こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

02« 2017 / 03 »04
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

(仮称)イオンモール神戸南新築工事 

ionmall178.jpg

旧中央卸本場跡で建設が進む大型商業施設「イオンモール神戸南」。新川沿いの外装が遂にここまで顕わとなりました!AEON MALLのロゴも出てきました。

ionmall179.jpg

養生ネットや足場に覆われている部分も残りあと僅かのみとなりました。

ionmall180.jpg

壁面3ヵ所に設けられた三角形(台形?)の装飾パネルの完成形はこれです。数字の「3」は何を意味するのでしょうか。

ionmall182.jpg

南側から見た全景です。周辺の住民の皆さんは開業を心待ちにしているでしょうね。

ionmall183.jpg

運河プロムナード越しに見るイオンモール神戸南。3の文字が見えるようになって、まるで急に機動戦士ガンダムやパトレイバー等のアニメに出てくる格納庫や戦艦のようにも見えてきました。モールの開業後は今は静かなこのエリアも賑やかになるのでしょうか。やはりこの辺りに歩行者専用の橋が架橋されると回遊性が向上すると思われます。

ionmall185.jpg

プロムナードの柵の欄干に集う海鳥達はイオンモールの開業をどう見ているのでしょうか。

ionmall187.jpg

駐車場棟の鉄骨建方も大詰めを迎えています。ただ東側は西側と比較するとまだ工事の進捗は遅いようです。

ionmall186.jpg

モール建設地の南側にあるII期地区。冷蔵棟がまだ機能しています。II期地区の開発方針はいつ頃決まるのでしょうか。歴史資料館も良いですが、沿線人口が増え、エリアの価値を向上させるような優良で憧れを抱かせるような住宅開発を目的としたコンペも実施するべきかと思います。昨日のOPA2、このイオンモール、umieのNorth Mall改装と今年はイオン攻勢が重なります。
関連記事

category: 中央卸市場跡地

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/02/28 Tue. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 2

go page top

三宮OPA2が開業 


去る2月24日金曜日。ダイエー三宮駅前店の2-9階に三宮OPA2が開業しました。昨年より同フロアを閉鎖して改装を進めてきましたが、三宮の駅前に新しい顔が誕生しました。


エントランスにもロゴが付きました。


サンシティは区分所有の再開発ビルなので、低層階は北側が地権者区画、南側がダイエー所有です。入って正面の一等地に出店したのが久世福商店です。


同店は和の食のセレクトショップとして話題を集めています。勿論、今回が兵庫県初進出。


また久世福茶寮というカフェ併設店は西日本初となります。


店内は内装を一新。エレベーター周りも見違えるように美装化されました。


エスカレーターも美しく生まれ変わりました。照明もLED化されています。


今回の改装で最も注目されるのが、8-9階のレストラン街です。9階の床一部をくり抜いて、吹き抜け空間を造る力の入れようです。新設されたレストランフロアはその名もPATIO THE DINER。


吹き抜けは開放感を生んでいます。中央には休憩スペースを造り、余裕のある空間作りを行なっています。


木目と暖色系の照明で上質感を演出しています。


まだ開業していない店舗も一部ありますが、これから順次オープンしていくようです。出店数は2フロアで15店。三宮駅前地区で複数の店舗が集まるレストラン街はこれまでミント神戸、三宮ターミナルビル、さんちか、神戸交通センタービルのみだったので、ここにOPA2が加わり、選択肢が充実してきました。


店内には他にも休憩スペースが随所に設けられており、イオンモールの店づくりの手法があちらこちらに見受けられます。


ただ気になったのは開店から3日目の割に客数の少ない点です。開店後、2時間というのもあったでしょうが、駅からOPAに向けて人波が流れていく様を期待していたのですが、少し拍子抜けでした。改装の目玉の1つであるホームコーディがまだオープンしていないので、3月1日の開業効果にも期待大です。


午後に訪問していれば、また違った印象だったのかもしれません。注目度や話題性は高いはずですので、今後の動向に注目していきたいと思います。


奇しくもOPA2の開業日に元祖OPAの入る三宮ターミナルビルが来年3月を以て営業を終了する方向で調整との報道がありました。OPAも閉店を余儀なくされる事でしょう。来春以降はOPA2もOPAに衣替えでしょうか。現OPAに出店しているテナントの来春以降の行方も気になるところです。OPA・OPA2は双方とも再開発による建て替えが予定されている建物に出店しているという数奇な運命を背負っています。今後の動向から目を離せません。

関連記事

category: 三宮再整備

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/02/27 Mon. 08:29 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 2

go page top

三宮ターミナルビルが2018年3月で営業終了 

sannomiya_sta30.jpg

遂にこの時がやってきました!JR西日本がJR三ノ宮駅ビルである三宮ターミナルビルの営業を来春となる2018年3月に終了する方向で調整に入ったと複数のメディアが報じました。来年の4月以降はいよいよターミナルビルの解体に着手し、新駅ビルの建設が開始されることになります。新駅ビルの概要や規模はまだ明らかではありませんが、神戸阪急ビルの事例を考えれば、すでにJRと神戸市の間では一定案は協議されているものと推測できます。

sannomiya_sta54.jpg

思えばここまでの道のりは本当に長いものでした。これまでのJR駅ビル建て替えや三ノ宮駅をめぐる一連の動きを時系列にまとめてみました。

2011年1月: 神戸新聞が「JR西日本が市の要請を受けて、JR三ノ宮駅の改修と三宮ターミナルビルの建替えを検討」と報じる。
2011年4月: JR西日本が17億円を投じて主に東改札付近を対象とした三ノ宮駅構内の改良工事実施を発表。
2011年10月: 三ノ宮駅構内改良工事着手。
2012年5月: JR西日本真鍋前社長が就任会見で「JR三ノ宮駅ビルについて「具体的なプランはない」と述べる。
2013年2月: 産経新聞が「三宮ターミナルビルについて、隣接地を活用した増床・建て替えする案がある」と報じる。
2013年3月: 朝日新聞が「新駅ビルは高さ160メートル前後の複合商業ビル、事業費は約400億円、2021年度の完成」を報じる。
2013年3月: JR西日本の中期経営計画に「三ノ宮駅の開発の検討」が盛り込まれる。
2014年2月: JR西日本が兵庫県に温泉掘削許可を申請。
2014年3月: JR西日本が神戸地下街の株式約18%を神戸市から取得。
2014年5月: 三ノ宮駅構内改良工事完了。
2015年2月: ジェイアール西日本ホテル開発が南側駅前広場で温泉掘削工事を開始。
2015年8月: 温泉掘削に成功。
2016年5月: JR西日本来島新社長が就任会見にて「2018年までに(新駅ビルの)絵姿をお見せできれば」と意欲を示す。真鍋前社長は退任会見にて「何を作るか我々の中では(イメージは)できている」と述べる。

2011年初頭の特報が紙面を踊ってから現時点で実に6年が経過していました。その間、様々な出来事があり、その度に一喜一憂をさせられてきました。

sannomiya_sta06-1.jpg

想定される新駅ビルの構成としては、低層部にはJR西日本の運営するファションビル「ルクア」、中・高層部にホテルとしてJRの最高級ホテルブランド「グランヴィア」というパターンが有力です。場合によっては、中層部にオフィス床の供給もあり得ることでしょう。建物の高さは150m以上は目指すべきラインかと思います。ホテルは可能であれば、有力な外資系ホテルの誘致も選択肢として検討されて欲しいですね。

jr_sannomiya04.jpg

JR駅ビルの建て替えは三宮再開発の真打プロジェクトとなり、完成した暁には「えき=まち」構想の中軸として機能します。よって神戸阪急ビルの建て替え以上に神戸市との協議と調整は困難を極めるものと推測されます。この駅ビル開発ではボイドとなる空間が非常に重要となります。駅ビル内だけに人を留めずに街との回遊性を高める強力なポンプ機能としての役割を担う事が求められます。特にフラワーロード及び県道21号線の交差する南角+さんちか/地下通路へのエスカレーター/大階段を中心とした回遊空間の創出は必須と考えます。また今後進む三宮東地区再開発とセンター街や旧居留地・元町等の既存中心街を結節する役目も果たします。ポートライナー三宮駅や駅前広場を含めてどういった動線を構築するべきか。京都や大阪以上に駅ビルが街の中に占める重要性が高い再開発となることでしょう。

kumamotoeki.jpg

またJRはこれまで京都駅では「大階段」、大阪駅では「大屋根」といった各駅にシンボル性のある構造物を基本とした駅ビル開発を行ってきました。三ノ宮駅にもこうした基本となるテーマが与えられるものと思われます。三ノ宮駅の開発は遅れをとりましたが、後発だからこそ、これまで培われた経験や実績が活かされた駅ビル開発になることが期待できます。

遂、先日、JR九州がJR熊本駅の駅ビル建て替え計画概要を発表しました。地上14階建ての複合ビルは1-7階が商業施設、8-14階がホテルとなる構想で、規模は違えど用途は三ノ宮駅ビルと同様となります。この新たな駅ビルは「水」と「緑」をコンセプトとし、最大の見せ場は駅ビルの外側に高さ最大20-30メートルの滝が流れる巨大な緑化施設を併設します。

私も三ノ宮駅ビルの建て替え時には布引の滝をモチーフとした「三宮の滝」をコンセプトとしてはどうかというアイディアを当ブログで述べたことがありますが、熊本ではこれが具現化されます。

熊本ではすでに既存のバスターミナルや百貨店跡を含んだ広大な敷地で巨大な再開発計画が進められています。当ブログでも以前、三宮のバスターミナル新設について考えを示した際にこの再開発ビルについてご紹介した事がありますが、福岡に一極集中しているかに見えた九州において、熊本が反転攻勢を開始しました。

神戸も大阪や京都に負けずとも劣らない玄関口の再整備がようやく実現に向かって走り始めました。

yobi11.jpg

仮に2018年8月位から現三宮ターミナルビルの解体工事が始まった場合、これに要する期間はどれ位でしょうか。1日約24万人の乗降客に加えて、地下、地上、空中デッキを中心に駅周辺を通行する人の数を考慮すると40-50万人が行き交う過密地帯での難工事です。阪急の規模でさえ1年以上を要しています。更にそこから本体ビルの建設工事に4年掛かります。新JR駅ビルの完成は早くとも7年後の2024年辺りかと推測します。2024年は雲井通5丁目の新バスターミナルビルの完成予定時期でもありますし、6丁目の着工時期でもあります。市庁舎2号館やそごう神戸店の建て替え計画も始動しているかもしれません。さんセンタープラザや点在する大型駐車場の高度利用計画の行方も要注目です。

これからの三宮はこれまでJR大阪駅や名古屋駅周辺で起きていた大型再開発の連鎖が起きてくる事が期待できます。4~5年後には駅周辺に無数のタワークレーンが林立している光景が見られるかもしれません。

関連記事

category: JR三ノ宮駅改修構想

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/02/26 Sun. 00:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 9

go page top

(仮称)磯上オフィスビル新築工事 



磯上通5丁目に計画されている大型オフィスビル計画が始動しました。地場デベロッパーの建隆マネジメントが駐車場として利用していた同社の所有地に地上10階 延床面積平方メートルの事務所ビルを建設します。



竣工の暁には現在、磯上通7丁目の三宮プラザビルに入居する米国製薬大手のイーライリリージャパンの本社機能がこの新築ビルに移転してきます。竹中工務店が設計施工を受注。



先日まで敷地内の地中障害物解体撤去工事が行われていましたが、ビル本体工事に着手しました!



三点式パイルドライバーによる杭工事が進行中です。三宮でのオフィスビル新規供給は一昨年前に完成した三宮ビル北館以来となりますが、それ以前は6年間、新規供給が皆無でした。他に、まだ既存ビルの解体中ですが、神戸阪急ビルにも1万2000平方メートルのオフィス床が供給されますし、雲井通の再開発によって誕生する高層バスターミナルビルもオフィス機能が想定されています。JRターミナルビルやそごう神戸店の建て替え計画でもオフィスフロアの供給が期待できます。更に将来的にはさんセンタープラザ建て替えでも大量のオフィス床が見込めます。三宮駅前地区におけるオフィス需要は底堅く神戸都心で唯一、オフィス集積に対応が可能でしょう。イーライリリーが移転した後、三宮プラザビルが数少ないまとまった床として生まれる訳ですが、これがどういう速度でどう消費されるのか。今後の三宮のオフィス需要を占う試金石になると思われます。
関連記事

category: イーライリリー新本社屋

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/02/25 Sat. 06:30 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top

神戸市庁舎2号館を超高層複合施設に 

2gokan03.jpg

年初に読売新聞が神戸市役所2号館の建て替え方針を神戸市が決定したと報じましたが、その後、我々の期待を他所に市や他報道機関がこの計画について触れることはありませんてした。

今回は神戸新聞が建て替え計画についてもう一歩踏み込んだ記事を掲載しました。新庁舎は現市庁舎1号館と同規模の床面積を想定し、商業・文化機能を備えた複合ビルを検討しているとの事です。また現在の敷地に1号館と同規模の建物を建設する場合、地上21階以上になるとも報じています。

2号館の建築面積は2,674平方メートルで、1号館の延床面積は約52,000平方メートル。先日の来年度予算案発表時には久元市長が年内に中央区役所や勤労会館の移転先方針を決定すると示したので、やはり2号館跡の新庁舎ビル内に集約する可能性が高いのではないかと思われます。

これに従来からの本庁舎の機能を加えると、床面積では30,000~35,000平方メートル程に達するでしょうか。残る床にどういった機能を付与するべきか。

http://www.city.kobe.lg.jp/information/committee/finances/arikata/index.html

「本庁舎のあり方に関する懇話会」の第2回懇話会が昨年末に開催され、この議事要旨が公開されました。この中で全国に存在する庁舎機能と商業や文化施設を融合させた複合公共施設を例にとって議論が進められたようです。特に2012年に竣工した新潟県長岡市の「長岡市シティホールプラザアオーレ長岡」が高く評価されました。この施設は全国からも注目されており、市庁舎機能に加えて、市民交流ホールや市民協働センターなどの交流施設、アリーナ、店舗フロアから構成されています。更に3棟の建物の中心に約2,250平方メートルに屋根付き広場空間「ナカドマ」を整備。市民のためのボイド(公共空間)として賑わっており、イベント時のみの一時的な活性化ではなく、常に人が集う施設として高度利用されています。

http://www.city.nagaoka.niigata.jp/shisei/cate05/ao-re/file/pamph2013.pdf

今後、再開発が進む駅周辺地区には更なる商業施設集積が高まる事が予想されますので、2号館跡に通常のテナント商業施設を整備してもオーバーストアになるだけです。やはり駅前地区とは差別化を図りながらも、市民や来街者が足を向ける施設でなければなりません。低層部に複合文化交流施設と飲食店街を組み合わせ、中層部が区役所や勤労会館、三宮図書館と本庁機能。高層部を宿泊施設として外資系ホテルを誘致。こんなプランが出来上がるでしょうか。市役所敷地全体を最大限高度利用して、再び全国から視察団が訪れるような神戸のシンボルができればと思います。

追記: 今朝の日経新聞も2号館建て替えについての記事を掲載しました。この1号館と同規模説は市議会で久元市長が少なくとも必要な床面積として述べた事が情報ソースのようです。


関連記事

category: 三宮再整備

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/02/23 Thu. 21:22 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 6

go page top

メリケンパーク再整備 



完成までに残すところあと約1ヶ月となったメリケンパークのリニューアル工事。先行して部分開業が進んでいる様子をこれまでお伝えしてきました。



高速実験船が展示されていたエリアに新たな建築物があることを取り上げてきましたが、その建物の用途が判明するまでにそんなに時間は要しませんでした。



どうやらイベントに用いられる屋根付きのステージのようです。これまでは仮設ステージが都度、造られていましたが、今後はこの常設ステージを使って様々なイベントが開催される事でしょう。



こけら落としは何でしょうね。開港150周年のイベントも多数開催されることでしょう。今年のみなとこうべ海上花火大会もこれまでと比較して空前の規模になる事が予想されます。予算も増額されているようですし、かなり楽しみです。



イベントステージの背後で建設中のスターバックスの店舗ビル。上空から望むとすでにかなり工事が進んでいる様子が手にとれます。



屋上や二階に設けられるテラス席もすでに確認できるようになってきました。

merikenpark087.jpg

中央通路と広場です。通路の中央には花壇が整備されています。これから照明設備も順次設置されていくことでしょう。

merikenpark091.jpg

拡大される東側の芝生広場です。



真新しい路面ブロックの敷設が進んでいます。高速船が無くなって公園全体が見通せるようになり、開放感溢れる公園に生まれ変わります。



次のステージとして、海洋博物館のリニューアルも検討されています。来年度の予算にも計上される見込みです。いっそのこと更なる民間導入を図り、屋内テーマパーク化を目指したいところです。キッザニアを誘致できれば面白いのですが。
関連記事

category: メリケンパークリニューアル

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/02/23 Thu. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 6

go page top

(仮称)イオンモール神戸南 新築工事  



中央卸売市場本場跡地で建設中のイオンモール神戸南。新川沿いに面した外観が徐々に顕になっていますが、更に養生ネットと足場が取り払われた部分が拡大しました。



中央部から始まったネット撤去は南側に拡大してきています。



南側最上階のフードコート開業予定部分も姿を現しています。



水平に開口部を大きくとり、ガラス張りとした3階部分。眼下に運河、背景にJR兵庫駅前周辺の高層マンションを見渡せる眺望の良いフードコートが誕生します。

3kaiheimenzu.jpg

モールの3階平面図です。青い部分がフードコートになります。

ionmall175.jpg

次週にはもっと完成形に近づいた姿をレポートできるのではないかと思います。モールの開業効果が周辺地域の活性化にどれだけ貢献するのか。期待値は未知数です。非常に気になる出店テナントですが、まだ求人等も解禁されておらず、ベールに包まれている状態です。同時期に開業予定のumieのイオンスタイルはすでに人材募集を開始しています。売り手市場の昨今、新規開業の大型商業施設も人集めは簡単ではありません。

ionmall176.jpg

運河に面したテラスへ開ける1階のエントランス周りです。モール開業予定時期までもう5ヶ月を切りました。周囲ではまだ新たに分譲マンション等の建設が活発化している訳ではありません。しかし大規模な工場跡地も点在し、再開発による今後のポテンシャルは高いと思われます。

ionmall177.jpg

運河の護岸もプロムナードの構築に向けて工事が始まっています。思ったよりもプロムナードの幅員は大きくとられている感じです。地下鉄海岸線のみならず、JR兵庫駅南側にもどういった効果が出てくるのかを検証するのが楽しみです。



関連記事

category: 未分類

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/02/22 Wed. 06:30 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 1

go page top