント誘致状況について続報はありませんが、建物は着実に出来上がりつつあります。

ionmall224.jpg

新川沿いの運河プロムナードに洒落た街路灯が姿を現しました。

ionmall225.jpg

また、モール側だけでなく、手摺り柵沿いにも木々が植樹されました。柵に沿っての路面はすでに煉瓦ブロックの敷設が完了しているようです。

ionmall226.jpg

残りの部分のプロムナード化も着々と進んでいます。波止場町のプロムナードもここまでしっかり作り込むべきだったと思います。中途半端な予算で中途半端な出来なら、やらない方が良かったと思います。税金の無駄使いです。新川の対岸にもこの街路灯が付くでしょうか。統一して、雰囲気を盛り上げて欲しいと思います。これまでの兵庫区の下町感に洒落っ気のアクセントが付いて良いと思います。

ionmall227.jpg

モールの東側面も完成形が見えてきました。

ionmall228.jpg

建物躯体工事の最後に回されていたメインエントランス部です。弧を描いた半円状のエントランスが現れており、その上にモールロゴを配した構造壁パネルとテラスが構築されています。

ionmall229.jpg

こちら側を描いたパースは公開されていないので、とても新鮮です。エントランス前には賑わいを生む広場も整備されるでしょうか。道路を挟んだ向かいの中央卸売市場との間にできる空間となるだけに、両施設間の回遊性を生む工夫がこの広場に付与される事を期待したいですね。

ionmall230.jpg

駐車場棟にも装飾とロゴが付きました。尚、前回、このモールに関して掲載した記事に載せたイオンスタイルの店内写真はとある既存店で撮影したものです。求人によるテナントの出店状況を見てみると、やはり先行開業する食品スーパーとその周囲の飲食店にまだ限られています。以前、挙げた果汁工房果、伝説のすた丼屋/名物すた丼の店・デンバープレミアムのほか、サーティワンアイスクリーム、たこせんの永楽堂、Jack in the Donuts、肉工房千里屋等、やはりまだ食品、飲食系のテナントのみに限定されています。物販系のテナントはやはり夏以降に明らかになってするのではないかと思われます。

関連記事

category: 中央卸市場跡地

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/05/17 Wed. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top

(仮称)神戸市中央区江戸町計画新築工事 神戸市庁舎4号館跡地再開発  

luminous108.jpg

神戸市庁舎4号館跡地で建設中の「(仮称)神戸市中央区江戸町計画新築工事」。神戸ルミナスホテルが地上19階 地下1階 室のビジネスホテルを計画しています。兵庫区の村上工務店の施工で建設工事が進んでいますが、同社とても初の高層建築施工となっています。

luminous109.jpg

頑強な鉄筋鉄骨コンクリート造の構造である為、工期は長く、成長スピードはゆっくりですが、気がつけば躯体工事は7階-8階に到達し、以前の建物並みの規模になってきました。

luminous110.jpg

周囲の建物の高さを越えるにはまだ時間が掛かりそうですが、高層階まで達するとかなり突出してくるかと思います。

luminous111.jpg

江戸町筋は幅員の狭い裏通り的なイメージが強いですが、小粋な通りです。建設中のこのホテルも含めて高さ60m以上ある建物も3棟立ち、密度の高い高規格、高度利用の進んだ通りです。神戸はなぜか大通りよりもこうした小さな通りではよく行き届いた開発が進んでいます。反面、大通りのしかも駅前や交差点付近という都市の顔にあたる部分は低度利用が目立ちます。

luminous112.jpg

まだ少し厳しいですが、市役所展望ロビーからもタワークレーンや建設中の躯体が見えるよえになってきました。上棟すると結構な存在感になりそうです。

関連記事

category: 市役所4号館跡地

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/05/16 Tue. 06:00 [edit]   トラックバック: -- | コメント: 0

go page top

安田不動産保有の旧石井スポーツビルが解体 

ishi02.jpg

三宮中央通りに面した一等地に立つ老朽化した空家の商業ビルがあります。かつては破綻した家電量販店のニノミヤが店舗を構えていましたが、撤退して石井スポーツビルとなりました。しかし同社もダイエー三宮駅前店に移転し、建物所有権は安田不動産に移りました。

ishi03.jpg

地上6階建ての店舗ビルですが、一時期は1階のみテナントが入ったりしていた事もありましたが、直ぐに再び空きビルとなりました。都心の一等地に老朽化した幽霊ビルをいつまでも放置しておく訳にもいきません。安田不は同ビルの解体を開始しました。

ishi05.jpg

解体工事は年内いっばい掛かるようです。気になる跡地の開発は現状未定です。暫定的な店舗ビルの建設が視野に入っているようです。

ishi04.jpg

安田不は三宮中央通り沿いや近隣の三宮センター街内も含めて合計10棟の建物を保有しています。今回の解体が始まったビル周辺では朝日生命三宮ビルを挟んで京町商店街の角地に立つシルバーのビルも同社の所有ビルですし、周囲に密集する旧ダイエー村の各ビル跡も同社が譲渡を受けて建て替えや既存ビルの改装を行いました。将来的にはこれらの敷地を一体集約化して、大規模再開発ビルの建設も念頭にあるものと思われます。

ishi07.jpg

クレフィ三宮も同社の保有、運営する商業施設です。オセロのように交互に同社保有のビルが並びます。

ishi08.jpg

三宮駅前地区の再開発が本格化へ向けて前進を始めた中、神戸都心部最大の集客力を誇るセンター街も今後、大きな変貌を遂げる可能性が出てきています。いよいよさんセンタープラザの建て替え方針が具現化に向けて進み始める模様です。その大きな変革の中で安田不動産が担う役割は自ずと高まるのではないかと思われます。

yasudashoyu.jpg

さんセンタープラザの建て替えが決定すれば、センター街も現状の姿を留めておく事は不可能でしょう。街区も含めた再編が議論され始めるかもしれません。センター街内の他の再開発ビルや商業ビルも老朽化がかなり進んでいる建物も多く安田不とビブレを有するイオンが手を結べば、更に再開発への道筋に弾みがつく事でしょう。

神戸の都心商業地区全体に再開発の熱が波及していくと、開発の連鎖が起きていく事が予想されます。オーバーストアを懸念する保守的な声も上がるでしょうが、広域圏に対して神戸の求心力強化や商圏の拡大という攻めの姿勢で望まなければ、パイは増えません。四国を含めた神戸以西広島以東の広域拠点としての地位確立を目指すべきでしょう。

ishi06.jpg

ユザワヤ横の建物も何やら改装中です。

関連記事

category: 三宮センター街

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/05/15 Mon. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 2

go page top

神戸市庁舎2・3号館の建て替えに関するご意見募集 

2gokan04.jpg

当ブログ読者のkenkenboboさんからのご提案で、現在、懇話会が立ち上げられて計画の概要が検討されている神戸市庁舎2、3号館の建て替えについて、読者の皆さんのご意見を募集したいと思います。

懇話会は有識者を集めてこれまで3回実施され、議事録が公開されています。この議論の中味を見ても、正直な話、有効な具体案はほとんど語られていません。次回第4回がまさに来週開かれる予定です。

http://www.city.kobe.lg.jp/information/committee/finances/arikata/index.html

久元市長は少なくとも2号館跡には1号館と同規模の床面積が必要という考えを示しましたが、これに対して懇話会の委員はツインタワーは圧迫感が出るから、現在の建物と同規模で考えるべきや(悲願の国による特定都市指定によって容積率等の規制緩和や補助が期待できるにも関わらず)、市庁舎の建て替えの議論に対して路地裏の魅力を語ったり、ナレッジキャピタルの導入(すでに阪急ビルで産学連携施設を計画している他、バスターミナルビルにも類似の構想案が提案されている)等、首を傾げたくなる発言が多く、委員の資質への疑問や不勉強、不用意が目につきます。

3gokan.jpg

この懇話会で協議された結果に基づいて、建て替え計画の概要が決められるとは思いませんが、我々の意見が一定の抑止力になる事を期待したいと思います。

当ブログコメント欄に自由に意見を書いて頂きたいと思いますが、懇話会の協議内容に対して、このブログにてまとめられる意見である以上、「建て替え」が前提であり、公園や広場にするという意見は予めご遠慮頂きたいと思います。

私の個人的な案はすでに当ブログで何度か述べていますが、更に以下にまとめてみました(実現可否や予算は度外視しています)。

2号館低層部:

-低層部の建物内外を緑化して、まるで植物園のような空間に(外観の参考はアクロス福岡。全体像の参考は東京・豊島区のとしまエコミューゼタウン)。駅方面から見ると、低層部が緑の山に覆われている高層ビルが立っているという風に見え、インパクト大。

-内部も木々が生い茂り、泉が流れている吹抜け空間の中に夜まで営業しているレストランやカフェ、イベントゾーン、ベンチャー企業向けのスタートアップオフィス、公共センターと中央区役所機能の一部、そして中高層階に入るホテルのロビー。吹抜けは高層階まで広げ、開放感を演出(イメージはシンガポールのマリーナベイサンズの低層部)。従って昼夜問わず、市民や観光客等の人の出入りがあって賑わいが生まれる。

-低層部の構造は1号館と一体化して、床面積を広げる他、東遊園地への動線を確保。

2号館中高層部: 外資系ハイグレードホテル

2号館高層部: 大倉山の中央図書館を移転。数フロアを使って日本一高い場所にある図書館に。

3号館: 勤労会館の機能と残りの中央区役所及び2号館の市庁舎機能。

皆さんのご意見もお待ちしています。

関連記事

category: 三宮再整備

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/05/13 Sat. 17:06 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 31

go page top