こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

11« 2016 / 12 »01
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

神戸市が三宮再整備の計画を策定 2017年度中に反映 

crosssquare001.jpg

神戸新聞が、神戸市が今度は「三宮都心再整備の一環として、各線三宮駅周辺の都市機能や空間配置、景観形成などを定める基本計画の策定に乗り出す」と報じました。「17年度中に基本計画をまとめ、行政と民間が相互に空間計画を調整し、各ビルの設計に反映させられるようにする」とのことです。

この事だけを聞かされれば、「ほう。なるほど。すぐにでも着手して欲しい」と思います。が、しかしこれまでの様々な経緯を踏まえると、これまた「何を今さら!?」という思いの方が強く感じられます。またなぜそういった計画策定の予定があるのなら、先日発表されたアクションプランの中で触れられていないのでしょうか。そもそもあのプランは随分も前から策定される事が予告されていたにも関わらずその中味の無さに失望したわけですが、その直後にまたこういった話が出てくる事がしっくりきません。

そもそもJR西日本や阪急が駅ビルの建て替え方針を示唆し始めたのは2012年頃です。すでに4年も前の話です。当時から市と各鉄道事業者との間では水面下でそれなりに協議が進められてきたものと思われます。また三宮クロススクエアを基本構想とする整備方針も昨年の9月に決定しました。これまたすでに1年3ヵ月も前の話です。そして更にこれから1年以上掛けて、基本計画をまとめるということは、この計画が示されなければ駅周辺の民間事業者はビル建て替え構想に着手できないという事になります。これがスピード感をもって進めている計画と言えるでしょうか。

JR西日本が計画する三宮ターミナルビル建て替えには現・駅前広場の大幅縮小が伴います。こうなった場合、三宮クロススクエアが完成するまではJR三ノ宮駅前から広場的役割を果たす場所が消滅することになります。まさに現在、神戸阪急ビルの建て替えによって姿を消したさんきたアモーレ広場のような状態が生まれるという事です。さんきた~は工事完了後は再び広場として復活する予定ですが、JRの場合は現広場にビルが建設されるものと思われます。阪急前も広場が無くなった影響で駅周辺の歩道には人が溢れており、通行も困難になっています。JRの場合、恐らく阪急以上の混乱が予想されると共に、何もしなければかなりの長期に渡ってそういった状態が続くことになります。これを防ぐにはJRの駅ビル建設開始と同時に目の前を走る県道21号線やフラワーロードの幅員縮小、空中歩行者デッキの改造が必要になってきます。

JRの新駅ビルと対峙して建て替えが想定されているそごう神戸店。二つのビルを連結している現在の歩行者デッキも今後の在り方について検討が必要です。

現広場の潰し方にもよるでしょうが、タクシーや一般車の乗降場についてもその在り方が問われてきます。そもそも三宮クロススクエアが実現した場合、タクシー乗り場はどこに移転するのでしょうか。

つまりはこれらのビルの建て替え開始=即三宮クロススクエアへの段階的整備の開始という図式が必然的に生じてくることになります。

また市が整備する予定のバスターミナルを含む高層複合ビルの開発についても、新ターミナルと三宮クロススクエアの間でどう折り合いをつけるのか。市は新ターミナルを段階的に整備するとしていますが、まずは中央区役所、勤労会館、さんぱるがある雲井通5丁目街区から先行して着手されるものと思われます。この場合、ミント神戸1階の既設ターミナルとの連携をすぐに取ることはできません。2ターミナル間のアクセスや、1期ターミナル完成後のJR高架下にある神姫バスターミナル跡及び周辺の整備も今回の基本計画に盛り込まれる必要があります。

「今後、JR、H2Oなどと十分に連携しながら、30年後を見据えた再整備を着々と進めていきたい」としていると神戸新聞の記事は結ばれていましたが、30年後に完了という意味ではないことを切に願いたいと思います。

最後にこの基本計画に景観形成についての方針も盛り込まれるようですが、くれぐれも神戸景観審議会によって民間開発の妨げになるような意見は反映させないで欲しいと思います。神戸阪急ビルについての審議では、120mの高さと建物高層部の幅50mが容認されましたが、審議中には「これが普通と思わせるべきではない」や「JRの駅ビルにはこうした緩和は認めるべきではない。ヴィーナスブリッジから海が見えなくなる(JR新駅ビルの後方に)」といった委員の意見が堂々と述べられているようです。こんな意見がまかり通ってしまえば、せっかくターミナルビル建て替えについて本格的な検討に入ったJRのやる気に水を差しかねません。

せめてJR三ノ宮駅の半径500m地区では大胆にやりましょうよ。エリア外では厳しい規制を掛けても構いません。用途と目的をはっきり明確にし、メリハリを付ける事が今、最も大事なことではないでしょうか。中途半端にだらだらが結局はどっちつかずの中途半端な街を作り上げるのです。

関連記事

category: 三宮再整備

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2016/12/05 Mon. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 1

go page top

三宮再整備アクションプランが発表されましたが・・・ 

actionplan.jpg

http://www.city.kobe.lg.jp/information/project/urban/kobetoshin/img/actionplan201612a.pdf
「都心・三宮の再整備に関するアクションプラン」

神戸市は今後5年間における三宮及び都心の再整備の事業内容をまとめたアクションプランを発表しました。「過度の期待」は禁物という思いもありましたが、「今度こそは」という期待したい気持ちが強くありました。そしてその期待も虚しくこれまでの発表資料の焼き直しが出てきました。特に目新しい情報は何もありません。唯一、葺合南54号線の改修工事になんとまだあと4年も掛けるのかと憤慨したくらいです。三宮クロススクエアを実現する整備構想を打ち立ててからも、すでに1年3ヶ月が経過しているというのに未だにそれを進める具体的なスケジュールや手法も発表されません。三宮のバスターミナルも平成32年着手としていますが、その根拠や着手とは具体的に何を示すのかも記載がありません。中央区役所や勤労会館の解体開始なのか、それともターミナルビルの着工なのか。どういうスケジュールで段階的に雲井通5-6丁目を整備するのか。事業計画の発表とはそういった具体的な事を明らかにする事を示すのであって、パフォーマンスを意図として示すものではありません。作成された方には悪いですが、小手先遊びの発表に期待を持たせるような今回のやり方に怒りを覚える市民は多い事でしょう。今回ばかりは本当に残念です。世界に類を見ない海上人工都市を二つも造り、更に空港島まで建設し、ハーバーランドやHAT神戸の造成、各JR駅前には立体都市を誕生させてきた神戸市。これらの事業には賛否両論あるでしょう。しかし今、最も重要であるはずのその都心の活性化の為に掲げるのは歩道をちょっと広げて、花壇を作り、芝生を植えて、照明を更新するだけ。これらの実行に対して、アクションプランというたいそうな名前を付けて発表する意味なんてあるのでしょうか。本当に残念です。

関連記事

category: 三宮再整備

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2016/12/02 Fri. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 56

go page top

umie(ウミエ) North Mallイズミヤ跡に「食」をテーマとした商業施設「イオンスタイルスタイル ウミエ」が来年6月開業 

umie245.jpg

今年7月に閉店したイズミヤ神戸ハーバーランド店跡であるumie(ウミエ) North Mallの地下1-地上1階の一部(約6,500平方メートル)を使って、umie(ウミエ)の運営元であるイオンの子会社イオンリテールが「食」をテーマにした大型店舗「イオンスタイル ウミエ」を来年6月に開業します。内容的には生鮮品や総菜、加工食品の売場を設ける他、スイーツ専門店も導入します。イートインスペースを広く取り、来街者に「食」の場を提供することになります。

umie249.jpg

イズミヤが抜けた後、ハーバーランドには大型食品スーパーが姿を消しました(業務スーパーはありますが)。イオンが自社の食品部門を進出させるのは既定路線ではありますが、単なるスーパーではなく、umie(ウミエ)ならではの、質の高い店舗構成を期待したいと思います。スイーツの専門店導入という事で、一時期は一世を風靡し、惜しまれつつも閉館した「スイーツハーバー」のような施設の復活も期待したいですね。また1階部分の占有は一部に留まるようなので、その他のフロアには物販店へのリーシングも行うものと思われます。OLD NAVY跡の後継テナントも今後決まっていくものと思われます。

North Mall4階のフードコートは週末のお昼時に席を確保するのは至難の業です。イオンフードスタイルとイートインの設置によって、混雑改善に繋がればと思います。そもそもハーバーが苦戦していた時期にもモザイクは一人勝ちでしたが、その高い集客力と人気の理由として立地のみならず、物販よりも飲食店の構成比率が高い事も大きな要因でした。今回、イオンが1階にも飲食店を誘致するのは、これ以上、大幅に食品以外の物販店を増やすのはリスクと考えたからでしょうか。

umie(ウミエ)のリニューアル時期をイオンモール神戸南の開業に合わせたのも、両モールを運営するイオンの戦略でしょう。イオンモール神戸南も「食」に重きを置いたテーマ性を持たせる予定です。

さて、どのようにリニューアルされるのか非常に楽しみです。

関連記事

category: ハーバーランド

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2016/12/01 Thu. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 1

go page top

元町・栄町通プロジェクト新築工事(近畿大阪銀行神戸支店)と周辺の開発状況 

sakaemachidoriproj01.jpg

地下鉄海岸線みなと元町駅の東出口に近接した用地で建設が進む「元町・栄町通プロジェクト」。現在、JR神戸駅の西側である中町通にある近畿大阪銀行神戸支店がこの場所に移転します。新築されるビルは地上5階建ての事務所ビル。

sakaemachidoriproj02.jpg

来春の開業を目指して、建設工事が進行中です。基礎工事をしていたと思っていましたが、いつの間にか地上躯体が姿を現していました。すでに上棟しているようです。このスピードで地上躯体の工事が進んだということは鉄骨造だったのでしょうね。鉄骨建て方を見逃してしまいました。

sakaemachidoriproj03.jpg

すでに外装材の取付も始まっているものと思われます。ファサードはアルミカーテンウォールを採用した現代風の金融機関ビルになる予定です。栄町通沿いにおいて地方銀行支店の集積や建て替え、増築等の設備投資熱が高まっています。

sakaemachidoriproj05.jpg

元町・栄町通プロジェクト新築工事の斜向かいでは兵庫県信用組合が本店ビルの増築工事を行っています。

sakaemachidoriproj04.jpg

みなと元町駅前の交差点角地には立体駐車場と閉鎖された松原ビル(茶色のビル)がありますが、ここは再開発が計画されていました。大阪ガス都市開発が地上13階建ての店舗付き共同住宅を予定していましたが、プロジェクトは白紙撤回。その後、旭化成不動産レジデンスが地上10階建ての店舗と共同住宅から成る複合ビルを建設する計画が明らかになりました。

sakaemachidoriproj06.jpg

商船三井興産ビル跡地に建設中のレジデンス元町海岸通も地上部の建設が始まっています。元町、栄町通周辺は小粒な計画が多いですが、実はプロジェクトの量としては都心エリア内では今、ダントツに抜きん出ており、最も大きく変貌を遂げつつあります。今後も旧りそなビル跡地のホテル計画が予定されている他、開発用地となるパーキングも多くまだまだ変化を続けていくことでしょう。


関連記事

category: 近畿大阪銀行神戸支店

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2016/11/30 Wed. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top

ホテル モンテ エルマーナ神戸 アマリーが完成・開業 

monterey62.jpg

マルイトグループが運営していた三宮のデザイナーズホテル「ホテルモンテレアマリー神戸」の跡地で建設されていた「ホテル モンテ エルマーナ神戸 アマリー」が竣工し、11月1日に開業しました。

monterey65.jpg

地上13階建て、客室数180室に生まれ変わった新ホテルです。ホテル モンテ エルマーナのブランドとしては仙台に次いで2番目の進出となります。

monterey61.jpg

神戸に進出するビジネスホテルの建設ラッシュが起きていますが、一連のプロジェクトの中では最も先行していました。各階にセキュリティドアを設けたり、女性専用フロアを設定する等、安全性への配慮を売りとしています。

monterey63.jpg

新ホテルのエントランスです。

monterey64.jpg

新ホテルのエントランスアプローチです。

monterey66.jpg

エントランスホールやレストランの入る低層部周りの様子です。

monterey68.jpg

公開空地には植栽が設けられました。

monterey60.jpg

生田神社や生田の森を客室からの借景として楽しめ、繁華街からも至近距離にある立地性に恵まれた真新しいホテルは神戸を訪れる人々にもきっと喜ばれることでしょう。来年以降も複数の新ホテル開業が予定されており、神戸のホテル間競争は激化しますが、それを上回る需要増も見込まれています。今後もホテルの新設は続く傾向にあります。

関連記事

category: ホテルモントレアマリー建替

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2016/11/29 Tue. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 1

go page top