こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

02« 2017 / 03 »03
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

イオンモール神戸南の開業が三度延期 6月末から9月末へ 


神戸市中央卸売市場本場跡地で建設中のイオンモール神戸南ですが、イオンモールが神戸市に三度となる再度の開業時期延期の申請を行ったと神戸新聞が報じました。開業時期は当初予定の6月末から3ヶ月遅れの9月末になるとの事です。


延期の理由はあろう事かテナント誘致難航による工期の遅れだそうです。140区画の内、まだ半数が埋まらず、特にアパレル系のテナント集めに苦戦を強いられているとの事。やはりumieから約2kmという至近距離では重複出店や競合を避けようとするテナントの動きがイオンの想定以上だったという結果でしょうか。当初から懸念はありましたが、まさか予定通りに開店が出来ない事態になるとは。集客力の衰えないumie内でさえも、力のないテナントは早々に撤退を余儀なくされています。

神戸市も今回ばかりは業を煮やして違約金を課すことにするようです。開業3ヶ月前にも関わらず、モール内の求人が出ない事を心配していましたが、イオンモールと言えども難しい立地のようです。


建物の建設工事は着実に進んでいます。地下鉄駅と連絡する建物北東部分の鉄骨建方も開始されました。


駐車場棟も完成形が見えてきました。


建物北側面のロゴを掲げるコーポレートカラーの看板の取り付けも完了しています。


気になる西側面の台形型の大型装飾パネルに描かれた数字は2、3、4。一体何を意味しているのでしょうか。


イオン直営の食品スーパーと、中央卸売市場と連携した生鮮食品売り場は予定通り6月に開業するようです。地産地消をテーマに「食のゾーン」と銘打ち、卸売市場の生鮮食品の購入や食事ができる「地産マルシェ(市場)」や神戸のスイーツを販売する「神戸グルメゾーン」、卸売市場との連携イベントを開く「食の交差点」を設ける予定でしたが、これらは6月に無事開業するのでしょうか。何とも出鼻をくじかれて興醒めな開業となってしまうようで、残念です。
関連記事

category: 中央卸市場跡地

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/03/23 Thu. 06:10 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 1

go page top

波止場町のプロムナード整備 

hatobaprom17.jpg

メリケンパークと新港第一突堤基部を結ぶ波止場岸壁に整備中のプロムナード。なんともうすでに街灯の設置が始まっていました。4月末の完成を考えれば当然かもしれません。

hatobaprom18.jpg

街灯はダークグリーンの塗装が施されたガス灯調のデザインです。思ったより小ぶりなサイズでした。

hatobaprom16.jpg

すでに全街灯の設置が完了しているようです。路面の嵩上げ作業も行われています。全長250mの歩道すべてが嵩上げされるのでしょうか。パースには描かれていませんでしたが、宙を横切る電線が目障りですね。

hatobaprom14.jpg

プロムナードの入口となるみなと公園内も防潮壁の岸壁側に街灯が設置されました。しかしこの部分は路面の老朽化が進んでいる他、この場所には相応しくない中途半端な松の並木があります。せめてこのアプローチのみでも、もう少し手を加えて何とかならないものでしょうか。

hatobaprom11.jpg

プロムナード整備の進む波止場町から道路を挟んだ向いにある老朽化したビルの改装が進められています。リニューアルオープンを控えるメリケンパークの玄関アプローチとなるこの場所は歩道の拡大や改修が進んでおり、古ぼけたこの建物の改装も歓迎すべきですが、その活用法が気になっていました。シックな黒に化粧直しされた建物は洒落た感じになりました。

hatobaprom12.jpg

そしてなんとビックリ!英国の高級車ベントレーのショールームになるようです。これまでベントレー正規ディーラーのショールームは東京と大阪にしかありませんでした。神戸にも初進出するということでしょうか。今年に入って、旧居留地にはランボルギーニに正規ショールームが出店しましたし、同じく旧居留地内にはジャガーもショールームを構えます。欧州の輸入高級車が次々と神戸の街中にショールームを開業させている背景にはどんなメリットがあるのでしょうか。

hatobaprom13.jpg

ベントレーのショールーム前の歩道は幅員が拡張され、路面ブロックも再敷設が行なわれています。京町筋からメリケンパークへのメインアプローチとして明るく広いアクセス路となります。メリケンパークへの来園者増加によって、この通りの通行量が増えると新たな経済効果やビジネスの需要が生まれてくるかもしれません。
関連記事

category: ウォーターフロント

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/03/22 Wed. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 5

go page top

商船三井ビルにフレッドシーガルが開業 

fred02.jpg

神戸旧居留地で最大の近代建築・レトロビルである商船三井ビル。低層部を大丸神戸店が賃借し、これまでは大丸のインテリア館として機能していましたが、テコ入れが行われて関西初の出店となるアメリカ西海岸発祥のライフスタイルショップ「フレッドシーガル」を誘致。3月18日に華々しく開業しました。

fred06.jpg

フレッドシーガルの日本国内進出は2015年。東京・代官山に初上陸を果たし、続いて2号店を横浜に開店。神戸店は3号店となり、関西及び首都圏外の初出店となりました。アメリカンなカジュアルテイストのアパレル、雑貨、コスメ等の幅広い商品を展開しています。

fred04.jpg

神戸店は商船三井ビルの南側1-2階に約1174平方メートルの店舗面積を確保。

fred05.jpg

来週3月26日には同店初となる飲食業態のワインバー&レストラン「ザ セラー アット フレッド シーガル」も店内に開業予定です。壁面のワインセラーに常時カリフォルニアワインのラインナップ1048本をストックし、肉料理をメインとした関西の食材と共に約200種以上のワインが楽しめるそうです。

fred03.jpg

大丸神戸店が旧居留地に店舗開発展開を開始して30周年を迎えます。今回のフレッドシーガル出店もその取り組みの一環。当時、倉庫として使っていた旧居留地38番館に外部から助言を受けて店舗を開店したのがきっかけです。あのレトロな美しい建物が倉庫としてしか使われていなかったなんて今では信じられないですね。Jフロントリテイリングは今後も旧居留地エリア全体の魅力化に取り組む「アーバンドミナント戦略」を推進します。

fred01.jpg

大丸神戸店が先駆者として始めた百貨店周辺に有力ブランドを導入する集客戦略は今では業界の成功例として追随が全国に見られます。今回のブランド選定には「ゆったりと楽しんでもらう」という視点を重視したそうです。旧居留地に出店しているブランドは大半がファッション系が多く、昼間は賑わいを見せても、夜間は閑散とします。「ザ セラー アット フレッド シーガル」は23時まで営業する予定です。今後はレストランやバー等の集積によって夜も落ち着いた賑わいのある大人の街への進化を期待したいですね。それには大丸のリーシング力が頼りになります。ミシュランで星を取れるレストランを誘致し、旧居留地を上質な「食」の街に変えていければ、ファッションブランド同様におのずとレストランの進出やビルオーナーの誘致によって集積が高まっていくでしょう。利便性が高まれば、ホテルの進出も増えるかもしれません。


関連記事

category: 旧居留地

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/03/21 Tue. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 2

go page top

神戸BALが全面改装オープン 

bal54.jpg

トアロードの商業施設「神戸BAL」が昨夏より進められてきた開業以来初の一連の改装工事がすべて完了し、3月17日に全面開業を果たしました。

bal41.jpg

ANNEX Iの建て替えて規模拡大を実施した他、本館の外装リニューアルを実施。内部は各フロアを順次改装し、テナントの再配置や新規テナントの誘致が行われました。

bal44.jpg

「上質な時間消費を提案するショッピングタウン」をコンセプトとして、神戸BAL全体を改装。外観は大正・昭和初期の洋館をイメージ。確かに北野の異人館を彷彿とさせるデザインです。元々の外観もシンプルながらもスタイリッシュで特に問題はありませんでしたが、今回の改装によってより洗練性が高まり、トアロードにぴったりで好印象です。

bal45.jpg

新たに掲示された館内フロアと神戸BALの構成マップです。本館は地下1-2階がこれまで通りボールネンド、地上1-3階にコスメ、アパレル、雑貨、アクセサリ、カフェ等のテナントを集めました。地上4-6階は無印良品という構成です。構成のみだと、あまり変わってないように見えますが、実は大幅に変更が加わっています。

bal51.jpg

内装のコンセプトはホテルのような落ち着いた空間作りを目指したとのこと。

bal46.jpg

エスカレーターも含めてぴかぴかです。

bal50.jpg

今回の本館リニューアルによる店舗入れ替えで関西・神戸初出店が合計6店舗。ビューティケアー(コスメ・ボディケアー)の「サボン・グルメ」、「スリー」、「イソップ」、雑貨やアクセサリーとして「トゥデイズスペシャル」、「アガット・アンド・メモリア」、アパレルには「マルニ メンズショップ」、が新規出店しました。

加えて先行開業した別館ANNEXにも「エストネーション」が出店しており、他の商業施設とはテナントを被らせずにオンリーワン戦略で差別化を図っています。

bal48.jpg

また既存人気テナントの再配置を実施。キーテナントの無印良品は以前は3-5階だったフロアを4-6階に変更。天井高を上げて開放感が出るように改修。また地下階に独立してあったMUJIカフェを6階に移転させて立地を統一。

bal47.jpg

自然光の降り注ぐ気持ちの良い最上階にカフェが出来ました。今まで以上に人気を集めそうです。リニューアルの発表があった際、無印の出店する3階にインテリアや雑貨店を集めるとされていたので、無印はBALでの縮小かもしくは撤退かと気を揉んでいましたが、結果的にはパワーアップしました。

bal49.jpg

また別館に出店していた雑貨店「マディー」は本館3階に移転。

bal53.jpg

マディーの出店していた別館は現在閉鎖中でした。これから改装して更に新たなテナントを誘致するようです。

bal52.jpg

本館南側の出入口もお洒落に改装し、裏口感を払拭。本館と別館群の回遊性を意識したとのことです。神戸BALの戦略は近接する大丸神戸店のように、本館とその周囲に低層の別館を複数配して路面店化したところに面白味があります。

bal42.jpg

近接してトアロードには今年度、パルコのゼロゲートが出店予定である他、建設中のカンデオホテルズ神戸の低層部にもテナントフロアができる予定です。まだまだ進化中のトアロードからは今後も目が離せません。

関連記事

category: トアロード

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/03/20 Mon. 07:58 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top

地域探訪 -金沢① 北陸最大都市としての風格ある駅前 

kanazawa39.jpg

人口47万人を抱える北陸地方最大の都市である金沢市。北陸新幹線の開通で俄かに人気観光都市として活況に沸いている金沢。是非とも一度、訪れてみたい都市と思っていました。短時間ではありますが、念願叶ってこの街の触りの部分を見る事が出来ました。今回はそんな古都・金沢の風格ある駅前地区をご紹介したいと思います。これから進む三宮の再整備の参考という視点で観察しました。

kanazawa01.jpg

抽象的な「神戸らしさ」という言葉の呪縛に捉われて明確な方向性が見出せない神戸に対して、「金沢らしさ」とは和とモダンの融合であると感じさせてくれるシンボルが兼六園口の駅前広場にあるこの鼓門。高さ13.7mある和鼓をモチーフとしたゲートは背後に広がるもてなしドームと共に金沢の新たな玄関口を形成しています。北陸新幹線の開通を見越して2005年に完成しました。これまで金沢と言えば兼六園やひがし茶屋街がイメージとして思い浮かべられる事が多かったのが、今やここが「THE 金沢」の代名詞的な役割を果たすようになっています。三宮にも「THE 神戸」的なモニュメントが必要かもしれません。

kanazawa04.jpg

北陸新幹線の開通に合わせて金沢駅コンコース内も大規模なリニューアルが実施されました。一昨年前から約1年を掛けて改修工事が行われたようです。

kanazawa05.jpg

東口広場と西口広場を結ぶ金沢のシンボルロードとして整備が行われました。改装以前の様子は全く面影がない程、見事なリニューアルが図られました。

kanazawa07.jpg

金沢の伝統工芸を活用して和のテイストをふんだんに取り入れつつ、明るくモダンな空間を演出。JR西日本は京都駅ビルにて和モダンの体現の実績はありましたが、金沢駅はその蓄積の応用により、京都よりも優れたコンコース空間の創出に成功しています。案内表示の視認性、色調含めて芸術性も高い完成度を誇ります。

kanazawa06.jpg

47万都市の玄関口を越え、大都市圏のターミナル駅のような風格と規模を兼ね揃えている印象を持ちました。乗降客数が約4万人の駅とは到底思えませんでした。勿論、自由通路兼ねているので、駅利用者のみでなく周辺施設の利用者もこのコンコースを通るのですが、広々とした空間に程よい人の往来があり、賑わいと開放感の双方を感じられるようになっています。

JR三ノ宮駅や阪急神戸三宮駅の改修にはぜひとも明確なテーマやコンセプトを決め、その体現を目指して欲しいと思います。阪神神戸三宮駅や周辺地下通路の改修には波をモチーフとした天井パネルの採用が図られました。綺麗になって大変良かったのですが、金沢のような感動を味わう程ではありませんでした。

kanazawa16.jpg

次は駅の外です。駅前広場の再整備に伴って、前述の鼓門と共に誕生したのがその背後に聳えるまるでアリーナのようなガラスのドーム「もてなしドーム」です。

kanazawa14.jpg

ドームは駅のコンコースに直結する形で建設されました。内部はガラスとアルミのフレームで組み合された巨大な屋内吹き抜け空間。荒天の多い金沢では天候に関わらず、来訪者が駅前から次の目的地に快適に移動できるよう配慮されています。

kanazawa18.jpg

駅前広場が完全な観光拠点として機能するように設計されており、向かって左側がバスターミナル、右側がタクシープールと分かりやすい構成になっています。

kanazawa15.jpg

開放感のある中央通路。三ノ宮駅も駅ビルの低層部に吹き抜けの半屋内空間を造るという選択肢も考えられます。

kanazawa21.jpg

タクシープール側のドームの様子です。ドームに連結して円形状の屋根が整備されています。

kanazawa32.jpg

バスターミナル側も同様の屋根が備わります。

kanazawa33.jpg

金沢には地下鉄や路面電車が存在しない為、バスが主要な公共交通手段です。金沢駅は最大のハブです。ひっきりなしにバスが発着し、バスの本数も充実しています。都心循環バスも運行しており、効率的なバス路線網が発達しています。神戸も新たな中長距離バスターミナルの新設が計画されていますが、市営バスのターミナル化はあまり議論がされていません。リムジンバスのターミナルを雲井通5丁目に移設後、ミント神戸1階のターミナルを市バス専用にする等、1ヵ所への集約化が必要です。

kanazawa03.jpg

ドームのある地上に加えて地下空間も構築されています。地下街ではなく、地下通路としての空間とイベント広場があります。この地下へアクセスする大階段とエスカレーターは非常に近未来的で格好良いです。

kanazawa30.jpg

洗練された駅構内コンコースや優れた景観と機能を持つ駅前広場で十分な風格を持つ金沢ですが、駅前には複数の高層ビルが聳えている事も金沢駅前の都市格を押し上げている要因です。これらのビルは90年代初頭に建設された複合再開発ビルで航空会社系列のシティホテルとオフィスで構成された複合ビルです。また北陸新幹線の開通によって駅前地区にはビジネスホテルの建設ラッシュに沸いています。更に今後、駅前広場に面した一等地にある老朽化した金沢都ホテルをオフィスとホテルの複合ビルに建て替える計画も浮上しており、古都の玄関口は更に進化を遂げる事になりそうです。

kanazawa1.jpg

金沢駅前はこれまで先に紹介した中心街に面する東口/兼六園口が表玄関としての役割を果たしてきましたが、西口/金沢港口はこれから大きく変貌を遂げる予定です。西口の駅前広場整備もごく最近完了したばかりですが、こちらも大きな空間を最大限に活用した整備が進められています。

kanazawa34.jpg

JR西日本は金沢駅の西口で積極的に投資開発を行っており、既存のステーションデパートを改装した上で、新規に建設した金沢駅西ビルは実質的に金沢駅ビルとして機能しています。JR傘下のビジネスホテルや駅ナカの商業施設が入居。この他にも周辺にNKビルの名称でオフィスビルやビジネスホテルと商業の複合ビルを複数建設しています。

kanazawa12.jpg

駅前広場を囲むように近年、地元の有力企業等が自社ビルを建設し、移転する動きも活発化しています。

kanazawa11.jpg

北國銀行もその一つ。2014年に新本店ビルを金沢駅前に建設・移転。金沢は全国の主要都市の中でも取り分け、リーマンショック後のオフィスビルの空室率が飛び抜けて高く、最悪期には20%を越える状態に陥りました。最近では10%を切るまで改善しましたが、他都市と比較するとまだ高止まりしています。しかし金沢駅前地区の利便性やポテンシャルに対する評価は高く、高い空室率にも関わらずオフィス需要があり、新規のオフィスビルが供給されています。

hyatt0000.jpg

また西口の地位を大幅に向上させる大型開発が駅前一等地で計画中です。駅前西広場に面する約7,400平方メートルの市有地にオリックスグループが地上15階建てのホテル棟と17階建てのレジデンス棟を建設。低層部で一体化され、商業施設やチャペル、屋上庭園等が整備されます。ホテル棟には神戸にも進出を仄めかすハイアットグループのセントリックが250室のホテルを開業。レジデンス棟にはサービス付き高級賃貸マンションを展開する米オークウッドがサービスアパートメントを展開。2020年の開業を目指します。

kanazawa17.jpg

西口に投資の軸足を移しているJR西日本ですが、最初に金沢で行った大型投資は東口です。駅前広場に面した約1ヘクタールの敷地に地上7階 延床面積60,320平方メートル、商業床面積45,846平方メートルの大型商業ビル「JR金沢駅NKビル」を建設。核テナントとしてイオン傘下のファッションビル「金沢フォーラス」を2006年に開業させました。駅ビルではありませんが、大型駅近接ビルの誕生は金沢の商業地図に大きな影響を与えました。金沢は多くの地方都市と同様に中心市街地からJR駅の間に1〜2キロの隔たりがあります。金沢でもJRが仕掛けた駅前地区VS既存中心街の流通戦争の構図が展開されています。

kanazawa08.jpg

これに加えてJR西日本傘下の金沢ターミナル開発は駅高架下の駅ナカ商業施設100番街を2011年に大改修。RINTOと名付けらた新施設は北陸地区初進出の人気テナントを多く集め、金沢駅地区はフォーラスと共に若い女性向けブランドの一大集積地となりました。

kanazawa09.jpg

実際に両施設を練り歩いてみると、全国区のブランドが目白押しでこの2施設で多くの事が事足りてしまうと感じました。駅前地区のホテルを宿泊拠点とする観光客にとっても両施設は利便性の高い強い味方です。

kanazawa02.jpg

政令市ではない金沢ですが、その堂々たる駅前地区の景観は三宮を遥かに凌ぐ風格を持ち合わせており、今後更にその風格に磨きを掛けていく事になりそうです。新幹線の開業は時にストロー現象によって寧ろ、地方都市を衰退に導く光景が見受けられますが、金沢にとっては今のところ、大きな飛躍をもたらすことになりました。駅前地区の急速な発展は中心市街地の衰退を促進するのが通例です。金沢も例外ではありません。中心街の商業施設から駅前地区へのテナント流出現象も起きています。次回は巻き返しを図る香林坊地区の様子をお伝えしたいと思います。

category: 金沢

thread: ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - janre: 地域情報

2017/03/18 Sat. 07:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 10

go page top

イオンモール神戸北を改めて検証 

aeon09.jpg

旧中央市場卸本場跡地に建設中の(仮称)イオンモール神戸南がいよいよあと3ヶ月(?)で開業するの前に改めて我々神戸市民にとっては現在、唯一の現代型(米国型)ショッピングモールであるイオンモール神戸北を訪問してきました。神戸は都心部の存在が大きく、それ以外の拠点にも大小数多くの既存商業施設が点在し、郊外型の大型ショッピングモールの進出を阻んできました。加えて舞子と神戸北には人気アウトレットモールもあり、唯一、このイオンモールのみが神戸市内に存在する現代型(米国型)のショッピングモールです。しかしその立地性からあまり身近な存在ではありません。

aeon14.jpg

まずは改めてこのモールの概要から。開業は2006年11月で商業施設の延床面積は60,516平方メートル。出店数は166。駐車場収容台数は4,000台。対してイオンモール神戸南は店舗棟の延床面積が約60,700平方メートルで駐車場が1,300台。モールの規模としてはほぼ互角です。

aeon10.jpg

変型L字型の建物は内部が3層吹き抜け構造になっており、現代型モールの特徴である開放的で回遊性の高い空間構成が生み出されています。1階床は光沢のある石タイル貼りで明るく華やいだ雰囲気を演出。

aeon12.jpg

2-3階の床はカーペット敷となり、落ち着きのあるムードを生み出しています。

aeon13.jpg

空間設計は非常にゆったりとしていて開放感と余裕を感じさせます。買い周りの楽しさと歩き疲れた際の休憩スペースの提供を両立させています。郊外の駅前立地の百貨店や地方都市の中規模百貨店はこうした現代人が求める高いニーズへの対応を図る事はハード面からも到底不可能です。

aeon16.jpg

イオンモール神戸北が開業した2000年代後半には阪神地区に次々と大型ショッピングモールが誕生しました。これらの開業は神戸の都心部に立地する百貨店やハーバーランドの商業施設へ深刻な影響を及ぼしました。阪急百貨店の神戸からの撤退やそごう神戸店の売上激減はこうした競争激化による結果です。

aeon17.jpg

そんな中、イオンモール神戸北も開業からすでに10年を経過し、昨年には3分の1のテナントを入れ替える大規模リニューアルを実施しました。

aeon19.jpg

このモールの優位性は高速インターに近接している点と関西最大級のアウトレットモールである神戸北三田プレミムアウトレットモールに隣接している事です。2つの巨大モールが相乗効果によって補完し合う好循環が生まれています。

aeon18.jpg

全く同じ環境ではありませんが、イオンモール神戸南は同じくイオンモールが運営するハーバーランドumieから2kmという距離に立地し、二つのモールが相互に機能し合えれば、地域の活性化にも大きく寄与することが期待できます。写真は3階にあるフードコートです。開口部が大きくとられた明るい空間です。神戸南のフードコートも運河を眺められる3階に立地していますので、同様に明るい場所になるものと思われます。ただ神戸北は少し空間が手狭に感じられました。umieのように席を確保するのが困難という程の混雑ではなかったので、神戸南の開業後はこうした混雑の緩和も期待できるでしょうか。

aeon15.jpg

神戸南は着工までに何度も延期を経験しており、規模も縮小されてきました。コスト削減によって設計も見直され、当初、計画されていた神戸北同様の複層吹き抜け空間を多用した構造を取り止め、写真のように各層を完全に独立させる設計に変更されています。それでも各フロアをぐるっと一周できる回遊性のある構成にはなっているようです。3ヶ月後に神戸南のレポートを書くのが非常に楽しみです。

関連記事

category: 中央卸市場跡地

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/03/17 Fri. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 2

go page top

(仮称)神戸アイセンター新築工事 

eyecenter37.jpg

順調に基礎工事が進んでいる(仮称)神戸アイセンター新築工事。東側の仮囲いにこれまで未公開だった完成予想パースが掲示されました。

eyecenter35.jpg

建物を真正面から捉えて描かれたパースです。接続する歩行者デッキとの間に吹き抜け空間が設けられます。

eyecenter39.jpg

現場では基礎工事の最終工程が行われていました。1階床のコンクリート打設です。

eyecenter40.jpg

コンクリートの表面を綺麗にならしています。

eyecenter38.jpg

一部の床がまだ完成していませんが、近々、鉄骨建方の準備が開始されるものと思われます。東京をはじめとする大都市にて再開発ラッシュが起きており、鉄骨の需要が旺盛なようです。オフィスビルのみならず、工期の短縮が図れる為、ホテルや住宅も鉄骨造が増えているとのこと。首都圏を中心にマンション価格の高騰に嫌気をさしてか、マンションの着工数も減り、鉄筋やコンクリートの需要は減っているようです。

eyecenter36.jpg

コスト削減のせいかファサードが簡素化されて少し地味になってしました。以前のデザインでは4階部分のテラスが緑化されていたり、柱がマリオンのように連なったりしていましたが、大分とノッペリとした印象になってしまいました。もう少し色気が欲しいところですね。

関連記事

category: ポートアイランドII期

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/03/16 Thu. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top