こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

07« 2017 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

ホテルリブマックス神戸三宮新築工事 

livemax12.jpg

グレゴリーコレの加納町移転、布引町TAKAIビル、ユニゾイン神戸三宮に続き、加納町・布引町Weekのトリは「ホテルリブマックス神戸三宮」です。地上10階 延床面積1,101.27平方メートルのビジネスホテルで客室数は定かではありません。

前回取材時はまだ基礎工事が緒に就いたばかりでしたが、現在はすでに地上躯体の構築が始まっています。

livemax13.jpg

構造は鉄筋コンクリート造です。規模は小さいですが、エリアでは6番目のホテルとなります。

リブマックスは芦屋発祥の不動産仲介会社です。神戸にも複数店舗を構えていますが、本社を東京に移転。最近では老朽ホテルをサブリースして改修、ホテルリブマックスとして再生を始め、今や全国ホテルチェーンとなりました。更には新築ホテルも続々と建設しています。神戸では新開地のホテル水上をホテルリブマックス神戸として開業。神戸三宮は新築物件としては神戸初の投資です。姫路では2棟目を開業予定です。

同社のホテル事業への進出は昨今の海外からの観光客増の流れにうまく乗ることが出来たと言えるでしょう。

先日、スーパーホテル創業者へのインタビュー記事が建設ニュースに掲載されました。その中で賃貸住宅事業を手掛けていた同社が既存住宅をホテルへ用途展開した事からスーパーホテルチェーンが展開され始めたと語られていました。

https://www.constnews.com/?p=46286
建設ニュース スーパーホテル・山本会長インタビュー記事

神戸でもここ1年間位のスパンにおいて、都心地区では賃貸住宅の着工が減り、代わりに新規ホテルの計画が相次いでいます。大阪や京都に至っては雨後のキノコのように無数のホテル新設が続いている中、供給過剰を懸念する声も聞かれます。これほどホテルの新設が過熱する理由は幾つもありますが、その1つとして、ホテルへの需要が減れば、スーパーホテルの発想の逆で、ホテルから賃貸住宅へのコンバージョンが可能という事も投資リスクのハードルを下げているものと思われます。

livemax15.jpg

歴史的な低金利が続く中、加納町・布引町では、フラワーロード沿いを中心に老朽化した建物や更地、コインパーキング等がまだ点在しています。今後も建物の建て替えや新設が続き、ますます街の新陳代謝が進むものと思われます。

関連記事

category: リブマックス神戸三ノ宮

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/08/24 Thu. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top

ユニゾイン神戸三宮新築工事 開業日は1月25日 

unizo53.jpg

今週は加納町・布引町Weekです。開業日が来年1月25日に決定した布引町2丁目の新設ビジネスホテル「ユニゾイン神戸三宮」。地上11階・199室の規模となります。すでに事前予約が開始されています。

unizo54.jpg

完成予想パースには1階エントランスロビー横にカフェの開業が想定されていましたが、牛丼の松屋が出店する事が決定しました。宿泊客は朝食に松屋の利用が可能となります。和洋選べるオリジナルプレートの朝食も楽しめるそうです。

unizo51.jpg

この場所にはかつて新神戸サンホテルが営業していました。新神戸と三宮の中間に位置する加納町交差点付近には意外にもホテルが多く存在し、需要の高い地域ですが、老朽化して競争についていけないホテルが別用途へのコンバージョンや閉館となっています。この場所に旧施設よりも大きなホテルが建てられるとは思いませんでした。

unizo52.jpg

昨日取り上げたTAKAIビルの建設現場と絡めて加納町交差点から見た様子です。二棟の新築建物が完成すると、かなり見映えが変わる事でしょう。ソーラービルとの間にあるコインパーキングはヤング開発が分譲マンションの建設を計画していましたが、着工を保留して、駐車場として暫定利用中です。マンションと戸建て開発が同社の専門ですが、もしこの場所を機にホテル事業に乗り出し始めたら面白いかもしれません。開発が続く加納町交差点付近は俄かに賑やかになってきました。

関連記事

category: ユニゾイン神戸三宮

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/08/23 Wed. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 2

go page top

(仮称)布引町 TAKAIビルが着工 



布引町2丁目・加納町交差点角のイスズベーカリー本店跡地他で計画されているTAKAIビルが着工しました。当初は3年前に別の事業者で計画されていたプロジェクトでしたが頓挫。今回は、加納町4丁目に本社を構える飲食事業や不動産事業を営む高井商事の新本社ビルとして、計画がようやく前進します。

takai000.jpg

1階にイスズベーカリー本店が再度開業する予定のこのビルは交差点に面したファサードは曲面をガラスで覆うスタイリッシュな建物になる予定です。

https://youtu.be/Gb-gEDpIHDU
設計を担当した㈱エヌ・エイチ・ケイ日本ハウス神戸一級建築士事務所が3DのCGを用意しており、建物全体のデザインがつぶさに見てとれます。CGを見る限り、かなりランドマーク性の高い建物になるようで期待が持てます。完成が楽しみになってきました。



更地だった現場には仮囲いが設置され、すでに重機が入って基礎工事が開始されています。



掘削機が投入されています。H形鋼が並べられていますので、山留壁の構築が進められている模様です。敷地内に小さな建設事務所も建てられました。

takaibld03.jpg

この建物が完成すると加納町交差点の景観はかなり印象が変わるのではないかと思います。そうした意味でも交差点角の用地は高度利用とデザイン性の高い建物の導入を促すインセンティブ制度を検討すべきなのではないかと思います。

関連記事

category: 布引町TAKAIビル

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/08/22 Tue. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 2

go page top

パティスリー グレゴリー・コレ神戸元町本店が閉店・三宮に移転 

gregory04.jpg

メディアにも複数回取り上げられてきた有名パティスリー「グレゴリー・コレ」の神戸元町本店が今月末をもって閉店するとの情報を頂きましたので、早速、現地取材に行ってきました。同店は1998年4月23日、元町3丁目の元町商店街に開業。20年に渡って、神戸スイーツの発展に貢献してきました。

gregory05.jpg

イグレック・プリュス、フーケ、そして御影高杉と神戸スイーツの閉店が続く中、すわグレゴリー・コレもか!?と心配しましたが、こちらは移転という事で、胸をなでおろしました。しかし移転に伴ってこれまで元町本店で提供していたランチ営業は終了とし、移転先では菓子販売とカフェ営業に絞るとのことです。

gregory01.jpg

さて、移転先の三宮・加納町2丁目ですが、サワダビルの1階という事になります。先日まではマンションのモデルルームとなっていました。

gregory02.jpg

すでに内外装の工事は進められているようです。まだ開店前なので評価はできないのですが、自社物件だった元町本店の洋館風建物と比べると、何ともダウンスケール感が否めません。

今回の移転劇はやはり経営不振による要因というところが実情でしょうか。この場所を移転先として選択した事にも疑問が残ります。

gregory03.jpg

ただ近隣には神戸製菓専門学校がある他、神戸のカフェとしては絶大な人気を誇る「カフェ フロインドリーブ本店」も店を構えています。ワッフル・ケーキの店 エール・エル | R.Lも数年前に加納町に本社を移転し、同じビルの1階に販売店も開業しました。

加納町はビジネスホテルの新設も相次いでおり、新神戸からも徒歩圏内という事で、今後、三宮の再開発が進むと、元町よりも将来的なポテンシャルは高いかもしれません。

また楽天等のネット販売への依存度が高くなれば、店舗営業の重要性は低下するという事もあるかもしれません。

gregory09.jpg

しかしこの建物とグレゴリーコレの築き上げたブランド力は元町商店街の魅力を保持するのに重要な役割を担ってきました。元町商店街は一見、地方のアーケード商店街に見えますが、ユーハイム、神戸風月堂、本高砂や等、全国展開している神戸スイーツの老舗店が本店を連ねる由緒正しき場所です。

gregory07.jpg

グレゴリーコレの隣には風月堂の菓子工房やミュージアムもあり、スイーツ店の集積スポットになっています。ここからグレゴリーコレが抜けてしまう事は元町商店街にとっては痛手です。

gregory08.jpg

グレゴリーコレの建物は奥行もある程度あります。恐らく工房を南側に併設しているものと思われます。移転先のサワダビルでは現状規模の工房を構える事は不可能です。

また移転後のこの土地と建物の活用法はホテルとのことです。もしグレゴリーコレが継続してこの不動産を所有し、工房には手を付けずに北側のみをホテルに改修もしくは建て替えを行って、同店のスイーツを提供するのであれば、発展性のある話になると思います。ケーニヒスクローネはこの戦略で成功を収めています。

gregory06.jpg

売却されてホテルになるとしても、1-2階部分は現在のデザインを踏襲し、カフェを開業させて現状からは大きく変化のないようにして欲しいですね。

関連記事

category: 元町

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/08/21 Mon. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top

旧石井スポーツビル解体工事 

ishi10.jpg

三宮中央通りに面して立つ店舗ビル「旧神戸石井スポーツ」。同店がダイエー三宮駅前店に移転し、ビルと土地は数年前に安田不動産に譲渡されていましたが、空きビルの状態が続いていました。都心一等地の中で老朽化が進んで行く建物を放置しておくわけにもいかず、解体工事が着手されました。

ishi12.jpg

五洋建設と上組が解体を担っています。工事は年内いっぱいを予定しています。

ishi11.jpg

気になるのは解体後の土地の利用です。安田不動産としてはこの建物周辺に多くのビルを保有していますので、将来的にはこれらを集約した再開発を実施する意向がある模様です。今後、三宮の再開発が進行していく中で、さんセンタープラザの建て替えが検討される中、三宮センター街の大規模再編も視野に入ってくる事でしょう。こうした展開の中で、センター街や三宮中央通り、三宮本通りに複数の物件を持つ同社の存在感は必然的に高まってきます。

よって石井スポーツビル跡地の本格的な活用はこうした流れの中で決まってくるものと思われますが、それはこの土地をすぐには本格的に開発できない事をも物語っています。

ishi09.jpg

駐車場にしてしまうのには勿体ない場所ですし、街の連続性や賑わいに対する懸念もあります。小規模な店舗ビルを暫定的に建設する事が望ましいですが、市の条例によって街の連続性を損なう建物の建築を規制する為、このエリアには容積率を満たさない新築建物は建設できません。三宮中央通りのスカイラインを一定以上に保ち、街の風格を保つという意味では意義のある規制ですが、こうしたケースに対応できる柔軟性も市は検討するべきなのではないでしょうか。

関連記事

category: 三宮センター街

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/08/20 Sun. 08:19 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top

イオンモール神戸南の全館開業日は9月20日に決定! 

ionmall272.jpg

6月末にイオンスタイル神戸南や飲食店を含めた1階北側のみが部分先行開業したイオンモール神戸南。全館オープンは9月中旬としていましたが、いよいよその正式開業日が9月20日と決定しました。

先行開業時から「ハッピーをめしあがれ」をキーフレーズとし、「食」をコンセプトとしたモールという触れ込みがこの大型業業施設の特色ですが、全面開業時にもこの路線を維持し、中央卸市場から仕入れた食材を提供するレストラン街や約800席を備えるフードコートを整備。約40店の飲食店が出店します。

ionmall274.jpg

この他、ホームファッション、書籍、スポーツ、電化製品、アミューズメント等の大型専門店が開業。各種クリニックや語学教室、保育園も含め、約130の専門店が集結した地域の中核施設になる予定です。開業1ヵ月前に正式開業日が発表されましたが、まだ開業テナントについては未発表です。しかし求人情報からすでに下記のテナント出店を確認する事ができました。

カルディコーヒーファーム
魚組 うおくみ 兵庫の津「魚がし」
ステラおばさんのクッキー

豚屋とん一
本場帯広 十勝豚丼専門店 㐂久好
きくよし
ラーメンまこと屋
ラーメン魁力屋
IPPUDO RAMEN EXPRESS
えびのや
串屋物語
コメダ珈琲店
丸亀製麺
サンマルクカフェ
スイーツパールレディ(タピオカ専門店)
かりんちゅ 淡路島カリ〜&CAFE
ロッテリア

ヘアカラー専門店fufu
Tokimake(サロン)
パリスデスキン(サロン)

喜久屋書店
ヴィンテージヴァンガード

リッチモンド(アパレル)
PARIS JULIET(雑貨)
LOUIS CASTEL(ゴルフウェア)
パーフェクト・ピルズ(アパレル)
サックスバー(バッグ・アクセサリー)
ピーチクラブ(雑貨)
Charlotte(アパレル)
オルベネ(アパレル)
OWNDAYS(メガネ)
Zoff(メガネ)
ノーティードッグ(アパレル)
フォレストハート(アパレル)
じぶんまくら
ハニーズ(アパレル)
パワーストーンショップ眞石や(アクセサリー)
ワンズテラス(雑貨)
ASBEE(靴)
ゆめらせん(着物)
グリーンパークス(アパレル)
スポーツオーソリティ(スポーツ用品)
KANDA(アクセサリー)
タカキュー(アパレル)

ジョーシン

西松屋
キャンドゥ
ダイソー
i Meet(スマホ修理)
ヤマザキショップ(コンビニ)
ホームドライ
ココカラファイン
ソフトバンク
中央コンタクト
イオンペットPeTeMo(ペットショップ)

ナムコ
カーブス
セイハ英語学院

神戸南スマイル歯科小児歯科医院
イオンゆめみらい保育園

これでも合計60店ですので、これに加えてまださらに70店が連なる事になります。イオンモールからの公式発表を待ちたいところです。

関連記事

category: 中央卸市場跡地

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/08/19 Sat. 08:10 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 2

go page top

三宮ゼロゲート・旧神戸メディテラス解体工事 

parco01.jpg

いよいよ解体工事がスタートした旧神戸メディテラス。年末までを掛けて、既存建物を解体撤去し、跡地にはパルコが新たな商業ビルとなる「三宮ゼロゲート」を開業します。

parco03.jpg

建物の解体工事を受注したのは戸田建設。恐らくそのまま新築ビルの施工も同社が引き続き行うものと思われます。元町の旧りそな神戸ビルの解体も同社が担っています。同じくゼロゲートとしては名古屋ゼロゲートも戸田建設の設計施工で完成しました。都心では既存建物解体と新たな建物の新設が相次いでおり、震災復興期より停滞していた街の新陳代謝が再び進み始めています。

parco04.jpg

一部を除いてはまだ外観上、解体が進んでいる気配はありませんが、内部の解体は相当進んでいるものと思われます。もうまもなく防音パネルに既存建物が覆われて、短い間ですが、1つの風景を創り出した建物が姿を消します。

parco02.jpg

変貌を遂げようとしているトアロード交差点です。ゼロゲートは既存建物と同じ地上4階建てとなる予定ですが、塔屋階や四角の箱ビルである為、現状以上のボリューム感が出てくるのではないかと思います。このゼロゲートを布石として、本命のパルコが出てくるでしょうか。大阪、大津と関西にあったパルコは全て撤退。関西は今やパルコの存在しない空白地帯です。丸井のケースをとっても、パルコの関西再進出の地として神戸は最適なのではないかと思います。

関連記事

category: 三宮ゼロゲート

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/08/18 Fri. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 1

go page top