こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

09« 2016 / 10 »11
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

海外探訪 IR(統合型リゾート) in シンガポール 

SG2.jpg

今回は神戸ネタをお休みして、海外から学ぶ街づくりに焦点を当てたいと思います。今回はシンガポールです。ウォーターフロントに広がる大き過ぎない洗練された街並み、多国籍企業の集積、ビジネスと観光の両立等、神戸のお手本としてはピッタリな都市国家です(iPhoneでの撮影なので画質は大目に見て下さい)。

SG1.jpg

シンガポールの中枢であるダウンタウンコアの対岸に完成したIR(統合型リゾート)であるマリーナベイサンズ。2010年に竣工した都市型リゾート施設です。超高層ホテルタワー3棟を船を模した空中庭園「サンズパーク」で連結した地上57階、高さ200mの威容はシンガポール観光の象徴的存在です。

sg000.jpg

ホテル室数は2,561室、低層部には世界最大級のカジノの他、17万平方メートルのコンベンション施設やショッピングモール、美術館、シアターも備える巨大複合施設であり、屋上にはシンガポールを空から望む全長150mの宿泊者専用プールも備わります。SMAPの出演していたソフトバンクのTVCMを思い浮かべる人も多い事でしょう。つい先日、IR施設の舞洲誘致を目指している大阪市長もこの施設を見学に訪れたばかりです。

sg0000.jpg

低層部の高級メガモール内の様子です。複層吹き抜けの開放感溢れるダイナミックなモールで超高級インポートブランドからグルメまで何でも揃います。

SG3.jpg

中央には運河が流れ、ゴンドラが浮かびます。ラスベガスやマカオの高級カジノホテルを彷彿とさせ、来街者を楽しませます。バブル期の日本でもここまでゴージャスな商業施設はありませんでした。

カジノに入らなくても十二分に楽しめる施設になっています。

神戸はIRには消極的です。正直、神戸と横浜程、IRが立地するのに相応しい都市は日本には他に無いのでないかと思っています。海外の多くのカジノやIR施設も大概がウォーターフロントにそのロケーションを求めています。昨日取り上げた新港地区の開発には打ってつけではないでしょうか。観光資源にインパクトのない神戸が起死回生を狙いたいのであれば、IR施設誘致に名乗りを挙げないのは矛盾しています。カジノはギャンブルであり、依存の懸念云々を語るのであれば、競輪、競馬、オートレース、パチンコは全面撤廃、禁止にすべきです。もしマリーナベイサンズの様な複合施設が第2突堤に出現すれば、クルーズ船就航も、関空からベイシャトルで訪れる観光客も大幅増になるに違いありません。

少なくともポートピアホテルを建設した頃の神戸にはその気概と勢いがありましたね。

SG4.jpg

元々、国土の狭いシンガポールは観光資源にも不足していましたが、あの手この手で集客を募る手立てを次々と講じています。マリーナベイサンズの後方に広がる巨大植物園「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」。54ヘクタールに及ぶ広大な敷地に6つの施設が開業。まるで風の谷のナウシカに出てくる王蟲を思い起こさせる巨大な温室は圧巻です。また中央に複数聳える巨大ツリーは18本あり、複数本を結ぶ空中回廊からはシンガポールの街を一望できます。兎に角、シンガポールには富がが集まっている事を誰もが体感するでしょう。

SG5.jpg

マリーナベイサンズの屋上庭園から望むダウンタウンコア。金融センターとして金融機関の超高層オフィスビルやホテル、コンドミニアムが林立します。シンガポールは香港と違い秩序のあるスカイラインの形成を目指している為、280mの高さ規制があるので、現在、最も高いOUBセンター、UOBプラザ、リパブリックプラザの3棟がMAXの280mに達しています。秩序ある超高層ビル群は美しいものです。

SG6.jpg

ウォーターフロントの整備も美しく無駄がありません。マリーナベイに沿って続く3.7kmのウォーターフロントプロムナードはマーライオン公園からマリーナベイサンズまでの湾岸を半周することができます。道沿いにコンサートホールや巨大な観覧車もあり、潮風に吹かれながら水辺に広がる高層ビル群の風景を楽しめます。日本の都市は中心部に最も近いウォーターフロントを倉庫街や荷揚げ、荷捌き場にしてしまって魅力的な環境を整えてきませんでした。

sg00.jpg

世界経済フォーラムが発表した最新の競争力ランキングでは1位はスイス、そして2位にシンガポールが続きます。日本は昨年6位から後退して8位。チューリッヒやジューネーブ等のスイスの主要都市やシンガポールも国策によって多国籍企業の拠点が集積しており、非常に国際的です。国際空港も中心部から身近にあり、英語がどこでも通じます。真の国際都市とはこういう都市を言うのだと痛感します。

神戸がこれらの都市と互角に張り合うのは難しいかもしれません。しかし1歩でも2歩でも近づけるよう何ができるのかを考えなければなりません。神戸市や市長についてはスマートに小さくまとまらないで欲しい。泥臭くても良いから貪欲に大きな野望を描いて欲しい。神戸の抱える閉塞感を払いのける為、大胆に10年以内に三宮・都心再整備を完了させる位の猛烈な気概を持って事にあたって欲しい。シンガポールの街を眺めながら、そう思いました。

関連記事

category: 海外

2016/09/29 Thu. 06:03 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 10

go page top

神戸ポートオアシス 神戸港福利厚生施設 着工 



神戸市が新港第3突堤の基部にあった神戸港福利厚生施設とその駐車場の敷地を集約して新しい福利施設を建設する計画ですが、名称は公募によって「神戸ポートオアシス」と決定しました。



これまでは既存建物の解体と敷地の更地化が進められてきましたが、いよいよ仮囲いが設置されて着工に至りました。

portcenter020.jpg

新施設は地上5階建て 延床面積約4,600平方メートルの建物となり、コンビニや食堂、音楽ホールやオフィス、会議室が整備されます。

portcenter019.jpg

工事期間は来年6月までを予定しています。正直、この建物ができる事で新港エリアが活性化するとは思えません。建物の用途のみ考えても、常時、集客する施設ではありませんし、恐らく周囲の人気の無さはこの建物完成後も変わりはないでしょう。ただこの地区にそもそも新築建物が建設されること自体、どれ位ぶりでしょうか。

portcenter000.jpg


しかも周囲の近代建築と調和した優れたデザインの建物が立ち、夜間も美しくライトアップされる予定です。近くにはKIITOも隣接しています。臨港地区ではありますが、都市計画用途変更を実施し、古ぼけた倉庫街から人が集い、住める潤いのあるウォーターフロントに生まれ変わって欲しいですね。そうなった際にはこの美しい建物もより一層、映えることでしょう。ただ今はあちらこちらと手当たり次第に手を付けるのではなく、三宮に資源を集中するべきです。中途半端な開発では結局は何も変わりません。


関連記事

category: ポートセンター

2016/09/27 Tue. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 2

go page top

神戸阪急ビル東館解体工事 

hankyu170.jpg

建て替えに向けて着々と進む神戸阪急ビル東館既存建物の解体工事。前回取り上げた通信無線用の巨大パラボラアンテナが遂には姿を消しました。あのアンテナが実は結構見た目に大きな存在だったという事を無くなった今、実感します。アンテナが無くなって既存ビルがしおらしくなってしまいました。

hankyu172.jpg

阪急神戸三宮駅と書かれた看板も取り外しが終わりましたが、それらをライトアップしていた照明はまだ付けられたままです。なかなか外観から見られる建物躯体の解体は始まりませんね。内部では相当解体が進んでいるものと思われます。

hankyu171.jpg

やはり躯体を同じとする建物西側はまだ共用中ですので、万が一、誤って建物崩壊などという事態になれば大惨事になります。慎重な作業を辛抱強く見守っていきたいと思います。

http://www.city.kobe.lg.jp/life/registration/shinsei/sumaimatidukuri/matidukuri/D02.pdf

さて解体作業が進む中、新築ビル建設に向けての各種法的手続きも進行しています。その中の一環である景観条例に基づく近隣住民への説明会と計画概要縦覧が実施されます。

示された計画概要に高さが約110mと記載されています。予定では120m強ですが、規模は地上29階と変更無く、延床面積については3万3900平方メートルで、報道の2万8500平方メートルより拡大しています。計画名称が神戸阪急ビル増築工事とされているので、既存駅舎や高架下商業施設の面積も含まれているものと思われます。

高さについてですが、特に計画変更があった訳ではなく、単に建築物の高さと最高高さの違いによるものと思われます。建築物の高さは所謂、軒高に相当し、これは29階の軒部分の高さであり、最高高さは真に塔屋階やヘリポート等の追加構築物を含む建物の最高部を表します。他に例を挙げるならシティタワー神戸三宮は建築物としての高さは175m強ですが、ヘリポートと塔屋を含めると190mに達します。

最終的には再度、最新パースを確認してデザイン面での変更がないか確認する必要はありますが、ほぼ計画の変更は現状はないと思って間違いないかと。

10/11の午後1時から生田神社で開かれる説明会にぜひ行きたいところではありますが、平日なので諦めます…。

関連記事

category: 阪急三宮ビル

2016/09/25 Sun. 20:29 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 4

go page top

神戸空港運営権民営化に向けてコンセッション始動 

kobeairport006.jpg

開港10年を迎えた神戸空港。都心から17分という立地と24時間運用可能な海上空港でありながら、30便/日の離着陸回数の上限設定や15時間/日の運用時間の設定といった足枷が響き、需要予測を下回る形で推移を続けてきました。日本航空の撤退、スカイマークの破綻等、外部要因によって空港が直面してきた困難を何とか乗りこなし、2009年には220万人台まで落ち込んだ搭乗者数も250万人台を回復。

kobeairport001.jpg

関西空港と伊丹空港の運営権が統合民営化されてオリックス及び仏バンシ・エアポートが出資する「関西エアポート」が運営を開始したの機に、神戸空港を含めた関西三空港の一体化運用の実現性が一気に高まりました。神戸市は2018年の運営権売却を想定し、コンセッションを始動。勿論、売却の想定相手先は一体運用が期待できる関西エアポートもしくはその関連会社であることは言うまでもありません。

kobeairport005.jpg

これまでは神戸空港についての言及をできる限り避けてきた関西エアポートの山谷社長も将来的な一体運営について強い意欲を示したとのことです。三空港が競合するのではなく、各立地においてそれぞれが地域の利用者の利便性を高めるよう運営されれば関西にとっても望ましいことですし、関西における航空需要を拡大します。

kobeairport003.jpg

神戸空港の利便性が高まり、更には国際空港になれば医療産業都市や都心への企業進出及び観光客の増加にも弾みがつくでしょう。但しこれを下支えする空港へのアクセスも今以上に改善される必要が出てきます。ポートライナーの増便のみでは追いつきません。阪神高速湾岸線の延伸も手伝って、バス会社は中四国等の各地域の拠点から神戸空港行きのリムジンバス路線を次々と開設するようになるかもしれませんね。

kobeairport004.jpg

神戸市は2018年の空港民営化を目指しています。関空/伊丹の民営化を機に全国の地方空港が民営化に向けて検討を始めました。仙台空港はいち早く民営化を遂げ、高松、福岡、新千歳空港も今後4年以内を目処に民営化を目指し、広島空港も検討を開始。これらは皆、国の整備した地方空港ですが、うまく事が運べば神戸空港は唯一、地方自治体空港での民営化例となります。便数と就航都市が増えれば神戸は立地の良さから非常に利便性の高い空港になることは間違いありません。それには規制撤廃が欠かせず、そして規制撤廃へ国を動かす唯一の方法は民営化による関西3空港の一体運用しかもう道はありません。

23日に開かれたコンセッション実施方針説明会には関西エアポートの他、伊藤忠や三菱地所、大手金融機関やゼネコン等、26社が参加。注目の高さを示しました。同空港の潜在能力が認められている証です。


category: 神戸空港

2016/09/24 Sat. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 28

go page top

KCMI神戸医療イノベーションセンター新築工事・他 

pilot48.jpg

京コンピュータ前駅前で建設中の大型研究オフィスビル「KCMI神戸医療イノベーションセンター」。神戸市の外郭団体企業である(株)OM神戸が施設を建設・運用し、神戸医療産業都市内で需要の逼迫しているレンタルラボスペースの確保・供給を行います。地上5階建て、延床面積9,467.30平方メートルの建物内には32区画のレンタルラボが整備されます。

pilot52.jpg

押出成形セメントに目隠しのアルミパネルを組み合わせた特徴的な建物外観となります。1階は最小区画のウェットラボが14区画入る他、二層吹抜けのエントランスホールやコンビニの入居を想定した店舗スペースが確保されます。3-5階には再生医療等の製品開発にも対応可能なCPC対応ラボが各階に6区画。

pilot47.jpg

2階部分は京コンピュータ前駅とデッキで直結しますので、通勤者や来館者への利便性も高いと言えます。これまで医療産業都市エリアにコンビニはKIMECセンタービルのデイリーヤマザキ1店のみだったので、南側に位置するこの建物にコンビニが入ると、周辺の研究施設、企業にも大きな恩恵をもたらすことでしょう。

pilot46.jpg

建物の西側低層部はアールを描き、開口部も大きく取られて解放感を演出します。2階のこの部分にはラボに入居する企業の為の交流スペースが設けられますので、企業間交流による相乗効果を高める狙いです。また2階のフロアの大部分は近接する京の後継機種である次世代スパコンを開発する研究スペースとして宛がわれます。

pilot50.jpg

敷地面積5,000平方メートルの内、建築面積は半分弱の2,397.31平方メートル。この建物の建設に合わせて隣接する角地は盛り土の上、植栽が行われて芝生広場ができました。まだほとんど誰も足を踏み入れることはない為、芝のじゅうたんはフカフカに育っていました。気候の良い季節には周辺施設の就労者がランチや息抜きに訪れるかもしれません。

pilot49.jpg

今年度中の完成を目指して建設は順調に進められています。先日、閉幕したG7神戸保健大臣会合でも神戸の医療産業の取り組みには高い注目が集まったと伝えられています。この施設でも海外企業・機関からのラボ開設が進むことを期待したいですね。

pilot51.jpg

KCMI神戸医療イノベーションセンターの近接地で建設中だった榎本薬品の神戸支店ビルが竣工・稼働していました。同社は吹田市江坂に本社を置くジェネリック医薬品の開発・販売を手掛ける企業です。東大阪支店、京都支店に次ぐ神戸支店を開設。

eyecenter18.jpg

兵庫県立こども病院の隣接地で建設中の小児がんに重点を置いた新粒子線治療施設。地上4階建ての建物となりますが、RC造の為、建設スピードは比較的ゆっくりといった感じです。来年度下期の開院予定です。

複数のプロジェクトが進行中の神戸医療産業都市ですが、最近は企業進出のスピードが少し鈍化しているような感もあります。関西では医療クラスターの計画が複数存在しており、大阪府や市も更に新たな再生医療拠点の新設や集積を予定しています。国内最大の医療クラスターとなった神戸は先行している分、規模的な優位性を維持していますが、集積によるメリットや効果が顕著に出てこなければこの場所に進出する事によって生じる旨みを企業が感じることはできません。

関連記事

category: ポートアイランドII期

2016/09/23 Fri. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 3

go page top